第十七章 閉鎖空間
 
月も星もない、灰色の空。
 


 
がばと跳ね起きて、あたりを見渡す。見覚えの無い灰色のビル街、ホテル。直行する道路。
俺はそのど真ん中に仰向けになっていた。
 
……閉鎖空間。
 
やれやれ。
 
またここに来ちまった。通算3回目……いや、橘のアレも含めると4回目か?いい加減にして貰いたいね。
とりあえず、自分の服装を確認する。
ブレザー、ネクタイ……って、あれ?これ北高の制服じゃねーか。ああ、そっか、ハルヒは今の高校の制服は知らなかったんだっけか。だから俺今、北高ブレザーなのな。
 
次に場所の確認だが……ここ、どこ?
 
以前住んでいた場所じゃない。もちろん、今住んでいるところでもない。あっちにはこんな高いビルとか、こんな豪華なホテルとかはないからな。
 
豪華なホテル……??
 
そうか。アレは確か、ハルヒや国木田達が投宿していたホテルだ。
古泉が手配したとか言う、ハルヒが打ち上げパーティを開いたホテル。
 
なるほどな。俺が今、どこに行けばいいか分かったぜ。
 
ホテルの入り口をくぐり、フロントに向かう。もちろん、対応する人などいないことは分かっている。
目標はフロントの中のPC端末だ。アレには、今日行われたパーティのデータがあるはずだ。
 
4階の「鶴の間」か。早速俺はそこに向かった。
 
「鶴の間」とやらは、それほど大きな宴会場ではなかった。
クラッカーの中身や倒れた紙コップ、テーブルに置かれた食事……だったものが散乱している。
いかにもパーティ終了直後って感じだ。
 
正面に掲げられている大きな垂れ幕に俺は「第一回!SOS団受験終了記念パーティ」とある。
 
第一回て。アイツの考えることは、一般人たる俺には未だによく分からん。
 
しかも重大発表だって?何を発表したんだ?
ハルヒは古泉とラブラブ?だそうだし、同じ大学へ行くんだろ。多分、長門も同じだろうな。
朝比奈さんは……大学は違うけどあの人のことだ、何だかんだで一緒にいるだろう。
 
……で、何故俺がまたこんな所に呼ばれなければならんのだ?
 
もうSOS団には俺の居場所は無いってのにさ。
 
それはともかく、ハルヒが居ないのは何故だ?多分ここだと思っていたんだが。
色々と会場内を探し回ってみたものの、ハルヒは見つからなかった。参ったな。
 
そう思ったとき、胸ポケットの携帯が震えた。聞き慣れたメロディが物音一つしない閉鎖空間に響き渡る。
 
……携帯の電源は切っていたはずだが。
 
着信:涼宮ハルヒ
「……もしもし」
「……」
「ハルヒか?」
「……やっと出てくれた」
「……ああ」
「どうしちゃったの?どうしてパーティに来てくれなかったの?」
「……メールした通りさ」
「ウソ!だって、発車時刻まで3時間もあったじゃない!」
「……」
「そんなに佐々木さんとデートしたかったの?まあいいわ。今日は大事な発表があったのよ。それなのに」
「ハルヒ。今どこにいる?」
「……一番上の階」
「スイートルームか」
「うん」
スイートルーム。各国のVIPや金持ちの芸能人、もしくは新婚さんが泊まる部屋。
VIPでも新婚さんでもない俺が、足を踏み入れて良い部屋ではないな。
「そうか」
「……来てくれないの?アタシ、キョンのこと待ってるんだよ?」
「ハルヒ」
「……何よ」
「何が不満なのかは、今の俺には分からん。だから、今の俺が言えるのはこれだけだ……少しは古泉のことを信用してやれ」
「な……」
「おめでとう。お幸せに『涼宮』」
「キョ」
 
俺は携帯を切った。それと同時に、強烈なめまいが俺を襲い……
 
 
ガタン。
 
気付くと、夜行列車の簡易ベッドの中だった。時間を確認すると、もう20分もすれば地元の駅に到着するような時間だ。俺は大きく伸びをして、カーテンを開けた。
 
「おはよう、キョン」
向かいのベッドには、既に出発準備を整えた佐々木が腰掛けていた。
 
「……酷い顔だ。まずは顔を洗って、その涙の跡を消してくることだな。一緒に歩いていたら、僕が誤解されかねない」
涙のあと?俺は寝ながら泣いていたのか?
 
「キミは気付いていないようだが、一晩中うなされていたようだ。おそらくはその名残だと思うけどね。さあ、もうすぐ到着なんだから、早く行った行った!」
佐々木に背を押されて、俺はタオルと歯磨きセットを持ったまま廊下に押し出された。
 
確か昨日は閉鎖空間でハルヒの相手をして……その後は覚えていない。多分、何か夢見が悪かったんだろう。
やっとあのことにも整理が付いてきたところだからな。
車両備え付けの洗面台の順番を待ちながら、俺はそんなことを考えていた。
 

 


|