もう―――何度目になるか。


「いい加減にしたらどうだ?あいつはストーカーを募集した覚えはないんだよ」

 目の前の゛それ〝は答えない。応えない。
 ただ、そこに在るためだけのように立ち尽くして無言に徹する。


「……あんまり黙りこくってるヤツもまあ、少なくはないけど多いわけにはならないな」 

周りの景色は紅く停止し、世界は流れない。
 この中に動いているのはただ二人。
 否、ただ一人とただ一つ。 

「まあ、とにかく、始めようか」

 俺は体に似合わない野太刀を足元からたぐり寄せる。
 最初からそこにあったように、何の不自然もないように。
 紅い丘から、一本の剣を取り出す。 
存在し得ない、複製した剣を―――無限に。 

詠唱、
 
「I am the born of my sword―――」


|