みくる「・・・ハァ」
 
ハルヒ「スペシウム光線だぁぁぁぁぁああ」
キョン「そんなのペロペロなめてやるぜ!」
古泉「狂い過ぎだぜブラザー!!」
長門「そうそうそうそうそうそうそうそうそうそうそうそうそうそうォォォォオオイ」
 
みくる「馬鹿ばっか・・・」
 
みくるの更級日記
 
なんか私が正気に戻ったら、なんかSOS団がおかしくなってました。
どうしたら良いんですか? 私自信もう無いよ・・・
キョンくんしか頼れないのにキョンくんも狂ってる・・・戻ってよ。
 
 
 
朝比奈みくるのストーカー谷口「しゃあないな・・・俺が助けてやるか」
みくる「すぅーすぅーすぅー」
朝比奈みくるのストーカー谷口「その前に寝顔で12回抜いとくか」
 
ドピュッ・・・ドピュッ・・・ドピュッ・・・ドピュッ・・・ドピュッ・・・ドピュッ・・・
ドピュッ・・・ドピュッ・・・ドピュッ・・・ドピュッ・・・ドピュッ・・・ドピュッ・・・
 
朝比奈みくるのストーカー谷口「よっしゃ! 愛しの朝比奈みくるの為にキョンを正気にしてくるか!トォッ!!」
 
谷口「キョン! 俺のチ(*゚ヮ゚)コをくわえろ!!」
キョン「ヒャッホォォォォオオイ!!」
谷口「イ~マ~(*゚ヮ゚)~チ~オ~!うっ!」
 
ドピュッ
 
キョン「・・・はっ!俺は何をしていたんだ!?」
谷口「朝比奈さんがお前の助けを待ってる!早く行け!!」
キョン「わ、解った!」
 
 
 
谷口「(男の口も悪くないな・・・)」
 
朝比奈さん・・・朝比奈さん!
今、助けに行きますから!
キョン「ハァ・・・ハァ・・・っ!」
 
ピンポーン
 
インターホン『誰ですか?』
キョン「俺です! 朝比奈さん!」
 
ガチャッ
 
みくる「キョンくん・・・?」
キョン「朝比奈さん・・・」
みくる「キョンくん!」ギュウッ
キョン「朝比奈さん!」ギュウッ
みくる「大好き!」
キョン「大好き!」
 
―――・・・ん誅・・・だ―――
 
キョン「天誅が近付いてる・・・逃げましょう!」
みくる「はい!」
キョンが朝比奈みくるを背負って街から遠ざかっていたその頃
アルティメットチャック谷口「ここは通さない!」
朝比奈みくるのストーカー谷口「我らが谷口!」
ただの谷口「のナニ掛けて!!」
 
ハルヒ「どけやゴルァ! 函館記念(G3)の馬券が買えへんやろうが!」
 
アルティメットチャック谷口「行くぞ!」
朝比奈みくるのストーカー谷口「おう!」
ただの谷口「合体!」
 
 
ジャキ~ン!!
 
 
邪気眼谷口「・・・さぁ、俺を倒せるかな?」CV.緑川光
長門「こしゃくなぁあああ!」
古泉「ふんももももっふ!!」
邪気眼谷口「無駄だ! デュッハハハハハ!!」
量産型山根A「どこだ!」
量産型山根B「なんとしてでもキョンのBLと朝比奈みくるのパンツを見つけるんだ!!」
量産型山根C「おう!」
 
みくる「ハァ・・・ハァ・・・」
キョン「大丈夫ですか?」
みくる「はい・・・」
キョン「くそっ! 天誅軍がこんなに居るとはな・・・」
みくる「すいません、私の為に・・・」
キョン「気にしないで下さい・・・愛しの貴女の為なら・・・」
みくる「キョンくん・・・」
 
量産型山根Z「居たぞ!」
 
キョンの着ているシャツ「おい、来るぞ」
キョン「こうしていられない! また走りますよ!!」
みくる「はい!」
邪気眼谷口「エターナルフォースブリザエース注入軟膏!!」
 
びゅをっ ぶびびび
 
量産型山根達「わぁぁぁぁ!」
邪気眼谷口「倒しても倒してもキリがない・・・まさか量産型山根を本当に量産していたとはな・・・」
量産型山根その317「けけけっ」
邪気眼谷口「まだ居たか! チャックアタック!」
量産型山根その317「ぎゃあ!」
 
邪気眼谷口「くそっ・・・こうなったらアイツを呼ぶか」
夢オチ「呼んだ?」
邪気眼谷口「いや、お前の中の人」
夢オチ「あぁ・・・蒸着!」
 
ジャキ~ン
 
国木田「しかし君が僕を呼ぶとはね」
邪気眼谷口「力を貸して欲しい」
国木田「良いよー☆」
邪気眼谷口「サンキュー!」
国木田「よーし! 目覚めよ! 僕のお人形達よ!!」
量産型もりりん達「森ちゃん起動だよ~☆」
国木田「谷口を援護しろ!」
量産型もりりん達「森ちゃん了解だよ~♪」
国木田「僕も本気を出すか・・・ふんっ!」
 
ボンッ
 
ビリー国木田「ブートキャンプの力を見せてやるぜ!サークル!サークル!」
量産型もりりん達「え~いっ!」
量産型山根達「とぉっ!」
 
古泉「ぐはっ・・・僕ちん天誅出来なかったちん・・・最後に一回、自慰・・・したかっ、た・・・・・」バタッ
長門「カレーが無くなった。死ぬ。あと私はナガモンじゃなくてナガートだっぴょォォォォオオン」バタッ
ハルヒ「天誅してやる・・・お前は俺を怒らせた!許さねぇぇ!恨みはらすからなぁぁぁぁぁああッッ!!!」
 
量産型もりりん達「キモオタ死ねやァァァアアッッ!!」
量産型山根達「んだとババアァァァアアッッ!!」
みくる「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・もう、歩けません・・・キョンくん一人ででも逃げて下さい・・・」
キョン「そんな事出来ません! ほら、背中に乗って下さい朝比奈!!」
みくる「キョンくん・・・」
キョン「あなたの居ない世界なんて、俺には価値がないんです!」
キョンの着ているシャツ「せやで」
キョン「だから、だから・・・―――」
 
チュッ
 
キョン「朝比奈、さん・・・」
みくる「感謝の気持ちです。えへへ・・・」
クロオオアリの働きアリ「二人とも来たぞ!」
クロオオアリの兵隊アリ「ここは俺達に任せて早く行け!!」
キョン「すまない」
クロオオアリの長老「若者よ・・・愛しい人は大切にするのだぞ」
キョン・みくる「はい!」
ズキューン
キョン「がっ・・・(ちっ、当たった)」
みくる「キョンくん!」
キョン「大丈夫です、かすっただけですから!」
みくる「でも!」
キョン「いいです・・・大丈夫ですから、ね?」
みくる「・・・キスしたら大丈夫とみなします」
キョン「喜んで」
 
チュッ
 
みくる「・・・本当に大丈夫なんですか?」
キョン「えぇ、ほら走りますよ」
ズキズキッ
キョン「(いてぇ・・・くそっ! でも耐えろ俺! 耐えろ、俺!!)」
 
 
 
ピクッ
ハルヒ「血ノ匂イ・・・、欲シイ・・・血ガ天誅ゥゥゥゥウッッ!!」
ハルヒ「ヒヒヒ・・・天誅ナンダカラ・・・」
キョン「見付かったか・・・朝比奈さんは下がって!!」
みくる「キョンくん」
キョン「大丈夫ですよ、俺は」
ハルヒ「ブッ起コシテヤルゥ!ブラックマジック!」
キョン「ATフィールド展開!!」
ハルヒ「無駄!!」
キョン「っ!」
ハルヒ「バーストストリーム!!」
キョン「ぐぁぁああ!」
みくる「キョンくん!」
キョン「駄目です!来たら、駄目です!」
 
邪気眼谷口「キョン!助けに来たぞ!!」
 
キョン「すまない谷口!」
 
アルティメットショタ国木田「僕を忘れたら駄目だよキョン」
 
キョン「お前もありがとう国木田」
邪気眼谷口「キョン!これを使え!」
キョン「ん?こ、これは!」
究極童顔国木田「対天誅軍用にツタンカーメンが作らせた武器だ」
キョン「・・・なるほど」
 
キョン「ハルヒ!」
ハルヒ「天誅!テテテテ天誅だにゃんにゃにゃにゃんにゃっぴー!」
キョン「食らえ!」
 
ハ☆ン☆チ☆ュ☆ウ☆ソ☆ー☆ド
 
阪中ソード「ハンチュウなのね~」
ハルヒ「ば、馬鹿な・・・この私が・・・この私が・・・この私が・・・何だっけ」
キョン「しらねぇよ、とにかく死ねよ」
 
グサグサッ
 
ハルヒ「あ・・・もっと刺して・・・んふっ」
キョン「死ねぇぇぇぇ!!」
 
ゼルダ「賢者達よ、今です!」
 
ハルヒ「おのれ・・・おのれ・・・おのれぇぇぇぇッッ!!」
 
阪中ソード「ハルヒ、君は良い親友であった。だが君の天誅がいけないのだよ」
ハルヒ「謀ったな、阪中!!私とて涼宮家の人間だ!!無駄死にはしない!!」
キョン「いや、死ね」
ハルヒ「SOS団の天誅に、栄光あれぇぇぇッッ!!」
 
無理矢理エピローグ
 
みくる「あれから色々ありましたね・・・」
キョン「そうだな・・・」
みくる「・・・大好きですよ」
キョン「・・・俺もです」
 
 
 
朝比奈みくるのストーカー谷口「よし、朝比奈さんのパンツゲットだ」
カーマ「馬鹿やってないで、早く行くよ」
朝比奈みくるのストーカーだったカーマの舎弟の谷口「オッケ~イ」
 
人々は幸せそうだった。
 
 
 
天誅軍が復活するまで、あと3分
 
無理矢理The END


|