※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハルヒ「さあて、学校の七不思議調べに行くわよ!」 
みくる「あ、涼宮さん…今日は私だけなんです。みんな用事があるそうで…」

ハルヒ「じゃあ、いいわ後でキョンは罰ゲームねっ」 
みくる「ところで涼宮さん、キョンってこんな顔?」 
ハルヒ「ちがうは、たしかにマヌケ面だけど顔なしじゃないわ」

みくる「ですよね~、あっ、お茶入れますね」



もしも長門が本当に三歳児だったら。

キョン 「長門?名に読んでんだ?」
長門 「うるとらまんねくさす!」
キョン 「そうか。」
長門 「ゆきちゃんねぇ、しょうらい、うるとらまんねくさすになるの!」
キョン 「なれたらいいな。」
長門 「ぜったいなれるよ!」

古泉 「あれ?長門さんってもともと宇宙人じゃなか【キョン】「子供の夢こわすな!」



ハルヒ 「主役はみくるちゃんで映画を撮るわ!その名も朝比奈ミクルの冒険!」
ながと 「やだー!しゅやくはゆきちゃんがいい!」
ハルヒ 「有希!わがままいっちゃだめよ!」
ながと 「やだやだ!しゅやくはゆきちゃん!ゆきちゃん!ゆきちゃん!」
ハルヒ 「みくるちゃん!みくるちゃん!みくるちゃん!」
ながと 「ゆきちゃん!ゆきちゃん!ゆきちゃん!」
キョン 「ハルヒ?長門にゆずってやれよ。長門の方が、精神面幼いんだから。」



長門「…んふぅ♪」
キョン「長門!?」
ハルヒ「違うわよ有希、もっとこう…んふぅ♪」
キョン「え?なんだ?ハルヒまで…」
長門「こう…んふぅ♪」
キョン「だから二人してなにやってんだ!?」
ハルヒ「うるさいわね~。練習に決まってるでしょ?」
キョン「練習?なに?なんの!?」
ハルヒ「…んふぅ♪」
キョン「えっ?えっ?」

古泉「…んふぅ♪」
キョン「古泉まで!?」



長門「ピートとリピート。名前じゃないのはどっち。」
みくる「え?リ、リピート。」
長門「ピートとリピート。名前じゃないのはどっち。」
みくる「え…リピート…。」
長門「ピートとリピート。名前じゃないのはどっち。」
みくる「……リピート……。」



長門「ピートとリピート。人じゃないのはどっち。」
みくる「り………ぴー…………」

長門「ピートとリピート。名前じゃないのはどっち。」
みくる「え?リ、リピート。」
長門「ピートとリピート。名前じゃないのはどっち。」
みくる「え…リピート…。」
長門「ピートとリピート。名前じゃないのはどっち。」
みくる「……リピート……。」



長門「ピートとリピート。人じゃないのはどっち。」
みくる「……が…………ま……………」



キョン「ハッ!?」

キョロキョロ

キョン「なんだ・・・ドリームか」



キョン 「長門?どうした?俺に相談って?」
長門 「・・・好きな人ができた。」
キョン 「そうか!お前でも恋愛感情を持つことあるのか!それで、誰に恋をしたんだ!?」
長門 「学校から近所のマクドの隣の店に立ってるあの人」
キョン 「あれ?マクドナルドの隣って何があったっけ・・・ケンタッキーだよな?」
長門 「・・・コク」
キョン 「そして、立ってるあの人って誰だ?ひょっとして、いつもケンタッキーの前で宣伝してる木村さんか?」
長門 「・・・フンフン」(否定)
キョン 「したら、誰なんだ?」
長門 「・・・ケ・・・ケンタ君人形・・・・」



俺が無難に自己紹介を済ませた直後の事だ。
ハルヒ「おひけぇなすっておひけぇなすってぇ!」
なんだっ!?
ハルヒ「姓は涼宮名はハルヒ!人呼んで東中の暴風雨とは私の事よぉ!」


…それが俺と団長の出会いだった…。

長門「(カタカタ)涼宮ハルヒの男気…っと。」



キョン 「長門?どうした?俺に相談って?」
長門 「・・・好きな人ができた。」
キョン 「そうか!お前でも恋愛感情を持つことあるのか!それで、誰に恋をしたんだ!?」
長門 「学校から近所の幼稚園の・・・ほら桜蘭組の・・・」
キョン 「あそこの先生か?名前は・・・」
長門 「・・・フンフン」(否定)
キョン 「したら、だれなんだ?」
長門 「藤岡君」
キョン 「幼稚園児に恋しちゃ駄目だ!このショタコンめ!!!」



キョン 「長門?どうした?俺に相談って?」
長門 「・・・好きな人ができた。」
キョン 「そうか!お前でも恋愛感情を持つことあるのか!それで、誰に恋をしたんだ!?」
長門 「キョン君・・・」
キョン 「おれかよ!いやいや、まいったまいった」
長門 「の妹」
キョン 「妹は誰がなんと言おうが渡さん」



長門「問おう、貴方が私のマスターか」
キョン「人違いだと思うぞ」

BAD END



ハルヒ「次回! 涼宮ハルヒの憂鬱、第12話!」
キョン「違う。次回、涼宮ハルヒの憂鬱、第12話『ライブアライブ』……って合ってるし、すまん!」
ハルヒ「すまんで済んだら警察なんて国家権力はいらないのよねぇ」
キョン「……え? ちょ、やめ……うわあっ!?」



長門「…」
キョン「…」
長門「…」
キョン「…キョンビーム…。」
長門「…」
キョン「…」
長門「…有希ビーム。(ピシュン)」
キョン「まぶしっ。」



古泉「ふふふ、僕、実はジャニーズにはいってるんです」

キョン「何言ってんだバカか」

古泉「KATーTUNのKは古泉のKですよ。亀〇ってのは、芸名です」

キョン「おまえ閉鎖空間行ってこい」



古泉「ふふふ、キョン君。最近妹さんはどうですか?」

キョン「なんでそんなこと教えなくちゃいけないんだ?」

古泉「いいじゃないですか、僕はあなたの弟になってもいいと思ってますよ」

キョン「このロリコンが。おまえ閉鎖空間行ってこい」



古泉「おねがいします、キョンくん…1度だけで構わないので…」
キョン「し、しかたねぇなぁ……1回だけだぞ?それ以上は何と言われても断固拒否する」
古泉「ありがとうございます、うれしいです…」
キョン「俺の気が変わらないうちにさっさとやりやがれ…!」
古泉「はい、では…



              保守」



長門「…(ペラ)」
キョン「…」
長門「ユキビーム…ビビビビビビー」
キョン「うわー!?やーらーれーたー!」(ドサッ)
長門「…………(ペラ)」
キョン「って、あれ!?」
長門「…(ペラ)」
キョン「…/// (そっちからふってきたのにノーリアクションかよ!)」



キョン「なあ古泉、転校するって本当か?」
古泉「ええ、夜涼宮さんの力が無くなった今。ここにいる理由はありませんからね」
キョン「冷たい野郎だ…」
古泉「そう言わないでくださいよ。僕には僕の生き方があるんです。たまたまそれが貴方達とは違う生き方だった…それだけのことなんですから」
キョン「そうかい………達者でな…」
古泉「それではまたいつか……
あ、そうそう、貴方の妹さんに言っておいてください。
『ちょっと優しくしてやったくらいで勘違いして彼女面してまとわり付くな。迷惑だ』と。」
キョン「っ!?き、貴様妹に何をしたーっ!!!」
古泉「さぁってね。それは本人から聞いてください。
ではアディオス」
キョン「古泉―――っ!!!!11」



キョン「なぁ、長門」

長門「……なに」

キョン「長門いつもあの部屋でなにしてるんだ、ひとりで」

長門「……生活」

キョン「……そうか」



古泉「どうですか?久しぶりにオセロでも」

キョン「ああ、いいぜ」

古泉「今日も勝たせてもらいますよ」

キョン「何を言ってる?いつも俺の勝ちだっただろうが」

古泉「ふふ、僕は試合に負けても勝負に勝ってるんですよ」

キョン「いったい何の勝負にだ?」

古泉「ほら、こうしてるとあなたの顔がよく見える」

キョン「目をつぶされたくなければ、閉鎖空間行ってこい」



キョン「お、長門、今日は何の本読んでるんだ?」

長門「・・・・・ジャンプ。」

キョン「え? お前それ買ったのか?」

長門「・・・・・駅で拾った。」

キョン「そ、そうか・・・ところで一番好きな漫画はなんだ?」

長門「・・・・・銀魂。」

キョン「本当か! で、誰が好きなんだ?。」

長門「・・・・・沖田聡吾。」

キョン「朝比奈さん、こいつぶっ殺していいですかぃ?」



???「だ~れだ?」

キョン「へ?え~と(こんな可愛いイタズラをするのは朝比奈さんに違いない、だがここは教室。学年が違うから鶴屋さんでもないはずだ。ならば、ハルヒはありえない。長門はもっとありえない。残ったのは、朝倉か阪中かどっちかだ)」 
???「分からない?」

キョン「もしかして朝倉か?」

みくる「ちがいま~す。正解は私です」

キョン「ええ!?なんで一年の教室にいるんですか?」

みくる「ふふ、鶴屋さんの用事の付き添いですっ、驚きましたか?」

キョン「そりゃ驚きますよ(クラスの男どもからの視線が痛い…)」

みくる「ふふっ、じゃあ、また部室で」



???「だ~れだ?」

キョン「へ?え~と(こんな可愛いイタズラをするのは朝比奈さんに違いない、だがここは教室。学年が違うから鶴屋さんでもないはずだ。ならば、ハルヒはありえない。長門はもっとありえない。残ったのは、朝倉か阪中かどっちかだ)」 
???「分からない?」

キョン「もしかして朝倉か?」

ハルヒ「ちがうわよ!普通に考えて後ろの席のあたしだって思いつかないわけ!?」

キョン「えええ!?おまえだったのか。ありえねぇ」

ハルヒ「ななななんでよ!あたしだって………ブツブツ」

キョン「悪かったよハルヒ、だからそんな顔するな」



???「だ~れだ?」

キョン「へ?え~と(こんな可愛いイタズラをするのは朝比奈さんに違いない、だがここは教室。学年が違うから鶴屋さんでもないはずだ。ならば、ハルヒはありえない。長門はもっとありえない。残ったのは、朝倉か阪中かどっちかだ)」 
???「分からない?」

キョン「もしかして朝倉か?」

ハルヒ「あんたなに独り言言ってんの?」

キョン「え!?今俺の後ろに誰かいなかったか?」

ハルヒ「はあ?あんた気でも狂った?誰もいなかったわよ」

キョン「………(じゃあ、いったい誰のしわざだったんだ?)」

???「クスクス」



古泉「ねーキョンたんこっち来て」

古泉「なんだ?」

古泉「あのね・・・・・・////」

古泉「わかった・・・・それ以上言うな・・・俺も・・」

古泉「キョンたん・・・・好き」

古泉「古泉・・・・俺も」



古泉「ハッ・・・ドリームか!」



「古泉、日本の夏と言ったら何だろうな」
「例によって突然ですね。やはりお祭りとか風鈴とかすいかとかでしょうか」
「それじゃつまらん。もっとひねるんだ」
「うーん、海水浴とか先祖供養とかラジオ体操」
「もっとつまらなくしてどうするんだ、またオチがつかないぞ」
「もういいんじゃないですかオチとかは。この頃あなたもボケ属性じゃないですか」
「それを認めたらSOS団からツッコミキャラがいなくなるだろうが、認めん」

「めんめんみんみん」
「長門?」
「なんでもない」



「古泉、京アニのサイトを見てきたんだが俺とお前がセットで売られてるとはどういうことだ」
「それはほんとですか?大変興味深い話ですね」
「何ならサイト見てみればいい…ってあれ!売り切れ!?」
「…手配完了しましたね。新川さん、恩に切ります」
「古泉お前…」
「買い占めましたよ、全部僕のものです(にこっ☆)」



ハルヒ「ねぇキョン、これ食べない」

キョン「ん、ああうまそうだな。作ったのか?」

ハルヒ「違うわよ、もらったのよ
    ついでにいうともらいすぎて余っちゃったから
    仕方なくあんたにあげることにしたのよ」

キョン「そうか、んじゃ遠慮なく」

キョン「うん、うまいな特に中身」

ハルヒ「そうなのよ、中身がおしいのよ」

キョン「これ中身なんていうんだっけ・・・」




キョン「はっ!!クリームか」



「古泉、没ネタがたまりゆくんだがどうしたらいい」
「なぜとっておくのですか、破棄すればいいじゃないですか」
「それは何かに使えるかもしれないというエコ魂がだな」
「ゴミはどう頑張ってもゴミですよ」
「お前きついこと言うな…ぐさりと来たぜ」
「どうせまたオチないんでしょう。まぁそういうのが好きな人もいるしいいんじゃないですか」
「緑茶だ、まぁ飲め」
「だが断る」
「ほんとつまんねぇ奴だ」



みくる「キョン君はなんでそんなに変態なんですか?」

キョン「好きで変態になっているんじゃない、勝手に変態にされてるんだ」

長門「……なんでそんなに妄想が激しいの?」

キョン「別に健全な男子高校生はこのくらい普通だ」

古泉「僕はそこまでひどくありませんよ」

キョン「俺は普通だ。変人ではない」

ハルヒ「いいのよ、キョン。あたしは普通が嫌いだから、変人と言われていても気にしないわ」

キョン「変人はおまえらのほうだろうが」


|