こなた「おめでとう!」
キョン「あぁ・・・ありが・・・って何がだ?」
こなた「来春の二期放映だヨ」
キョン「ふむ、よくわからんな。」
こなた「とりあえずおめでとうと言っておくヨー」
キョン「ありがとな、ハル――――いや泉」
こなた「ハルヒ?」
キョン「いやちょっとな。すまん・・・」
谷口「ごゆっくりぃ!!」
朝倉「あんたらはいいわよ!!!私は多分出ないのよ!!インターフェイスである私はかけらの出番も無いわよ!!!??」
岡部「贅沢を言うな!!!」
朝倉「あっ・・・」
ハルヒ「さぁ二期ね!しまっていこぉぉぉぉぉ!!」
キョン「なんだ、そんなにめでたい事なのか」
長門「少なくとも私達にはそうだと言える。」
岡部「俺達は見えない所で活躍しているからな。」
朝倉「先生!意識をしっかり!!」
阪中「朝倉さんは敵役が適役でうらやましいのね」
国木田「まぁ僕は少しずつでも出たいなぁ」
こなた「凄い勢いだねー・・・」
かがみ「ちゃーっす・・・っと!?凄い活気ね・・・ところでなんの話?」
みゆき「二期らしいですよ」
かがみ「へぇ~、続編って売れる時は売れるわよね、ラノベでもそうだけど」
こなた(ねぇかがみん・・・涼宮ハルヒの憂鬱っていうラノベ知らない?)
かがみ(何よ急に。少し、というか名前くらいなら知ってるけど)
こなた(・・・読まない方がいい。)
長門「泉こなたに同意する。世界観が破綻する恐れがある。」
かがみ「よくわからないけど・・・まぁ、いいわ」
岡部「お前らはいいさ!!!ゲームにも出てるし!!中河だってメイン回があるし!!!」
朝倉「落ち着いてぇぇぇ!!それ以上は!それ以上は!!」
岡部「俺の本質はハンドボールのみ・・・確かに使い回しの難しい立ち位置だ。だが!谷口にすら抜かれるのはいささか不満だ!!」
キョン「あぁ・・・、ネトゲか何かの話か。こいつら好きだもんなぁ」
古泉「なんですか。この活気は。」
つかさ「二期らしいですよ」
古泉「それは聞いておりますが・・・岡部教諭が荒れていますね。忌ま忌ましい。」
こなた「今井マシーン!」
キョン「お前ら息が合ってるな、俺の台詞でよ」
こなた「ヤキモチ妬けるのも今のうちだヨ、キョン君」
岡部「という訳だが、涼宮」
朝倉「という訳ね、涼宮さん♪」
ハルヒ「キョン!ちょっと付き合いなさい!」
キョン「へあぁ」
こなた「これからが本当の地獄かもヨー・・・?」
キョン「怖いからやめろ!俺は宇宙人も未来人も信じちゃいないが!!怪談と!!超能力者は信じてるんだ!!」
こなた「じゃあ今度、トータル・リコールでも貸すヨ」
ハルヒ「ほぅらキョン!ちゃっちゃとしなさい!!左手は猫の手!」
キョン「新しい怪人か!」
ハルヒ「いえ、神人よ」
朝倉「やれやれ・・・どうなるやら」
喜緑「なるようになる、というのが見解です」
長門「あのー・・・前から思ってたんだけどさ、なんで朝倉さんが居るの?
次元連結もとい情報連結解除したのにさ」
喜緑「長門さん、キャラを変えないで」
朝倉「それはアレよ、アレ。
ポーズ中に↑↑→→←→←→BAってやつ」
長門「そう・・・つまりここは平行世界」
谷口「うぃーっす・・・うぉあ!?
長門有希!朝倉!喜緑先輩!」
朝倉「あんたの引き戸はアーティファクトか何かなの!?」
長門「リアクションが面倒なのでとりあえずユニーク」
喜緑「次元連結の一種ですね。あと、原子配列変換も行っているようですわ」
谷口「いやあ、誉められても」
阪中「この三人・・・ただ者ではないのね!谷口君の能力を見抜くなんて!」
谷口「そりゃあ、宇宙人だからなぁ」
「「「「え!!?」」」」

こなた「という夢を見たんだよ」

 
長門「・・・そう」


|