森「古泉!聞いてんのぉ?私さぁ。いつの間にか機関に慣れて、いつの間にか男に紛れて、いつの間にか順応しちゃっててさぁ。
ほんっっとにバカよねぇ。‥‥ん!?なぁによその目ぇ~?私にだって愚痴りたい時はあるのよぉ!‥‥‥でねぇ?
会ってからみんな堅物だしさぁ~。特に新川。ね?新川♪あっ、寝てるわ!悪戯しちゃお♪古泉!マジックとって!
‥‥‥‥‥
‥‥

‥‥
‥‥‥‥‥
でさぁ。私はさぁ、いつの間にか男と同じ扱いを受けてんの。なぁにあれ?私は女!女なのよ!?胸だってあるのに!
ほら古泉!見なさいよ!あるでしょ!?ちょっ‥何‥離しなさいよバカ泉!はな‥‥止めないで!私は女なのよぉおおお!」

 

 

 

森「ふぅ~。‥‥古泉。あんたなんか悩んでるわね?いいからほら!‥‥いいいい!いいから!気にしなくていいから!
さぁ!言ってみなさい!‥‥あぁ、まぁねぇ~。あんたもアレだからねぇ。確かに‥‥うん。‥‥‥そうそうそう♪
あはは!確かに!あれはキツかったわね~!でもあんたみたいなひょろっこいのがよく耐えてきたわ。‥‥そうよねぇ。
あんたも苦労してるわよねぇ。‥‥うぅ!‥‥古泉。あんた‥‥頑張ってるわよぉ‥‥ぐす‥‥わかる、わかるわ!
あんたの気持ち!‥ううっ‥そうよねぇ‥‥よくやってる。‥ぐす‥‥‥古泉‥‥古泉?あんたは偉い!」

 

 

 

森「はぁ~。‥‥‥なんか疲れてきたわ。‥‥古泉。なん‥‥プッ!あはははは!あんた‥プッ!‥何やっ‥‥はははは!
いい!いいわ古泉!もう一回やって!‥プッ‥ハハハ!ヒィ、ヒィ~!クックック!‥‥‥ハァ~‥面白い。」

‥がやがや‥‥

森「‥‥フッ‥‥古泉。さっきの‥プッ!‥ハハハハ!ごめん!ごめ‥ブファッハッハッハ!やめ!やめてって!あはは!
‥‥ハァ‥ハァ‥‥ふぅ~。‥‥‥ねぇ古泉。‥‥殺す気?あんたあたしを殺す気?笑い殺す気なの!?
‥‥全くもう~。あんたは面白すぎなのよ。‥‥‥‥フフフ‥‥もう一回やってみて?‥‥‥プッ!あはははは!」

 

 

 

森「ふふ‥‥‥ん?‥‥こいず‥‥(古泉)‥‥ちょっ‥‥ちょっと。‥‥いい?‥‥‥よく聞いて。‥‥いいから。」
新川「‥グゥ~‥‥グゥ~‥‥‥‥グゥ‥‥‥グゥ‥‥‥‥ゥ‥‥‥」
新川「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥」
森「‥‥‥‥」
新川「‥‥プハァ!‥‥ハァ‥ハァ‥‥‥‥‥‥グゥ~‥‥グゥ~‥‥‥」

森「フ。‥‥ククク。‥‥クックック。アッハッハ!!!‥‥あっ新川っ!‥呼吸不全じゃない!‥アッハッハ!」
新川「‥もが‥あぁ~。‥‥今日はお早いお着きで‥‥グゥ~‥‥‥」
森「おら!起きなさい新川!訓練開始だ!あはははは!訓練!訓練!」
新川「う~ん‥がはっ‥‥訓練で~ありますか!?‥‥わたくし今日も‥元気で訓練できましがふぁ‥‥‥グゥ~‥‥」

 

 

 

森「‥‥はぁ~、新川も面白かったのね。知らなかったわ。」
新川「‥‥ふが‥あぁ~‥わたくし生涯!‥この‥きっ!かんというヒック!一蓮托しょ‥ふごぁ!」
森「うっさい!たく。‥‥ねぇ~、こぉい~ずぅ~みぃ~。どぉしたのぉ?さっきっからぁ。‥‥‥ふ~ん。‥‥
近くで見ると意外とかっこいいじゃな~い?好きな女の子とかぁ~、付き合ってる子とかぁ~、そういうのいないの~?
‥‥‥え!?まだ告白した事ないの!?はぁ~。駄目ねぇ~‥‥どうせあれでしょ?あの子が幸せならいいんです~でしょ?
これだから若い奴は‥‥‥‥ん?なぁに?古泉。何が言いたいの?あ!口がいらないの?わかった。私がとったげる!」
‥‥ドタン!バタバタッ‥‥

‥‥‥‥‥ガッシャ~ン‥‥‥‥‥‥‥‥カランカラン‥‥‥‥
森「ふぅ。‥‥さぁ古泉。練習練習。‥‥‥何?‥‥はっきり喋りなさいよ!ん?‥‥口の中切った?自業自得よ。
さ!早く!‥‥‥うん。‥‥‥うん。‥‥‥‥それで?‥‥ん?‥‥‥‥はい。‥‥‥‥じゃあ‥‥‥私でいいの?
違う?‥‥あんた!‥告白しといて‥‥うわぁ~ん!捨てられたぁ~!古泉に捨てられたぁ~!もうお嫁に行けないんだぁ~!汚されたんもがもが‥んー!
‥んーんー!‥‥ぷはぁっ!何してんのよ古泉!人の口を塞ぐな!‥‥何?あらぬ疑いが?‥‥何かあったっけ?」

 

 

 

森「全く。なぁにが(僕のイメージを損なう)‥よ!‥‥‥‥はぁ‥‥最近‥‥‥‥男と歩いてないなぁ~。‥‥はぁ。
‥‥‥なんかイライラしてきた。‥‥飲むわよ!こ~なったら飲み明かすわよ!!おら新川!田丸ブラザーズ!起きなさい!」
‥‥‥‥‥
‥‥

‥‥
‥‥‥‥‥
森「‥‥さぁ~!続いては!エントリーNo三番!田丸裕!‥‥‥アッハッハッ!ヒィ~、ヒィ~!‥ハハハッ!」
‥‥‥‥‥
‥‥

‥‥
‥‥‥‥‥
森「こういう具合にしやしゃんせ!アウト!セーフ!よよいのよ‥‥うぷっ!‥‥ちょっ‥‥ちょっと‥‥‥うぅ‥‥
違っ!逃げじゃないわよ!逃げじゃなくて!ちょっと気持ちが‥‥うぷっ!‥‥タ、タイム!‥トイレ!」タッタッタ

 

 

 

裕「あんちゃんいつものやったげて!」
圭一「おう聞きたいか俺等の武勇伝!」
裕「そのすごい武勇伝をゆったげて!」
圭一「俺等の伝説ベストテン!」
裕「レッツゴー!」
圭一「神人狩りに~出発だ♪」
裕「すごい!一人だけだから撃沈だ♪」
田丸兄弟「武勇伝♪武勇伝♪武勇伝でんでんでで‥うがっ!」

田丸兄弟「あるある探検隊!あるある探検隊!あるある探検隊!あるある探検隊!」
圭一「いくで!朝から夜まで神人退治♪」
田丸兄弟「はい!はい!は‥うごぉ!」

田丸兄弟「なんだよ~。ちゃんとやってますよ~。」
森「人のネタパクってばっかじゃない!やる気あんの?楽しませる気があんのか聞いてんでしょ!?‥‥‥‥何それ?
もしかしてマリオブラザーズ?‥‥ねぇ、二人共。神人より怖いのは誰か‥‥忘れたの?‥‥わかってるじゃない♪」

 

 

 

新川「いら~っしゃいませ~。どうぞごら~んくだ‥ぐはぁ!」
森「人の話を聞きなさい、新川。もしかして‥‥死をお望みかしら?」
新川「滅相ヒック!御座いっぷ!せん!わたくし!生涯一教師とし‥ごふっ!」
森「たく。なんか冷めちゃったわ。‥‥‥こぉ~い~ずぅ~みぃ~!‥‥ねぇ~!さっきの‥‥プッ!‥ハハハハッ!」
‥‥‥‥‥
‥‥

‥‥
‥‥‥‥‥
‥‥チュン‥‥チュンチチュン‥‥‥‥

森「うぅ‥‥‥頭‥‥痛。昨日‥‥何してたっけ。‥‥うぷ。‥‥‥とりあえず水。‥‥‥んぐっ、んぐっ、ぷはぁ~。
‥‥そうだ!‥‥いちちち‥‥‥うん。飲みに行って‥‥‥はっ!」ドタドタ

森「ふぅ~、お金減ってないわ。よかったよかった♪フンフフンフンフ~ン♪」

 

 

 


|