※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハルヒ「キョン!私を食べて!」

キョン「ちょwwwwwwww
   ・・・・・・いいのか?」

ハルヒ「・・・・・・来て」

キョン「いただきまーす」

ハルヒ「え・・・そういう意味じゃなくて・・・」


ばりんばりんくちゃくちゃはむはむはふっごきっぼきっばき





ハルヒ「はっ!
   ドリームか・・・・・・」



ハルヒ「ちょっと キョン!あたしを食べて!」

キョン「そんな事出来るわけねぇだろ、二人で助かるんだ」

ハルヒ「私はもうダメ、腕も動かせないもの」

キョン「ほら…水だ飲ませてやる」

ハルヒ「ごめんね、キョン。あたしがロッキー山脈登山大会を…グハッ」

キョン「ハルヒ!ハルヒッ!!犠牲になった皆の為にも頑張るんだ」

ハルヒ「ご…めん…みく…るちゃん達が…迎えに来たみたい…」

キョン「馬鹿なこと言うなハルヒッ!!」

ハルヒ「キョン…だけでも……たすか……クッ」(ガクッ)

キョン「ハルヒ?!ハルヒッー!!」

俺はその一週間後救助された
ハルヒも俺と共にいる…俺の身体の一部となって……永遠に一緒だ



ハルヒ「キョン!あたしを食べて!!」

キョン「あ~、ごめん。いま腹一杯なんだ」

長門「…けだもの」
みくる「キョン君、激しすぎますぅ~~」

ハルヒ「………」

古泉「おや、どうしたんですか?」

ハルヒ「古泉…、あたし、もう堪えられないよ…。なんでキョンはあたしを選んでくれないの?」

古泉「ドンマイケル♪」



ハルヒ「キョ、キョン、私を食べていいわよ//」

キョン「何言ってんだよ。食べれるわけないだろ。ゾンビじゃあるまいし」

ハルヒ「・・・・・・・・・・・」



長門「食べて」

キョン「おう。じゃあここで待ってるよ。何作ってくれんだ?」

長門「そうじゃなくて・・・」

服を脱ごうとする長門

キョン「お、調理服に着替えて作るのか。本格的だな。こいつは期待できそうだ」

長門「鈍感」


キョン「パイズリしてくれ」
長門「無理」
古泉「してあげましょうか?」

キョン「………」



ハルヒ「みんな!SOS団で妖怪退治よ!」

キョン「突然だな。どうやって妖怪と闘うんだよ」

ハルヒ「この本を読めばバッチリよ!みんなも読みなさい!」

次の日

ハルヒ「伊達にあの世は見てねえぜ!」

キョン「霊け~ん」

古泉「キレイな薔薇にはトゲがあるのさ」

長門「邪眼の力をなめるなよ」

みくる「霊界案内人で~す」



ある日の部室。みくると長門が早くに来ていて二人きりだった。

みくる「長門さんっていつも本読んでるフリして私たちのことなんか興味ないって素振りしてるけど、
    本当は私たちの会話をしっかりと聞いてていろいろ考えてるんでしょ?気持ち悪いです~」

長門「私が興味を持つのは涼宮ハルヒの行動と言動と状態のみ。
   貴方には全く興味がない。現代的な言語で言えばうざったい。
   涼宮ハルヒに衣装の着替えを強要させられてるときの貴方は、実は
   それらの衣装を着るのには全く抵抗がないのに自分を可愛く見せようとして
   演技の入った甘えた声でヤメテクダサ~イと言ってる貴方はハラワタが煮えたぎるほどに
   頭にくる。不快。」

みくる「ふ~ん、あっそうですか。私だってアナタのクールなキャラ気取ってるところが痛々しくて
   見ていられないです。調子にのってますよね?」

長門「ぶりっ子ぶってんじゃねえぞ糞アマ」

みくる「何よ精神異常者。ロボット。」

長門「ブスのぶりっ子ほど見てて気分の悪いものはない」

みくる「ブスのクールキャラも危なっかしいです」

みくる「タコ」

長門「カス」

みくる「イモ」

長門「フンコロガシ」

ガチャッ、

キョン「チィーっス。こんにちは朝比奈さん。それと長門。」

みくる「こんにちはキョン君~。今お茶入れますね。」

長門「・・・・・・」



キョン「そーれハルヒ取ってこーい(ポイッ)」

ダダダダダッハッハッハッ

キョン「あっこら有希!涼子を追いかけまわすんじゃありません!」

ドタドタドタ

キョン「アッー!みくるもそんな所にウンコするな!」

プルプルプル



ハルヒ「ちょっとキョン!犬に人の名前勝手につけないでよ!」



ハルヒ「みんな!SOS団でチョソと戦争よ!」

キョン「突然だな。どうやって戦争すんだよ」

ハルヒ「この映画を見ればバッチリよ!みんなも見なさい!」

次の日

ハルヒ「走れ走れ走れ!!セイウチのケツにド頭突っ込んでおっ死ね!!」

キョン「ホント戦場は地獄だぜー!!」

古泉「こっちは我が銃♥こっちは大砲♥♥」

長門「7.62mm…完全、装甲、弾…」

みくる「デ●ズニーの陰謀か?」



みくる「いたた……
慣れない靴はダメですね、靴ずれしちゃった」
ハルヒ「いいもの貸してあげるわ」

ごそごそ

みくる「あの…ニップレスよりも保健室からバンソーコー貰ってきたほうがいいと思いません?」
ハルヒ「あ――それもアリね」



ハルヒ「トロトロに溶かしたチーズをパンにつけて食べる料理あるよね」
キョン「ああ、チーズフォンデュだっけ?
あれ一回食べてみたいね」
ハルヒ「そっかー
私、チーズは固形のまま食べるのが好きだな」
キョン「なに―――?
お前にはあのトロけたチーズの魅力がわからんと?」
長門「物事には個人の好みというものがあると認識している」

長門「スカトロも固形派と液状派がいるt」
キョン「あのさ今食い物の話してるから……」



ハルヒ劇場版第二段
キバヤシ「恐怖の大魔王を遂に発見した、それは涼宮ハルヒという女子高校生だ」
MMR「な、なんだって」
キバヤシ「俺は、独自のルートである組織の幹部と接触試みた
その組織の幹部によれば、ある少女が神のごとき力を手に入れ
彼女の心しだいで、世界が作り変えられるというのだ」
イケダ「ま、まってくれ、なぜそんな事が分かるんだ。」
キバヤシ「まて、まだ反論するには早いぞ、ちゃんと証拠がある。今日は
その組織の幹部を連れてきた」
谷口「わわわ忘れ物」
全員「な、なんだって」
実は機関最高幹部の一人だった谷口、機関の真意は、ハルヒの運命は
MMRの目的は、キバヤシと長門の恋の行方は
2007年ゴールデンウィークロードショウ
キョン「って俺と朝比奈さんはスルー、ですか。何とかいってください朝比奈さん」
みくる「ひどいでしゅ」
古泉「みなさん、僕は」
キョン「黙れ古泉」



キョン「うーん、この問題わかんねー」
ハルヒ「キョンってビンボーゆすりの癖あるね」
キョン「ん?ああ、どうしてもやっちまうんだよ」

‐翌日‐

ハルヒ「キョン」
キョン「ん?」
ハルヒ「ビンボーゆすり直す方法考えたんだけど
ようするに足を地面につけなきゃいいのよ」

キョン「で?なんだこれ」
ハルヒ「昨晩お父さんがお世話になったエロ本
まだ乾いてないから足つくと大変なこt」
キョン「捨てていいか?」



ごくごく ぷはー
キョン「近頃の清涼飲料水ってうまい上に身体にいいときてるから
いい世の中になったもんだなー」
ハルヒ「でも過剰摂取はダメよ?
糖尿病とかになって逆に身体に悪いから
おいしいからって飲みすぎには注意よ」

ハルヒ「あと気持ちいいからってオナニーでの出しすぎはダメだからね
アタマ悪くなっちゃうから」
キョン「えーと、一日一回はセーフかなぁ?」



キョン「桜満開だな」
ハルヒ「そうねー」
キョン「普段、花を見ることなんてないから、季節の花には男の俺でも素直に見とれちまうなー」

ハルヒ「え―――?
エロ本で見慣れてるじゃない 花 び ら 」
キョン「俺は自然の美しさにひたっちゃだめか?」



キョン「なぁ、ハルヒ」
ハルヒ「ん、何?」
キョン「「こうこう」の事だけど…口の後の漢字ってどう書くんだ?」
ハルヒ「確か…口「膣」ね!」
長門「…正確は口「腔」」
ハルヒ「……」
キョン「……」
ハルヒ「ご、ごめん…(は、恥ずかしい~///」
キョン「あ、あぁ…スマン…」



ハルヒ「くしゅん!」
キョン「ハルヒ、クシャミしたのか?」
ハルヒ「うん、ちょっと鼻がムズムズするわ」
みくる「ふぇ…くっしゅん」
キョン「おや?朝比奈さんもですか?」
みくる「…はい」
長門「くしゅん……マモノ」
キョン「あー、長門…って、え?」
ハルヒ「い、今…クシャミした後、何か聞こえなかった?」
長門「気のせい」



ハルヒが風邪をひきました

キョン「大丈夫か?」
みくる「私たちにできることがあったら言ってください」
ハルヒ「じゃあ、お父さんのためにこれを……」
(雑誌、今日の食卓)
みくる「えーとこれはお父さんのオカズになれってことでしょうか」
長門「……」
古泉「いやー僕は二股はー」

キョン「普通に『ご飯作ってやれ』の意味じゃないかなぁ……」



ハルヒ「だいぶ熱も下がったみたい
ありがとう」
キョン「一番頑張ったのは朝比奈さんだ」
長門「朝比奈みくるのオカズが一番好評だった」
みくる「いえいえ」
ハルヒ「へ―――」

ハルヒ「どんなエロポーズとったの?」
キョン「そっちのオカズじゃねー!!
いやちょっと待てじゃあ最初のメッセージの意味は!?」



飯作品披露はとばし

長門「これ、あなたの分」
ハルヒ「うん、ありがとう」

ハルヒ「熱っ」
長門「あ
冷ます」

すぅー
すぅー

バタム
キョン「吸うんじゃなくて吹けよ!」
ハルヒ「わざわざ二階に上がってきてのツッコミご苦労様」



キョン「おはようございます、キョンです―――
今日はちょっと俺の話を聞いていただけないでしょうか
俺は前々より疑問を抱いていたのです・・・・
なぜ このSOS団がこれほどまでに本格的活動してないのかと・・・・
いいんでしょうかこのままで・・・・?
そもそも俺らはまがりなりにもSOS団の一員なワケですよ
――忘れがちですけど・・・・
俺もここへ来た当初は絶望しました――
そのあげく自暴自棄になっていたのも事実です
ですが 俺は気付きました――
今ならまだ間に合うと・・・・
みんなで頑張って正しいSOS団活動を取り戻そうじゃありませんか!!

……と
俺は思うんですが
みなさんはそれについてどう思われますか!?」

   ガラ~ン

キョン「・・って誰もいないよ!!」



キョン「ハルヒ、お休みそれから俺の本名位ry
ハルヒ「何か言った」
キョン「ゴメン」



キョン「Hが大きれば大きいほど固くなる物なーんだ!」
みくる「ヘリコプター着地所?」
古泉「ハルヒさんですか?」
ハルヒ「分かった!ちんこ!」
長門「鉛筆」
キョン「……」
みくる「……」
古泉「……」
長門「……」
ハルヒ「……ぁ、いや…その…あの…」
古泉「…帰りましょうか」
みくる「…えぇ…」
長門「…ユニーク」
キョン「…(窓の外へ遠く見てる」
ハルヒ「い、いや…だからね!ち、違うの!ね!ね!キョン!アレは、失言だからね!ねぇ!」


正解:鉛筆



ハルヒ「キョンだーいすき!」
みくる「キョン君…好きです」
長門「あなたが好き」
鶴屋さん「キョン君めがっさ好きにょろ」
キョン「いや~照れるな~ハハッ」


ガタンッ


キョン「ド、ドリームか…グスン」



キョン「こいつら難しい話してるな…」
長門「このくらいなら分かる」
キョン「さすが長門だな…」
長門「もっと言え」



みくる「キョン君…私がお嫁に行けなくなったら…貰ってくれますか…?」

キョン「もももももちろん!」

みくる「ありがとう…キョン君…じゃあ結婚を前提にお付き合いを…」


ガタンッ


キョン「ド、ドリームか…」



テレビ『今週のCDランキングトップ10!!』
キョン「げっ、この歌入ってんのか!?」
ハルヒ「でもこの人今すごく人気あるじゃない」
キョン「それはタレントとしてだろ?
人気にかこつけてたいした歌唱力のないヤツがCD出すのって嫌いなんだよな――」
ハルヒ「うーん」

ハルヒ「つまりHの時前戯は上手いけど本番は下手な人と一緒ね?」
キョン「うーん、超微妙」



キョン「なぁ携帯充電したいからコンセント空けてくれないか?」
ハルヒ「えーダメよ、今部室のコンセント埋まってるし…
ホラここは暖房と冷蔵庫つないでるし
こっちはパソコンでしょ?
あと私の携帯も充電してるし」
キョン「じゃあそのあと空けてくれよ」

ハルヒ「そのあとは通販で買った最新可動式のアナルビーズの試動でしょ
次は鶴屋さんに頼まれた極太バイブの(ry」
キョン「ごめん」


|