『アサヒ・ナミクールの憂鬱』
 
ハルヒ「かわいい萌えマスコットキャラを連れてきたわ!」
 
そう言ったハルヒの後から入ってきたのは・・・
金髪で目が青くて背が高くてボインボインの、どっからどーみてもアメリカンなお姉さまだった。
・・・本当に高校生ですか?
 
ナミクール「ナイスチューミーチュー!ワタシ、『アサヒ・ナミクール』といいマース!」
ハルヒ「メイドとかはもう古いわ!これからの萌えはアメリカンよ!ほら、胸揉んでもいいわよキョン」
ナミクール「スタイルには自信がありマース!」
キョン「・・・超特盛り!!」
 
 
 
みくる「既定事項ではそろそろ涼宮さんに連れ去られるころだなー。まだかなー。」
 
―――――――――――――――――
 
『アサヒ・ナミクールの憂鬱Ⅱ』
 
午前の不思議探索はナミクールさんと一緒だった。
 
ナミクール「ミスターキョン。お話がありマース……」
キョン「なんですか?」
ナミクール「実はワタシ……この国の人間ではありまセーン。もっと遠くの国からきまーシタ。」
キョン「そ、そうですか……(一目見た時からわかってたけど……)」
 
みくる(物陰から)「もっと大事な言うべきことがあるだろ!ほら!」
 
ナミクール「あ!ソレともう1つ大事なことが!実は……」
みくる(そうそう!未来のことだよ!)
ナミクール「実はイマ、ミスツルヤの家のホームステイしているのデース。」
みくる(違ぇぇぇ!!!)
 
――――――――――――――――――――――
 
『アサヒ・ナミクールの退屈』
 
ハルヒ(ムカムカ……)
キョン「おい、ハルヒがヤバいぞ。このままじゃ閉鎖空間が……」
古泉「そうですね。では、勝つ方法を取ることにしましょう。
   彼女とは、利害が一致するようですから。」
キョン「彼女……?」
 
ナミクール「ついにワタシの本領発揮ですネ!ワタシの国はベースボールの国!!
      さあ見せてあげマース!メジャーリーガーのパワーを!」
 
『彼女』ってそっちかよ!
長門の情報操作で1番から9番までナミクールさんにして、
ナミクールさんは全ての打席で場外ホームランを打った。10連続ホームランでコールド勝ち。
こうしてハルヒの機嫌は直った。……すげえよ、ナミクールさん……
 
~~~~~
 
みくる「ふんふーん……あだっ!なにこれ……野球ボール?
    あそこの球場からの場外ホームランですか……ついてな……いてっ!
    ま、また……?いでっ!うげっ!おごっ!ぐふっ!」
 
ナミクールの場外弾は全て外を歩いていたみくるに命中したという。
 
―――――――――――――――――――――――――
 
『アサヒ・ナミクールの消失』
 
朝目がさめたら俺は妙な世界にいた。
別にハルヒもいなくなってはいないし、長門もメガネをかけたりデレたりもしていない。
朝倉だって消えたままだし、古泉も忌々しいがちゃんといる。だが……
 
ナミクールさんがいない……代わりに変な巨乳の日本人が、さも当然のように部室に居座っていた。
 
みくる「キョンくん、お茶ですよぉ。」
 
正直かなり可愛らしい。萌えマスコットと言うなら、こちらの方が適任と言えよう。
だが……やはりこれはおかしい。長門に聞いてみた。
 
キョン「長門。教えてくれ。あのメイドさんは誰なんだ?」
長門「彼女は朝比奈みくる。本来この場にいるべきだった存在。
   あなたが昨日まで居たのは改変された世界。朝比奈みくるの存在をナミクールという女性に書き換えた。」
キョン「改変、だと?一体誰がそんなことを。」
長門「わたし。」
キョン「お前かよ!」
長門「萌えをアピールしてたのがうざったかった。反省はしていない。」
キョン「じゃあ、なんで元に戻したんだ?」
長門「最後にはあなたに選択してほしかった。あなたはどちらがいい?
   朝比奈みくるか、アサヒ・ナミクールか……」
 
……そんなの決まってるじゃないか。俺の答えは……
 
キョン「俺は、どちらかを切り捨てることは出来ない。
    だからナミクールさんとこの朝比奈さんという人、二人を共存させてくれ。」
 
これが俺の出した答えだ。まったく正反対のキャラ、だがそれがいい。
そして共通点もある。どっちも巨乳だ!……いや、だからってわけじゃないぞ、ほんとに……
 
長門「分かった。では今からナミクールと朝比奈みくるが同じSOS団に所属している世界を創造する。」
 
 
そして世界は再び改変された。メイド服姿の朝比奈さんに、レースクイーン姿のナミクールさんだ。
どちらも素晴らしいスタイルに素晴らしいコスチューム。正直……たまりません。
お互いがお互いを尊重しあい、上手く共存しているようだし……
 
みくる「あの、涼宮さん、お茶g」
ナミクール「ヘイミスハルヒ!コーヒーが入りまーした!」
ハルヒ「ありがとうナミクールちゃん。コーヒーが飲みたいと思ってたのよね~!」
みくる「……」
 
みくる「古泉くん、たまには私と将棋でm」
ナミクール「ヘイミスターコイズミ!チェスをプレイしまショーウ!
      ショウギよりもやはりチェスでーす!」
古泉「そうですね、最近将棋には少し飽きていたのですよ。」
みくる「……」
 
……若干存在感に偏りがあるようだが、まあ大丈夫……だろう……多分。
頑張れみくる!負けるなみくる!日本の威厳は貴方にかかっている!
 
おしまい


|