第4章
先の見えない物語。 中心惑星への上陸
長門を受け入れるもの拒むもの。 戦いの準備が整う時、俺はどうしているか

ヨーダ「ふむ、おぬしらが地球からの客か」
部屋に入った俺たちを待っていた3人の中の小さな宇宙人が話しかけてきた。
ちなみに、もう一人の黒人は普通の人間のようだ。
オビワン「マスター・ヨーダ、この小さな女性がナガトです。」
ヨーダ「厖大なフォースの力を感じるぞ。」
ウィンドウ「フォースを感じるのはナガトだけ。なぜ、他の者をもつれてきた。」
オビワン「彼女の友であるからです。帰宅途中だったので成り行きから・・」
つまり、ぶっちゃけ俺たちはいなくてもいいわけか。
ヨーダ「本当にそう思うか?」
ウィンドウ「と、言いますと?」
ヨーダ「栗色の髪の女性からも、スマイル顔の男からも普通の人間ではない力を感じる」
明確には分からないようだが、なにかを感じるとはすごいな。この宇宙人はいったい…
古泉も朝比奈さんもびっくりしているようだ。
ヨーダ「手前にいるおぬし」
え?俺?自分のことを指差す。軽くうなずき、落ち着いた口調でこう言った。
ヨーダ「暗黒面には気をつけるのだ。」


ウィンドウ「オビワンよ、お前が評価するナガトの腕前を見たい」
ヨーダ「ふむ。気になるところだからの」
オビワン「わかりました。ナガトはついてきてくれ。みんなは先ほどの部屋に」
黒人・宇宙人・オビワン・長門の順で部屋から出ていく。
宇宙人がすれ違う時に、こんなことを言ってきた気がする。
『異色のフォースを持つ男キョンよ』ってな。
身長差があったせいで聞き取れなかったが、『キョン』って言ったのには自信がある。

女性に先導され部屋に戻ってきた俺達。
キョン「あの、先ほどの人たちは?」
女性「小さなお方は、すべてのジェダイのマスター。マスター・ヨーダです。」
古泉「全てのジェダイのマスター!?一番強いって解釈してよろしいんですか?」
女性「その解釈で大丈夫かと。すべてのジェダイはまずあのお方と修行をするのが規則です」
あんな小さくてそんなすごい人だったのか。
女性「隣にいらしたのは、マスター・ウィンドウ。マスター・ヨーダの次に値すると言っていいでしょう」
みくる「じゃじゃあ、長門さんを見るために、ジェダイで1番目と2番目の人が来てたんですかぁ?」
女性「そういうことです。彼女のケースは今までにありませんから。」
古泉「ところで、今長門さん達はどこへ?」
女性「マスター達に実力を見せている所かと思われます。」
みくる「あの、長門さんのケースはそんなに珍しいんですか?」
女性「はい、本来フォースの力を持って生まれたものは、ジェダイ聖堂で育てられます」
キョン「じゃあ、急に目覚めた長門は…」
女性「今までにないケースです。」
女性が言い終わると同時にオビワンが部屋に入ってきた。

オビワン「マスター・ヨーダから名前を聞いた。キョンよ、私が言う部屋へ行ってくれ」
俺は地球を出てもキョンなのか。
ふと、そんなことを考えていると、オビワンの言葉が聞こえてきた。
キョン「それじゃあ、ちょっと行ってきます」

なんなんだ。今の感覚は。それに場所が明確に分かって何となく体が引っ張られている。
俺は1つの部屋の前に立っていた。
ヨーダ「キョンだな。入るがいい」
中から声がすると、ドアが開いた。マスター・ウィンドウはいなくヨーダと長門だけだった。
ヨーダ「ここまでどうやってきた」
キョン「急にオビワンさんの声が頭に入ってきて、後はなぜか体が動いて」
ヨーダ「ふむ、『マインドトリック』だな」
長門「…マインドトリックってなに」
ヨーダ「フォースの力の中にいろんな能力があってな。」
ヨーダの話を要約するとこんな感じだ。
フォースという力の中には、精神的・肉体的にに働く力があるという。
さっきのオビワンの能力は、相手の心に「確信」を植え付け、ある程度行動を操作できるものらしい。
他にはテレパシーや筋力増加のようなものがあるらしい。
キョン「それで、俺を呼んだ用はなんですか?」
ヨーダ「さっき言った言葉を覚えているか?」
この後俺は、長門の驚く様子を表情から伺うことになった。

 

~そのころの地球
私はクワイ=ガン・ジン。異国の惑星、地球で孤立している。
通信によると迎えが地球に向かっているらしい
ハルヒ「おじさん!」
私は今地球で会った女性。スズミヤハルヒという女性とともに行動している。
クワイ「どうした?」
ハルヒ「あたしも宇宙船に乗せてよ!」
言い忘れていた。彼女はちょっと変わっている。
私のする話や、私の出身のことなどをほんとに信じているようだ。
クワイ「すまないが、それはできない。」
ハルヒ「なんでよ。いいじゃない、ちょっとくらい」
クワイ「この銀河系とは別の銀河系の惑星でね。事情がないと他の銀河系の人を入れてはいけないんだ」
ハルヒ「あら、理由ならあるじゃない。地球で面倒見てるのは誰かしら」
それを、言われては何も言えない。人の弱みにつけ込むとは…
クワイ「それは、間違いなく君だ。ひとつ聞くが君には家族や友人はいるかね?」
ハルヒ「えぇ、いるわ。あたしねSOS団って団の団長なのよ。もちろん仲間がいるわ」
クワイ「ほう、聞かせてもらえるかな?」
ハルヒ「SOS団はね、不思議なことや不思議な人を探して遊ぶことが目的なの」
クワイ「それは、楽しそうだ。仲間についてもいいかな?」
ハルヒ「えぇ、いいわ。無口だけど可愛い有希に、女でも好きになっちゃうほどかわいいみくるちゃん。それにハンサムな古泉くんに、雑用係りのキョン」
クワイ「君は仲間が好きかい?」
ハルヒ「もちろんよ。SOS団が成り立つのもみんながいるからだわ」
クワイ「その仲間が知らないところで、知らない人に殺されたいかい?」
私は少し、強めに言った。

ハルヒ「え・・?」
クワイ「私は仲間を敵から守るためにここに残った。つまり、追う身であり追われる身だ」
ハルヒ「そ、そんな嘘は信じないわ」
クワイ「あれを見てどう思うかい?」
私が指さした先には、斜めにつながれていた坂が真っ二つになっているはしごがある。
ハルヒ「気付かなかった…すべり台が・・・」
クワイ「信じてもらえたかな?」
その時、迎えが来た。R2-D2が呼びかけてきている。
彼女ともお別れだ。
クワイ「私は行くよ。」
茫然としている彼女に私は言った。
ハルヒ「待って!仲間に見せたいから写真撮らせて!」
写真…瞬間記憶装置のことか
クワイ「いいだろう。」
私は彼女と写真を撮り、船へと乗り込んだ。
クワイ「また会おう」
ハルヒ「さようなら。仲間にあなたのこと話すわ!」
彼女が手を振りながら笑っている。
さて、コルサントへ急ごう。

 

 


|