※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


「ちょっと……どういうことよ、記憶を消去するって!」
「言葉の通り。あなたの能力は自覚するにはあなたの精神への負担が大きすぎる。
 故に、このことを忘れ自覚してない状態に戻すのが適切と判断した。」
「でも……でもそれじゃあ、今までと変わらないじゃないの!」
 
確かにな。ハルヒの能力が消えるわけじゃない。
ハルヒ自身が忘れるだけで、神懸り的な能力も閉鎖空間もそのままだ。
だが……
 
「いいんじゃないのか?それで。」
 
自然に口から出た言葉。これは俺の本心だ。
 
「これは俺自身の勝手な考えだがな、ハルヒ。俺はお前に振り回される日々、嫌いじゃないんだぜ?
 能力的な面でも、そうでない部分でもだ。
 お前、自分の役職言ってみろよ。」
「……SOS団の、団長……」
「だろ?お前普段から言ってるじゃないか。団長について来い、ってさ。
 お前は自分の周りのヤツらを振り回すぐらいで丁度いいのさ。」
「でも、迷惑だとは思わないの!?」
「正直、時々は思うさ。でもな、今のお前みたいな姿を見るよりは、迷惑かけられる方が100倍いい。
 お前には、いつでも笑っててほしい。さっきみたいな笑みじゃないぞ、心から笑ってるいつもの笑顔だ。
 これが俺の気持ちだ。……みんなは、どう思う?」
 
俺は朝比奈さん、長門、古泉に問い掛けた。
さっきのは完全に俺の本心であるから、他の三人がどうかはわからない。
もしかしたらこのまま自覚したままの方が都合がいいかもしれない。
だが……
 
「わたしも、キョン君と同じ気持ちです。」
「……わたしも。」
「僕もです。涼宮さん、あなたが笑っていてくれることが、僕らにとっては1番重要なことなのですよ。」
 
ほらな。みんな同じなんだ。
そりゃ最初はいろんな組織の思惑があってSOS団に居たのかもしれないさ。
だが今は違う。ハルヒの笑ってる顔が好きだから、俺達はここにいるのさ。
 
「じゃあ長門、やってくれ。」
「わかった。」
 
長門がまた例の高速呪文を唱えた。するとハルヒは瞳を閉じて、その場に倒れこんだ。
 
「ハルヒ!」
「心配ない。今は寝ているだけ。起きた時は能力に関する記憶は全て消えている。
 涼宮ハルヒが能力を自覚した上で願ったことも全て無かったことになる。
 だから朝比奈みくるの未来も、大丈夫。」
「そ、そうですか、良かったぁ……」
 
朝比奈さんはへたへたと座りこんで安堵の笑顔を見せた。あなたもその笑顔が1番似合っていますよ。
しかし……
 
「俺は時々、コイツの能力をうらやましいと思ったことがあったが……
 考えてみりゃ、残酷な能力だよな。」
 
もし俺がハルヒと同じ能力を無自覚で持っていて、ある日突然自覚せざるを得なくなったら……
俺だって正気を保てる自信が無い。
 
「その通りです。考えてみてください。夏休みがいつまでも続いてほしい……
 こんなこと、誰だって考えることです。悪いことではありません。
 ですが、それを叶える能力を持ってしまったが故に、時間のループという現象を生み出してしまうのです。
 しかも本人は無自覚のままで。こんなに残酷な能力はありませんよ。」
 
古泉が俺の意見に同調した。
実際、ハルヒの能力に1番振りまわされているのは古泉と言える。
ハルヒのご機嫌を取ったり、閉鎖空間に駆り出されたりな。
 
「なあ古泉、ハルヒを恨んだことはあるか。」
「……無い、と言ったらウソになりますね。
 能力に目覚めたての時は、憎かったですよ。なんで僕が、ってね。
 ですが今は違いますよ。彼女もまた、能力の被害者の一人だと認識していますし……
 なにより、彼女に振りまわされる日々も気に入っていますから。あなたと同じように、ね。」
 
古泉が俺に対してウィンクをした。だからやめろって、気持ち悪い。
 
「涼宮ハルヒは能力という爆弾を抱えている、非常に脆い存在。」
 
長門が口を開いた。脆い、か……そうかもな。また今回みたいなことが起きないとは言いきれない。
 
「だから、彼女を支える。それが、私達の役目。」
 
……そうだな。長門の言う通りだ。
爆弾を持っているんなら、俺達が爆発しないように見守っていてやればいいのさ。
とりあえず、俺はハルヒが目を覚ましたらこう言ってやろうと思ってる。
 
「お前は、笑顔が1番似合ってるぞ。」ってな。
 
終わり

|