※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

藤原「ぐっ……どうやら、お迎えがきたようだ……」
九曜「――修復が――間に――合わない」
藤原「……ずっと…一緒に……いたかった……せめてあの花のように……」
九曜「一人に――しないで――」
 
 
  ∩
 ⊂◎⊃
  ∪
  |
 \|/
 
 
ハルヒ「綺麗な花ね」
キョン「そうだな。お前が育てたのか?」
九曜「――ずっと一緒――だから――」
 
ハルヒ・キョン「??」
 
九曜「――」
 
  ∩
 ⊂◎⊃
  ∪
  |
 \|/
 
 
佐々木「藤原君、最近見ないね」
橘「そうですね」
九曜「一緒に――いる――」
 
佐々木・橘「??」
 
長門「……あなたの望み通りにした」
長門「………もうみんないない……でもあなたは彼と一緒」
長門「…………しあわせ?」
 
 
  ~   ∩
  (九) ⊂◎⊃
  (曜)  ∪
  (昆)  |
  (布) \|/
 
 
××年後
 
みくる大「いよいよね。過去に行くのは。過去の私をあんまりいじめないでね」
藤原「任務とはいえ、きつく当たるのは複雑な思いですね」
みくる大「困難な状況もあるかもしれないけど、そんな時は貴方の思う通りに行動しなさい」
藤原「はい。ところでコレは?」
みくる大「随分前だけど私の古い友人から貰ったの。綺麗な花でしょ?」
藤原「この黒っぽい方は……こんなの初めてだ。不思議な形ですね」
みくる大「隣の花といつも一緒なのよ。これは白いほうの花がないと咲けないの」
藤原「……?どういう事ですか?」
みくる大「時が来ればわかります」
藤原「はぁ…そういうものなのですか?」
みくる大「そういうものなの」
藤原「では、行ってきます」
 
 
 
みくる大「行かせてしまった……これで……良かったの……かな?」
長門「あの2人が共にある為には……行かせるしかない」
みくる大「命を落とすと知っているのに……」
長門「彼の命はここにある……彼女の命と一緒に……」
 
視線の先に二つの花が揺れていた
 
end

|