※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おやつはユッキーの特製カレーだよ★



キョン「ハルヒ、お前先に食えよ…」

ハルヒ「嫌よ!!なんの肉を使えばあんな匂いが出せるのよ?!」ヒソヒソ…

古泉「そういえば朝比奈さんは何処に行ってるんでしょうか?」

キ・ハ「「!!!!」」

ユッキー「今流行りのホワイトカレー…召し上がれ♪」



長門「ほら、あなたから食べて…」
キョン「う、うわっ! 嫌だ! 嫌だァ!」
長門「どうして…? 食べて頂戴」

ギリギリ ミシミシ

キョン「ぐげ… がはっ 食べっ…食べますぅ だからやめ゛でぇ…」
長門「はい、あーんして」 ガポッ カチカチカチカチ
長門「どうしたの? 口が震えている」
キョン「うぐぐっ、ううっ うええぇ」
長門「吐いたら殺す」
キョン「ううっ、うええっ。 ふーっ、ふーっ(臭いよぅ、怖いよう…。)」
長門「おいしいでしょう? 朝比奈みくるは?」
キョン「ううう…うぇっ ぐふっ… うぇぇぇぇ」
長門「たくさん食べて大きくなってね☆ 次はあなただから♪」



ユッキー「ユッキーの不思議な呪文!ユキ、ユキ、ユッキーでポン!」
キョン「何だそれ」



長門「涼宮ハルヒ、今日は特製のハンバーグ。 食べて」
ハルヒ「マジ!? 大好物なのよ! ありがとう有希!」
長門「…少し外に出てくる」

カチャ バタン

朝倉「どうだった? 長門有希さん?」
長門「…材料に気付いていなかった。 馬鹿な人間。」
朝倉「あれがキョンって教えたらどうなるのかしらね。 くすくす…。」

ハルヒ「ううっ、キョン! キョン… 」

ヒント:封神演義



ハルヒ「今日はコロッケ作ったの」

キョン「マジ!?俺コロッケ大好物なんだよ。サンキューハルヒ」パク
キョン「ってこれタワシじゃないか!!」
ハルヒ「あら? 間違えちゃったわ。ごめんなさい」
キョン「ま、間違えたって・・・も、もういい!風呂入ってくる」
ハルヒ「そう」



キョン(ま、まさか“浮気が”バレたのか・・・?)ピチャ
キョン「熱ッ!?ふ、沸騰してるじゃねぇかちくしょー!」



長門「今日はコロッケ作ったの」

キョン「マジ!?俺コロッケ大好物なんだよ。サンキューハルヒ」パク
キョン「ってこれカニコロじゃねぇか!!ふざけんなっ!」
長門「どうして?カニクリームコロッケもコロッケの仲間のはず」
キョン「な、仲間だと・・・も、もういい!風呂入ってくる!」
長門「そう」



キョン(カニコロとコロッケを同列に語りやがって・・・お前がコロッケを語るなっつうの!たくっ)ピチャ
キョン「熱ッ!?い、いつもいつも湯船の温度は38度にしろって言ってるじゃねぇか!家事一つろくに出来ねぇのかよちくしょーめぇ!」



ハルヒ「キョン、しりとりしましょ!」
キョン「はいよ、『しりとり』り、だぞ」
ハルヒ「『りんご!』」
キョン「『ゴリラ』だ」
ハルヒ「え~っと…『ラッコ』」
キョン「こ?『古泉一樹』」
ハルヒ「キ、キキ『キスしたい』!!」
キョン「『いや』」
ハルヒ「ーーーーーっ!やだやだやだやだ!キスしてくんなきゃ『ヤダ』!」
キョン「『ダメ』」
ハルヒ「メ……めがっさ にょろー『ん』」



キョン「えーと、じゃあ俺はスタミナ丼にしようかな・・・季節の変わり目は体がダルい。」

ハルヒ「そうね!アンタの最近『水っぽい』のよ!スタミナ丼!このアタシが推奨するわっ!」

キョン「・・・。」



ハルヒ(キョンの奴また寝てるわね~・・・よ~し、シャーペンチクチク攻撃よ!)チクチク
キョン「zzZ」
ハルヒ(お~い、おきろバカキョン~)チクチク
キョン「zz・・・ふがっ!?」ガバッ

グサッ(刺さった)

ハルヒ「・・・あ」

たら~(出血)

ハルヒ(ひ、ひぃ!?)
キョン「・・・? zzZ」



古泉「マジカルユッキーが保守☆」
キョン「いや名前のところに古泉って書いてあるし」



~体操服に着替中~

女子生徒A「ねー長門さんて可愛いよねぇ」
女子生徒B「ちっちゃくて妹みたいだよね」
女子生徒B「無口なとこがまた庇護欲をそそるっていうか・・・」

ゴゴゴゴゴ・・・


女子生徒A (い 今イレズミ的な物が見えたような・・・)



ハルヒ「・・・・」カチカチ(ネットサーフィン中)
ハルヒ「・・・」カチカチ
ハルヒ「あ゙ー! マンコ痒いーなぁちくしょー!!」

みくる「ふぇ!?」ガシャン(お茶こぼした)
キョン「熱っ!」ビク

ハルヒ「・・・なんでもない」カチカチ

キョン「・・・」
みくる「あ、あのごめんなさい・・・」
キョン「いや、いいですよこれくらい・・・」

ハルヒ「・・・」カチカチ
ハルヒ「中坊の時に遊び過ぎたかしら?」

キョン(いや、俺に聞かれても・・・)
みくる「ひぇ!?」ガシャン
キョン「あ゙っつー!」ビク



10月の少し肌寒い朝。
俺の下駄箱から手紙のようなものがヒラリと、枯葉のようにさりげなく落ちてきた。
屈んで拾い上げる。 …その手紙にはハートのシールが張ってあり、差出人の名前が書いてなかった。
ただ裏にかわいい文字で「キョン君へ」って書いてあったな。

「おはよう、キョン」
びっくりして下駄箱に顔面をぶつけた。

「ハ、ハルヒ!?」
「どうしたのよ? ラブレターでも入っていたのかしら? 浮気したら許さないからねっ!」
「まて、前提として俺はお前と付き合っていないぞ。」
「ば、バカキョン!…そそうよ! え、SOS団の活動から浮気するなって事よ! 本当にバカなんだから!」

俺はさりげなく手紙をかばんにねじ込んだ。 少しカサッと音がした。

時間無いから続かないかもwww



ハルヒ「こんちはー!!」

キョン「おはよ~~~~」

ハルヒ「あんた もう夕方だよ? 最近 夜型なの?」

キョン「夜? 寝てるよ?」

ハルヒ「あ そう」



ハルヒ(。。。もう朝か。。。不思議な夢見なかったわね。
キョンも出てこなかったし。。今日こそ見れると思ったのに。
まあいいわ。学校で会えるのが本物よ。
着替えよっと。)



長門「スレが終わりそう…」
キョン「次スレが必要だな」

長門は無言で小さく頷いた「…コクリ…」

キョン「お前の力で何とかならないか?」

長門は無言で首を横に振った「…フルフル…」

キョン「そうか…」
長門「そう」
「…次スレは>>950が立てるべき…」
キョン「長門お、お前…」
長門「…埋めて」
キョン「まだ早ぇーよ!」
長門「…1000なら幸せになれる…」
キョン「ちょ、長門!…切な過ぎるよ」
俺は微かに震えてる長門の華奢な躰を抱きしめたまま1000を迎えた。



みくる「産めましゅ」
ハルヒ「産めない訳無いでしょっ?!」
長門「…………産め……ない」



ハルヒ「ねぇ、キョン。アタシの事どのくらい好き?」
キョン「んー、そうだなぁ…。
極寒の冬、山の奥深くに捨てられた母犬と子犬。
餌となる物は何もなく餓死寸前だ……。
そんな時、不運にもイノシシ用の罠に掛かってしまう母犬。
子犬は衰弱していく母犬を悲しげに鼻を鳴らして見続ける…。
やがて子犬は息絶えた母犬の腹部を………………。
そんな惨劇を平気で作り出してしまう、身勝手で無情なる人間どもの罪の重さ位…かな。」
ハルヒ「そ、そんな重すぎる愛…アタシには堪えられない!」



「めがねの再構成し忘れた…すぐに再構成する」
「……長門?メガネ出てこないな」
「もう少し、すぐにできる」
「……」
「(高速コード詠唱中)」
「……」
「できた。どう?」
「……メガネ無いな」
「そんなことは無い」
「いや、かけてないぞ」
「そんなことは……ない」
「長門、ちょっと泣いているのか?」
「そんな、ことは…ないグスッ」
「長門、俺はメガネ属性はない、かけてない方がかわいいぞ」
「……そう」
「さぁ、帰るぞ」
「……ありがとう」



ハルヒ「ちょっとキョン!あたしのプリン食べたでしょ!」
キョン「俺は食ってねぇぞ」
長門「……わたしが食べた」
ハルヒ「!有希が……プリンを?」
長門「正確には違う。このスレッドにおいてプリンとは隠語。この場合は彼の事を意味する」
キョン「……意味が分からんぞ?」
長門「要約すると彼との昨晩の行為を示している」
キョン「は?」
ハルヒ「有希ぃ、あたしには分かったわよ……」
キョン「(昨晩?なんかしたっけか?)」
長門「そして食べた、というのは一方的に事象を済ませたと言う事」
ハルヒ「え?……嘘……」
長門「嘘ではない。深夜彼の眠りが深くなる時間帯を見計らっての行動」
ハルヒ「……まさか」
キョン「(まったく話の流れが掴めん。分からん)」
長門「わたしが行為の後処理を確実にしたので気付かれていないはず」
ハルヒ「……」
長門「……彼は中に……熱かった」
キョン「(何の話をしてるんだろうな)」



「有希は悔しくて悔しくてたまりません。
 キョンの命を奪い 二人の未来を奪い 私から全てを奪った涼子ちゃんが 憎くて憎くてたまりません。
 こんな事があっていいの いいわけがない
 虫けらのようにキョンを殺して 私の全てを奪った
 その戦いに負けるわけにはいかない
 有希を地獄につき落とした涼子ちゃんと戦って下さい」



数年後。病院にて

看護士「元気な男の子ですよ。おめでとうございます!」
キョン「ハルヒ!よくやった」
ハルヒ「この子の名前は総司で決まりね!総司、私の言う事だけはよく聞きなさいよ」
そんな保守



「お前今日中に仕上がるのか?」
「………へいき。」
「………そうか。」
ゴッ…
「………へいき………。」
「鼻血出しながらそんなこと言われても説得力ありません。ほら泣くな。」

そんな保守



長門「SELECTシリアルコードFROM2chデータベース WHEREnews4vipORDERBY1160993176.datHAVING
   スレッドネーム『ハルヒ「ちょっとキョン!あたしのプリン食べたでしょ!?」』。該当対象のdat落ち防止保守を申請する」



「俺の子を産めッッ!!」
「そこはらめえぇぇぇキョンンッッ!!」



俺の目の前には泣き崩れているハルヒ。
「なあ、ハルヒ、もう泣くのはやめてくれよ」
「なんで!?なんでよ?あんた、悔しくないの?」
「俺だって残念だけどさ、こればっかりはどうしようもないんだよ」
この世にあるものはいつか無くなるんだ。
それはもう人間の力じゃどうしようもないんだ。
「まだ……まだ、早すぎるわよ!ねえ、どうして?あたし、まだ、まだ……」
感情が高ぶってうまく喋れないようだ。
「俺だって早すぎると思ってるさ。でも、しょうがないんだよ。
そういうどうしようもないことも堪えなきゃいけないんだ。
……この世に生きてる以上」
「だったら、だったら……!」
馬鹿!なに考えてやがる!
「だって、楽しみにしてたのよ、ずっと!なのに、なのに」



「なんで売り切れちゃってるのよ!プリン!」
いや、そんなこと俺に言われても……。
確かに午前で売り切れは早すぎるのには同意するが、だだっ子みたいなこと言わないでくれよ、ハルヒさん。



「キョン!何か飲み物買ってきなさい」
「なんで俺が?」
「いち団員が団長に歯向かうつもり?さっさと行って来る!5秒以内!!」
「はいはい。行って来ますよ(やれやれ)」


「ほれハルヒ」
「あんたがこのジュース飲みなさい。私そっちのジュースが飲みたいから」
「・・・」
「何よ」
「俺はハルヒのことを思ってそのジュースを選んできたんだが・・・」
「・・・・・・」

プシュ。ゴクゴク



ハルヒ「ちょっと!何で団長のあたしが保守しなきゃなんないのよ!雑用係の仕事でしよ?!」

キョン「やれやれ…今日は、ずいぶんとお冠だな…」

ハルヒ「何よ?!何か文句でもあるの?早く保守しなさいよ!落ちたら罰金よ!」

キョン「…へいへい保守保守」

それでも、何だかんだ言いながら保守してくれるキョンが
あたしは大好き。

あっ!そろそろ有希が本を閉じる頃ね…



「ところで長門。 お前達はマンション買ったりしているがどうやって稼いでいるんだ?」
「…マンションは銀行のシステムに侵入、預金の情報を奪った。 普段生活する分はフィッシング詐欺で十分。」
(…うわ、こいつらマジヤバイ。 付き合うのはもうやめよう)

「フィッシングとはphishingと綴る。 元はFishingから来ているらしいけど
(うわ、何か語りだしたよコイツ)

「って警察には見つからなかったのか?」
「大丈夫、口は封じた」

「…長門、何か悪いこと聞いたな。 俺もう帰る。」
「駄目、あなたは秘密を知った。 …それにわたしはあなたという個体に興味がある。」
「喋ったら死ぬことはわかってるからそんなことはしない! 興味を持っても俺からは金を取れんぞ!!」

「……愛人として契約する。 あなたにはいろいろ買ってあげる。 だからここにいて。」
「すまん、俺には愛する家族が居るんだ! それに普通に生きたいんだよ!」

「…冗談。愛人ではなく夫にする。」 「そっちかよ!」
「どうするかはあなたに任せる。  ところであなたには可愛い妹がいるけど…。」
「恫喝か!?」
「大丈夫、薬付けにしてもあなたは手に入れる」 「脅す意味ねー」



ハルヒ「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、
     あたしのところに来なさい。以上。」
キョン「そんなに珍しい物みたけりゃFBIに入ってX-FILE課でも設立しろよ。」


この言葉がきっかけで数年後FBIにX-FILE課が設立されることになる。
その後アメリカ中で不思議現象が多発し、ハルヒ捜査官とキョン捜査官が規則破りまくりの
経費使いまくりで捜査にあたることになる。
ちなみにTV放映時のモルダー捜査官のモデルはハルヒ、スカリー捜査官のモデルは
キョンであることは超極秘扱いである。



ハルヒ「キョーン♪ 今日は○ン○プリン作ったの。食べて」
キョン「ブーッ、ゲホゲホ。おい、お前今なんて言った!?」
ハルヒ「だから○ン○プリ――」
キョン「ダーッ、止めなさい! お前は嫁入り前の女なんだぞ。
    そんな下品な事言うんじゃありません。大体、マンゴープリンの間違いだろ?」
ハルヒ「違うわよ。マンゴーじゃなくて○ン――」
キョン「ああああ!! だから言うな!!!」
ハルヒ「美味しいわよ。たぶん(ニヤリ」
キョン「何だその不気味な微笑みは? 俺は食わんぞ! 絶対食わん!!」

ぱくっ

ハルヒ「美味しいでしょ?」
キョン「なんだ、白餡が入ってるのか。俺の聞き間違いだったようだな。でも、不味い」
ハルヒ「そう、まあしょうがないわね。ところであんた、何と勘違いしてたの(ニヤニヤ」



いつになく俺とハルヒの距離は近かった。
放課後の部室に差し込む柔らかな秋の日差し。
普段なら眠気を誘うその温もりも、今日だけは少し違った。
黄金色に輝く部室には俺とハルヒしかいない。
雰囲気は最高だと言っていい。
そして俺達は・・・

「ね、ねぇ。こんなんで本当に気持ちいいの・・・?」とハルヒ。
「あぁ、気持ちいいぞ」
「もうっ、あんたってほんと変態よね。団長を使うなんて!」

言いながらハルヒは行為を続けた。
言葉とは裏腹に、どこかハルヒは嬉しそうだ。
ハルヒの手が俺に触れている。
ほっそりとしているが、骨ばっているわけではない指。
その指も、手の平も、本当に柔らかく感じられる。
比較対照が妹ぐらいしかいないので良く分からんのだが、
これが女性特有の柔らかさというものなのだろうか。
その考えはハルヒの優しい声でかき消された。

「・・・あんた、ほんとにカチコチねぇここ」
「そ、そうか?」
「そうよ」
「もっとお前の好きにやってくれていいんだぞ」
「他の人になんてした事ないから分かんないのよ!バカ!」
「いで!いでででで!」

ハルヒは思いっきりつねって来やがった。

「あー痛ぇなこのやろう」
「あんたが口ごたえするからよ」
「へいへい」
「まだして欲しい?まだすっごーく固いまんまだけど!」

そう聞いてくるハルヒの声は楽しそうだった。
俺の肩こりもだいぶマシになっただろうか。
その日、SOS団の中で名誉ある雑用係を任されている俺の肩には
随分疲れがたまっていたのだ。
黄昏る空を二人で見ているとき、冗談半分で提案してみた。
「たまには平団員を労って肩でも揉んでくれよ」と。
もちろん物凄い剣幕で怒られるもんだと思っていた。
だが今日は、あいつにも黄昏が綺麗に映っていたのだろうか。
なんと渋々了承してくれたのだ。
明日は雨かも知れん。女心と秋の空とも言うしな。

その後、俺の肩はへにゃへにゃの腑抜けになるまで揉みほぐされた。
ハルヒはずっと俺の後ろのいたので、その顔を拝む事は出来なかったが、
夕日に母性を浮き彫りにされたあいつの姿はきっと、
世界がひっくり返るほど美しかったに違いない。



おわり



次の日、俺とハルヒの距離はまた近かった。

放課後の部室に差し込む小春日和の午後。
普段なら眠気を誘うその温もりも、今日だけは少し違った。
黄金色に輝く部室には今日も俺とハルヒしかいない。
雰囲気は最高だと言っていい。
そして俺達は・・・

「ハルヒ。お前のここって意外に柔らかいんだな……」
「あぁ、いいわキョン」
「なあ、両方と揉んでもいいか?」
「んっ、いいわよ。もっと強く揉んでもいいから」

そう言われて俺はひたすら、ハルヒの二つの柔らかい部分をひたすら揉みしだいた。

「気持ちいいわ。キョン。もっと。んっ」

ハルヒは気持ちよさそうだったが、俺としては、その二つのモノを包む布が少々邪魔になってきた。

「なあ、脱がしてもいいか?」
「え?ちょっとまってよ!だめだったら」
「直に触った方がお前も気持ちいいと思うぜ」
「バカ……あんたがそう言うんだった……少しだけならいいわ」

俺はハルヒにまとわりついた服を無理矢理たくし上げ、白い布をはぎ取った。
露わになったその二つ白い素肌を直に触り、俺はひたすら揉み続ける。

「あっ。だ、だめ、痛っ!」
「すまん、痛かったか?」
「うん。ちょっとだけ。もう少しだけ優しくして」

俺はさっきと違ってゆっくりと、そして深く揉みしだく。
ハルヒはハルヒは恍惚の表情を浮かべとても気持ちよさそうな声をあげる。

「ねえキョン。もっと下の方も……おねがい」
「いいのか?もう」
「うん。もうすっかり解れてきたから、下の方も……。あんたの好きにしていいわよ」

俺は言われるがままに、ハルヒの体の敏感な部分に指を匍わせた。

「あぁ、そこっ!んっ!はあっ!やっん!そ、そこ。そこが気持ちいい!」

ツボを刺激するたびにハルヒは、ハルヒらしくない色っぽい声を上げる。

「キョ…んっ。凄く気持ちいいわ。あんたこんな事、誰に……んっ……教わったの……あっ」

「イトコの姉ちゃんにな、教えてもらった。
俺んちに泊まりに来るたびに、毎晩こうしていたおかげで、いろんなツボを知っている。
例えばここなんかどうだ?」

俺はとんどの女性にとって一番敏感なツボを刺激した。

「ああぁぁぁっ――――!!!」

俺が、足から手を離すとハルヒはうつぶせのままぐったりとし、肩で息をしはじめた。
しまったやりすぎたかな。初めてには強すぎたかもしれない。

「ちょっとキョン!今の足つぼは凄く痛かったわよ」
「今のは便秘に効くツボだ。痛いのは溜っ……」

そこまで言って俺はハルヒに思い切りはたかれた。

「バカキョン!もういいわ!」

そう言うとハルヒは俺が脱がせた白い靴下をはいて、たくし上げたジャージを下ろし、
団長席にドッカと腰を下ろした。

6時間目の体育のマラソンで疲れたから、足をもみほぐしてくれって言ったのはお前だろうが。
それをはたいた上にお礼も無しか。やれやれ、まったく。

そんな愚痴をまったく聞いてなかったようで、ハルヒはいつもの100ボルトの笑顔で俺に向かってこういった。

「キョン!あんたには罰としてこれからも毎日あたしの凝りを揉みほぐすこと!わかった!」

「へいへい、わかったよ団長様」

俺はそう言いながら、いつか別の部分も揉みほぐしてみたいもんだと思ったのは、
絶対に誰にも内緒だ。


おわり


|