谷口「ふひひひひ」

 

谷口「ふひひひひひひひひ」

 

谷口「どうも。こんにちは。あなたの心の咲く一輪のラフレシア。谷口でゲス」

 


みくる「……あの、なんで彼が部室にいるんですか?」


ハルヒ「知らないわよ。さっき来たら、ムエタイのDVDを見ながらブートキャンプ踊ってたのよ」


キョン「とりあえず、ヘタに刺激しないようにしよう」

 

谷口「みくるちゃん! お茶!」

 

みくる「は、はいいぃぃぃ!」 ビクビク


ハルヒ「みくるちゃん! あんなのにお茶なんてあげることないわ!」

 

ハルヒ「ねえキョン、あんた私が置いといたプリン食べたでしょ?」
キョン「俺、知らないぜ」
ハルヒ「嘘つきなさい。あんた以外に他人の物に手をつけそうな人は……」

谷口「愛。それはチュパチャプスの棒のように固く一本スジが通ったもの」

 

ハルヒ「……いたわね」
キョン「……ああ。ものすごい勢いでプリン食ってるな」

 

谷口「うまっ! うまっ!」

 

古泉「久しぶりにオセロでもどうですか?」
キョン「そうだな。暇潰しにやるか」

谷口「オセロ? オセロとな?」
谷口「これがかの有名な、白と黒が互いの存在価値を賭けた表裏一体の骨肉の争いを繰り広げるという、あのオセロですか?」

 

谷口「うふん、梅干の種の中にある白いのよりどうでもいい!」

 


キョン「なにしに来たんだ、あいつは。なんかウザ……」
古泉「あなたがかまってあげればいいじゃないですか」
キョン「え? ヤダよ。ハルヒと同類だと思われるのはもう慣れたが、あれと同類だとは思われたくない」

 

谷口「ああ! あつい! ポットが! ポットが僕を責め立てる! 右手だけは、右手だけは!」

 

谷口「私がここに来た理由ですか? この私がなにをしにここへやってきて、こんなマズイ安物のプリンを食さねばならなくな

ったのか。知りたいですか?」


ハルヒ「肋骨っていっぱいあるんだから、2,3本折れたって死にはしないわよね」
キョン「おい待て。さすがにそれはマズイ」
ハルヒ「マズイって言うな! 楽しみにとっといたプリンだったのに! もう最低!」
キョン「あ、いや、そういう意味で言ったんじゃないんだ……」

 

谷口「わたくし。今日は。これをお届けに参りました……」

 

古泉「なんですか、この紙は。入部届?」

 

谷口「左様。俺は今日から、文芸部に入部させていただきます」


ハルヒ「帰れ」
キョン「帰れ」
古泉「帰れ」
みくる「そのお茶を飲み終わった迷わずお帰りください」


長門「………入部届。受け取っておく」

 

キョン「おい長門!? 正気か!?」


長門「………入部希望者がいるのなら、特に断る理由は無い」


キョン「……そりゃそうだが」

 

谷口「ひゃっほーい! これで今日から俺も晴れて文学少年だあい!」


ハルヒ「ちょっと有希、本当にいいの? あなたがいいんなら文句はないけど……同居者の私としてはかなりイヤなんだけど」

 

谷口「文化部において縦のつながりは絶対と聞きました。長門様なんなりと牡犬めにご用達くださいませ」

 

谷口「はあはあして待ってます」

 

みくる「ひいいぃ、湯飲みを舐めないでください……」

 

長門「………それでは、あなたには文芸部の外回りを任命する」

長門「………文芸部員として、校庭を40周走ってきて」

谷口「部長殿のご命令とあらば! うおおお! うおおおおおお!」

古泉「行っちゃいましたね」

キョン「あいつが何を考えているのか、本当に分からない」

 


谷口「文芸部員を知ってるか!」
谷口「イカシた男の本懐だ!」
谷口「そろそろ周回12周!」
谷口「流した汗が結晶化!」
谷口「母ちゃんたちには内緒だぞ!」


生徒会長「おい。グラウンドでファミコンウォーズのCMソングを歌いながら走っている文芸部員はなんだ」
ハルヒ「私たちは関係ないわよ!」
生徒会長「ウソをつくな! あんなんが文芸部員なわけあるまい。大方、私へのあてつけにSOS団諸君がよこした嫌がらせのサクラだろう」
キョン「そう決め付けることもないだろう?」
生徒会長「あんな破廉恥な部員は、SOS団の関係者以外ありえない! すぐに何とかしたまえ!」

 


谷口「姉ちゃんええ乳しとるのぉ。そのポッチリをちょっとだけ触らせてくれへんか? なあちょっとでええねん」


谷口「な? 悪いようにはせぇへんて。あのことも、黙ってるし。な?」


野球部員「……なんなんだ、あんた。練習の邪魔だからどっか行ってくれないか?」

 

谷口「チンピラに弱みを握られた女子校生編、つづく!」


谷口「次は、酔った勢いで夫の同僚にせまられてドギマギしてしまう新妻編!」


野球部員「ゴクリ」

 

 

生徒会長「すでに実被害が出ているんだ。早急に対処したまえ!」
ハルヒ「もうやだ、あいつ!」

 

 

谷口「ででででーん!」

 

谷口「校庭を40周走っていたら、気づくと屋上にやってきていた谷口です!」

 

谷口「ふひひひwwwこれはこれはwwww」

 

谷口「屋上から叫んでもいいですか!? いいですか!?」

 

谷口「今日の涼宮のパンティは白と赤のスプライト!」

 

谷口「すいません! バラしちゃいました! 内緒って心に誓っていたにも関わらず!」

 

谷口「だって! だってまた一回り朝比奈さんのバストが大きくなっていたんですもの! あの太陽がまぶしかったんですもの!」

 


みくる「うぇぇぇえええぇぇぇぇん」
ハルヒ「あのカス人間、今日という今日は人生に引導を渡してやるわ!」
生徒会長「たのんだぞ!」
キョン「ちょwww生徒会長wwww」

 

 

 

ハルヒ「この肥溜め人間! 今日という今日は勘弁ならないわ!」

 

谷口「銀行で通帳からお金下ろそうとした時に、女性店員が 「拇印を押してください」って言ったらすげぇ卑猥でね!?」

 

ハルヒ「このフライパンで再起不能にしてやるから、覚悟しなさい! どりゃあああああ!」

 

谷口「もっげもっげもげ乳をもげ!」

 

 ボイ~ン☆

 

谷口「あひん! フライパンが僕に反抗期!」
ハルヒ「はあはあはあ。どう、少しは効いたかしら……」
谷口「ばっちり効いた! ゆえにもう10発くらいお願いします!」
谷口「できればこの二本の足の付け根あたりを重点的に攻めていただけませんでしょうか! 選挙では投票させていただきますので!」

 

ハルヒ「いやあああ、やっぱりこいつの手つきがいやらしくてヤダああああ!」

 

長門「………私は、文芸部の部長として恥ずかしい。部員からこんな変態を出してしまうなんて」

谷口「隊長殿! 今日も幼女幼女してご機嫌うるわしう!」

長門「………ここまで不祥事を起こしたあなたを、これ以上文芸部に在籍させておくわけにはいかない」

谷口「え、つ、つまり……あれですか?」

 

谷口「幕内に昇進っていうことですか!? この僕が!」

 

長門「………キミ、今日でクビ」

 

谷口「………」

谷口「……………」

 

谷口「わかりました。部長命令には逆らえません。部長がそう判断されたのなら、従わないわけにはいきません」
長門「………私も、残念。せっかくの文芸部員だったのに……」
谷口「わかりました。結婚しましょう」
長門「………結婚しません」

 

 

 

古泉「それで、彼はおとなしく帰ったんですか」

キョン「ああ。文芸部をクビにされたことより、プロポーズを断られたのがよほどショックだったようだ」

ハルヒ「みくるちゃん! 入り口に塩まいておきなさい! ああ、腹たつわね!」

みくる「は、はい~!」

 

長門「………彼とは、いい友達になれると思ったのに……」

 

キョン「長門、何か言ったか?」

 

長門「………なにも」

 


 ~その頃 谷口は~

 


谷口「なあ阪中。ルソーの背中のチャックがとても気になるんだが、開けてもいいか?」


阪中「ダメなのね」

 

谷口「はあはあはあ」


谷口「きっとこの中には、徳川埋蔵金のありかを示した地図が……」


谷口「はあはあはあはあはあはあ!」

 

 

~~~~~~~~~~~

 

 

谷口「みんな! 朝ごはんは一日の元気の源だ! 必ず毎日食べようね!」

 

谷口「性的な意味で!」

 

谷口「どうもこんばんは! 週末のあなたの心の侵犯者、谷口でゲス!」

 

ハルヒ「帰れ」
キョン「帰れ」
古泉「帰れ」
長門「………帰れ」
みくる「帰れ」

 

谷口「ひ、ひどい……。ちょっとふざけた挨拶をしただけなのに……ぐすん」

 

ハルヒ「な、なによ……泣くことないじゃない」
キョン「ちょっと言い過ぎたかな」
古泉「とりあえず、用件だけでも聞いてあげてはどうでしょう」
長門「………」
みくる「いいから帰れよ」

 

 

~~~~~~

 

 

谷口「というわけで、ケンモホロロに追い返されてしまいました」

 

鶴屋「えーい、役に立たない谷口め! こうしてやる、こうしてやる!」

 

鶴屋「びしびし! びしびし!」

 

谷口「あうち! 鶴屋さんの振るうムチが、さながら反りかえるツタのごとくしなって僕の背中を打ち据える! あふん!」

 

鶴屋「こいつめ! こいつめ! 説明的なセリフをめがっさにょろにょろ吐きやがって!」

 

鶴屋「あんた、オールバックのくせに最近あたいよりも目立ってるそうじゃないかぃ! ピシピシ!」

 

谷口「いやん! ムチはやめて、ムチはやめて! せめてその健康的な太ももで三角締めをお願いします! 延長しますんで」

 

谷口「はあはあはあ!」

谷口「ゲスでゲス、ゲスなんでゲス!」

 

鶴屋「はあはあはあはあ!」

 

谷口「はあはあはあはあ!」

 

 

~~~~~

 

 

谷口「というわけで、また来ました。かわいがってやってください。僕はやれば出来る子なんで」

 

ハルヒ「なんで来るのよ! もう、意味わかんない。邪魔だからさっさと帰ってよ」

 

谷口「まあまあ。そういわず。こないだキョンの部屋から持ち帰っていたトランクスをやるから」

 

キョン「ちょwwwおまwwwなに他人のパンツを勝手にお持ち帰りしてるんだwww」


みくる「涼宮さん、彼の言うことも少しくらい聞いてあげましょうよ。はあはあはあ。盗人にも三部ノリといいますし」
長門「………これは朝比奈みくるの意見に賛同せざるをえない」

ハルヒ「しょうがないわね。で、あんたはここに何をしにきたの? 変なこと言ったら、SOS団が総力をあげて速攻で蹴りだ

すわよ」

 

谷口「ふぉほ。ようやく訊いてくれたか。いつまで経っても訊いてくれないからパンツまで出しちゃったよ。キョンのだけど」

 

谷口「それではここに宣言しよう! 我々は、SOS団に宣戦布告すると!」

 

ハルヒ「我々? あんた、なにか頭の悪そうな宗教にでも入ってたの?」

 

谷口「頭の悪そうな栗と栗鼠? 女の子がそんな卑猥な単語を公衆の面前でおおっぴらに公言するなんて感心しないな。もっと言え」

 

ハルヒ「一文字もあってないわよ。キョン、古泉くん、このセクハラ脳みそ人間を窓から捨てて」

 

 

 

 

谷口「というわけで窓から放り投げられてきました。すいません。失敗しました。またムチでぶってください」

鶴屋「じりじりじりじり」

谷口「あああああ! ろうそくだけは! ろうそくだけは!」

 


~~~~~

 


谷口「というわけで最後のお願いに参りました。清き一票をお願いしますでゲス」

 

ハルヒ「だから来るなって!」

 

谷口「ふふふ。我々の挑戦に恐れをなして逃げ出すとは。臆したかSOS団! 口ばっかで大したことない団体なのね。うふふ


谷口「明日あたり、涼宮はトイレに落とした携帯を洗って使ってるとでもデマを流してやろうかしら」

 

ハルヒ「あんたの言うことなんて小学生でも信じないでしょうけど、それはそれでムカつくわね。逃げたとも思われたくないし


ハルヒ「いいわ。聞くだけ聞いてあげる。何の勝負をしたいわけ?」

 

谷口「ふふふ。よくぞ聞いた。ムチにぶたれてロウソクをたらされた甲斐があったというもの」

谷口「よし、SOS団よ! 我々と相撲で勝負だ!」

 

ハルヒ「キョン、古泉くん、その廃棄物を窓から捨てて」

 

 

 

 

谷口「悪夢のような現実に絶望して逃げるがごとく帰還してまいました」

鶴屋「びりびりびりびり」

谷口「うふん! 一点集中で局部に電流を流すのは……! ぼおおおおおおおおおお!」

 


~~~~~

 


ハルヒ「くぉらああああ! 谷口いいいいい!」

 

谷口「やあポニテに異常なほど執着心を燃やすハニー。キミならきっとこの運動場特設土俵リングに来てくれると思っていたYO」

 

ハルヒ「あんたでしょ! 私が夜な夜な近所のコンビニでバナナを買って帰ってるなんてデマ流したの!」

 

谷口「ナスよりは信憑性があると思ったんだ。俺って頭いい。ルックスもいい」

 

ハルヒ「ふん」
ハルヒ「いいわ。そんなにSOS団と相撲がしたいんなら、やってあげる」
ハルヒ「相撲でも総合格闘技でもなんでもいいわよ。反則上等であんたの2つの目をつぶせるならなんでもいいわ」

 

 

 

鶴屋「さあいよいよこの時がやってきたのさっ! けちょんけちょんにしておあげ!」

 

キョン「鶴屋さん! まさか鶴屋さんが谷口の黒幕だったなんて!」

 

鶴屋「重要キャラでありながら2流の扱いしか受けられないあたいの怒りを思い知るがいいっさ! ひょほほほほほ!」
鶴屋「SOS団は5人だけど、あたいたちは3人で十分。5vs3のハンデマッチでフルボッコにしてやるにょろよ!」

 

鶴屋「にょろにょろにょろ!」

 

ハルヒ「私たちSOS団相手にハンデなんて、いい度胸してるじゃない! 返り討ちにしてとっても気まずい思いをさせてあげ

るわ!」

谷口「それはこっちのセリフだぜポニータ。俺たちをただのエロリストだと思わない方がいい。想像をしのぐエロリストなのだ

 

ハルヒ「うちの1番手はみくるちゃんよ! みくるちゃん、遠慮しないでバシッと決めてきなさい!」

 

みくる「は、はい~! がが、がんばりましゅ!」

 

鶴屋「うちの1番は阪中にょ!」

 

阪中「ああ! ルソー! なんでも言うこと聞きますからルソーを返して!」

 

鶴屋「さあて。どうしようかねえ。このままハチミツ漬けにしようかと思ってるんだけど~どうしよっかな~」


谷口「それはあなたの働き次第ですよ。ぐふふ。鶴屋さまを満足させられたら、考えてあげてもよくってよ」


ルソー「くーんくーん」

 

阪中「ルソー! すぐ助けてあげるから待ってるのね!」

 

 

岡部「ひがぁし~、朝比奈みくる~」
岡部「にぃし~、阪中~」
岡部「見合って見合って。もっと見合って」
岡部「はっけよーい! のこった!」

 

 ばしっ!

 

みくる「………」

 

キョン「阪中が試合開始と同時に強烈なビンタを朝比奈さんに! 朝比奈さんは驚きのあまり茫然自失の表情で頬をおさえて動けない!」

 

古泉「これは精神的ショックがいなめない!」

 

岡部「阪中の勝ち~」

 

阪中「おっしゃあ!」

 

ハルヒ「くっ! やるじゃない、阪中。有希、みくるちゃんの仇をとってくるのよ!」

 

長門「………わかった」

 

 

 

岡部「ひがぁし~、長門有希」
岡部「にぃし~、阪中~」
岡部「見合って見合って。だからもっと見合って」
岡部「はっきょーい! のこった!」

 

 ばしっ!

 

キョン「阪中のビンタがはいった!」

 

 ばしっ!

 

古泉「長門さんも負けずにビンタで返しましたよ!」

 

 ばきっ!

 

キョン「阪中のエルボーだ! 三沢ばりのエルボーがアゴにはいった!」

 

 くるくるばきっ!

 

古泉「ああっとここで長門さんの遠心力をくわえたローリングエルボーが炸裂! 阪中さん苦悶の表情!」

 

 だだだだだばきっ!

 

キョン「なんとここで阪中、助走をつけてのエルボースイシーダだ!」

 

 ぼいーんばきっ!

 

岡部「長門のポスト上からのダイビングエルボーだ! 両者ダウン! ワン、ツー、スリー!」


岡部「まさかの両者ノックダウン!」

 

 

鶴屋「よくやったよ阪中くん。キミは上出来だ。そこのオールバックよりはずっと使えるよ」

 

阪中「じゃあ、ルソーを返してくれるのね!? プリーズ、プリーズヘルプミー!」

 

鶴屋「いいよ。返してあげる。谷口の靴下のにおいをかいで半死半生だけどねっ! 犬なのに虫の息」

 

阪中「いやあ、ルソー、ルソー!」

 

谷口「昨日洗濯してたのに……orz」

 

鶴屋「次はあんたの番だよ、谷口。これ以上、あたいを失望させないでおくれよ」

 

谷口「合点でさあ。豪華客船タイタニック号に乗ったつもりで、舳先でバカップルごっこを堪能ください」

 

ハルヒ「古泉くん、いい? あいつにだけは負けるんじゃないわよ!」

 

古泉「了解しておりますよ」

 

 

岡部「ひがぁし~、古泉一樹」
岡部「にぃし~、下衆谷口」
岡部「見合って見合って。またお見合い失敗しちゃったよ俺」
岡部「はっけよおい! のこった!」

 

古泉「せあ!」 ガシッ

 

谷口「ひそひそ。古泉くん。ここだけの話だけどさ……こないだ、こっそり涼宮の写真を隠し撮りしてたよね?」

古泉「な、なんのことでしょうか……? 身に覚えがありませんねぇ……」

谷口「隠さなくてもいいよアミーゴ。異性に興味を抱くのはおかしなことじゃない。むしろ正常で健全なありようじゃないか」
谷口「まあ、隠れてこそこそ写真を撮るという行為、健全とは言いがたいがね。ゲスゲスゲス」
谷口「好きな女の子の縦笛を先端部だけ舐めてみたり、好きな女の子のにおいが染み付いた体操服をかぶってパンツマンしてみたりするのも青春の思い出さ」

 

古泉「くっ……! ぼ、僕を脅す気ですか?」

 

谷口「まあ無理にとは言わないがねぇ。ゲースゲスゲスゲス」

 

古泉「…………」

 

古泉「あっ! 足をすべらせてころんでしまったー!(棒読み)」

 

ハルヒ「な、なにやってるのよ古泉くん!?」

 

岡部「勝者、谷口ぃ!」

 

 

 

ハルヒ「いいわね、キョン! SOS団の名にこれ以上泥を塗ることは許されないわ。死んでも勝ってきなさい」

キョン「やれやれ。言われるまでもないさ」

 

岡部「ひがぁし~、キョン」
岡部「にぃし~、下衆谷口」
岡部「見合って見合って。軽く見合って。そう。優しく、それでいて情熱的に……そうそう……」
岡部「のこった!」

 

キョン「しかくいー マットのー」


谷口「ジャーングールーにー 今日もーアナルがー」


キョン「ぶりかーえーすー」


谷口「ルール無用のすがしかお フォントは明朝デモムービー」


キョン「ゆけー ゆけー ライガー」


谷口「獣神ーライガー」

 

キョン「くらえ谷口! 俺の必殺、キロバイトパンチ!」
谷口「じゃあ俺はメガバイトパンチ!」
キョン「単位に負けた……orz」

 

岡部「勝者ー、下衆男ー」

 

 

ハルヒ「アホキョン!」

キョン「すまん……」

 

 

 

岡部「ひがぁし~、涼宮ハルヒ」
岡部「にぃし~、下衆男」
岡部「見合って見合って。でも人と人との関係には一定の距離を保って。それが人付き合いの基本だから」
岡部「のこった!」

 

ハルヒ「ついにこの時がきたね。ようやくあんたを私の手で亡きものにできるチャンスが到来したわ」

 

谷口「ふふふ。そんな強がりを言っていられるのも今のうちだけ。今にお前もこの、俺のもみもみハンドの前に屈することになるのさ!」

 

ハルヒ「なんといういやらしい手つき!」

 

谷口「くらえ、まずは手始めにその肩から揉ませてもらおうか!!」

 

ハルヒ「きゃあああ! そ、そんな……たちまち肩のこりが癒えていく……」

 

谷口「どうだ。抗えまい! この俺、必殺の揉み奥義に勝てる者など、存在しないのだよ!!」

 

ハルヒ「じゃあそろそろ死んで」

 

 ぶすっ

 

谷口「ぎゃあああああ! 目が、目がああああ! むすか!」

 

ハルヒ「ふっ……。虚しい勝利だったわ。しょせん、あんたの揉み奥義も、私の目潰しの前には役不足だったようね」

 

岡部「勝者、涼宮~」

 

 

鶴屋「やるじゃない。さすがハルにゃんだわ。私の期待通り」

 

ハルヒ「リングに上がってきなさいよ。相手してあげるから」

 

鶴屋「谷口に勝ったくらいで、あんまり調子にのらないことね。相撲界でおなごの中のおなごと呼ばれたこのあたいに勝てると思っているにょろ?」

 

ハルヒ「そんなの、やってみなきゃ分からないわよ」

 

 

岡部「ひがぁし~、涼宮ハルヒ」
岡部「にぃし~、鶴屋」
岡部「見合って見合って。もっと俺を見て」
岡部「のこった!」

 

ハルヒ「!? そ、その構えは……一体何のつもり? 両手を広げて仁王立ちなんて。それじゃ倒してくださいって言ってるようなものよ」

 

鶴屋「帝王に構えなど必要ないのだよ」

 

ハルヒ「くっ! 言ってくれる……その自信、この私が打ち崩してあげるわ!」

 

 びしっ!

 

鶴屋「いた! いたぁい! ちょっと、ビンタはちょろっと酷くない!?」

ハルヒ「構えなんて必要ないって言ってたじゃない」

鶴屋「それでも痛いものは痛いのよ! 文句あるの!? このケダモノ!」

 


ハルヒ「えい、えい、えい」

 

 びしびしびし

 

鶴屋「いた、ちょ、いたいってば……痛いって言ってるでしょ!」

 

ハルヒ「なら最初から相撲やろうなんて言ってこなけりゃよかったじゃない」

 

 

鶴屋「だって……うらやましかったんだもの! SOS団が。いつもいつもチヤホヤされてさ。SSもたくさん書いてもらえて

さ」
鶴屋「私だってもっと活躍したいにょろ。甘いSSとかでメイン張ってみたいのに、出番といえば脇役か盛り上げ役かギャグ担当」
鶴屋「出番だって谷口にすら負けてる始末。ヘタすれば機関の関係者より少ないかもしれないのよ」

 

鶴屋「私ももっとかまってほしかったのよ!」

 

キョン「鶴屋さん……」

 

古泉「……すいませんでした。あなたの気持ちに気づいてあげられなくて。僕も、最近はガチホモ以外の出番も増えて、少し浮かれすぎていたのかもしれません」

 

ハルヒ「あなたが私たちにつっかかってきた理由は分かったわ。でも、こんなことしないでちゃんと話してもらえればよかった

のに」


キョン「そうですよ。なんでわざわざ相撲なんて、回りくどい手をとったんです?」

 

鶴屋「あ。それは趣味」

 

みくる「モンゴルへ帰れ」

 


鶴屋「ごめん、ごめんねみんな! 名誉顧問として、あたい失格だったね!」

ハルヒ「いいのよ。私たちも悪かったんだもの。今日のところは引き分けってことにしましょう」

岡部「それがいい。お前たちの美しい友情に、優劣なんてつけられない! 青春の1ページよ永遠に! ハンドボールも永遠に!」

 

キョン「えーりん!」 古泉「えーりん!」 谷口「えーりん!」

 

鶴屋「ありがとう、ハルにゃん! ありがとう、みんな! これからは私も仲間だね! 私ももっとめがっさ活躍させてね!」

 

長門「………それは、各SS作者次第……」

 

谷口「よし。きれいにまとまったところで、みんなで仲直りのバンドやろうぜ!」

 


~~~~

 


阪中「しくしくしく」

 

阪中「ルソーが死んじゃった」

 

 

 

 ~おしまい~


|