古泉 「涼宮さんとかけて」
長門 「……朝比奈みくるの胸部ととく」
みくる「ひぃっ。睨まないで下さい。うぅっ……そそそっそのこころは……」
鶴屋 「どっちも人の手に余るのさっ! ほーれほれぇ!」
みくる「ひぃへっえ!? おおおたお助けぇ〜」

長門 「札束とかけて」
古泉 「谷口くんとときます」
みくる「そのここりょっ——」
鶴屋 「どっちも中々モテナイもんだよっ。かあいそうにね!」

古泉 「涼宮さんのポニーテールとかけて」
長門 「薪ととく」
みくる「そのこころは」
鶴屋 「どっちもよくモえるのさっ」

古泉 「『小泉』の誤字とかけて」
長門 「スカートととく」
みくる「そのこころは……嫌な予感がします」
鶴屋 「無い方が喜ばれるにょろ。二番目は変態さんだねっ」
古泉 「そう言えばこないだ部室に入ったら涼宮さんと彼が、
行為に及ぶ際の衣服について話してましてね」
鶴屋 「ふんふん。入り辛い場面にでくわしたね」
古泉 「どうやらお二人とも着たま——」
二人 『ちょっと待ったぁっ!』
古泉 「うげっ」
キョン「古泉っ!」ハルヒ「古泉くんっ!」
二人 『それは言うなって言ったのに!』
古泉 「あ、ちょっと引っ張らないでくだ……! 僕はどこに、どこに連れてかれるの?
だだだ誰か、誰か助けて下さいっ! うっ、うわああぁぁぁ——」


長門 「……古泉一樹の運命とかけて」
みくる「大晦日の日めくりカレンダーとときます」
鶴屋 「そのこころは」
三人 『明日がございません』
ちゃんちゃん♪



長門 「バカップルとかけて……」
みくる「政治家とときます」
鶴屋 「そのこころはっ?」
古泉 「『いい加減にしやがれ、コンチクショー』」



古泉 「涼宮さんの大学受験とかけて」
みくる「キョンくんとときます」
鶴屋 「さてその心は」
長門 「……滅多な事ではオチない」



古泉 「谷口くんの成績とかけまして」
長門 「……超能力者ととく」
みくる「そのこころはぁ」
鶴屋 「どっちも赤くなるのさっ! どんどんまいっ」

古泉 「僕の将棋とかけまして」
鶴屋 「気のいいおやっさんの屋台ととくよっ」
長門 「……そのこころは」
みくる「え、えと、どっちもマケてばっかりです」
古泉 「頑張ってはいるんですけどねぇ」
長門 「あなたは、センスゼロ」
古泉 「ぐすん……次に行きましょうか、次に」

みくる「シャミセンとかけてぇ」
鶴屋 「穴掘りの道具ととくにょろ」
古泉 「さあ、そのこころは」
長門 「双方しゃべる」

鶴屋 「壇の浦で滅亡とかけて」
みくる「……長門さんとときます」
長門 「こころは」
古泉 「え、えーと、ですね、はは、なんでしょう。分からな——」
長門 「こころは」
古泉 「……」
長門 「……」
古泉 「どちらも『たいら』で——っででで。つねらないで下さい!」
長門 「……」
古泉 「はあ……」

長門 「涼宮ハルヒの性格とかけて」
みくる「千葉県とといちゃいます☆」
鶴屋 「さてさて、そのこころはなんだろねっ」
古泉 「どちらもボウソウ——」
ハルヒ「うふふ」
古泉 「あ、あれ?」
ハルヒ「話は聞かせて貰ったわ、古泉くん。ちょっと話があるのよ」
古泉 「え、僕限定ですか。ちょっと待ってください、いや、ホント、堪忍してくださ……
い、いやぁぁぁぁっ! まだ死にたくな——」


みくる「古泉くんとときまして」
鶴屋 「ワカサギの唐揚げととくっさ」
長門 「……そのこころとは」
三人 『骨すら残りません』



古泉 「喜緑さんとかけて」
長門 「わたしが眼鏡を着用していた時期ととく」
みくる「そのここりょ、……は」
鶴屋 「どっちもショキだよっ……みくるー、今噛んだね」
みくる「うう、痛いです」

長門 「……閉鎖空間とかけて」
鶴屋 「ゴキブリととくにょろ」
古泉 「そのこころは」
みくる「出ない方がありがたいです。もう、ホントに……」
古泉 「ええ、ホントですよね……」
鶴屋 「ゴキッチなら、あたしゃ素手で潰しちゃうよ?」
長門 「……」
鶴屋 「とーぜん、冗談だけどねっ」

鶴屋 「長門っちとかけてっ」
みくる「海の彼方ってときます」
長門 「そのこころ」
古泉 「……どちらも水平って痛い痛い、爪先グリグリしないでくださいっ!」
長門 「……」

みくる「キョンくんとかけてぇ」
古泉 「惰眠を貪る猫とときます」
鶴屋 「さあ、その心はなんだろう」
長門 「滅多な事では気付かない」
長みく『うぅ……』
古鶴 『やれやれ』

鶴屋 「SOS団アジトとかけて」
長門 「本気の森園生ととく」
みくる「そのこころは?」
古泉 「どちらもメイドが見られます」
森  「あら、古泉?」
古泉 「うふへ……、分かってたんですけどね、くふふ」
鶴屋 「ありゃりゃ、壊れちったね」
森  「古泉テイクアウトするけど、良いかしら?」
三人 『どうぞどうぞ』
古泉 「……ええ、ええ、分かってましたよ。しっかりね。
でも、でもこのオチだけはいやぁぁぁぁっ——」

長門 「古泉一樹とかけて」
みくる「冬の北極とかけます」
鶴屋 「んじゃ、そのこころはっ」
三人 『朝日が拝めません』



鶴屋 「みくるのお茶とかけてっ」
古泉 「長門さんの制服とときます」
みくる「そのこころはぁ」
長門 「どちらもシフク
……違うもん、私服じゃないもん」
古泉 「……キャラ変わってますよ」
長門 「うかつ」

長門 「……朝倉涼子とかけて」
古泉 「動悸、息切れ、気付けに、とときます」
鶴屋 「そのこころは?」
みくる「どちらもキュウシンです☆」

鶴屋 「シャミとシャミツーとかけてっ」
みくる「長門さんの胸とときますぅ」
長門 「こころは」
古泉 「どちらも一目ではわかりません」
長門 「……」
古泉 「長門さん! ハードカバーは洒落になりません!」
長門 「だいじょうぶ。みねうちは得意」
古泉 「いやいやいやいやいやいや」

古泉 「ふう……。さて、涼宮さんの機嫌が悪い日の神人とかけて」
鶴屋 「穴のあかない板ととくにょろ」
みくる「そのこころはなんでしょう」
長門 「どちらもキリがない」

長門 「喜緑江美里とかけて」
みくる「お客さんのいない電車とときます」
鶴屋 「そのこころは!」
古泉 「どちらもカイソウ——」
喜緑 「あらあらうふふふふふふふふ」
古泉 「……くすん。もう、好きにして、下さい……」
喜緑 「それでは、みなさん。ご機嫌よう」
三人 『ご機嫌よう』


鶴屋 「さーてさて。古泉くんとかけてっ!」
長門 「千秋楽ととく」
みくる「そのこころは」
三人 『今日が見納めでございます』
ちゃんちゃんっ♪



長門 「朝比奈みくるとかけて」
古泉 「長門さんちのカレーとかけます」
鶴屋 「そのこころはだぁねぇ」
みくる「どちらも、や、やま、やまも、山盛りでふっ……、
うう、自分じゃ言いたくなかったなぁ……」
鶴屋 「この、このうっ。憎いねぇっ!」
みくる「ひ、ひゃ、ど、どこつついてるんですかぁっ?!」

みくる「谷口くんのナンパとかけて」
鶴屋 「キョンくんに建てるフラグととくっさ」
古泉 「そのこころは」
長門 「無意味」
鶴屋 「おお、辛辣ぅ。経験者は違うねっ」

鶴屋 「長門っちの胸とかけてっ」
みくる「生徒会長さんの眼鏡とときます」
長門 「そのこころは」
古泉 「あってもなくても変わりま——」
長門 「…………」
みくる「ななな長門さん、古泉くんの、首が、しまってますよぅっ」
古泉 「……」

古泉 「けほっ、げほっ……。え゛ー、鶴屋さんの性格どがげまじで」
みくる「古泉くん、大丈夫? えと……試験時のキョンくんの心境とかけます」
鶴屋 「そのこころはっ」
長門 「どちらもサッパリ」

鶴屋 「新川さんとかけてっ」
長門 「東京ととく」
みくる「そのこころは」
古泉 「どちらもトシです」
新川 「ほう……」
鶴屋 「ダンボールから出てきたにょろんっ!?」
新川 「もしかしたらそうであるのかもしれませんが、いや、しかし聞き捨てなりませんなぁ。
わたくしは生涯現役を目指していますのに。近頃の若者は年長者への尊敬を知らないからいけませんな」
古泉 「うふふ。人は……人は諦めるとこんなにも清々しくなれるんですね。
ああ、この一瞬一瞬がいとおしい……くふっ」
鶴屋 「おーい、古泉くーん?」
みくる「はわわ、瞳孔が開いちゃってます……」
新川 「お嬢様方、コレは持ち帰ってもよろしいですかな」
三人 『ええ、どうぞどうぞ、遠慮なく』


長門 「……古泉一樹の未来とかけて」
鶴屋 「電球の切れた廊下ととくっさ!」
みくる「そのこころは」
三人 『先まで真っ暗でございます』
ちゃんちゃん♪


鶴屋 「キョンくんの妹ちゃんとかけてっ」
古泉 「行き当たりばったりな小咄とときます」
みくる「そのこころは」
長門 「どちらも、オチつかない」

古泉 「僕らの会話とかけて」
みくる「閉店間際のお寿司屋さんとときます」
長門 「そのこころは」
鶴屋 「ほとんどネタ切れでございってね」
古泉 「まあ、決して引き出しが多いわけじゃありませんからね」
みくる「これにかかりきりで勉強にも書きかけのSSにも手がついてないんですよ」
長門 「……本末転倒、愚の骨頂」

みくる「長門さんとかけて」
鶴屋 「やる気の無い文化祭の劇とくにょろ」
長門 「そのこころは……」
古泉 「……盛り上がりがありまぜ——いだい、いだいです、許してっ!」
みくる「その特大ハリセン、どこから出したんですか……」
長門 「情報操作は得意」
古泉 「……無い胸張らないでください」
鶴屋 「一樹くん、キミ、実はエムかい?」
長門 「………………」
古泉 「ぎにゃぁぁぁぁっ——」

長門 「……情報統合思念体とかけて」
みくる「幼稚園生の書いた『め』とときます」
古泉 「そのこころは」
鶴屋 「どちらもメに見えないにょろ」

みくる「キョンくんとかけて」
長門 「人気商品の戸棚ととく」
鶴屋 「そのこころはっ」
古泉 「どちらも空っぽです」
キョン「よう、古泉」
古泉 「ふふふふ……」
キョン「何がおかしい?」
古泉 「今日は恐くありませんよ。なにせ相手はあなた、ですから」
キョン「く……くく、甘い、甘いぞ古泉。……あ、もしもし、ハルヒか?」
古泉 「……嫌な、……予感」
キョン「いやな、ふと思ったんだが、お前あんまり可愛くないぞ。じゃな」
三人 『……』
古泉 「……な、な……、な、ぬわんてくぉと、言ってくれちゃったんですかぁっ!?
この外道、非道、人でなしぃっ!」
キョン「さあ、バイト頑張れよ、古泉。グッドラック!」
古泉 「……ああ、森さん? へへ、分かってますよ、今行き……違うな、今から逝きます。
ふふ、は、はははっ——」

長門 「古泉一樹の命運とかけて」
みくる「出来立てのお餅とときまぁす」
鶴屋 「そのこころは」
三人 『つい先程つきました』
ちゃんちゃん♪



キョン「可愛くないとかけて」
ハルヒ「……」
キョン「白黒テレビととく」
ハルヒ「……」
キョン「そのこころは」
ハルヒ「……」
キョン「どちらもミニクイ」
ハルヒ「うわぁぁぁん……、キョンのバカァっ」

キョン「醜いとかけて」
ハルヒ「……」
キョン「幼少時代のホームビデオとく」
ハルヒ「……」
キョン「そのこころは」
ハルヒ「……」
キョン「どっちも見てられねえ」
ハルヒ「……くすん」

キョン「見てられないとかけて」
ハルヒ「……」
キョン「暴走中のハルヒととく」
ハルヒ「……」
キョン「そのこころは」
ハルヒ「……」
キョン「心配でしょうがない」
ハルヒ「……え?」

キョン「つまりだな」
ハルヒ「なによ」
キョン「俺とかけて」
ハルヒ「……」
キョン「イノシシととく」
ハルヒ「……そのこころは?」
キョン「お前しか見ない」
ハルヒ「……ぐず」
キョン「悪い悪い、つい頭がどうかしてたんだ。奢るからなんか食いに行こうぜ」
ハルヒ「あんたの財布空っぽにしてやる……」


古泉 「佐々木さんの口調とかけて」
長門 「パーソナルコンピュータととく」
みくる「そのこころは」
鶴屋 「どっちもキカイにょろ」

みくる「入学したての涼宮さんとかけて」
古泉 「気球とときます」
鶴屋 「そのこころは」
長門 「どちらも浮いている」

鶴屋 「有希っこのムネとかけて!」
みくる「降り始めの雨とときます」
長門 「……その、こころは」
古泉 「どちらもコブリで——いや、ほんと、ごめんなさい」
長門 「……」
鶴屋 「ほらほら、そんなおっかないものはしまった、しまった」
長門 「……」
古泉 「……ふぅ」

鶴屋 「一樹くんとかけてっ」
長門 「ダンゴムシととく」
古泉 「では、そのこころは」
みくる「どちらも丸くなります」
古泉 「地味に傷付きますね、それ」
三人 『……』
古泉 「ふふ、僕っていっつもこんな役ばっかりだぁ!」
鶴屋 「さてさてっ、次行こっか!」
古泉 「……くすん」

みくる「キョンくんの妹さんの歳とかけて」
長門 「難解なジグソーパズルととく」
鶴屋 「そのこころは」
古泉 「見ただけではわかりません」
妹  「キョンくん、ハサミかしてー」
古泉 「……」
キョン「別に良いが、何に使うんだ」
古泉 「……」
妹  「古泉くんに使うのー」
古泉 「さようなら、みなさんさよ——」
妹  「てへっ」


みくる「……古泉くんの運勢とかけてぇ」
鶴屋 「勉強しない受験生ととくにょろん!」
長門 「そのこころは」
三人 『落ちる一方です』
ちゃんちゃん♪



長門 「九曜周防とかけて」
みくる「SSに突如現れた『小泉くん』とときます」
鶴屋 「そのこころはっ」
古泉 「『何もんだ、お前』」
みくる「似てないです」
鶴屋 「……流石のあたしもノーコメコメ」
長門 「……」
古泉 「正直、すいませんでした」

古泉 「昨年の文化祭とかけまして」
みくる「コスモスとときます」
長門 「……そのこころは」
鶴屋 「どっちも秋桜、ってね」

みくる「長門さんの胸とかけて」
鶴屋 「有希っこの声ととくにょろ」
長門 「こころは」
古泉 「どちらも起伏がありません」
長門 「今日はサービス。手は出さない」
古泉 「ああ、そうで……ってなんですか、そのタバスコの山っ! 飲めません、ほんと飲めま——」
長門 「おいしい? まだある。遠慮しないで」
古泉 「——っ! ——っ!!」
みくる(長門さん……)

長門 「涼宮ハルヒとかけて」
みくる「痴話喧嘩とときます」
古泉 「……ぞの゛、ごごろ゛、ば」
鶴屋 「はたから見てれば楽しいのさ」

長門 「著名な絵画とかけて」
みくる「鶴屋さんとときます」
鶴屋 「そのこころっ!」
古泉 「額も立派でございます」
鶴屋 「……」
古泉 「あ、あれ?」
鶴屋 「ふぅ……。野郎共、たたんじまいな」
古泉 「なんなんですかー。
誰ですか、この黒服さんたち。何で現れたんですか、何で、けけ拳銃を持ってるんですか? いったい何を、」
みくる「……それ、元はあたしの台詞ですぅ」
古泉 「い、いやぁぁぁぁぁぁっ——」
鶴屋 「ふんふん、すっきりしたねぇ!」
二人 『……』

みくる「きき、気をとりなおして……」
長門 「……古泉一樹の人生とかけて」
鶴屋 「蟻地獄ととくっさ」
みくる「そのこころは」
三人 『落ちたら二度と上がれません』
ちゃんちゃん♪



古泉 「さて。鶴屋さんとかけまして」
みくる「大根おろしとときます」
鶴屋 「ささ、その心は」
長門 「さっぱりしている」
鶴屋 「いんやー照れるねっ!」

みくる「森さんの年齢とかけて」
鶴屋 「ささ、その心は」
長門 「さっぱりしている」
鶴屋 「いんやー照れるねっ!」

みくる「森さんの年齢とかけて」
鶴屋 「名誉の、ととくよっ」
長門 「こころは」
古泉 「フショウでございます」

鶴屋 「ハルにゃんの機嫌とかけて!」
長門 「志望校ととく」
古泉 「そのこころは」
みくる「良くても悪くても大変です」
古泉 「ま、良い方で大変なら大歓迎ですけど」

長門 「橘京子とかけて」
古泉 「摂氏ゼロ度の氷とときます」
みくる「こころは」
鶴屋 「どちらもユウカイしますってね」

みくる「長門さんの胸とかけて」
鶴屋 「透明人間ととくにょろっ!」
長門 「……こころは」
古泉 「どちらも目では確認できません」
長門 「——」
古泉 (な、なんか呟いてま……)
長門 「……を……性と判定。
古泉一樹を敵性と判定。
当該対象の有機情報連結を復元不可能な程度に至るまで分解する。
許可を、許可を、許可を……」
古泉 「い、いやぁぁぁぁ——っ」


長門 「みっしょん・こんぷりーと」
二人 『……』


長門 「古泉一樹とかけて」
みくる「街の銭湯とときますぅ……」
鶴屋 「そのこころはっ」

二人 『極楽、極楽』
長門 「(死すら)生温い」

二人 『……』

ちゃんちゃん♪




鶴屋 「センター試験とかけて」
長門 「朝比奈ミクルの冒険 Episode00ととく」
古泉 「そのこころは」
みくる「来年もやるんですかぁ……?」

みくる「長門さんとかけて」
鶴屋 「順風満帆な人生ととくっさ」
長門 「そのこころ」
古泉 「山も無ければ谷もな……いだだだだだだ」
長門 「ぎゅー」
古泉 「力増してる、増してますよっ! あだだだだだだっ」

古泉 「うぅ……。えー、閉鎖空間とかけて」
鶴屋 「楽屋ととくよ」
みくる「そのこころはぁ」
長門 「一般人は入れない」

みくる「涼宮さんとかけて」
長門 「幼児ととく」
鶴屋 「そのこころはっ」
古泉 「相手するのも一苦労、です」
三人 『……』
古泉 「え? ななな何ですか、その『やっちゃったよ、こいつ』みたいな目は」
鶴屋 「ていうか寧ろ、『殺っていいかな、こいつ』だよっ」
みくる「ご愁傷様です……」
長門 「線香くらいは添えてあげる」
ハルヒ「うんうん、正直な意見が聞けてあたしは嬉しいわー」
古泉 「ひぃっ?!」
ハルヒ「たまには腹を割って話しましょ、こ・い・ず・み・くん?」
古泉 「はわわわわわわわ……」
ハルヒ「産まれたての小鹿みたいに震えても無駄よ無駄。
じゃ、また後でね、みくるちゃん、有希、鶴屋さん!」
古泉 「いぃやぁ、いやぁぁぁぁぁ——」


鶴屋 「卒業式とかけてっ」
みくる「古泉くんとときます」
長門 「そのこころは」
三人 『今日で旅立ちます』

ちゃんちゃん♪



古泉 「えー、ルソー氏を可愛がる阪中さんとかけまして」
みくる「コンビニ弁当とときます」
鶴屋 「そのこころはっ」
長門 「どちらもデキアイ」
古泉 「どうせ毎日コンビニ弁当ですよ……愛がありませんよ……」

鶴屋 「上ヶ原パイレーツの涙とかけてっ」
古泉 「時間とときます」
長門 「そのこころは」
みくる「とどまることを知りません」

鶴屋 「有希っことかけてっ」
みくる「シールとときます」
長門 「そのこころは」
古泉 「どちらもペタペタ」
長門 「……そう」
古泉 「いやだなあ、長門さん。その両手にもってるガムテープ何ですか?
……ちょ、ズボン捲らないで下さい、というか、だめ、そこだめ、貼らないで。
す、脛は嫌です。待って、は、はが、剥がさないでえぇぇ——」
長門 「ぴり」
古泉 「ふんもっふぅっ?!」
みくる「ええと、古泉くんがあらぬ方向むいて悶絶してるんですけど……」
長門 「だいじょうぶ。わたしの胸の痛みの比ではない」ペタペタ

長門 「森園生とかけて」
みくる「テーマパークの着ぐるみとときます」
鶴屋 「そのこころはっ」
古泉 「可愛いのは表面だけです」
森  「古泉。ちょっと表へ」
古泉 「くっ……。そういつもいつもやられる僕だとは思わないで下さいよ!」

みくる「古泉くんが弱いのか、森さんが強いのか分からないです……」
長門 「気にしてはいけない。それよりも」
みくる「古泉くんとかけて」
鶴屋 「帰りの遅いおやっさんの夕飯ととくよっ」
長門 「そのこころ」
三人 『こんなに冷たくなっちゃって……』


|