長門「涼宮ハルヒによる世界改築が行われている……これは……?」

次の日 放課後

キョン「なんだ、まだ長門(ながもん)だけか?」

長門「!?」



長門「涼宮ハルヒによる世界改築が行われている……これは……?」

次の日 放課後

キョン「なんだ、まだ長☆門だけか?」

長門「!?」



長門「涼宮ハルヒによる世界改築が行われている……これは……?」

次の日 放課後

キョン「なんだ、まだトーナガだけか?」

長門「!?(業界用語!?)」



長門「涼宮ハルヒによる世界改築が行われている……これは……?」

次の日 放課後

キョン「なんだ、まだNAGATOだけか?」

長門(かっこいい…)



古泉「実は機関で伝説になっている人が居るんですよ」
キョン「伝説?ちょっと聞きたいな」
古泉「珍しいですね、ああたが乗り気なんて」
キョン「いいから聞かせろ」
古泉「そうですね、彼は小学生だと言うのに機関のトップに近い位置に居ました」
キョン「小学生?」
古泉「ええ、だけど彼は我々と敵対する組織シンドラー社の陰謀によって殺されました」

キョン「不謹慎だ!!」



キョンが部室に来たけどなんか様子がおかしい…
ハルヒ「キョン…なんか雰囲気…!!!」
キョン「?」
キョンの顔が猫みたいになってる…なんなのこれ?有希は気付いてない?
キョン「朝比奈さんと古泉はまだか…」
ハルヒ「そ…そうね、遅いわね」
これって冗談のつもり?言っていいのかな…
古泉「少し遅れました…すみません」
古泉君は変化なし…気付いてないみたいね…
ハルヒ「…有希、キョンの顔どうなってるの?」
長門「…?」
ハルヒ「あ…ごめん、なんでもないの」
あたし遂に気が狂っちゃったのかしら…今日はもう帰ろ
ハルヒ「あたし先に帰るわ…じゃあね」


古泉「うまくいきましたね、これで気がそれてくれるといいんですが」
キョン「あいつがこんな手に引っかかるとは…」
古泉「少し可哀想ですが仕方ありません、明日は何事もなかったように振舞ってください」
キョン「ああ…じゃあ今日は帰るか…そういえば朝比奈さんはどこだ?」
古泉「さあ…もう帰ったのでは?」
キョン「一応紙に書いておくか…」



「なあ」
「・・・・・」
「長門さ」
「・・・・・」
「本以外にすることないのか?って聞いたおれもわるかったけどさ」
「・・・・・」
「そのプチプチ俺のだからもうやめてくれ」
「・・・・・」



ハルヒ「心に!」

長門「・・・剣」

みくる「輝く♪」

古泉「勇気。」

キョン「・・・おい」

ハルヒ「見えない!」

長門「・・・力」

みくる「導くよ♪」

古泉「ブレイド!」

キョン「おい?」

ハ・み・長・古「「「「空気嫁」」」」



古泉「1分間レスがつかなければキョンタンは僕の物・・・・・・」

キョン「だれだ?こんな物をかきやがったのは!?阻止だッ!」

古泉「フラッシュストッパー!!」


長門「説明しよう!フラッシュストッパーとはブライトマンの特殊武器だ!Wikipediaで調べなさい!」


キョン「あっ!パソコン動かない!携帯も!」

古泉「一分経過だ!キョンタンはもらった!」

キョン「たーすけてー!!!」



キョン「お?俺も見つけた」

30秒キョン

キョン「なんでまた俺なんか…また古泉か?とにかくこんな短いの無効無効」
長門「そんな…」
キョン「ん?どうした長門」
長門「なんでもない」

カタカタッ。

キョン「あ?またあった。っておんなじヤツかよ…しつこいな」

2分キョン。

キョン「はいはい阻止阻止」
長門「あ…」
キョン「…どうした長門?」
長門「…なんでも、ない」
キョン「??…まあいいや、そんじゃ阻止…」
長門「!?」

ガタンッ。

キョン「…さっきからなにやってんだ?」
長門「…なんでも、ない、こともない」
キョン「なんだそれ?キョン「って、2分たっちまった。長門よー」
長門「(ぐっ)」
キョン「さっきから変だぞ?」
長門「なんでもない……………………♪」



ガチャリ
キョン「ん?長門1人だけか?」
長門「そう」
キョン「他の奴らは?」
長門「知らない」
キョン「まぁいっか」
長門「キョンと2人きりでいたいから階段から突き落としてそのまま消したなんて言えるわけない」



キョン「え?」



ハルヒ「あー、今度の活動は…面倒だなぁ、なんでもいいや」
キョン「最近のSOS団、あんまり活動してないじゃないか」
ハルヒ「だってね…疲れるじゃない、今日はもう帰ろー」
キョン「ファック!最近のお前はおかしい!あの頃のロック魂を失くしてしまったのか!?」
ハルヒ「うるさいわね!失くした訳じゃないの!もう帰る!」
キョン「こんなSOS団はロックじゃない!付き合ってられるか…?なんだ?」
SOS団の活動予定…UMAを捕まえろ、UFO撃墜!未来に行こう…その他
キョン「なんだあいつ…わかってるじゃないか、これは久しぶりにROCKできそうだぜ!」



「ら、らめれすぅ。そこはおしっこするとこですょぅ」
「だーめ、汚れてるんだから綺麗にしないとね」

「あ、ひゃい」





「なに便器舐めてんのよ馬鹿キョン」


『あーしまいまやりてーな』



みくる「あーあー、テステス。皆さんお元気ですか。こちら朝比奈。未来から時代を変えに来た朝比奈みくるです…」
ハルヒ「未来から…!?どういう事だテメェ!」
みくる「教えてあげません」



ハルヒ「!omikujiをやるわ!」

キョン「ふーん」

ハルヒ「神こい神こい神こい・・・・・・」

キョン「来ないって・・・・・・」


【疫病神】


ハルヒ「やった!神がきたわ!」

キョン「お前が喜んでるならそれでいいよ・・・・・」



はい、準備はいいですね。
今日は僕の過去について話をしようと思います。

僕が北高に転校するよりも前、高校生でもなく、
機関の存在など夢にも思わない3年前の春―


―僕はいつものように目を覚まし、部屋のカーテンを開けます。と同時に、
急激な吐き気が僕の胃を満たしました。

すぐに洗面台に駆けつけ、部屋に戻った僕は、
新しい環境に慣れないための体調不良か何かだろうと思いました。

念のため医者にいってみたのですが、医師の診断はまったく問題なし、
健康であるというものでした。

その夜、僕は夢を見ました。そこは灰色の空間で、景色は僕の住む街そのものなのに、
人は誰一人としておらず、僕はそこをあてどもなく歩いていました。

僕はビルの中に入り、気がつけば屋上に登っていました。

そこから遠くを見ると、ずっと向こう、いくつも町を隔てたあたりで、
もやのような影が見えたような気がしました。

なにぶん夢なのかおぼつかない状態の中で、それが何なのか見定めることは困難でした。
それは青白く光り、遠くのあたりを闊歩しながら、同時に周囲には煙が上がっていた気がします。

その日の夢はそれで終わりでしたが、夢は連日続きました。
僕は歩く場所を次々変えていき、あの青白い者に近付いて行きました。
僕はだんだん恐怖が背中をつたい、体内を満たすのを感じました。
毎夜に渡ってその者は建造物を破壊し、辺りを無に帰していたのです。

1週間もすると、僕はもう日中でも気が狂いそうな思いで、学校に行く事もためらわれました。
なぜって、夜はほとんど眠れませんでしたし、学校でついうたた寝をした拍子に、
いつまた例の夢を見るとも限りませんから。

そういうわけで僕は数日間学校を休みます。
風邪を装っていましたが、長くは持たないと分かっていました。

夢は続きます。容赦なく。

とうとう僕はその者、いえ、もう巨人であるとはっきり分かっていました。
巨人のすぐ近くの建物まで来てしまっていました。
歩いている間は無意識なのに、屋上に来て巨人の方を見た瞬間に
まさに今自分がここに存在しているような感覚に陥るのです。
もはやこれは夢の一言で片付けられるものではありませんでした。

ふとした瞬間、巨人はこちらを向きました。
真っ赤に開いた穴のような目が、虚ろに僕の方を見ました。
次の瞬間に巨人はこちらに向かって行進を始めました。

僕は心臓が凍りついたように思いました。
腰が抜けてしまい立つこともままならず、何とか後ずさりしますが意味などありません。

巨人の顔がこの上なく大きく見え、このままショックで僕は
死んでしまうのではないかと思えた頃…

ひとすじの閃光が目の前をかすめました。

その閃光は高速で屋上から飛び出し、巨人の頭上を旋回して
すぐさま頭部を貫通しました。巨人は後ろに倒れ、それとともに空の灰色は消失しました。

「ちょっと事情を話したいんだ、一緒に来てくれ」
男の声でした。振り向くと髭を生やした中年風の男性がこちらに微笑みかけていました。

驚くべき事に辺りは昼間で、人通りや車の往来も普通どおりでした。
僕と男性は通りを抜けて、近くの喫茶店に入りました。

注文もほどほどに、僕は男性の話を聞きました。
「君はいつからあれを見るようになったんだい?」

僕はそれが1週間ほど前からであること、だんだん近付いていたこと、
夢遊病患者のように歩く時は意識がないことなどを伝えました。

「ふむ」
男性は思案顔で顎に手を当て、なにやら考え込んでいましたが
「ちょっと来て欲しいところがあるんだが…大丈夫かね?」
と言いました。そしらぬ大人についていってしまうのはどうか、と
心の中で声がしましたが、僕の中ではこの事態をなんとかしたいという気持ちの方が強かったのです。

黒塗りのタクシーに乗って30分ほど、そこから地下道に入り、エレベーターでさらに下へ行き、
巨大な地下駐車場のような空間に出ました。ですが、そこに車は一台も止まっていませんでした。

空間の行き止まりに特別特徴もないドアがあり、その向こうには―、


―それが機関とのファースト・コンタクトだったのは言うまでもありません。
僕はそれによって救われ、何者かに導かれるように北高に来てSOS団に入ったわけです。

はじめはうまく行きませんでした。
力があることに気付いてからは、いくつかの事象を感知できるようにはなりましたが。
あの日の彼以外にも能力者がいて、同じようにあの巨人を狩ることができる。
そしてそれは僕自身にも当てはまる。原因はある街に住む一人の女子中学生。

あの一件がなかったら僕はどこにいたんでしょうね。
SOS団は4人でもちゃんと動いていたでしょうか。



「なぁ古泉、SOS団に終わりが来るとすれば、それはどんな時だろうな」
「そうですね、涼宮さんが力を完全に無くす時。
あるいは、その逆で世界をそっくり作り変えてしまった時、でしょうか」
「それは近いのか、遠いのか?」
「分かりませんよ。僕としては、できるだけ長く続いてほしくある反面、
機関の一員として行動する日にいつ終わりがくるのか、という思いもあります」

それからしばらく、俺たちは黙って駒を置いていた。
なぜ急にそんなことを古泉に言ったのか、俺もよく分からない。
ぱち、ぱちと互いの駒を取り合って、少しずつゲームは終わりに近付く…。

「もし終わることがあるとして、SOS団はその時どんな風になってると思う?」

一瞬手が止まる。
古泉は持った駒をコンコンと机に打っていたが、やがてそれを置きながら

「それも分かりません。僕は結果を解説することは出来ても、未来を予測できる
予言者ではありませんからね。ですが、その時涼宮さんが笑っていれば、
我々全員も同じ気持ちでいられる…今ではそんな気がしていますよ」

こいつにしては含みや冗談のなさそうな言い方だった。
今は桜ももう一分咲きで、新学年が始まるのはすぐそこだった。
ハルヒたち女子部員ユニットは、仲良く連れ立って麓のコンビニまで買出しに行っていた。

外はうららかに晴れて、鳥がようやく自由に飛べるとばかりにさえずり羽ばたいていく。
春もこれからだったが、こんな日に限って俺は妙にセンチメンタルだった。
この一年を振り返って、まぁなんやかんやあった。
それは俺をうんざりさせたと思いきや、時に愕然とし、あるいは混乱し、
神経回路に落雷があったかのごとくショートしそうなこともあったが、
年末の一件からこっち、俺が小さく覚悟を決めてからは、
すべてが貴重な出来事だった。あぁ、もう迷わずそう言えるぜ。

「こういう何でもない日は、あとどのくらいあるんだろうな」
「さぁ、またいつ僕や涼宮さんが消えてしまうとも限りませんよ?」
「変なことを言うな。あんなことは一回だって俺の手には負いきれないくらいだ」

そう言いつつ、あの事件がなかったらどうだったろうと俺は考えていた。
その後の雪山、現れた敵に、俺はどう対処しただろうか。

きっとまた古泉や長門に押しつけて「やれやれ」とか言っていたんじゃないだろうか。
まぁその結果あんな事態になったのだから、そんな未来はなかったのかもしれないが。

「もう何も起きなかったらどうでしょう?」

出し抜けに古泉が言った。

「このまま涼宮さんは普通の一女子高生になってしまい、
長門さんは宇宙に、朝比奈さんは未来に帰る。僕も機関を出て、どこか他のところへまた
転校してしまう。残るのはあなたと涼宮さんだけで、平凡な高校生活が続く」
「そんなのは考えるだけ無駄だぜ。ハルヒが認めるとは思えん」
「そうでしょうか?遅かれ早かれSOS団は解散します。それがいつか分からないのは先ほど
言ったとおりですが。果たして、涼宮さんはその時になってまで僕たちを必要とするでしょうか」
「ずいぶん悲観的だな」
「可能性の話ですよ。誰だって成長しますからね。涼宮さんだって別れの覚悟ができる時が来るでしょう」

そんなのは考えたくもないね。俺は今がどれだけ大切かを知っているからな。
お前だってそうだろ、古泉。もしその覚悟とやらをするのが数分先に迫っているとしても、
俺はもう後悔しない自身があるぜ。そうである限り、天地がひっくり返ろうが、
閉鎖空間がいくつ発生しようが、舞台がまるっきり変わってしまおうが、何とかしてみせるぜ。

「それが聞けて安心ですよ。まさかあなたから安らぐ言葉を得られる時が来ようとはね」
「…古泉お前はめやがったな」
「どうもあなたの精神状態も何となくですが分かるようになってきてしまいましてね。
これも鍛錬のたまものでしょうか。何の鍛錬かは僕にも分かりませんが」

俺がブルーとは行かないまでもウォーターブルーくらいの色になってたのがまずかったな…。

同じ色でも窓の外はこの上なく明るかった。不思議なもんだ。

ふいにバンッ!と大きく音がして俺は反対を見る。

「たっだいまー!!!」「帰りましたぁ~」「……」

三者三様に言ってのけ、部室の中は早くも桜満開になって春風が心地よく
行きかうかのような空気になった。いや、俺の錯覚かもしれんね。

古泉を見ると、専用の待ち受け画面のようなお馴染みの表情で三人の方を向いていた。
何となく、今俺とこいつは同じ気持ちじゃないだろうかと思った。変な意味でじゃないぜ。


ハルヒがいて、俺がいて…いや。この5人が集まっている限り、不安な事なんか微塵もないのさ。

窓の外は、この上ない快晴である。



ハルヒ「はぁ~ヒマね」
キョン「そうだな…」
ハルヒ「…ねぇ」
キョン「なんだ?」
ハルヒ「…キスしない?」
キョン「ん……!?キスだけじゃつまんねえだろ。」
ハルヒ「やっ・・・そんなとこ・・・ぁん・」


キョン「はっドリームか・・・」



みくる「なんか肩こっちゃった」
キョン「じゃあ鞄持ちましょうか?」
みくる「お願いしますー」
キョン「長門は朝比奈さんみたいに肩こらないからいいよな」





長門「・・・」ぺたぺた



古泉 「ハルヒが実写化決定したようですね。」
キョン 「どうやらそのようだな。」
古泉 「私の肉棒もうなり声をあげてますよ・・・てれびのキョンたんでおなにーしちゃうですぅ!」



キョン「(;^ω^)」
松山「(;^ω^)」
L「(;^ω^)」
角川スニーカー文庫「(;^ω^)」
平野綾「(;^ω^)」
谷川流先生「(;^ω^)」
美容師「(;^ω^)」
レイザーラモン「(;^ω^)」
ごうけんくん「(;^ω^)」



…そのとき部室は俺1人だった…
ちょっとした好奇心から俺は部室で全裸になった…
キョン「一度でいいから部室で全裸になりたかったんだよなぁ」
キョン「長年の夢が叶ったぜ」
だが俺は幸せの絶頂から地獄に叩き落されることになった…
がちゃ…
そこには鞭を持った黒タイツ姿のハルヒが不敵な笑みを浮かべながら立っていた…
ハルヒ「あたしに汚いチンコ見せるなんていい度胸じゃないの」
俺は恐怖のあまり腰を抜かしておもらしまでしてしまったのだ
ハルヒ「なに?嬉しくておっきしてるの?じゃあその生意気なチンコ痛めつけてあげるわ!」
俺は陰茎をこれでもかと言うくらい叩き尽された…



そして俺はいま病院にいる…
この見るも無残な陰茎を治療しているのだ
なんとか治せるようでほっとしている



|