あの世界を揺るがすほどの大騒動から数えて2年と3ヵ月‥俺達は別々の進路を辿っていた。
勿論SOS団の会合は月一程度で行われ、今でも小言を言われたりしている。
 
だが残念な事に、朝比奈さんだけは任務終了と同時に未来に帰ってしまった。
仕方なく、ハルヒには朝比奈さんは海外の一流医療チームに抜擢されたと説明し、体裁を整えた。
一流と付けたのはSOS団員として、一人一人が世界に躍進する!というハルヒの宣言を尊守した結果だ。
 
さて、ハルヒ長門の両名は、その優秀な(片方は人智を超えた存在な訳だが)
能力を買われ、世界でも稀にみる‥らしいプロジェクトチームに配属されたらしい。
何をしてるのかは極秘らしく、長門は勿論、お喋りのハルヒでさえ言わない。
 
俺だが、あろうことか国立大にいる。ハルヒの拷問とも言われる勉強を耐えたおかげだ。古泉も一緒だ。
ハルヒに連れられ、プロジェクトチームの試験にも参加したが、そこまでの頭脳は持ち合わせていなかった。
 
さて、世界はまたしても混迷し始めていた。はっきり言おう。第三次世界大戦が始まっている。
地球環境の保全と発展途上国のいがみ合いは、平行線の一途を辿り、その"きっかけ"を起こした。
 
EU諸国+オーストラリア対ロシア+東南アジアに、すでに東と西に分断されたアメリカがそれぞれに着いた。
日本やカナダ、アフリカ大陸は中立を守っていたがやはり戦火が上がってしまった。
~~~
俺は戦争に参加する訳もなく、要は避難民扱いだった。携帯も家電も混線し、まともに食料も使えない。がそれはまだいい方だ。
なぜなら中立国を攻める外道な奴のせいで、一人追われている最中だからだ。
 
「いたぞー!こっちだ!」
くそ!見つかった!‥‥俺は、ここ数日でへたなマラソン選手よりも何倍の汗をかいている筈だ。
‥‥‥周りが静かになり、やっと安堵したその時、異様な感触と灼熱の痛みが俺の肩を貫いた。
どうやらまだ完全に振り切れていなかったらしい。痛みに耐え、周りに武器になりそうな物を探す。
 
ない。持っている物も電池の切れた携帯と中身のない財布だけだ。
捕まったら拷問だろうか、はたまた薬物実験か‥‥死を実感したその時、後ろから銃声が聞こえた。
俺は後ろを見て思わず笑ってしまった。‥古泉だ。
どうやら助かったらしい。激しい銃撃戦ののち、敵は退散したようだ。相変わらずの顔に苦笑する。
「ふぅ‥大丈夫ですか?‥なんとか間に合ったみたいですが‥」
そこまで言って近づいてきた古泉だが肩口の傷を見て少し焦っているようだ。
「‥一応弾は貫通していますし、致命傷ではありません。ですが早急に手当てした方がいいでしょう‥」
立てますか?と手を差し伸べる古泉。俺はその手を握りすまんな。と呟いた。
~~~
付近に立てたテントの中で古泉から手当てを受け、少しは回復したようだ。
現状を聞こうとしたが、どうやらこいつも追われていたらしい。
体のあちこちから擦り傷や切り傷が覗いていた。
しばらく話していると、唐突に古泉の携帯が‥‥なぜこいつのは使えるんだ?古泉は、電話を切ると真顔で言ってきた。
「‥世界大戦より一大事です。閉鎖空間が‥‥世界が崩壊しかけています。」
何言ってる?そんな事起きる訳がない。お前は高校卒業した時なんと言った。
‥ハルヒの能力はなくなったと言ったじゃないか。
 
「‥僕にも何がなんだか‥‥しかし、わかってしまうんです。‥‥涼宮さんの能力が‥復活したと‥」
~~~
‥‥ん?ここは‥どこだ?‥古泉といたテントだ。では古泉は?‥いない。
外に出て驚愕する。‥‥閉鎖空間。この灰色に染まった空間に、今度こそ一人で閉じ込められたのだ。
 
俺は古泉を待った。閉鎖空間ならば古泉は入って来る筈だと。‥‥しかし、一向に来る気配はなかった。
不意に、古泉の携帯が使えたのを思い出し、携帯を探す。‥‥携帯はあった。画面のつかない携帯が。
途方に暮れ蹲る。自然に目の前がぼんやりする。涙が頬を伝うのがわかった。
 
突然奇怪な電子音が、灰色の世界に響き渡る。辺りを見回したが、音はポケットから聞こえていた。
自分のは電地が切れてたのに‥‥‥覚えのない着信音に気付かなかったが、間違いなく俺の携帯だった。
 
メール着信:長門
>涼宮ハルヒは能力を、その深層に隠していた。
>能力が使用されなくなったため、古泉一樹朝比奈みくる私の3名はその能力が消滅したと錯覚した。
>それは私達のミス。謝罪する。
>このメールの5分後に私の能力を使い、世界が崩壊する前にあなたと涼宮ハルヒが話せるよう情報操作する。
>あなたを信じている。
~~~
5分後
電話着信:ハルヒ
電子音が鳴り反射的に通話ボタンを押し耳にあてる。
 
「も、もしm‥」
「もしもし!?キョン!?キョンよね!?大丈夫!?怪我とかしてない?」
まくしたてるハルヒの声に涙が出る。
 
「‥だい‥大丈夫‥だ‥‥お前こそ‥平気か‥?」
「だ‥大丈夫よ!全然ピンピンしてる!‥から‥」
俺は声を押し殺していた。声を出したら、泣き声でハルヒの声が聞こえなくなりそうだったから‥‥
 
「あたし‥今日妹ちゃんに‥会ったの‥‥そしたら‥キョンが‥‥キョン‥」
ハルヒも相当我慢していたんだろう。ついに泣きだした。涙ながらに喋っている声に、俺も相槌をうつ。
 
「‥途中ではぐれてって‥‥だから‥‥もし‥‥って‥そう考えだしたら‥」
「‥ハルヒ‥‥大丈夫だ‥俺は‥生きてるから‥」
しばらく無言‥いや、嗚咽を洩らしたまま黙った。
ハルヒが沈黙を破る。
「‥もう‥会えないかもしれない。だから‥聞いて?‥あたし‥あんたが‥」
俺は堪らず叫んだ。
「あ、会えないなんて‥言うんじゃねぇよ!!しかも、電話で告白は駄目だって‥いったのは誰だ!!」
 
ハッという声が聞こえた。
 
「‥そうよね‥あたしたち‥また会えるよね?」
「あぁ絶対だ。‥‥当たり前だろ?‥"約束"する」
 
‥最後になるかもしれない約束をハルヒに告げる。
 
‥俺の頭の中ではハルヒの笑顔が咲いていた。
多分、ハルヒは今‥最高の笑顔をしている‥‥
「‥約束‥破ったら‥」
大丈夫。絶対会える。
 
「‥死刑なんだから‥‥」
‥‥死刑は嫌だからな。
 
END
 



閉ざされた世界で
~崩壊する世界
 
***
 
‥目の前に光が見える。
‥‥重い瞼を開き、現状を把握する。‥ここは‥そうか‥戻ってきたんだな。そこにはニヤケ顔に、涙の跡を残した古泉がいた。
「どうやら世界の崩壊は阻止できたようですね。」
あなたならば自分の事も我々の事も、救ってくれると思っていましたが、ね。
と、慌てて付け足していたのを見て、これは‥‥こいつなりのはぐらかし方なんだなと思い、呟いた。
「‥ニヤニヤするな‥色男が台無しだぞ?」
俺達は、ぼんやり空を見たのち声をあげて笑った。
~~~
俺は今、病院で治療を受けている。なんでか‥‥肩を銃で打たれたからだ。
 
‥‥‥あれからしばらくして、世界大戦は鎮静化していった。いや訂正する。
戦争が完結した訳じゃない。いわば冷戦状態だ。
だが走り回るよりはずっと楽だ。こんな状態じゃどの道無理だがな。
 
「ご気分はどうですか?」
古泉がいつものように病室に入る。‥‥結局こいつも絆創膏と包帯だらけだ。
「あなたの事だから退屈してるんじゃないかと思いまして‥どうです?」
そういって、手に持っていたオセロを持ち上げる。
「特に退屈はしてないが、ま、付き合ってやるか」
と言って、古泉の手を借りてベッドから起き上がった。‥‥まさかこいつと意志疎通するとは思ってもみなかったからな。
パチ、パチと静かな病室に音がこだまする。
時計を見る。あ‥ちょうどだ‥‥3‥2‥1‥コンコン
 
1秒も狂わないな、長門。
「‥‥‥‥」
どうやってここまで来たか、本当に帰っているか、いつもの疑問も湧いては消えるを繰り返していた。
 
長門はベッドの‥‥‥古泉の反対側にあるパイプ椅子を開き、いつものように読書を始めた。
何気ない日常‥‥‥そう、二つのピースが欠けた星のように‥‥‥
 
時間になり古泉が帰る。唐突に長門が話を始めた。
「伝えることがある。しかし、それはあなたにとって知らされたくない事実。
だからあなたには選ぶ権利がある。だから選んで」
と‥‥
 
「一つ聞く。それは、俺が知り得ない情報か?」
「‥‥そう」
だったら駄目だ。例え一分後の事だろうと、未来の事を知ることは出来ない。
そういうと長門は頷き、読書に戻った。
 
しばらくして長門が立ち上がる。俺は口を開いた。
「なぁ‥俺を‥信じてくれて‥‥ありがとな。」
 
長門が頷くのを確認し、俺は眠りについた。
~~~
ある病室の一室に入る。
すでに冷たくなった男性と入り口にたたずむ少女。
そして男性に縋りつき、泣き叫ぶ少女がいた。
「目を開けて、キョン!あたしまだ‥あんたに好きって言ってないのよ!?」
 
ふと、入り口にいた少女に目を向けた。彼女は顔を歪めることなく、すーっと涙を地面に垂らした。
 
夜道を一人の少女が歩いている。
彼女の名は‥長門有希。
 
遠くの街灯から灯りが一つずつ消えてくる。
「私は‥‥」
 
彼女のすぐ近くの街灯が消える。
「‥‥あなたを‥‥信じてよかった。」
 
周りの灯りが全て消えた時、少女は光の粒子となって星の中に消えていった。
 
END
 


閉ざされた世界で
~生まれた世界
 
***
 
「キョンくん!起きて~」
ぐはぁ‥‥!な、なんだ?誰だ?病人に‥‥って‥あれ?なんでお前‥‥
そこにはいつものように、俺を起こしに来た、中学生の妹がいた。
 
新聞を見る。‥‥どうやら日付は俺の記憶と相違ないらしい。よかった。
しかしイマイチわからない。一番詳細がわかってそうな長門に電話する。
プル ピッ
「‥‥‥」
相変わらずの‥‥しかも久々の即通話に、少し安堵しながら俺は切り出した。
「なぁ、今回は何があったんだ?何が何だかさっぱりわからないんだが‥」
「‥何の事?」
 
長門が、事態を把握してない訳がない。つまり改変された世界って事か?
「‥情報改変の痕跡は認められてない‥‥」
‥?訳が分からない。一応、そうか‥ありがとな。といい電話を切る。
と古泉から電話が来た。どうやら古泉は、状況を把握しているらしかった。
 
「涼宮さんが病室に駆け付けた時、既にあなたは亡くなっていたんです‥」
‥寝た様にしか感じなかったし、痛みもなかったのに‥‥俺は死んだのか。
 
古泉が話を続ける。
「涼宮さんはすぐに世界を崩壊させようとました。
ですが、長門さんが涼宮さんの力を抑制し、と同時にあの戦争の"きっかけ"自体を消滅させたのです」
ふむ。長門ならその位わけないのはわかる。‥‥だが長門は今回の改変について何も知らないらしい。
「どういうことなんだ?」
「‥‥恐らく今まで以上に力を使ったか、あるいは自分の記憶を制御してるのではないでしょうか。」
電話を終え、一人で考える。が、妹の「ご飯出来たよ~」という間抜けな声に、考え事は中断された。
 
遅刻ぎりぎりで教室に滑り込み、適当に席に座る。しばらくして、背中に懐かしいシャーペンの感覚が襲う。
俺は頭を掻きながら振り向き、その女を見た。
 
「約束、破ったでしょ‥」
‥!?‥‥なんでお前が知ってるんだ!?
「は?今日はあたしと一緒に登校する約束だったじゃない!!忘れたの!?」
‥‥‥なるほどな。
「約束破ったら死刑ってあれ程いったでしょ!?」
 
俺は唐突に切り出した。
「なぁ‥絶対だと言い切れる約束があるんだが‥」
俺はその女に問い掛ける。女はカチューシャを撫でながら
「えらい自信ね。聞いたげる。どんな約束よ?」
 
俺は鼻の頭を少し掻き
「‥ずっと‥お前の傍にいてやるよ‥永遠にな‥」
 
END

|