※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フラクラKの末路


*フラグクラッシャー・キョンに、このような結末が訪れないことを願いつつ……。


 いつもの待ち合わせ場所にいくと、有希とみくるちゃんと古泉君が先に来ていた。
「お久しぶりです、涼宮さん」
 みくるちゃんは、ほんと変わんないわねぇ。本当に41歳なのかしら? 年齢詐称なんじゃないの?
 ボディラインも非の打ち所がないほど完璧。どんな秘訣があるのか、教えてほしいわね。
「お久しぶりです」
 古泉君は、演技みたいな笑顔。本当の笑顔って見たことない。奥さんの森さんだったら、見たことあるのかもしれないけど。
 有希は、ただ視線を合わせただけ。有希は、わたしんちの近くに住んでてよく会うから、久しぶりということはないわね。
「みんな元気にしてた?」
「はい」
「まあ、ぼちぼちです」
 有希はうなずいただけだった。ホント、しゃべんないわよね、有希は。
「例によって、彼が最後ですか」
「年に一度のSOS団創立記念日に遅刻するなんてたるんでるわ!」
「まったくおっしゃられるとおりです」



 キョンか……。
 一年ぶりに会うあの間抜け面を思い浮かべると、とたんに胸が苦しくなってきた。
 ああ、やっぱり、あたしは、まだキョンのことが好きなんだわ。
 キョン以上の男なんてそうそういるわけもなく、あたしはいまだに独身。

 有希もいまだにキョンのことが好きみたい。
 だから、有希も独身のまま。
 こんなにいい女なのに、もったいないわよね

 みくるちゃんも、キョンのことが好きだったみたいなんだけど。
 今は、吹っ切れたみたいに見える。
 男なんかには目もくれず、海外を飛び回るバリバリのキャリアウーマン。確実に会えるのは年に一度のこの日だけ。今のみくるちゃんはそういうことになっている。
 本当にそうかしら? みくるちゃんって、どこかもっと遠い世界の人みたいな雰囲気なのよね。深く追及するつもりはないけどさ。
 それはともかく、みくるちゃんみたいなとびっきり性格がいい美人さんが、いまだに独身だなんて、人的資源の無駄遣いよ。

 どれもこれも、あのキョンのせい。
 まったく、罪作りな男なんだから。
 40歳になった今だって、きっと、多くを女の子を泣かせてるに違いないわ。しかも、本人にはその自覚がないんだから、始末に終えないわよ。
 正直にいうと、とても心配でもある。
 キョンのことをよく知ってるあたしたちだから、笑って友達付き合いしてられるけれども、思いつめるようなタイプの女に惚れられたら、背中からナイフで刺されたっておかしくはない。

 なら、今からでも告白してしまえって?
 もう手遅れよ。それをするなら、大学を卒業するまでの間にしておくべきだったんだわ。
 でも、あたしはそうしなかった。
 キョンの日ごろのあの鈍感な態度に接していたら、告白しようなんて気持ちは徐々になくなっていって……ついには、完全になくなってしまったわ。

 有希とみくるちゃんが告白しなかったのは、どうしてなんだろう?
 あたしと同じ理由だったのか、それともほかに理由があったのか。
 あたしに遠慮してたなんて、思いたくはないけど……。

 とにかく、今はもう、告白するつもりなんて、少しもない。
 有希もそうみたいだった。

 そのうち、キョンも、どこかの女と結婚するのかもしれない。
 その相手は、あたしや有希やみくるちゃんよりもいい女じゃないと、絶対に認めないんだから!
 あいつにそんな甲斐性があるとは思えないけど、意外とあっさりその日は来るのかもしれない。

 でも、それまでは……せめて、そのときまでは、団長と団員一号の関係を続けさせてほしい。



 あたしは、ようやく現れたあの間抜け顔に向かって、人差し指を突きつけた。

「遅い! 罰金!」


終わり

|