『2年 涼宮ハルヒさん至急職員室に来て下さい』


おいおい、新学年早々呼び出しかよ…
今度は一体何をやらかしたんだ…?

「どうしたキョン? 嫁の事が心配か?」

うるさいぞ谷口。それに誰が誰の嫁だって?
いい加減埋めてやろうか?
「まぁまぁキョン。谷口も寂しいんだよ…」
「何ぃ!?誰が寂しいだって!?」
「あれ?こないだまたフラれたって言ってたじゃないか」
「お、おい!それは言わない約束だろ!」

お前らの方がよっぽど夫婦に見える訳だが…

「なぁハルヒ、さっきの呼び出しは何だったんだ?」

「進路よ、進路」

「ん?お前志望大学でも変えるのか?」

「あたし進学はしないわ」

「って事は就職でもするのか?」

「うーん…まぁ就職っちゃ就職ね」

「何だそりゃ… それにしてもえらいいきなりの進路変更だな」

「まぁね。あたしが本当にやりたい事が最近解ったて感じかな」

おいおい… 頼むから【株式会社SOS】なんてのを設立しないでくれよ…

「何? 何か言った?」

「いや別に… ところでどんな所に就職したいんだ?」

「べ、別に今知らなくても良いでしょ!いずれ解る事なんだから!」

「まぁお前がそこまで言うなら詮索はしないけど…」

何なんだよ…いきなり怒鳴って…
俺なんか変な事言ったっけ…?



「どうしたんですか?岡部先生」

「いや、ちょっと進路の方でね…」

「あ!また進路希望調査に『ニート』とか書いてあったんでしょ?」

「いや、そんなのまだ温いですよ…」

「…え?」

「これを見て下さい…」



 2年進路希望調査
   5組 涼宮ハルヒ

・進路希望
   就職

・進路希望先
   キョンの嫁



「……どうしましょうか…?」

「えっと……あぁ……」


おわり。

|