「あたしも、混ぜてよ。」
 
昼休み、部室で緊急会合を開いていた俺達の前に、ハルヒが現れた。
ハルヒの顔にいつもの無邪気な笑みは無く、静かに不敵な笑みを浮かべている。
おいおいハルヒ、それはどちらかというと古泉の笑い方だ。お前にそんな笑いは似合わねぇよ。

「いっつもそうやって、あたしを除け者にして面白いことしてたってワケね。」
「なんで朝比奈さんの未来を消した。」
「だって、未来があったらみくるちゃんいつか帰っちゃうじゃない。」
 
ハルヒはしれっと言ってのけた。そうだ、ハルヒは俺以外の三人の正体についても理解している。
朝比奈さんはいつか未来に帰ってしまうってことも。
でもだからってこれは……ねぇよ。
 
「涼宮さん、お願いします!未来を返してください!」
「ダーメよ。みくるちゃんは大事なSOS団のマスコットなんだから!未来に帰るなんて許さないわよ!
 でもみくるちゃんの未来人設定ってのはおいしいから、無くすのはもったいないじゃない?
 だから、帰る場所の方を消したのよ。」
「そんなの……そんなのあんまりですぅ!」
「嬉しくないの?これでもう未来に縛られることなく、ず~っとこの時代にいられるのよ?」
「涼宮さん、落ちついてください。向こうには朝比奈さんの両親もいるのです。
 それを消してしまうのは、いささかやり過ぎかと。」
 
ハルヒと朝比奈さんの口論に古泉が割って入った。だがハルヒはまったく動じることは無い。
 
「そんなの関係ないわ。みくるちゃんの居場所はここしか無いはずよ。
 あ、それと古泉くん、今までご苦労様。ずっとあたしのご機嫌取りしてくれてたんでしょ?
 でももうそんなことしなくていいわよ、あたしはもう閉鎖空間をコントロールできる。
 自分のストレスぐらい自分で処理するわ。もうあたしのイエスマンを演じなくて済む。嬉しいでしょ?」
「……お言葉ですが涼宮さん、僕は別に自分を偽ってなど……」
「はいはいそれもあたしのご機嫌を取るための演技でしょ?
 ……有希もそうよね?あたしの監視のために仕方なくここにいるのよね。」
「違う。私がここにいるのは私自身の意思。」
「でもいいわ。いざとなったら全員留年させ……いえ、ずっと時間をループさせ続けるのもいいかもね!
 去年の夏休みの時みたいに!我ながら名案だわ!そうすればずっとSOS団は不滅になるし!」
 
 
SOS団のメンバーに次々と絡んでいくハルヒを、俺は冷静な目で見ていた。
これでも一年間、ハルヒのことを見ていたんだ。
今ハルヒがどんなことを思っているか、なんとなくだが分かる。だから俺は言ってやるのさ。
 
「もう……無理すんな、ハルヒ。」
 
そうだ、コイツは明らかに無理している。そもそも古泉的な笑みをしている時点で気付くべきだったか。
もっともその笑みももう崩れかけているがな。
 
「……キョン?何言い出すのよ。あたしは別に無理なんか……」
 
そうは言っているが、ハルヒの笑みは更に崩れている。
お前に無理や我慢は向いてないんだよ。感情を100%表に出してこそのお前だろうが。
 
「ハルヒ、お前は自分の能力を知ってショックだったんだろ?今まで信じてたものが信じられなくなった。
 下手したらSOS団のメンバーも偽りの仲間かもしれない。そう思った。
 だから朝比奈さんを無理矢理繋ぎとめるような真似をしたり、
 能力を持てて嬉しいんだと自分を偽っているんだ。違うか?」
「……ちが……」
「何が違うんだ?言ってみろ。
 悪いが俺には攻める要素なんてまったくないぞ。俺はいたって普通の人間だからな。」
「……そうよ!その通りよ!悪い!?」
 
ハルヒが怒鳴った。ようやく、ハルヒらしい声が聞けたな。

「アンタに分かる!?自分がとんでもないことをしていたと気付いた時の気持ちが!!
 自分の都合で8月を繰り返したり、自分の機嫌で変な空間を生んでたり!
 1歩間違えればあたし世界を滅ぼしてたのよ!?」
 
大声で怒鳴りながらまくしたてるハルヒ。今まで我慢していたものが噴き出しているような感じだ。
 
「だから全てを知った時、あたしは真っ先に願ったわ!『こんな能力なくなりますように』って!
 でもそれだけは何度願っても叶わないのよ!こんな能力いらないのに!」
 
全ての感情を吐き出したハルヒは、その場に崩れ落ちてしまった。
床に水滴が落ちる。……泣いているのか。
 
「ハルヒ……」
 
今のコイツに、俺はなんて声をかけてやればいいのだろう。
俺が戸惑っていると、長門がハルヒの元へ歩みよった。
 
「有希……?」 
 
ハルヒも顔をあげる。目元は真っ赤になっていた。
 
「あなたに、処置をほどこしたいと思う。」
「処置……?」
「そう。」
 
長門はハルヒの頭に手をかざした。
 
「あなたが昨日獲得した情報を、あなたの記憶から消去したいと思う。」

 

続く

 


|