朝比奈みくる時空を超えた戦い!

キョン「長門楽しかったな」
長門「・・・・」コクッ
今日俺と長門は遊びに行っていた。
その帰り道。いつもの公園

「キャア!」 どさぁ
朝比奈さんが、落ちてきた。
キョン「大丈夫ですか!?朝比奈さん!」
みくる「キョキョキョキョンくん!ダメ!行かなきゃ」
朝比奈さんは、落ちてきたところへまた入っていった。
なぜ、空中に穴があいているんだ?
長門「あの穴の中に敵性反応があった」
キョン「ホントか?朝比奈さんはいったい何をしているんだ・・」

?「説明してあげましょうか?長門有希それと――」
なぜ俺の本名を知っている。長門に目をやる。いつになく真剣な顔つきだ
キョン「お前は誰だ!朝比奈さんに何が起きている」
すると、その男はメガネをクイッとあげて、語り始めた。

 

?「まず、あなた達は朝比奈みくるの、時間移動について何を知っていますか?」
キョン「STC理論とTPDDのことくらいだ。あとは今から3年前に進めないってことだな」
?「僕らが注目しているのはTPDD・・・タイム・プレーン・デステロイド・デバイスです。」
キョン「なぜ、お前がその名称を知っている。」
?「いずれ、わかることです。実は僕も時間移動ができるんですよ。」
キョン(長門、こいつらも未来人なのか?)
長門(正体は不明。ただ、この時空の人間ではない)
キョン(異世界人か?ハルヒの仕業か?)
長門(違う。涼宮ハルヒの力を観測できていない。)
?「何をヒソヒソ話してるのー?あ、いけない。効き目が切れちゃったぁ」シューッ
男はポケットから出したスプレーを自分にかけた。
?「や、失礼。長門さんが言ったとおり、僕らはこの世界の人間ではない。」
キョン「どういうことだ。」
?「望んだからこの世界に来れた・・・いや、君たちの世界とつながったのかもしれない」
キョン「意味が分からないぞ!」
長門「ここは、ひとまず離れるべき。相手がわからなすぎる」
なにを思ったのか、長門がそう言ったので俺は長門の家へと逃げた。
ちなみに、メガネの男は持っていた小さな袋に入っていった。なんだあれは

 

みくる「あなたはなんなんですか!」
?「そうですね。同じ未来から来たものと言っておきます。」
みくる「え?」
?「先ほど体験してもらいましたが、あの方法が我の時間移動の仕方」
変な乗り物に時間座標合わせる。とても古いやり方に似ています。
でも、時空間の移動時間も長すぎます。時空間の歪みを移動する・・・こんなの聞いたことありません。
みくる「あなたは、この世界の未来から来てませんね?」
?「おや、あなたのような人でもわかりましたか。朝比奈みくる」
みくる「あなたのさっきの行為は、してはいけない行為です!」

?「何を言いますか、朝比奈みくる。」
みくる「?」
?「時計を見てみなさい。場所は違う場所を指定。つまり公園を指定しましたが」
1分ずれてる。え!?あんな長い間時空間にいたのに1分間の移動ですって?
?「1分ぐらいの時間移動は何も問題にならないから大丈夫だよ~。あれ?切れちゃった」シュー
なんでしょうか?煙を自分にかけています。
?「いや、失礼。この世界にいるときはこれをかけないと浮いてしまうんでね。」
みくる「あなたが、この世界に来た目的は何なのですか!」
?「STC理論とTPDDの仕組みを教えてもらうためですかね」
みくる「そそそれは無理です!言うことも理解することも不可能です!」
?「あなたもあの時間移動を体験したでしょうが!長すぎるんだ!」
みくる「誰だかわからない人には、教えたくもありません!」

?「そうですか、それでh・・あっひゃひゃひゃひゃ・・・ひぃっひひひひ」
目の前にいる青いロボットから男の子が出てきました。
?「ドラえもん、キョンと長門に逃げられました」
キョンくんと長門さんに接触してたんですか?心配ですぅ
ドラ「のび太くん、それは残念だ。でも会えてよかったろう。」
のび「ええ、想像通りでしたよ。」
私たちを調べ上げてた!?

 

ドラ「僕は時間移動原理を聞き出せなくてね。困っているんだ」
のび「それは残念。タイムマシンじゃ遅くてかなわないよ。乗るのもめんどう」
タイムマシンなんて言葉、私はキョンくんに例えでしか使ったことありません。
みくる「あなたの世界の技術レベルは、今のこの世界と同じくらいなんですか?」
のび「あぁ、そうさ。車は浮いてない、学校も鉛筆とノート。」
やはり、同じような違う世界のようですね。
するとロボットのほうは・・・
みくる「言動からするとあなたはその世界の少し先の未来人ですね?」
ドラ「おや、言動から推測するって事は、あなたは私より進んだ未来から来たようですね」
みくる「多分そうです。『タイムマシン』なんて言葉は使いません。移動法も歴史の教科書に似たようなのが出てるだけです」
のび「あっははは。これは参ったねドラえもん」
ドラ「そうだね。我のは歴史の教科書に載るくらい前か・・」
ロボットがポケットから小さな人形を出してきました。
それにお金を入れると私に向かってそれが発砲したのです。
ダンッ!鳴り響く銃声。尻もちつく私。撃たれた・・・?
ドラ「大丈夫、死にはしませんよ。」

「朝比奈さん!」キョンくんが来てくれた。長門さんも一緒に
ドラ「のび太くん、彼らを始末しなさい!」
のび太「この中で眠るがいい!」パシャ

 

あぁ…キョンくんが写真の中に入れられてしまいましたぁ。グスッ
長門さんがいないってことは長門さんも・・・?
長門「わたしはここにいる。安心して」
どうやらフィールドを張っていたようです。
みくる「キョキョキョンくんがぁ・・・」
長門「不意の攻撃で彼まで守れなかった不覚。だけど彼らの正体はわかった」
ドラ「さすが、有希ちゃん。あれれ?もう切れちゃった。のび太くんスプレーは?」
のび「はい、ドラえもーん♪あぁ、僕も切れてるぅ」
みくる「あれれ、彼らの様子がおかしいですよ、長門さん」
長門「あれが彼らの正体。普通の男子児童とさまざまな道具を使うロボット」
ドラ「あれ~、スプレー切れてるよ。どうしよう」
のび「えぇっ!?どうすんのさぁ、うわぁぁぁぁん」
男の子は泣き出しちゃいました。
長門「あなた達はこの世界には場違い」
ドラ「のび太くぅん。かえろ?有希ちゃんにはぼくもかなわないよ。」
のび「うわぁぁん、まだハルヒに会えてないのに~。ウワァァン」
どういうことなんでしょうか。涼宮さんを呼び捨てに・・・?
長門「全てを説明することがあなた達の最優先義務。しないなら情報連結を解除する」
のび「死にたくないよ~」
ドラ「わかったよ。全部言うよ…」

みくる「まずは、キョンくんを戻しでください!」
ドラ「これは、お湯をかければ戻るんだよ。」
ポケットから出したやかんで写真にお湯をかける。
キョン「大丈夫ですk・・・ってあれ?」
のび「ごめんなさぁい」
長門「彼らがあなたの動きを一時的に封じていた。もう大丈夫」

キョン「お前らはいったい何者なんだ。」
ドラ「詳しくは言えないけど、僕たちは異世界人です」
キョン「それはわかる。どうやってきた」
のび「僕が言ったけど、来たというより世界をつなげたんだ…」
長門「そんなこと不可能」
ドラ「これも詳しくは言えないんだけど、朝比奈さんとは違う僕の未来の道具は万能なんだ」
みくる「道具?ですかぁ」
ドラ「時間移動より便利さを求めた未来なんだろうきっと。」
みくる「そうなんですかぁ。」
のび「もしもボックスという道具があってね、理想を現実に変えてくれるんだ」

詳しい説明を受けるために、私とキョンくん達は場所を変えました。
そこには、オレンジのような黄色のような・・・ライチュウの色の箱がありました。
ドラ「この電話ボックスから僕らは来たんだ。」
キョン「こんな電話ボックスで?」
みくる「キョンくん・・・電話ボックスって何?」
長門「・・・見たことがない」
キョン「携帯電話が普及する前はたくさんあったんですよ。昔は外から電話するときはこれを使ったんですよ」
みくる「そうなんですかぁ」
のび「この受話器にね、「もしも・・・○○○」って理想を言うんだよ。」

長門「・・・理想を現実にする・・・涼宮ハルヒとおなじ・・・」
ドラ「そうなんだ。僕はその人物を本で読んだんだ。それで試しに・・・」
みくる「涼宮ハルヒのいる世界に行きたい・・・って言ったんですか?」
ドラ「世界をつなげたから少し違うよ。『もしもここが涼宮ハルヒの世界なら』って」
のび「そしたらちょうどキョンと長門が目に入って・・ごめんよ。」
ドラ「僕は時間移動のことで、朝比奈さんのとこへ行ったんだ」
長門「・・・信じられない。あなた達の世界は興味深い」
キョン「それで、自分の世界とは違う時間移動をする朝比奈さんを襲ったのか」
ドラ「ごめんよ、朝比奈さん。」
みくる「別にいいです。私も貴重な経験ができましたから」
ドラ「のび太くん、帰ろうか。」
のび「うん、帰ろう」

彼らは電話ボックスに入って受話器を取った
ドラ「朝比奈さん、キョンくん、有希ちゃんどうもありがとう」
のび「迷惑かけてごめんなさい」
キョン「待て、お前らのかけてたスプレーは人格を変えるのか?」
ドラ「違うよ。『ドラマチックガス』はムードを出すんだ。」
のび「そう、だから異世界人ってムードを出してたんだ」
キョン「そうか・・・」
みくる「さようなら」
長門「・・・・・」
ドラ・のび「元の世界に!」
ジリリリリリリリリリ

電話のベルの音と一緒に彼らは帰って行きました。
キョン「行っちゃいましたね。」
みくる「そうですね・・・」
長門「変わった人たち・・」
みくる「それはそうとキョンくん長門さんとどこ行ってたんですかぁ?」
キョン「えぇ、と、、たまたま会っただけですよ。ね?長門」
長門「違う。私と彼は交際している。」
キョン「長門っ!」

その次の日、キョンくんと長門さんは涼宮さんに怒られてました。
もちろん、言ったのは私なんですけど。うふふふ

END


|