一日目のマエノヒ

 

「じゃあね、長門さん。また明日。夜遅くまで、本読んでちゃだめよ。」

 

そういって、朝倉涼子は手を振りながら、エレベーターを降りていった。

さて、今日の晩御飯は何にしよう。最近、カレーばかり食べているからたまには、違うものを食べないと。

 

 

などと、考えているうちにエレベーターは7階に止まった。エレベーターから降りて、708号室へと向かう。鍵穴に鍵をさしこみ、ドアを開ける。中は、暗闇につつまれていた。

 

私は、壁についたスイッチで電気をつけ、本の他には何もない、閑散とした部屋に座り込んだ。

一人暮らしはつい最近始めたわけではないので、一人でこの部屋にいることも、もう慣れた。だけど、たまに一人でいることがたまらなく寂しく感じることがある。

 

今日はそんな日だ。

 

朝倉涼子でも呼ぼうか。いや、彼女は今日は塾があるとかいってたっけ・・・。

 

私は、他に呼べるような人を考えた。よく考えたら、この部屋にあがったことのある人は数人しかいない。

朝倉涼子は、ほぼ毎日のように来ている。他は、去年の12月、ここでクリスマスパーティをやったときに来た、涼宮ハルヒ、朝比奈みくる、古泉一樹、そして・・・。

 

一昨年の12月の出来事が、脳裏をかけめぐる。朝倉涼子の話に生返事を返しながら、黙々とおでんを食べていた『彼』。あの次の日、彼は消えてしまった。私の目の前で。

 

あの時、部屋にいた他の3人は驚いていたが、私はなぜかそれほど驚かなかった。なぜだろう。よく分からないが、あの時の私は、彼がどこかへ行ってしまうのではないかと思っていた。

 

あの、おでんを食べた日もそうだ。おでんを食べる前に帰ろうとした、彼を引き止めたのも、彼がそのままいなくなってしまいそうだったから。

 

だから、彼が帰るとき、彼に明日も部室に行っていいかと言われたときは嬉しかった。ひょっとしたら、彼がいなくなるというのは、私のただの思い過ごしじゃないだろうか、そう考えもした。

 

しかし、次の日、あの3人をつれてきた彼は、白紙の入部届けを私に渡してそのまま・・・。

 

 

 

今、何時だろう。

7時過ぎぐらいだろうか。

 

なぜか、何もする気がしない。早く眠りたい。

 

エレベーターの中で考えていたことなど、すっかり忘れ、私はレトルトのカレーを食べた後お風呂に入り、この後普段は読書をしているのだが今日はそんな気分にもなれずにそのまま布団にもぐりこんだ。

 

・・・・・・忘れよう。

 

・・・・・・『彼』はもういないんだ・・・・・・。

 
 
 
 

一日目[ニチヨウビ]

 

 昨日、早く眠りすぎたせいか、午前6時に目が覚めてしまった。二度寝する気にもならなかったので、簡単な朝食を済ませた後、読書に耽ることにした。

 

今読んでいるのは、恋愛小説。学校では、いつもSFなどを読んでいるがたまにはこういうのを読むのも悪くはないだろう。

 

こうして、私は文章の世界へと入り込んでいった・・・。

 

 

 

私が文章の世界から帰ってきたのは、7時40分くらいだったろうか。

 

ふいに隣の部屋から物音が聞こえてきた。

 

泥棒?でもここは7階、窓から入るのも不可能に近いだろう。では、何?危険なものだろうか。とりあえず包丁でも取りにいったほうがいいのだろうか。

 

包丁を取りに台所へ向かおうとした私は、次の瞬間信じられないものを目にする。

 

「・・・・・・・・・・・・」

 

襖が急に開き中から一人の少女が出てきた。

え?一瞬、頭がおかしくなったのではないのかと思い、目を閉じてから、もう一度おそるおそる開けてみる。

 

「・・・・・・・・・・・・」

 

間違いない。そこには私そっくりな、いや、紛れもなく私そのものが立っていた。

 

 

「・・・・・・心配しなくていい。私はあなたに危害を加えたりはしない。」

 

私はよっぽど動揺していたのだろう。

目の前のもう一人の私は、無表情ながら、すこし心配したような顔で私にそういった。

 

「私が急に現れたから驚いているかもしれない。けど、今は時間がない。とりあえず話を聞いてほしい。私は・・・」

 

と、目の前の少女は話し始めた。

 

 

 

その話によると、このもう一人の私は、こことは違う別の世界から来たらしく、この世界の涼宮ハルヒに用があって来たらしい。

 

とはいえ、目の前の自分から、こんな話をされてもすぐに信じるわけにはいかず、私はただぽかりと口を開けて、彼女の話を聞いていたが、彼女の次の言葉には耳を疑った。

 

「私の世界では、一般的に『キョン』と呼ばれている有機生命体が存在する。彼は、一時的にこちらの世界に存在していたことがある。」

 

え・・・?『彼』が存在する世界?このもう一人の私は、彼がいる世界から来たっていうの?

 

「今、この世界に存在しない『彼』。もう一度会いたい?」

 

目の前に立っている少女は私に向かって、そう言った。

 

しかし、私は正直何が何だかまったく分からなかった。

本音を言うと、会いたい。会いたくて、会いたくて、仕方がない。

この一年間と少しの間、私の前で消えていった『彼』のことをずっと思い続けていた。

しかし、本当にそんなことができるのだろうか。

 

「この世界に長門有希と呼ばれる生命体が二人も存在することはあってはならないこと。あなたには、私がこちらにいる間、向こうの世界に行って欲しい。」

 

・・・分からない。今、目の前で何が起こっているのかさっぱり理解できなかった。

 

だけど・・・『彼』に会える?

 

ずっと、思い続けていたことが叶うの?

 

そう思ったとき私の頭の中で何かのスイッチが入った。

 

「・・・・・・行きたい。彼がいるその世界に。あなたの世界に・・・・・・。」

 

よく考えたら、こんな小説の中のような出来事、起こるはずがない。

しかし、この時の私はそんなことは思いつきもしなかった。

 

彼に会いたい。

 

ただ、それだけだった。

 

「・・・・・・そう。」

 

といって彼女は少し何かを考えるような目をしてから私の手をとってこう言った。

 

「目を閉じて。」

 

私は言われたとおりに目を閉じた。そうすると彼女はなにやら早口でつぶやき始めた。

何をいっているのだろう。

 

「・・・・・・もういい。目を開けて。」

 

目を開けた私の周りには何だかよく分からないカラフルなものが漂っている空間が広がっていた。

そして、目の前には、周りの風景にはあまりにも似合わない木製のドアがあった。

 

私は、これまで驚きの連続だったからか、それほど驚いていなかった。

 

「ここは、2つの世界をつなぐ空間。このドアは、私の世界の駅前の喫茶店のトイレにつながっている。」

 

・・・・・・なんで、そんなところにつながっているのだろう。

 

「現在、午前8時。彼は、今、喫茶店にいる。まもなく、このドアをノックするだろう。」

 

こんな朝早くから喫茶店でなにをしているのだろう、などと考えていると、彼女は私の顔に手をのばし眼鏡を外して、自分の顔にかけた。

 

「こちらの世界で私は眼鏡をかけていない。それにあなたも合わせるべき。あと、この本を彼に渡して欲しい。」

 

そういって、彼女は分厚いSFものの本を私に渡した。

 

先にいっておくが私は眼が悪い。眼鏡がないと、本も読めない。

眼鏡を外したままで、どのように過ごせばいいのかとか、この本はいったいなんなのかとか、いろいろ聞こうとした。

 

しかし、その時、ドアをノックする音が聞こえた。

 

「彼が来た。わたしは向こうの世界へ戻る。あなたは、そのドアを開ければいい。」

 

そういって、もう一人の私は、カラフルな空間にどこからともなく現れた穴の中に入り、その穴はすぐに閉じてしまった。

 

頭がクラクラする。すごい急展開。もう、何がなんだか分からない。

何?これは、よく出来た夢だろうか?

 

でも・・・・・・。

 

私は、目の前のドアに目を向けた。

 

行こう。行くしかない。

 

私は、高まる気持ちを落ち着かせてから、ゆっくりと異世界へのドアを開けた。

 

 

 

 

「長門・・・・・・?」

 

私が異世界で最初に見たのは、きょとんとした『彼』の顔だった。

 

                                                                                                      

    ~Different World's Inhabitants YUKI~ニチヨウビ(その三)~へ続く~


|