いつものなにも変わらない帰り道。
ハルヒがいないので、4人比較的かたまって歩いている。
ただ、長門があれを着ているのはちょっと恥ずかしいが。
そんな俺らの行く道を塞ぐように二人の男が立っていた。
年は離れていそうだな。俺より年齢は上だろうが、青年ともう片方はおじさんだ。
そして、長門が身にまとっているのと同じものを着ている。
古泉「彼らは…?」
キョン「どうみても俺達に用があるみたいだな。」
長門「・・・敵性ではない。」
みくる「あの人たち、教科書に出てた人にそっくりです。」
キョン「朝比奈さん、それは絵でしょう?そんなに・・・」
朝比奈さんはさえぎるようにこう言った。
『未来の教科書は絵と文字ではありません。映画のようなもので勉強します。』
つまり、教科書は今とは果てしなく違い、動画を見るようだ。実に楽しそうだ。
先生がいいとこで止めるので、次の授業が楽しみなんですぅ。とまで言っていた。

俺たちが止まっているのを見て、青年が近づいてきた。
少し手前で止まり口を開いた 。
青年「君たちと話をしたいと思う。特に彼女の事で」
長門・朝比奈さん・それから古泉がそろって俺を見る。やれやれだ

キョン「あなたたちは誰ですか?」
青年「決して怪しいものではない。」
キョン「あなた達がこの子に何かしたんですか?」

そういって長門の頭にポンと手を置く
青年「それを我々も知りたいと思っている。だから話をしたいと願う」
長門「・・・いい」
急に長門が口を開くと青年に近づいて行った。
青年は「恩にきる」といって右手を左手に重ねお辞儀をした。
古泉「あなた方は一体…?」
青年「私はオビ=ワン・ケノービ。あちらは私の師匠クワイ=ガン・ジン」
みくる「あわ・・あわわわ・・」朝比奈さんが震えだした
キョン「どうしました?」
みくる「ななな名前も一緒です…」
これはもはや偶然ではないだろう。
朝比奈さんの言っていた話の事を聞いてみる。
キョン「あの・・・あなたも光る剣を持っているんですか?」
オビワン「ライトセーバーのことかな?」そういってシルバーの筒を出した。
長門「・・・私も持っている。」長門も差し出す。
オビワン「私たちは、このことで話があって君らに会いに来た。銀河系の彼方から」
古泉「ということは、宇宙の別の惑星から?」
オビワン「それも含めて話そう。こちらへ」

いつのまにか後ろにいたおじさんはいなくなっていた。
オビ=ワンの後をついて行くと、長さはバスくらいの乗り物―あえて宇宙船と言おう―が停まっていた
キョン「これは…?」
オビワン「私とマスターが乗ってきた船だ。」
長門「・・・・・・」
待て、こんなことがホントに起きていいのか。宇宙船に乗って違う惑星から来た人間
長門に芽生えた変な力と光る剣。なんなんだ、これは。

クワイ「ようこそ。」
さっきまでいたおじさんがそこにいた。
長門が来ている服を中では脱ぐようだ。オビワンも脱いでいる。
彼らの服装は俺らがいう「洋服」と言ったものではない。
イメージ的には、砂漠に住む人が来ているような服だ。
クワイ「話は聞いているだろうが、我々はここから遠く離れた銀河の彼方からってきた。」
キョン「長門の力を知って…ですか?」
クワイ「ナガト…と言うのか」
長門「・・・長門有希」
クワイ「よろしく、私はクワイ=ガン・ジン」
古泉「長門さんの力は何なのですか?」
クワイ「この力のことかな?」
そう言うとクワイは、近くに置いてあった服を吸い寄せた。
長門「…わたしもできる」
クワイ「この力は『フォース』と言って普通なら生れながらにしか持てない力だ」
キョン「じゃあ、なぜその力が長門に…?」
クワイ「それは我々にもわからない。さっき彼女のフォースの源の力の数値を図らせてもらった」
キョン「長門を調べた?どうやってですか?」
オビワン「こいつでだ。」
オビワンの後ろから、小さなロボットがて来た。三本脚でローラーで進んでいる。

長門「・・・ユニーク」
みくる「あ、私が部室に入るときドアの前に置いてありました。ロボットだったのかぁ」
朝比奈さん、これはどう見てもロボットです。コンピ研でも作れないでしょう。
クワイ「彼女のフォースは鍛えれば我々をも上回る。ジェダイになれる。」
古泉「ジェダイとはなんですか?」
クワイ「簡単にいえばフォースを使い、戦うものだ。光と闇の勢力がある。」

その時だった。
オビワン「マスター!やつが近付いてきます!」
クワイ「船を出せ、私が食い止める」
外を見ると、バイクのようなものに乗った人影があった。
空からぐんぐん近づいてくる
クワイ「ナガト!いずれ、また会おう。」
長門「・・・わかった。」
クワイは外へ出て行った。俺も長門も古泉も朝比奈さんも彼を見ている。
筒を手に取ると、光の剣となった。長門とは違い緑色をしている。
相手の男は、茶色ではなく黒の上着を着ている。赤の光の剣だ。
オビワン「やつは悪のジェダイの騎士。悪のジェダイを暗黒面(ダークサイド)と呼んでいる」
俺たちの中で言葉を発するものはいなかった。
映画でもなく現実で、剣と剣の混じり合いを見ているのだからな。
火花が散り、お互い攻め合い防ぎ合い、目をつむりたくなるくらい、迫力があって怖い
朝比奈さんは、すでにパニクっているが俺もどうにかなりそうだ。
オビワン「一度地球から出る。マスターからの連絡があり次第戻る」
おい、地球から出るって俺たち大丈夫なのか?ハルヒがいないのが幸いか・・・
それにしても、大変なことになったな。

 


|