北高第○期生同窓会は、全クラスを集めて盛大に執り行われていた。
 会場は、北高に近いホテルの宴会会場だった。
 実態としては、大人になった当時の生徒たちが飲んで食べて騒いでいるだけだ。こういう行事は堅苦しくやるものではない。
 
「キョン。さっさと注ぎなさい」
「へいへい、団長様」
 涼宮ハルヒのコップに、キョンが日本酒を注ぐ。
 そんな様子に、谷口がちゃちゃを入れてきた。
「おお、キョン。相変わらず尻に敷かれてるな。ところで、おまえらどこまで行ったんだ?」
「ハルヒとはそんな関係じゃねぇよ。何度言ったら分かるんだ」
「おいおい。いっつもつるんでて、それはないだろ。本当のこと言えよ」
「あのなぁ……」
 キョンがさらに言い募ろうとしたときに、涼宮ハルヒが大声で割って入った。

 

「フラれたわ!」
 
 盛り上がっていた会場が一気に静寂に包まれた。
 その場のほぼ全員の視線が二人に集中した。
 例外は、食と酒を黙々と体内に取り込んでいる長門有希と、小さな溜息をついた古泉一樹だけだった。
 
「お、おい……フラれたってどういうことだ……?」
 谷口が呆然とした表情でそう尋ねる。
「そのまんまの意味よ!」
「おい、ハルヒ。そんなことはこんなところでいうことじゃないだろ」
「あんたは誤解されるのが嫌なんでしょ!? 誤解を解いてあげた私に感謝しなさい!」
 
 涼宮ハルヒは、コップの酒を一気に飲み干し、酒瓶を手にとって自ら酒をコップに注いで、また飲み干す。
 
「ハルヒ。おまえ、酒弱いんだから、そんな飲み方するな」
「飲まなきゃやってらんないわよ!」
 涼宮ハルヒは、キョンの忠告を聞き入れることなく、ガブガブと酒を飲み続けた。
 
 場は一気にしらけてしまった。
 誰も二人に話しかけることができない。
 
 
 
 三十分後。
 涼宮ハルヒは完全な泥酔状態にあった。
「まったく、しょうがない団長様だ」
 キョンは、涼宮ハルヒの腕を肩にかける形で持ち上げた。
「俺は、こいつを実家に送ってくるから、先にあがらせてもらうぞ。楽しいはずの同窓会をしらけさせて悪かったな」
 
 二人が去っていったあと、男女数人が古泉一樹のもとに集まった。
 代表して谷口が問い詰める。
「おい。これはいったいどういうことなんだ?」
「どういうこともなにも、涼宮さんがおっしゃられたとおりですよ」
 古泉一樹は、無表情を維持していた。こういうときにどんな表情をしていいものか、彼にも分からなかったのだ。
「なんでだよ? あんなに仲がよかったのに」
「今でも、その仲は変わりませんよ」
「なら、なんでだよ?」
「彼に言わせば、SOS団の仲間はみんなかけがえのない親友だということです。だから、恋愛感情の対象とはなりえなかった。涼宮さんは友人関係を超えるものを望んだけれども、彼にとっては彼女との関係は友人以外のものではありえなかった」
「キョンらしいといえば、キョンらしいね。中学時代の佐々木さんともそうだったし。キョンにとっては、女性との間の友情も極々自然なことなんだろうね」
 国木田が、そう感想を述べた。
 谷口は、長門有希の方をちらっと見たあと、古泉一樹に問い詰めた。
「おまえら、涼宮がフラれるのを黙ってみてたのかよ!?」
「僕だって、彼に理由を問いましたよ。そうしたら、さっきのような答えが返ってきました。僕はさらに問い詰めましたが、彼にこう言われてしまいました。
『なら、おまえは、好きでもない相手に対して好きなフリをすれとでもいうのか? それはハルヒの真剣な気持ちを侮辱するも同然だ!』とね。僕は、反論することができませんでした」
 
 沈黙が場を支配する。
 
「涼宮さんは、今でもキョンくんのことが好きなのね」
 阪中がぽつりとそうつぷやいた。
「そうでしょうね。だから、それ以上前進することができないと分かっていても、彼の一番の親友という今の位置から後退することもできない。それゆえに、二人の関係は、高校時代と変わらずですよ」
 
 
 
 キョンは、涼宮ハルヒを実家に送り届けていた。
 彼女の母が出迎えた。
「ごめんなさいね。ハルヒがご迷惑をかけてしまって」
「これぐらいは迷惑のうちには入りませんよ。ハルヒは大事な友人ですからね。これぐらいは当然です」
「友人ね……あなたとハルヒが、それ以上の関係だったら……いや、これはいまさらいっても仕方のないことね。ごめんなさい」
「すみません……」
 キョンは、そういうと、その場から立ち去った。
 
 
 
 一次会が終わり、古泉一樹と長門有希は連れ立って歩いていた。
「これからどっかの居酒屋で二次会でもどうですか?」
「あなたの配偶者に連絡をとらなくてもよいのか?」
「森さんには、遅くなると予め言ってあります。涼宮さんのことですから、SOS団の四人で二次会になると予想していたものでね。その予想は外れてしまいましたが」
「四人ならばともかく、あなたと私の二人だけでは、あなたの配偶者に誤解を与える可能性がある」
「SOS団の仲間はみな友人です。森さんだって、それぐらいは理解してますよ」
「現在発生している閉鎖空間に対応しなくてもよいのか?」
「現在頻発しているのは、小規模なもので短時間で消えるタイプです。僕が出るまでもありません。涼宮さんの精神もすっかり安定してきたということですね。
それはひとえに彼のおかげですよ。ですから、その結末がこんなことになってしまって、僕はやるせない思いでいっぱいです」
「…………」
「こんな愚痴をいえる相手は、長門さんぐらいしかいないのでね。付き合っていただけますか?」
「了解した」
「ありがとうございます」
 
 ここで、間をおいてから、古泉一樹はこう切り出した。
 
「しかし、長門さんはいつも淡々としてますね。あのときもそうだった。まあ、長門さんの感情の変化を読み取れるのは、彼ぐらいですけど」
「私の任務は観測だから」
「こういっては何ですけど、長門さんは彼に恋愛感情を抱いたことはないのですか?」
「ない」
 それははっきりとした断定だった。
「私は生殖機能を持たない。よって、生殖本能を根源とする恋愛感情なるものを持つこともありえない」
「なるほど」
「私は、彼を含めてSOS団の仲間は大切な親友だと思っている。彼も私のことをそう思ってくれている。私にとってはそれで充分」
 
 
 
 涼宮ハルヒは、ベッドにつっぷしていた。
 実家までキョンに送られてきたことは認識していた。
 彼は優しい。でも、それは、友人だからであって、好きだからではない。
 それぐらいは、理解している。
 
 涙が出そうになるのをぐっとこらえる。
 
 フラれたときに一晩中泣きはらしたあと、もう泣かないと決意した。
 だから、彼女は、シーツを握り締めたまま、ただただこらえ続けていた。
 
 
 
 キョンは、自分の実家へと向かっていた。
 
 あんな姿の涼宮ハルヒを見るのは、正直いってつらい。
 それが自分のせいだとなれば、なおさらだった。
 しかし、自分にはどうすることもできない。
 
 彼女に告白されたときの自分の行動が間違っていたとは思わない。
 いや、それは間違っているとか正しいとかいう問題ではない。
 自分は、彼女のことを一番の親友だと思っていて、かつ、彼女に対して恋愛感情を全く抱いていなかった。それは厳然たる事実であって、それ以外ではありえなかった。
 
 だから、彼は、一番の親友である彼女のために祈らずにはいられなかった。
 
 彼女を幸せにしてくれる奴がいつか現れるように、と……。


|