「あっちぃ…」

夏休みは終わったが、異常とも思える今年の猛暑は未だ衰えるという事を知らないようで
学校が再開してからも時折摂氏30度超えを記録する暑い日々が続いていた。
当然我らがSOS団の根城になっている文芸部部室もその猛威から逃れることはできず、蒸し風呂の様になっている。
開け放たれた窓からは野球部の掛け声が聞こえ、暑苦しさに拍車を掛けていた。
しばらくすれば掃除を終わらせたハルヒがやってきて更にこの部屋の温度を高めるのかと思うと軽く憂鬱になる。
ちなみに、今この部屋には俺と、

「……」

先ほどから黙々と本を読み続ける無口な少女しかいない。
これだけ暑いのに汗をまったく掻かないのは宇宙人だからなのだろうか。

「なぁ、長門」

表情はそのまま、本に落としていた視線だけがこちらを向く。

「なに?」

「お前の力をつかってさ、この部屋だけでも涼しくできないか?いい加減蒸しあがりそうだ」

しばし、思案するかのように部屋に視線を漂わせる。

「推奨しない。この部屋は様々な情報が不規則に交差しているため、情報操作しても正しく
構築できない可能性がある」

ああ、そういえば以前、古泉がこの部屋は異空間化しているとかいってたな。カマドウマ事件のときだったか?
くそ、大人しく蒸しあがるしかないのか…。

「あなたの体感温度を下げる方法はある」

本当か、長門。できれば今すぐにでも頼みたい。

「そう」

読んでいた本を机の上に置き、俺の前に立つ。何をする気なのだろうか?

「って、おい!お前…」

「動かないで」

何を考えたのか、俺の膝の上に腰を掛け、両腕を背中に回してきやがった。いきなりの事に訳がわからないまま固まってしまう。

顔が熱い。あからさまに体感温度は上昇している。いったいこれはどういう状況なんだ?

「私の体温ならこの空間においでも調節可能。気温よりも低く設定しあなたと密着することによりあなたの体温の低下を
図る事ができる」

いや物理的にはそうかもしれんが非効率な気がしないか?まて、なぜ両手を俺の頬に添える。ひんやりして気持ちいいけどさ。

「局部的な温度上昇を確認した。…どうして?」

いきなり女の子に密着されればアブノーマルな性癖でも持っていない限り顔が赤くなるさ。だからってなぜ顔を近づけてくる!?

「接触範囲の拡大を図る」

まて、という前に長門の唇が俺の唇に…

「遅れてごっめーん!掃除が長引いちゃってさぁ」

ドアが外れそうな勢いで開け放たれハルヒが入ってきた。最悪のタイミングだ。この状況は明らかにヤバイ!…ってあれ?

いつの間にか長門はいつもの定位置でいつもどおりに本を読んでいた。

「ちょっとキョン、あんた大丈夫?なんか顔が赤いわよ。まさかこの程度の暑さでへばってるんじゃないでしょうねっ」

暑いのは苦手なんだよ、と適当に答えハルヒを追い払う。さっきのは一体なんだったろうか?
暑さのあまり幻覚でも見たのだろうか。いや、いくらなんでもあんなリアルな幻をみるほどそこまで狂ってない筈だ…多分。


唇には、冷やりとした感触が残っているような気がした。…また今度頼んでみようか。

                                             オワレ

|