朝倉「へっくしゅん、あたしがくしゃみをするなんて・・・悪い噂でもされてるのかな」
喜緑「ねえ長門さん、眉毛ってなんであんなに人気あるんでしょうね、なんか一年生でNo1とか言われてる
   らしいじゃないですか」
長門「・・・人間の目と頭が悪いからと思われる、普通あんな眉毛は畏怖の対象」
喜緑「ですよね、それにあの髪型、なんなんでしょうねあの前髪は、触覚ですか?」
長門「あれで危険を感知していると思われる」
喜緑「ねー、まったく人間には見る目がないですね、絶対わたしのが可愛いのに」
長門「わたしのが可愛い」
喜緑「おや?今なにかおかしな発言があったようですが、わたしの聴覚にエラーが発生したんでしょうか?」
長門「勝負する?わたしはワカメ女なんかに負けない」
喜緑「いい度胸です、では明日学校で」
 翌日
[ミス北高決定戦、みんな投票しちゃおう!]
喜緑「これで明日には結果が出ます、楽しみですね」
長門「負けたら一ヶ月奴隷」
喜緑「いいんですか?そんなこと言って、それじゃ明日の結果を楽しみにしてます」
 翌日
1位 朝比奈みくる  2位 朝倉涼子  3位 涼宮ハルヒ
長門「・・・・」
喜緑「・・・・」
みくる「ひぃぃぃぃ!な、なにするんですか!助けてええええ!!」


朝倉「はぁ、2位か、でもまあ朝比奈さんはわたしも可愛いと思うからいいか。ところで二人は何位だった?」
長門「・・・うっさい」
喜緑「・・・覚えてなさい」
朝倉「なんか言った?負け犬の遠吠えは聞こえないわね、それじゃ先に学校いくわね 、ばいばーい」
[バタン]
喜緑「キィィィ!憎らしいです!どうにかしてあの眉毛の鼻をへし折ってやりたいですね。
   なにかいい考えありますか?」
長門「・・・消す」
喜緑「それは奥の手です、今はその時じゃないでしょう」
長門「・・・眉毛剃る」
喜緑「いいですねそれ、それじゃあ今日の夜に実行しましょう」
 夜
朝倉「それじゃ、先に寝るから、おやすみー」
喜緑(わたしが起きないように眠らせますから長門さんお願いします)
長門(了解した)
喜緑(・・・いいかナガートこれはTFEIの将来が掛かった任務だ、絶対に失敗は許されない。
   それに君の単独潜入だ、見つかっても助けられない)
長門(了解少佐、これよりMGミッションを開始する)
[ソリソリソリ]
長門(少佐、任務完了、脱出ポイントに移動する)
喜緑(よくやったナガート、脱出ヘリを向かわせる、バババババ)
長門(ヘリを確認、脱出する)
喜緑(お疲れ様、明日が楽しみですね)
長門(楽しみ)
  翌朝
朝倉「おはよう、二人ともなに笑ってるの?」
長門「気のせい」
喜緑「今コーヒー煎れますから」
朝倉(なんか変ね・・・今日は早めに学校行こう)
喜緑「あれ?もう学校行っちゃうんですか?」
朝倉「うん、今日日直だから、それじゃ」
[バタン]
喜緑「ふっふっふ・・・あーっはっはっは、帰ってきた時のリアクションが楽しみですね」
長門「楽しみ」
  夕方
朝倉「たっだいま~」
喜緑(あれ?)
長門(なんで上機嫌?)
朝倉「なんか今日はいつもより男の子に声掛けられちゃって困ったわ。なにかあったのかしら?」
喜緑(ま、まさか!長門さん!)
長門(そのまさか、眉毛を綺麗に整えすぎたみたい)
喜緑(あなたなにをやってるんですか!?それじゃ意味ないじゃないですか)
長門(気付かなかったくせに)
喜緑(なんですって?あなたが任務失敗したせいで眉毛の人気が上がっちゃったんですよ?)
長門(なんでも人のせいにすんなワカメ女)
喜緑(またそれを・・・死になさい!!)
長門(やってみろ)
[ドガアアアン!!!]
朝倉「さーて今日の夕飯は何かな♪」


朝倉「たまには三人で買い物でもいかない?」 
喜緑「わたしは構いませんけど、長門さんは?」 
長門「いく」 
朝倉「それじゃあいきましょ」 
喜緑「今ですか?」 
朝倉「だって暇でしょ?」 
喜緑「まあそうですけど、長門さんは?」 
長門「構わない」 
喜緑(いやに従順ですね・・・なにか企んでるんでしょうか) 
朝倉「これ可愛い!どう?」 
喜緑「似合ってますよ」 
長門「・・・・・えい!」
朝倉「ん?今何かした?」 
長門「してない」 
朝倉「そう、あ、これも可愛い」 
喜緑(・・・恐ろしい娘) 
長門「お腹すいた」
喜緑「それじゃなにか食べましょうか、なにがいいですか?」 
長門「カレー」 
喜緑「またですか?たまにはイタリアンとかフレンチとか食べたいですね」 
長門「カレーがいい」 
朝倉「わたしはどっちでもいいけど」 
長門「カレー」 
喜緑「・・・仕方ないですね、カレーでいいにしましょうか」 
朝倉「それじゃいこっか」 
男A「ねえ彼女、その背中の紙はなんなの?」 
男B「俺立候補しちゃおっかな」
男C「いや俺が」 
朝倉「紙?・・・なにこれ」 
[彼氏募集中] 
喜緑(これは恥ずかしいです、わたしだったら耐えられません) 
長門(へ、思い知ったか眉毛め!) 
男A「どっか飯食いにいかない?」 
男D「俺といこうよ」 
朝倉「そうね、じゃ、みんなでいきましょっか」 
男B「いいねーなんでも好きなもの奢っちゃうよ」 
朝倉「じゃ、そういうことだから二人でカレーでも食べててね、ばいばーい」 
長門「・・・・」 
喜緑「・・・長門さんのせいです」 
長門「笑わせる」 
喜緑「喧嘩売ってます?」 
長門「・・・虚しくない?」 
喜緑「・・・虚しいですね」 
長門「・・・ね」 
喜緑「カレー食べますか」 
長門「わたしが奢る」 
喜緑「いい人ですね」 
長門「なんかごめん」 
喜緑「わたしこそごめんなさい、それじゃいきましょっか」 
長門「・・・・こんなオチかよ!!」


|