長門有希 銀河を超えた戦い

 

プロローグ

 

~宇宙を漂う宇宙船内部


青年「マスター地球です。」
マスター「そうか。ここにフォースを操る女性がいる」
青年「マスターそれはホントですか?」
マスター「確証はない。R2を先に一体送り込んだ。そろそろデータが送られてくるだろう」

 

 

~その頃文芸部室

ホームルームが終わり、掃除当番と指導のあるハルヒを励ましてから俺は
いつも通りに、SOS団アジトの文芸部室へと向かっていた。
コンコン・・・返事がない。朝比奈さんはいないみたいだ。

ガチャ
キョン「長門だけか」
長門「・・・・・・見て」
突然のことに俺は驚いた。長門が手のひらを向けただけでリンゴが吸いよせられてきた。
古泉「おや、長門さん超能力ですか?」
お前いつきた。
長門「わたしは超能力者ではない。」
超能力者よりすごいぞと言うか迷ったが、ここは言うことが違う。
キョン「いつからそんな事できるようになったんだ?」
長門「あなたも知ってる通り、プログラムにアクセスすれば大抵のことはできる。」
それは、確かに知っている。長門なら一人で野球もできそうだ。
長門「でも、さっきのはプログラムにアクセスしていない。わたしの力」
なんだか長門が嬉しそうに、自分の手のひらを見ている。

 

バタン
みくる「ふぇ~遅れてすいません。あれ?涼宮さんは?」
キョン「あいつは今日掃除の後個人面接です。5時30までに来なければ今日は解散でいいと」
みくる「そうなんですかぁ、もう25分ですし着替えなくてもいいですよね。」
キョン「いいと思いますよ。」
この人もまじめな人だ。毎日メイド服に着替え、帰る時は制服に着替える。
こんなめんどくさいことを、自分からしてるんだから大したもんである。

長門「・・・・・・見て」
めずらしく、長門が朝比奈さんを呼んだ。うれしそうである。
みくる「なんですかぁ?長門さん」
カエルの着ぐるみの頭の部分がロッカーの上にあるわけだが
それが、長門が手を上から下に降るアクションをしただけで落ちたのだ。
みくる「ふぇっ、、、長門さん今何か力を使ったんですか?」
長門「使ってはいない。わたしに芽生えた力。」
みくる「・・・キョンくん」
キョン「俺もびっくりしましたよ。リンゴを吸い寄せましたから」
朝比奈さんは、俺がするだけでも驚いている。

古泉「超能力でもなく、思念体の力でもない。なんでしょうね?」
みくる「う~ん、不思議ですね。他に何かできるんですか?」
長門「朝、枕元に置いてあった。」
長門が俺たちに見せたのは、シルバーの短い筒と、長門にはでかすぎる茶色の布でできたかぶり物だった。
キョン「心当たりないのか?」
長門「・・・ない」
キョン「なにかわかるか?」
長門「・・・わからない。」
古泉が勝手にかぶり物をかぶっていた。背の高い古泉でもフードをすると顔が隠れる。
見た目はカッパのような感じだ。

古泉「とても、大きいですね。長門さんが着たら半分以上引きずりますね」
長門「・・・・サイズを調整する。貸して」
そういうと、長門はそれを着た。古泉の言ったとおり長門には半端なくでかい。
小さい子が親の服を着ているみたいな感じだ。かわいいぞ、長門。
長門「~~~~~~~~」長門が呪文を唱えると少し引きずる程度の大きさになった。
キョン「長門似合ってるな。いいぞ」
長門「そう。」コートのようにフードをかぶっている。

みくる「あのぉ、この筒ボタンが付いてますよぉ」
朝比奈さんは、ずっと筒を見ていた。
キョン「未来に似たような何かありますか?」
みくる「未来のものじゃないみたいです。あえて言えば、もっと古いもの…」
古泉「このようなものが昔に?」
みくる「はい、教科書で見たことがあるんです。」
朝比奈さんは、思い出しながら語るように話しだした。

「はるか昔、遠い銀河系の彼方で、ジェダイと呼ばれる騎士の集団があった。
彼らは、光の剣で戦い、光より早い乗り物で移動する・・・」

みくる「こんな感じのお話なんですが・・・」
キョン「朝比奈さん、それは実話ですか?」
みくる「多少実話も入っているかと…」
どうやら、ただのお話らしいな。それもそうだ、こんな話聞いたことがない。
もし事実なら、現代に少しくらいその陰があってもいいだろうよ。

古泉「このボタンなんでしょうね?」
長門「・・・朝は気付かなかった。押してみる。」
ビィィィン!ジリジリジリ
さぁ、状況を説明してみようか。
長門がボタンを押した瞬間、筒から光の棒が伸びカエルの頭が乗っていたロッカーを貫通しているのだ。
キョン「なんだこれは!」
R-2「urukoowat-ed」

 

~地球上を旋回中の宇宙船
青年「マスター、データが送られてきました。」
マスター「表示しろ」
青年「はい!」カチッ シュルーン
そこには、長門・キョン・みくる・古泉が立体映像で映し出されていた。
会話内容は、先ほどの部室での会話である。

青年「このような少女がフォースを…?」
マスター「それより問題は、生まれつきではないフォースの力だ。」
青年「朝目覚めたら急に、だなんて・・・・」
マスター「彼女との接触を試みる。」
青年「了解しました!」
こうして、宇宙船は地球大気圏へと突入した

 

~文芸部室
長門「・・・ユニーク」
キョン「それどころじゃない!早くそれを消すんだ。」
古泉「触ってはだめです。貫通ですよ?しかも切り口が溶けている・・・」
長門「・・・しまう。」シュルル
なんなんだ、この剣は。朝比奈さんが言った光の剣。もしや…!
キョン「朝比奈さん!」
みくる「ふぁい?」
まったく気の抜けた返事をする人だ。だが、かわいらしい。
キョン「朝比奈さんの教科書で昔の事って、今のことじゃないですか?」
目をまん丸くして驚く朝比奈さん。
古泉「確かに、話がつながりますね。僕らは知らず、朝比奈さんが知っている昔の話。つまり今の話なんですよ。きっと」
みくる「どうしよう。ほんとなら私未来のこと話しちゃった。」
大丈夫です。あなたはえらくなって同じミスをまたします。
長門「…大丈夫。はっきりしたことではないから。」
みくる「だと、いいんですがぁ」
ふと、外を見るとすっかり暗くなっていた。
時刻は6時を回ったところ。ハルヒは今日は来なかった。
古泉「今日はもう帰りましょうか。」
みくる「そうですね、暗くなってきましたし」
キョン「長門、それはお前が家に保管しといてくれ。」
長門「わかった」

 

帰り道。4人で歩いてると、俺たちの前に二人の男が現れた。


|