俺が部室へ入ると、我等が団長様ははいつも通りパソコンをいじっていた。

「なんぞこれー!オザンが再開してるじゃないの」
「まあ落ち着け。何の話だ」
「SSよ。パソコンで書いた小説。あんたそんなのも知らないの!?」
「悪かったな。それでその『オザン』ってのは何なんだ?」
「この間終わったばっかりなのに……wktkね!」
「……聞いちゃいないな」


|