プロローグ


 グラウンドに到着したとき、すでに火は消えつつあった。辺りに立ち込める、灯油と火薬の燃えた臭いが鼻を突いた。俺が描いた地上絵の形に、赤い光がゆらゆらとゆらめいていた。ときおり吹き抜ける冷たい風に、火は立ち消えようとしていた。暗くてよく分からなかったが、野球のバックネットのそばに人影らしきものが見えた。どうやらまだ帰ってないようだ。
「谷川さん!谷川さん!俺です」俺は大声で叫んだ。
その人影はこちらを振り向き、驚いて目を見張った。
「谷川さん!また戻ってきました」
「そんなバカな」
谷川氏は口をあんぐりと開け、俺の顔を確認すると後ろにぶっ倒れた。

 

 階段のほうから四人が歩いてくるのが見えた。俺はこっちだと手を振って示した。
「それ、誰?」ハルヒが尋ねた。
「この人は谷川さんと言ってな、俺たちがいつもお世話になってる人だ」
白目むいて気絶してるけど。
「ふーん。……なかなかいい男ね」
冗談言ってる場合か。
 冬の夜空に、冷たい雨が降り始めた。
「雨だ。傘持ってくればよかったですね」
「あ、わたし持ってますよ」
さすが朝比奈さん、準備がいい。
「一本だけですけど」
それを五人で身を寄せ合ってさすのは無理があるかと。
「濡れますから、とりあえず運びましょう」
俺の記憶が正しければ、学校の前の坂を登ったところに車が止めてあるはずだ。
「古泉、足を持ってくれ」
俺と古泉は死体を運ぶように谷川氏を抱え、校門への坂を登った。
「僕たち、なんだか死体を運んでる殺人犯みたいですね」
なんて物騒なことを言うんだお前は。俺も想像してた。
 人目を避けて車のところまで来た。前回来たときと何も変わっていない。車のキーは谷川氏のポケットに入っていた。
「車まで運んだはいいが、後どうしよう?」
「……わたしが運転する」
「長門、運転できるのか」
「……理論はわかる」
理論って、長門なら学科試験は簡単に通るだろうが……。俺はほかに運転できそうなやつがいないかメンツを見回した。
「古泉は?」
「残念ながら経験ありません」
「あたし、運転くらいできるわよ」
いや、ハルヒ、お前が運転する車に乗るくらいなら三百六十度回転ジェットコースターに乗ったほうがまだ安心できる。俺は朝比奈さんにコソコソっと尋ねた。未来にも車くらいあるだろう。
「運転できますか」
「ごめんなさい、こんな古い方式の移動車両は運転したことがないですぅ」
そうでしょうね。未来じゃ行き先を告げるだけで自動操縦っぽいですもんね。しょうがない、完璧を期する長門の力学的正確さに任せよう。俺が助手席に座り、後ろの三人の膝の上に谷川氏を寝かせた。長門の、おそらく生涯初であろう車の運転をハラハラしながら見守った。


 さて、どこから話そう。そもそも、なんでハルヒがここにいるのかを説明しなければなるまい。事の起りは、俺と長門が平行世界から帰還して、二ヵ月くらいしてからのことだ。


一章へ 

 


|