今日は金曜日、学校から家に帰って来た時だった。
ハ「ただいま~」
父「帰って来たか、ハルヒ!」
帰ってたの?早くない?いつもより早く帰って来た親父にビックリ、ついにリストラされたのかしら?
父「まだ、大丈夫だ。これから出かけるが、ハルヒも来い」
ハ「いきなり~!疲れてんだけど」
と言ってみるけど、この親父決めた事は必ず実行するから逆らうだけ無駄!
父「で、だな。あれに着替えてもらいたい」
親父が指差す方を見ると、お母さんがうすい黄色のドレスを持っていた!あんなドレス着て、どこに行くのよ?って聞いても、いいから着替えてくれって、お願いする様に言われた。なんかいつもと違うと、対処し辛い。
 
取りあえず、シャワーを浴びてから着替えて、お母さんに髪をやってもらう。
ハ「で!どこ行くのよ?」
再び、親父に聞く。
父「ほう!なかなか、似合ってるな!よしっ行くぞ」
って、話聞いてないわね!仕方がないので車に乗る。そういえば…
ハ「ねぇ、お母さんは?行かないの?」
玄関に居るお母さんに聞く
母「行かないわよ。じゃ楽しんで来てね!」
何を楽しめって?どこに行くかも聞かされてないのに。
父「じゃっ行って来ます!」
と、言うなり車を出した。車の中でしつこくどこに行くのか、聞いてみたけど
父「着いてからのお楽しみだ!」
と、しか言わない。しばらく走ると、高級ホテルに着いた!
 
なんでこんな所に連れてこられたのか、わからない?
ホテルのロビーに入った所で親父に聞く。
ハ「場所は解ったわ!で、ここで何するの?」
父「お見合いだ!」
ハ「はぁ?」
何言ってんの、この親父は?お見合い?まだあたしは17よ!それに、一応彼氏だっているのよ!キョンだけど。
キョンと恋人同士になって、三か月だけど、この話はまた今度ね。
いろんな事をまくし上げながら、問い詰めると
父「キョン君と付き合ってるのはわかってるが…専務がな、どうしてもっていうから、取りあえず会うだけ会ってくれ」
って、言って来た。それにしてもいきなりじゃない?先に会社の若い娘にやった方がいいんじゃないの?だいたい前もって言うもんじゃないの?親父に質問(文句)を浴びせる
父「専務はお見合いをセッティングするのが好きでな、会社の娘は、もうみんなやっているんだ。それでターゲットを部下の子供にしてきたわけだ。
まぁセットする事が好きでやってるみたいだから、成功しようが失敗しようが関係ないらしい。
それと、事前に言わなかったのは、言ったらありとあらゆる抵抗をして、絶対こないと思ったからな!」
さすがに娘の性格は解ってるわね!キョンがいるのにそんな事するわけないわ。
まったく傍迷惑よね!やれやれってとこかしら、さっさと切り上げて帰りましょ!
親父とのやり取りを終えた所に、調度よく専務がやってきた。
専務「やぁ涼宮君!よく来てくれた。そちらが娘さんかね?きれいなお嬢さんじゃないか!」
 
あたしは、かしこまって、ありがとうございます。と笑顔で答えた。猫かぶっとかなきゃね!
専務「では、行くとしよう。先方は、先に行って待っているよ」
三人でエレベーターに乗り、着いたのが20階にある高級レストランだった。
流石、専務ね!なかなかオシャレなレストランじゃない!
専務と親父の後に続いて行き、見合い相手のいるテーブルに近付く。テーブルの方はみないで窓の外の夜景を見る。専務は相手方と話をすると、後は任せたと言ってかえってしまった。
テーブルに近付き相手を見るとそこには…………
 
「キョン!?」
「ハルヒ!?」
 
二人同時に声を上げた!
な、な、なんで?なんでキョンがここにいるの?どういう事よこれ!
 
あたしとキョンは、ボーゼンと顔を合わせていた。
その隣りで
ハ父「どうも、涼宮ハルヒの父です。いつもお世話になってます」
キ父「いや、こちらこそ」
などと、普通に挨拶してる。と言う事は…相手がキョンだって知ってたのね!
ハ父「そうだ!名前を聞かされた時にピーンと来てな、彼のお父さんに連絡して、ちょっと驚かしてやろうとな」
親父とキョンのお父さんは笑いながら言った。
キョンを見ると、やれやれって顔をしていた。
あたしは力が抜けた様にイスに座った所で親父が
ハ父「今日は専務の奢りだ!気にせず頼め。こういう所には滅多に来れないだろうからな!」
そう言ってメニューを見てオーダーする。
 
食事中は、親父がキョンを終止いじってた。キョンのお父さんも一緒にね…はぁ疲れるわ。
食事も終わり、レストランを出た所で
ハ父「ほれ、部屋の鍵だ!今日は彼とゆっくりしなさい」とニヤニヤしながら言って鍵を渡す。あたしが鍵を受け取る。親父はこの後キョンのお父さんと一緒に呑みに行くみたい!
ハ父「チェックアウトする時はフロントに鍵を渡すだけでいいからな。あっ後、避妊はちゃんとしろよ!じゃな」
なんて事言うのよ!この馬鹿親父!言うだけ言って二人ともさっさといってしまった。キョンを見ると少し考えた様な顔をしてる。
キ「ここで、お前をbarにでも誘えればカッコつくんだが、俺達じゃ門前払いだな…仕方がない部屋に行くか」
 
そうね、と答えて歩き出す。もちろん手をつないでね!
部屋に着いて中に入る。ふーんなかなかいい部屋ね、スイートじゃないのは残念だけど!贅沢かしら?そんな事を考えてると
キ「ハルヒ」
振り向こうとすると、いきなり後から抱き締められた!ちょっと首筋にキスするのは反則よ!
キ「すまん、我慢出来なかった。ハルヒがあまりにも可愛い…いや、今日は綺麗だからな」
綺麗だって!着て来てよかったわ!あ~顔真っ赤ね!
抱かれたまま振り向くとまたキスされた!しかもディープなやつ。もうこのエロキョン!
 
キ「言っただろ?我慢出来ないって!」
そう言うと、あたしをベットに押し倒した。あ~もうそんなにがっつかないで。なんでこういう時はこんなに積極的なのかしら?普段からは考えられないわ!
そんな事を考えてるとキョンはドレスを脱がしにかかる
ハ「ちょっとまっ…シャワー浴びてから…
キ「別に後でもいいだろ…」
キョンは攻撃の手を緩めない。あーもうっ!好きにしなさいよ!そのかわり、あたしが満足できるようしなさい!
キ「わかりましたよ、団長様」
 
事が終わった後、
キ「なぁ、明日の不思議探索は午後からでもいいんじゃないか?」
それもそうね…そうすればもっとゆっくりできるし…休みにしないかって言わないだけ成長したのかしら?
キ「お前が休みにするわけがないからな!それに滅多に来れない所にいるんだ、もうちょっと楽しんでもいいだろ」こう言って、再び襲いかかって来る!あんたばっか楽しんでんじゃないの!こうなったらもう攻め返してやる
あたしは笑みをうかべてこう言った
ハ「今夜は、寝かせないわよ!」
さて、がんばってもらいましょーか!
 
 
 
終わる


|