俺は今外で一人、夜空を見上げていた。
三大流星群の一つのペルセウス座流星群が、今夜ピークを迎えるらしい。
今日は丁度新月なので、月の明かりに邪魔をされることもなく流れ星を観測できそうだ。
まぁ、お月様がいくら空気を読んでくれたとしても、結局は街の明かりが邪魔をするんだがな。
俺が小さい頃はもっと星が見えた気がするな、とそんなことを考えていると、俺の携帯が震えだした。

『キョン?起きてる?ちゃんと外に出てるんでしょうね』
「ああ。ちゃんと外さ。今は家の外に座ってる」
電話をかけてきたのはもちろんハルヒだ。
本当は二人で肩を並べて夜空を見よう、なんて結構いいムードになりそうな約束をしていたのだが、
その約束は今日の夜になって破棄となった。
理由を尋ねると、「前髪を切りすぎてしまって恥ずかしいから」という、なんともハルヒらしくない可愛らしい理由で、俺は思わず笑ってしまった。
まぁ一人で見ているのも退屈だということで、こうして今俺はハルヒと電話しながら空を見上げている。

 

『どのくらい見えるのかしらね、星』
「さぁな。もう時間が時間だし終わってたりして」
時刻はもう3時45分を廻っていた。もうそろそろ日の出が始まりそうな気配だ。もう少し早く始めていればよかったかもな。
『そんなことよりキョン、アンタちゃんと考えてきたの?』
何をだよ。
『流れ星と言えば願い事でしょ!?』
あぁ。うーん、そうだな、俺は・・・
『願いごとなんてない、とでも言うんじゃないでしょうね』
いや、そういうわけではないのだが・・・そういうお前は何かあるのか?
『もちろんよ。』
どんな願いだ?まぁ大体検討は着くのだが聞いてやるから言って・・・

「あっ!」『あっ!』

突然俺達の声が重なった。まぁ、電話越しだったから多少の誤差はあったのだが。
俺の視界のど真ん中で白い線が現れ、すぐに消えていった。
「見たか!?ハルヒ!」
『見たわ!!すごい綺麗だった!』
「・・・俺達、同じ方角見てたみたいだな」
ハルヒのくすりと笑う声が電話越しに聞こえた。
『・・・でも、これだけ早いとお願い事なんてできないわね』
「・・・そうだな」
『よし、いいわ。キョン、4時ぴったりに二人でお願い事しましょうよ』
「なんでまた」
『いいの!せっかく考えてきたのに願わず終いなんてあまりにも不憫だわ』
何がだよ。

俺達はそれからも、他愛のない事を語り合いながら夜空を見上げていた。
もう既に明るくなりかかっていたため、もう流れ星は見えないだろうと思っていたが、
ハルヒのために俺は4時まで付き合ってやることにした。
『キョン!もうすぐ4時よ?準備はいい?』
「ああ、いつでもいいさ。」
『ちゃんとぴったりにお願いするんだからね。・・・もうすぐよ』
俺達は自然と無言になる。4時まであと5秒、4、3、2、1・・・

『・・・ふう』
「ちゃんとお願い事したのか?」
『当たり前よ。アンタもしたんでしょうね。』
「もちろんだ。じゃあ、そろそろ聞かせてもらおうか?」
『な、何をよ・・・』
「願い事に決まっているだろう」
『・・・絶対言わないんだからね!!おやすみ!!』
乱暴に電話が切られた。
やれやれ。ハルヒの願い事があまり現実離れしすぎていないことを祈るよ。ハルヒならそれを叶えかねないからな。

・・・そうそう、4時ぴったりに願い事をした、ということなのだが、
俺は確かに4時ぴったりに夜空を駆ける星をこの目で見たんだ。
もちろん、願い事をしている最中にね。
こんな運のいいことがあっていいのだろうか?と最初は思ったが、きっとハルヒが4時ぴったりに流れ星が流れることを望んだのだろう。
まぁ当のハルヒは見て居なかったようだけどな。
ハルヒらしいな。

ん?俺の願い事は何かって?
聞くまでもないだろう。
ハルヒとずっと一緒に居れますように、だ。


|