なぁ佐々木、本当に俺なんかで良かったのか?

「どういう意味だい?キョン」
 
いやだって、お前はその、美人だし、頭も良いし、性格だってちょっとばかし理屈っぽいが面倒見が良くて頼りになるから、その気になればもっといい男だって捕まえられるだろうに。
それにいつだったか自分で俺の親友だと言ったよな、だからそれ以上は踏み込ませないつもりだと思ってたが。
 
「くっくっ、嬉しい事を言ってくれるじゃないか。でも先程の問い自体は愚問だね。
確かに僕はキミに対して所謂燃え上がるような恋心というような物は抱いていない。
恐らく今後も抱く事は無いだろう、他の誰に対しても、ね。だのに何故キミを受け入れたかというとだね、僕にとってキミが最も丁度いいからさ。」
 
丁度いい?
 
「そう。僕が求めるのは100点満点の人なんかじゃない。75点の人なのさ。
考えてもみたまえ、完璧な人間に伴侶なんて必要無い。一人で何でも出来るんだから。完璧ではないからお互いを補完出来る相手を求めるんだ。
当然僕も完璧ではないのでね、キミが必要なんだ。尊敬出来る所と、突っ込みを入れられる所が良い具合にバランスがとれているキミが。」
 
突っ込まれるのはともかく、俺にお前から尊敬してもらえるような長所があるとは初耳だな。
 
「くっくっ、正にそういうところなのだけれどね。気が付かなくて結構、ぜひそのままのキミであってくれ給え」
 
………なんか上手く避わされた気がするが、それはひとまず置いとくとしよう。
要するに、俺にはお前から見て褒められる所とけなせる所の両方あるから良いって事か。
 
「そんな身も蓋も無い言い方しないでくれ、人が折角言葉を選んであげたのが無駄になってしまうじゃないか。でもまあ概ねその通りなのは否定出来ないかな。
実の所、中学時代に既にキミは合格ラインの70点に達していたのだが、幸か不幸か今は理想の75点をやや越えてしまっているのだよ。
涼宮さん及びSOS団での活動で振り回される中で得た経験の賜物というべきかな。
ああそれが困るといってるんじゃない、むしろ自分を磨く良い発奮材料だよ、再びキミと釣り合うようにする為のね。
まかり間違っても自分がだらけて評価を下げ、それによって釣り合わせようなんて事は言わないでくれ給え。」
 
相変わらず厳しいな。ま、それがお前がお前たる由縁なんだろう、納得も出来た事だし今後とも宜しく頼むぜ、佐々木。
 
「こちらこそ。宜しく頼むよ、キョン」
 
 
  (おまけ)
なんて話をしてる間、佐々木の表情はいつもの微笑みを浮かべたままでついにそれを崩す事は無かった。表情はな。
顔色は…まあ察してくれ。勿論俺も突っ込まない。鏡を見せられるに決まってるからな。
 
 
「何を一人でブツブツ言ってるんだい?キョン」
「いやなに、甘党の異世界人への配慮ってやつらしい。差し当たって俺達には関係ない」
「そうかい」
「そうさ」
 


|