エピローグ


エピローグ口絵
Illustration:どこここ 



 話はまだ終わらないんだ。

 

 三月といえばどこの学校でも恒例の行事がある。最近の流行らしく、卒業式は今年から私服でもOKになった。無論男子はスーツだが。まかり間違って紋付ハカマなんて着てくるやつがいるかもしれない。

 

 俺はハルヒを誘って朝比奈さんに会いに行った。三年生の教室に行く途中で鶴屋さんに遭遇した。
「これはこれは、キョン君とハルにゃんじゃないのさ。みくるに用かいっ?」
「ご卒業、おめでとうございます鶴屋さん。似合ってますよ」
「鶴ちゃんおめでとう!着物がきれいね」
「あはは~っ。おばあちゃんのお下がりにちょいとショールを羽織っただけなんだけどね」
ピンクに桜の柄がよくお似合いですよ。短く結い上げた髪も美しい。
「あら、キョン君と涼宮さん」
二尺袖にハカマの朝比奈さんを見るのははじめてだった。赤い花の髪飾りが揺れた。
「みくるちゃん、ハカマも似合うわね。あたしとしたことが気が付かなかったわ」
「巫女姿もよかったですけど、実によく似合ってますよ」
「これ、借りたの」
ちょっと頬を赤くした朝比奈さんはかわいい。
「キョン君、こんにちわ」
呼ばれて振り返ると、清楚な喜緑江美里さんがすらりとした姿で立っていた。純和服だった。
「ご卒業おめでとうございます。キモノがお似合いですね」
「ありがとうございます。和服ははじめてなので、着付けがうまくできてるかどうか」
薄い藤色の生地に白抜きの花模様だった。髪のウェーブをうまく結い上げて、おっとり感を出している。ほかの三年生よりずっと大人の感じがした。
「喜緑さんは進学されたんですか」
「ええ」
喜緑さんはにっこり笑って、意味ありげにハルヒを見た。ハルヒの進学先に先回りして入ったのかもしれない。
 俺はハルヒの命令で、美しいやまとなでしこ三人と、どうでもいいセーラー服のハルヒを横に並べて写真を撮った。それからハルヒにカメラを持たせ、俺も並んで撮ってもらった。

 

 俺たち一般生徒は卒業式の会場には入らなかった。在校生は一部だけ出席、あとはPTAやら来賓やらで埋め尽くされた。俺は出る幕じゃない。教師とクラス委員の一部がいない教室で、俺はぼんやり窓の外を見ていた。
「来年は俺たちの番だよな」
そんな言葉がつい口をついて出た。
「そうね」
後ろでハルヒが答えた。たぶん俺と同じく、SOS団の残りのメンツの卒業シーンを妄想しているのだろう。

 

 式が終わったらしく、俺たちは正門で卒業生が出てくるのを待った。ハルヒがどこからか花束を持ってきた。
「キョン、これみくるちゃんに渡して。あたしは鶴ちゃんに渡すから」
どこに隠してたんだ、こんな大きな花束。できれば喜緑さんの分もほしいんだがなと思っていると、長門が花束を抱えて持ってきた。
 ぞろぞろと歩いてくる卒業生の列から、卒業証書の丸筒を持った朝比奈さんが現れた。
「朝比奈さん、三年間、ごくろうさまでした」
俺は花束を渡した。
「ありがとう。キョン君……もう会えないんですね」
「きっとまた会えますよ」
同じ大学受けるんだし。
「ううん、違うの。私は未来に帰るの」
「え、そうなんですか」
突然の引退宣言に俺は驚いた。いつかこの日がやってくるとは思っていたが。
「私の任務は高校生までなの」
「でも、ときどきは会えますよね」
朝比奈さん(大)になって。
「分かりません……」
朝比奈さんは声に詰まって顔を押さえた。押さえた指の間から涙が伝っていく。人前で女の子に泣かれたことがない俺は、どうしたらいいのか分からずただオロオロしてるだけだった。
「ちょっとキョン、なにぼーっとつったってんのよ!。こういうときは抱きしめてあげなさい」
「な……」
俺はドンと背中を押されて、おずおずと朝比奈さんの肩を抱いた。鶴屋さんがニヤニヤ笑っている。見ていた男子生徒に囃し立てられたが、不思議と気にはならなかった。だってこれがあの、全校の男子生徒の憧れだった朝比奈さんだからな。夢にまで見た瞬間が実現し、今このときになって俺は実感が湧かずぼーっとしていた。部室で朝比奈さん(大)に抱きつかれたときも、気絶した朝比奈さん(小)に寄りかかられたときも、指一本触れなかった俺が。
 俺は気が付いた。そう、この人への気持ちは憧れだったんだな。小刻みに震える朝比奈さんをなでながら、それが分かった。
「キョン、いつまで抱いてんのよ。湿っぽいのはもう終わりにしなさい」
ハッと我に返ってあわてて手を解いて、ポケットからハンカチを出して渡した。
「キョン君、ありがとう」
朝比奈さんが下を向いたまま呟いた。
「いえいえ。こんなことしかできませんが」
俺はいつまでもガキのままだな。

 

「そうだわ。今日みくるちゃんの卒業パーティをしましょう」
「そんな……いいですよ、私なんかのために」
「いいからいいから。有希と古泉君は買い物についてきて。キョン、あんたは場所を確保」
「いくらなんでも急すぎんだろ!」
いや、急でもないのか。確かに言われていた。こういうときは古泉に頼んで、機関の財力でなんとかしてもらおうか。俺は新川執事と森メイドによるケイタリングを妄想した。古泉を見ると、いつでもどうぞ、と余裕のポーズを取った。こいつに頼むのもなんだか癪だな。
 ええと、主賓は朝比奈さん、鶴屋さん、喜緑さんだな。それからSOS団の四人と、この際谷口と国木田も呼んでやる。ついでだから部長氏とコンピ研の連中も呼んでやるか。うちの妹も行くと言い出すかもしれんな。今から頼んで場所を貸してくれそうな店は……と。って、近隣の高校の卒業式が重なる当日に、団体席を確保できるような庶民的値段な店があったら教えてくれ。
「……うちでやればいい」
長門が俺の袖を引いて言った。そうだな。それが手っ取り早くていい。妹をこきつかって部屋の飾り付けをさせよう。七夕みたいになるだろうが。

 

 まだ肌寒い季節の風が卒業生たちの髪をなびかせた。朝比奈さんがほつれた髪をなで上げた。その仕草に朝比奈さん(大)の面影を感じ、俺は思った。この二年間は彼女にとってサナギのような季節だったのだろう。やがてそれが羽化し、羽を広げ、大人の朝比奈さんになる。時空を超えて飛び回るクジャクチョウのように。
 朝比奈さんは校門で幾度も振り返りながら頭を下げた。俺たちはそのたびに手を振った。俺の心をかすめ去るように時間平面を通り過ぎていったこの小さな天使は、もう二度と戻ってこない。朝比奈さんの後姿は、季節には少し早い、ゆるやかに散っていく桜の花びらと共にゆっくりと消えていった。

 

END


目次に戻る


|