長門「………」 クルクル
キョン「………」
長門「………」 クルクル
キョン「なあ、長門」
長門「なに?」 クルクル
キョン「なにしてんの?」
長門「…万華鏡」 クルクル
キョン「……見ればわかるよ」
長門「…そう」 クルクル
キョン「貸しt」
長門「ヤッ」 クルクル
キョン「…………」

キョン「そんなこと言わずn」
長門「ヤッ」 クルクル
キョン「貸s」
長門「ヤッ」 クルクル
キョン「k」
長門「イヤ!」 クルクル
キョン「………orz」
長門「………」 クルクルクルクル
キョン「………」
長門「………」 クルクルクルクルクルクル
キョン「………?」
長門「………」 クルクルクルクルクルクルクルクルクルクルクルクルクルクル
キョン「お、おい長門。そんなに回すと目を回すぞ…」
長門「………」 クルクルクルクルクピタ
長門「………ウプッ」 フラフラ
キョン「ほら言わんこっちゃない…」
長門「な゙ん゙が気持ぢ悪い゙ぃ゙…」

キョン「楽しいのはわかるけど何事も節度をもってやらなきゃダメだぞ?」
長門「ウプッ…了解した」
キョン「手元にあったらまたやりそうだしなお前は……とりあえず万華鏡は部室に置いくか?」
長門「………」 コクリ

《翌日》

長門「………ない」
ハルヒ「何が無いの?」
長門「私の万華…」
ハルヒ「はぁ!?」
長門「ここにあった私の万華知らない?」
ハルヒ「しっ、知らないわよそんなの!///」
長門「そう…朝比奈みくる。ここにあった万華を見なかった?」
みくる「み、みてないでしゅ!!」
長門「古泉一樹…」
古泉「そもそも生えてたんですか?」
長門「?」

長門「私の万華鏡………どこ?」 クスン

一方その頃
キョン「すげぇ楽しい……ウプッ」 クルクルクルクルクルクルクルクル



『射手座の前日』

チャットルーム:403(参加3:閲覧1)

古:いよいよ明日だな
キ:そうだな
ハ:俺達の同期組、配属がバラバラになっちまって
古:こんなときだってのに、顔会わせられないっての残念だけどな
ハ:こうなったら早いとこ始まって欲しいもんだぜ
キ:そういえばあいつはまだ来てないのか
古:長門艦隊はまだ演習中ですよ
ハ:本当か、うちのとこだって、今日は早目にあがったってのに
キ:鬼のように訓練積んでるらしいぜ、あそこは
古:一番の戦果はあそこでしょうね、きっと

長門艦隊 xxxxが参加しました。(参加4:閲覧1)

長:よう遅くなった
ハ:おっす
古:お疲れさまです
キ:遅かったな
長:ああ、うちとこの長官は本当に血も涙もないぜ
ハ:明日は期待しているよ
長:まかせろといいたいとこだな、ここは
長:でも一番安全そうなのは、古泉艦隊じゃないか
古:どうでしょう、案外駆け引きに弱そうですからね、うちとこは
キ:ハルヒ艦隊の猪突猛進よりはましじゃないか
古:策士といえば、キョン艦隊でしょ
長:そういえば、あいつは
キ:しっ
長:なんだよ

古:あいつみくる艦隊だろ、もう落ち込んじゃってみてらんないよ
ハ:そういえば、前の合同演習の時に迷子になったてのほんと?
長:ほんと、うちが探しにいったもん
キ:逃亡とかではなく
長:艦隊全部だぜ、本気で前後左右がわからんみたい
ハ:ご愁傷様だな
キ:いいやつだったんだけどな
古:案外戦闘宙域にたどりつかないってヲチもあったりしてな
キ:そうそう、この戦争が終わったらおれ、結婚を申し込むんだ
ハ:いつかいってた幼馴染か
古:待っている人がいるってのはいいですね
ハ:そろそろ落ちるか
キ:明日早いもんな
古:それでは、長寿と繁栄を
ハルヒ艦隊 xxxxが退出しました。(参加3:閲覧1)
キョン艦隊 xxxxが退出しました。(参加2:閲覧1)
古泉艦隊 xxxxが退出しました。(参加1:閲覧1)
長門艦隊 xxxxが退出しました。(参加0:閲覧1)
みくる艦隊 xxxxが退出しました。(参加0:閲覧0)

翌日
「涼宮閣下、先行の索敵艇より入電、敵艦隊を補足しました」
「敵艦隊、行動8時20分 距離6.3天文単位 光速の約60%で本艦隊に接近中 総数は約15、000隻」
「来たわね 敵を殲滅するわよ、全艦隊戦闘配置」
「アイアイマム 全艦戦闘配置・・・・・・」
「すーすーぱーぷろとん砲 全砲門を発射体制へ」
「電子戦開始 電磁ブースター最大 全ECM ECCM作動」
「よぉし、全艦最大船速よ」
「おい、ハルヒもうちょっと下がったほうがいいんじゃないか」



放課後、僕がいつものように部室で詰め将棋をしていると、涼宮さんが泣きながらやってきました。
「一体どうしたんですか!?」
「古泉くん……ひどいことが起きたのよ」
「何が起こったんです、涼宮さん?」
「キョンが……死んじゃったの……」
「なっ!?それは本当ですか?ああ、何という事でしょう……それで、彼は最期に何か言い残しましたか?」
「え、ええ」
「彼は何と言ったのですか?」
「キョンはこう言ったわ……」








頼む、ハルヒ、その銃をおろしてくれ



長門「(この星で生活する事3年、色々な事を学んだけどまだまだ知らないことも少なくはない。)」


長門「腐女子…」
長門「少女漫画などに深く熱中する若い女性の事」
長門「男で言う『オタク』の女子版」
長門「何故女性には『腐る』なんていう文字が使われるのだろうか?」

こうして今日も放課後、日は徐々に落ちてゆく…



キョン「最近ハルヒがセックスしてくれなくなったからな、ダッチワイフとしてるんだ」
古泉「ダッチワイフ?いつの間にそんなものを買ったんです」
キョン「なに、ちょっと首を絞めただけさ」



長門「どどん波!ビー!」
キョン「ぐわあ!」

長門「ギャリック砲!どかーん!」
キョン「くそー負けるかー」

長門「かめはめ波ー!ずどーん!」
キョン「やーらーれーたー」 バタン


ハルヒ「有希ぃ、部室内での必殺技の使用は控えなさーい。それにキョンも一緒になってふざけないの!」

長門・キョン「はーいっ」



ある日、キョンに色目を使ったのでみくるちゃんを殺した、死体は掃除用具入れに押し込んだ
次の日見に行くと死体は消えていた

5日後、キョンに色目を使ったので有希を殺した、死体は掃除用具入れに押し込んだ
次の日見に行くと死体は消えていた

10日後、キョンに色目を使ったので鶴屋さんを殺した、死体は掃除用具入れに押し込んだ
次の日見に行くと死体は消えていた

15日後、キョンを掘ろうとしていたので古泉くんを殺した、死体は掃除用具入れに押し込んだ
次の日見に行くと死体は消えていた

20日後、キョンがあたしの告白を断ったので殺した、死体は掃除用具入れに押し込んだ
次の日見に行くと死体は消えていなかった
次の日も、次の日も死体はそのままだった



ハルヒと結婚してもう10年になるだろうか。
結婚3年目で生まれた娘もすくすく成長し、俺も順調に仕事をこなしていた。
そんなある日、娘が俺にこんな事を聞いてきたのだ。
「パパ、私はどうやって生まれたの?」
……やれやれ、実に答えにくい質問だ。
しかしながら答えない訳にはいくまい。




「俺が知りたいよ」



キョン「もう秋か、」
長門「・・・」

キョン「なんかさ、ホントに下らないことなんだが」
長門「何?」

キョン「テレビでさ、月見バーガーのCMが始まると、秋が来た感じがするよな」
長門「・・・つきみばーがー?」

キョン「ああ、そうか、月見バーガーっていうのはな
     ハンバーガーに目玉焼きみたいなのが入っててだな、」
長門「・・・?」

キョン「長門、」  
長門「何?」

キョン「帰り、寄ってくか、マック。」



宇宙版カツアゲ

長門「この本にのっている食べ物は見たことがない……お寿司とはなに……?」
キョン「寿司……か、握り飯の上に魚を乗っけたようなもんだ」
長門「情報が不十分、食べてみたい」
キョン「……まあいいか、幾らか金はあるしな……食わせてやるから着いてこい」
長門「……行く」
 
長門「フグ刺ってなに?」
キョン「フグ刺か……フグをきって並べたもんだ」
長門「わからない……食べてみたい……」
キョン「またかよ!? ……ううっ、今月は厳しいんだが……仕方ない、着いてこい」
長門「行く」

長門「すき焼きってなに?」
キョン「……おまえさあ」



キョン「なんで季節の代わり目の雨ってこんなにワクワクするんだろうな…」

長門「………」

キョン「なんだかすごく優しい気持ちになるんだよね」

長門「………保守」



ガチャ、ばたん。テクテク、トスッ。
・・・ペラ・・・ペラ・・・
はぁー・・・・

長門「・・・しんどいわ、もう疲れた。
   毎日、毎日、毎日涼宮ハルヒの観察。観察。正直、もう秋田」
キョン「うぃーす、あれ?ながt・・・おまえ・・・」


長門「・・・今のは腹話術」


キョン「長門、そんな苦しい言い訳してもあとで恥ずかしくなるだけだぞ」
長門「///(・・・・・・悔しい、でも感じちゃう・・・)ビクンビクン」



YUKI_N>見えてる?
KYON>見えてるとも
YUKI_N>嘘
KYON>?
YUKI_N>着替えなおさなきゃ
KYON>着替え中?
YUKI_N>そう
KYON>見たかったなぁ 生着替え
YUKI_N>見せようか?
KYON>是非
YUKI_N>はい
KYON>意外とスレンダーなんだな 長門
YUKI_N>そんな(/////)



YUKI_N>はっ私口車に乗せられてる!?
KYON>今頃気づいたか・・・


ハルヒに殺される五秒前のキョンであった



みくる「オッパイペラペラソースwwwwww」


長門「ただでかいだけの胸なんて邪魔なだけ」

「大きければいいというものではない」

「形や色の重要さに気づくべき」




ぺたぺた・・・



みくる「長門さん………『オスポイアロンベルアペダーソース』はスペイン語で『八つ裂きにしてやる』って意味なんでしゅよ?」

長門「…………あなたの発音はおかしい」

みくる「そうでしゅか?」

長門「…………訛り?」



みくる「………オッパイノペラペラソース!」



長門「……キャー!!……これは何だか私らしくない感じがする……」
 
長門「……みギャ~!!……なんというか、色気がないような……」
 
長門「……ヤァ!!……こんな感じが……多分私のイメージに近い……」
 
長門「……イヤッ!!……中々いいかもしれない、これからはこうしよう……」
 
 
 
ゴキブリ「……………………」



長門「……冬に多い天気といったら?」
古泉「……? 長門さん……? なにか……?」
長門「……冬に多い天気といったら?」
古泉「……雪でしょうか……?」
長門「……そう」
古泉「……? あっ、長門さん、ちょっと待っ……行ってしまいました……」
 
長門「……冬に多い天気といったら?」
みくる「ヒ……あ、あの……な、なんですか……?」
長門「……冬に多い天気といったら?」
みくる「えっ、あの、その……ゆ……雪ですか……?」
長門「……そう」
みくる「え……? あの……」
 
ハルヒ「……あれ有希なにしてんの?」
キョン「名前忘れられてないか心配なんだとさ」



 ――ガチャ
 
古泉「……今日はまだ長門さんだ……ってちょっと待ってください……!」
長門「…………」
古泉「いい加減にやめてもらいたいと言ったはずですよ……長門さん……」
長門「……止めるかどうか決めるのは私……」
古泉「そんなことを続けるようなら……こっちにも考えがありますよ……!」
長門「……何をする気……?」
古泉「機関の予算を全額投資してでも、長門さん、あなたを消滅させてあげます……」
長門「……そんなことができるなら……やってみればいい」

 ――ガタッ
 
長門は攻撃する姿勢に入りながら、キョンの椅子から立ち上がった。



『ツンバカ』

「付き合う男全部振ったって本当か?」
「何であんたにそんなこと言わなくちゃいけないのよ。」

「…中学生だから突きは禁止のはずなんだけど、妙に付きの練習をしたがる男子が多くて困ったわ。
 剣道なんかしたことがないから困ったけど、最後の奴は五分で倒せるようになったわ。…あんな腕で全国大会を優勝した奴なんてね。」

「何嬉しそうに聞いてるのよ…。 あっ、もしかして付き合うの意味を勘違いしていたのね。
 普通そんな間違いはしないわよ! バカね!」
「…おまえな。」

「…ひょっとしてあんたってあたしのことが好きなんでしょ。 だからうれしいんでしょ!」
「べ、別にす、好きとかそういうのじゃなくて… 団長が浮名を流していたら困るだけだからな!!」
「男なら白状しなさい! ホレ、早く。」
「アーアー聞こえないー!」

国木田 「…なんか腹が立ちますねあの二人。 わざわざ教室でやらなくても…。」
谷口 「ああ、勝手にやらせておけ」



「長門、2人だけだし帰るか?」
「もう少し」
「なんだ」
「もう少しここに居る」
「そうか、俺は」
「いて」
「わかった」

パタン
「ん、きりのいいことまでいったか?」
「そう」
「じゃあ、帰ろうか、雨も上がったようだしな」
「みて」
「すげー夕焼け、真っ赤だな」
「きれい」
「ああ、きれいだな」

「お前、ひょっとして、この光景を・・・・・・」
「いわないで」



朝比奈「ひまねぇー」
朝比奈「出番ないもんねー」
朝比奈「どうしてなんだろうねぇー」
朝比奈「すんすん」
朝比奈「な、なかないもん」

キョン「あれ、朝比奈さん一人ですか?」



「正しい笑い方」

あれ?
道の端にハルヒがいる…が、様子がおかしい。
キ「おい!こんなとこでなにしてんだ?」
ハ「ひっ!?あ、キョン………」
そこには段ボールに入っている子猫がいた。
キ「へぇ~、お前にもかわいいとこあるんだなww」
ハ「そんなんじゃないわよ……」

からかったつもりだが様子がおかしい。
ずっと猫を見ているハルヒ、絵になっているがな。
気になり近付いてみると……猫は全身傷だらけだった。
キ「ひでぇ……お前が来る前からか?」
ハ「うん、呼吸もおかしいし……もうダメかな」
ハルヒの顔は沈んでいた。
俺の好きないつものハルヒは面影をなくしていた。

ハ「キョン、今日の活動はお墓作りで決まりね……」
と、無理した笑いでハルヒは言った。
違う。
違うだろお前の笑いかたはそうじゃないだろ。
キ「何言ってやがる!お前は学校に行ってろ、俺は遅刻するから!」

猫を持って駆け出した俺をハルヒはポカンとした感じで見ていた。

俺は動物病院に走って行った。
意味のない結果になるかもしれないが可能性は0ではない。
ハルヒのいつもの笑顔の8割増の笑顔を見る可能性があるならなんだってしてやるさ。
~5時間後~

簡単に言うと猫は無事だった。
薄い外傷に、ちょっとした呼吸器の病気だったらしい。
注射でそれも治ったがな。

そんなわけで俺は遅刻と言うより終わった後の学校に猫を連れて行った。
もちろん部室に直行したわけだが。
ハ「あ、キョン!いきなり何処行ってたのよ!?」
キ「ハルヒ、よかったな。今日の活動は猫の世話になりそうだぞ」
と言って、猫をだしてやった。

朝「かわいい猫さんですねぇ~!どうしたんですか?」
古「おやおや」
長「………」
などという団員それぞれの反応を余所にハルヒは驚いていた。
ハ「キョン……あんたまさか……学校サボって病院に?」黙って頷いた。
ドンッ!
何故かハルヒが抱きついてきて泣いている。
みんな目を白黒させてますよ?ハルヒさん?
ハ「キョン……ありがと……」
思いもよらない言葉に焦った…が、今はそれより重要なことがある。
キ「礼はいらん。早くお前のいつもの笑顔を見せてくれ」
・・・・・・・・・・・・・何言ってんだ、俺。
みんなさっきの3倍以上のモノクロな目で俺を見てやがる。長門でさえも。

ハルヒを見た。
かなり驚いていたが自分の袖で涙を拭うと
ハ「よし!!みんな外に行くわよ!猫で遊びましょっ!」
と言って期待通りの笑顔を見せた。
まぁ猫で遊ぶより猫と遊んで欲しいがなww



みくる「ドドインドインドイーンwwwwwwww」


長門「ぺたぺた・・・ぺたぺた・・・」







キョン「ナッガート・・・(俺はツルペタ派だからな・・・!)」



|