俺たちは森さんたちのいる場所へ無事に戻り、帰還の準備を始めていた。
 しかし、ここに来てやっかいな事実が露呈する。ハルヒの足が動かないということだ。
何でも朝比奈さん(長門モード)に確認したところによると、2年近く部室に拘束状態にされ、身動き一つ取れなかったらしい。
そのためか、身体の一部――特に全く使えなかった足に支障を着たし、自立歩行が困難な状態に陥っていた。
 そんなハルヒの足の状態を、新川さんに調べてもらったわけだが、
「大丈夫でしょう。外傷もありませんし、リハビリをすればすぐに元通りになるレベルかと」
 という診断結果を聞いてほっと胸をなで下ろす。ちなみに、拘束状態にだったはずのハルヒが
何で神人に捕まっていたのかというと、朝比奈さん(通常)が説明してくれたんだが、
「ええとですね。突然、部室にキョンくんが現れたんです。そして、涼宮さんの拘束をほどいてくれて――」
「こらみくるちゃん! それは絶対内緒っていったでしょ! それ以上しゃべったら、巫女さんモードで
一週間登下校の刑にするからね!」
「ひえええええ! これ以上はしゃべれませんんん」
 で、強制終了だ。まあ大した話じゃなさそうだし、朝比奈さんのためにもこれ以上の追求は止めておくか。
 空を見上げると、この辺り一帯はまだ灰色の空に覆われているが、地平線はほどほどに明るくなりつつあった。
古泉に言わせれば、閉鎖空間があまりに巨大化していたので、正常になるのにも少々時間がかかるのだろうとのこと。
ってことは、外に脱出するまでしばらく時間がかかるって事か。面倒だな。その間、奴らも黙って見てはいないだろう。
「とりあえず、この場所にとどまっているのは危険です。できるだけ早く閉鎖空間から脱出できるように、
こちらも徒歩で移動します」
 森さんの決定。ハルヒは新川さんが背負っていってくれることになった。ハルヒも自分の身体の状態をよく理解しているらしく、
快く了承している。
 と、新川さんに背負われたハルヒが俺の元に寄ってきて、
「ちょっと聞きたいんだけどさ。その――外はどうなっているの? ずっとこんなところに閉じこめられていたから……」
 ハルヒの問いかけに、俺はどう答えるか躊躇してしまった。素朴な疑問なのか、全世界の憎しみを背負わされていることに
感づいているのか、どちらかはハルヒの表情からは読み取れなかった。
 しばらく考えていたが、俺は無理やり笑顔を取り繕って、
「色々あったが、何とか平常を取り戻しつつあるよ。それから、お前の事は世界中が知っている。
この灰色の世界の拡大を止める鍵であるってな。救世の女神様扱いさ」
「そう……よかったっ!」
 ハルヒの100Wの笑み。これを見たのもずいぶん久しぶりだな。
 あっさりと納得してくれたのか、ハルヒは元気よく腕を振って、さあ行きましょう!と声を張り上げている。
 その様子を見ていたのか、古泉が俺の耳元で、
「いいんですか? いざ外に出たらすぐに嘘だとわかってしまいますが」
「……嘘は言ってねえよ。ハルヒが個人的な理由でこんな大混乱を引き起こしたどころか、死力を尽くして、
被害の拡大を抑えていたんだからな。閉鎖空間だって、奴らを閉じこめる一方で無関係の人を巻き込まないようにするのが
目的だったんだ。自覚があったのかは知らないが。間違っているのは世界中の人々の認識の方さ。
だったらそっちの方を正してやるべきだと思うぞ」
 はっきりとした俺の返答に、古泉は驚きを込めた笑みを浮かべ、
「あなたの言うとおりです。修正されるべきは、機関を含めた外野の方ですね。その誤解の解消には及ばずながら僕も全力を
尽くしたいと思います。ええ、機関の決定なんて気にするつもりもありません」
「頼むぜ、副団長殿」
 俺がそう肩を叩いてやると、古泉は親指を上げて答えた。何だかんだで、こいつもすっかり副団長の方が似合っているよな。
俺も団員その1の立場になじんでしまっているが。
「では出発しましょう。そろそろ、敵も動いてくるでしょうからね」
 古泉の言葉に一同頷き、徒歩での移動を開始した。
 
◇◇◇◇
 
 俺たちは山を下り、市街地へと足を踏み入れる。今のところ、奴らが仕掛けてくる様子はない。
だからといって、和気藹々とピクニック気分で歩くわけにも行かず、張りつめた雰囲気で足を進める。
 ……自分の彼女を自慢しまくる谷口と、それに疑惑と悪態で応対し続けるハルヒをのぞいてだが。
 ちょうど、俺の隣には朝比奈さん(長門モード)が歩いていたので、この際状況確認を兼ねていろいろと話を聞いている。
「で、結局連中の正体はわかったが、奴らはこれからどうするつもりなんだ?」
「わからない。ただ、彼らの涼宮ハルヒへの執着心は無くなることはないと考えている」
 まるでストーカーじゃないか。しかも、面倒な能力を持っている奴らも多いとなると、たちが悪いな。
 と、ふと思い出し、
「そういや、連中はハルヒの頭の中を一部だけ乗っ取っていたんだろ? あれはまだ継続しているのか?」
「その状態は、わたしたちという鍵がそろった時点で解消された。意識領域の一部に発生した欠損をあなたの存在が埋めたから。
今ではわたしの介入もなく、彼女は自力で自我を保っている」
 なら少なくても何でもできるような力はなくしているって事だな。だが、待てよ? ハルヒの能力を得る前の状態でも
お前の親玉にアクセスできるような連中がいたなら、そいつらはまだ得体の知れない力が使えるって事か?
「情報統合思念体への不正アクセスは、彼らからのアクセス要求経路が判明した時点で使用できなくしている。
現状では彼らは情報統合思念体を利用できないと考えてもいい」
 なるほどな。もう奴らもすっかり普通の人間の仲間入りってことか。
 だが、そんな状態なのに、まだハルヒをどうこうできると思っているのか?
「【彼ら】はもう涼宮ハルヒなしには存在できない。少なくとも彼らはそう考えているはず。
だから能力があろうが無かろうが、彼らは涼宮ハルヒを手に入れることしか考えられない」
「……奴らに無駄だとわからせる方法はないのか?」
「きわめて難しい――不可能と断言できると思う。彼らの自我もまた統一された情報に塗り替えられ、涼宮ハルヒと接触する前の
記憶が残っているかどうかすらわからない。例え脳組織の情報から涼宮ハルヒという存在を抹消しても、人格すら残らないだろう。
それほどまでに彼らは狂ってしまっている」
 長門は淡々と説明してくれたが、全身からにじみ出している感情は明らかに負のものだった。
ハルヒに責任はないが、彼らもまた得体の知れない情報爆発とやらの犠牲者なのかも知れない。
ただ、それでもハルヒを「手段」として扱い、あまつさえ俺たちの事なんてどうなってもいいと思っていたんだ。
その点を見るだけでも、同情の余地は少ないと思う。
「ん、そういやハルヒは自分の力について自覚しているのか? これだけの大事になってもまだ気が付かないほど
鈍感でポジティブな思考回路をしているとは思えないが」
「はっきりとは明言していない。涼宮ハルヒ本人も自分が普通ではないと言うことは理解しているが、
完全に把握できていないと推測できる。ただし、自分がやるべき事は理解しているはず。だからこそ、混乱状態にもならず
自分がすべき事を実行している」
 なるほどな……理解することよりも、まずこの状況をどうにかすることが先決だと考えているって事か。ハルヒらしいよ。
 そんな話をしばらく続けていたが、ふと先頭を歩く森さんが歩みを止めたことに気が付く。俺たちの左側には民家が並び、
右隣には小さな林が広がっていた。民家の方はそれなりに見通しが効いたが、林の方は薄暗い閉鎖空間のため、
夜のようにその中はまっ暗に染まり、林の中がどうなっているのか全く見えない。
 ――パキッ。
 俺の耳にははっきりと何かが折れる音が聞こえた。閉鎖空間内にいるのは、俺たちをのぞけばあいつらだけだ。
「……全員、身を伏せて物陰に隠れて」
 森さんの冷静ながらとぎすまされた声が響く。俺たちは一斉に民家の物陰に身を隠す。新川さんも一旦ハルヒをおろし、
俺のそばに置いた。ハルヒは持ち前の鋭い眼光で林の方を睨み続け、朝比奈さんは長門モードになっているらしく、
平静さを保っている。
 俺も銃を構えて、林の方を伺い続ける。野郎……どこにいやがる。とっとと出てこい……
 唐突だった。俺の背後にあった民家の屋根が爆発し、そこら中に残骸が降り注いだ。同時に林の中から、
あの化け物と化した連中の大群が津波の如く押し寄せ始める。
「撃ち返して!」
 森さんの合図を起点に、俺たちは化け物の群れにめがけて乱射を始める。耐久力はないようで、一発命中するだけで
どんどん倒れ込んでいった。しかし、数が多い! 撃っても撃ってもきりがない。
 さらに、少数ながらこっちにも銃弾が飛んでくるようになってきた。向かってくる全員ではないが、
ちょくちょく銃らしきものを撃ちながら、こっちに走ってくる奴もいる。国連軍から奪ったものを使用しているのかもしれない。
 押し寄せ続ける敵に対して、特に森さんたち機関組が前に出て、敵を次々と倒していく。ん? 新川さんの姿が見えないが、
どこに行ったんだ?
 しばらく撃ち合いの応酬が続いたが、突然林の方から新川さんが現れたかと思うと、こっちに向けてダッシュしてくる。
そして、見事な運動神経で敵の手をかいくぐりつつ、俺たちの元に戻ってきた。
「首尾は!?」
「全く問題ありませんな。タイミングの指示をお願いします」
「わかりました。合図はわたしが出します!」
 そんな森さんと新川さんのやりとり。何だかわからないが、とりあえず任せておくことにしよう。
 こっちの攻撃に対して有効だと悟ってきたのか、飛んでくる敵の銃弾の数が増えてきた。俺の周りにも次々と命中し、
壁の破片が全身に降りかかってきた。当たらないだけラッキーだが。
 そんな状況が続いたが、突然黒い化け物の群れの数が激増した。津波どころか、黒い壁がこっちに向かってきているように
見えてしまうほどだ。
 そこで森さんの指示が飛ぶ。
「全員、身を隠して! 新川、お願い!」
 全員が一気に身を伏せるなりすると、同時に林の方で数発の爆発が発生した。
どうやら新川さんが地雷か何かを仕掛けていたらしい。全くとんでもない人たちだよ、本当に。
「本部に連絡が取れるかどうか確認! 可能なら航空支援の要請を!」
 さらなる森さんの支持に、谷口が国木田から引き継いでいた無線機で連絡を試み始める。
 爆発のショックか、一時的に奴らの動きは止まったが、程なくしてまたこちらへの突撃を再開した。俺はできるだけ弾を無駄に
しないように的確に奴らを仕留めていく。
 発射!という森さんの次の指示に多丸兄弟が肩に抱えたロケットランチャーを発射した。そういや、プラスチックでできた
重さ数百グラムの携行式のもの持っていたが、ようやく出番になったか。弾頭が林の入り口付近にいた化け物に直撃し、
周りを巻き込んで吹っ飛ぶ。
 一方の谷口は無線機で呼びかけを続けていたが、どうやらつながってくれないらしい。ダメだという苦渋の表情に加えて、
首を振っているのですぐわかった。
 森さんはそれを確認すると、手榴弾を投げ始めた。釣られて俺たちもそれに続く。ロケットランチャーに続いて、
手榴弾も次々と炸裂していく状況に、奴らの突撃の速度がやや鈍ったのがはっきりとわかった。
 すぐにそれを好機と見た森さんは、
「後退します! あなたたちは涼宮さんを連れて先に行って、残りの者はラインを保ちつつ、ゆっくりと後退します!」
 そう言って俺と谷口、古泉にハルヒたちを連れて行くように指示を飛ばした。森さんたちを置き去りにするようで気分は悪いが、
ここでまたハルヒをあいつらの手に渡すわけにはいかない。
 俺はハルヒを背負って――とすぐに思い直して、ハルヒの身体を肩に抱えるように持ち上げた。
「ちょっと、どうしてこんな不安定な持ち方するのよ! これじゃあんたも動きづらいでしょ!」
「背負ったら、俺に向かって飛んでくる弾がお前にあたっちまうだろうが!」
 そう怒鳴りながら住宅街の中めがけて走り出す。隣には朝比奈さん(長門モード)がちょこちょこと付いてきて、
俺の背後を谷口と古泉が守ってくれていた。
 100メートルほど進んで、一旦立ち止まり森さんたちの援護を始める。まだ林の前で奴らを食い止めていた機関組だったが、
やがて俺たちの援護に呼応するようにゆっくりと後退を始めた。
 だが、奴らもそれを黙ってみているわけがない。こっちが引き始めたとわかるや、また怒濤の突撃を再開してきた。
さらに、どこから持ち出してきたのか知らないが、ロケット弾のようなものまで飛んでくるようになる。
命中率が酷く悪いところを見ると、ろくに使い方もわからずに撃ちまくっているみたいだ。
 この後、しばらく同じ動きが続いた。まず俺たちが数百メートル後方まで移動し、その後、俺たちの援護の下森さんたちが
後退する。だが、どんどん連中の数が増えるのに、こっちの残弾は減る一方だ。すでに前方でがんばっている多丸兄弟は
自動小銃の弾を撃ちつくし、今ではオートマチックの短銃で奴らを食い止めている。ただ、幸いなことに外側と
ようやく連絡が取れて、すぐにこっちに援護機を出してくれることになった。
 だが、下手な鉄砲でも数撃てば当たると言ったものだ。ついに多丸圭一さんに被弾し、地面に倒れ込む。
隣にいた新川さんが手当をしようと試みるが、どんどん激しさを増す銃弾の嵐にそれもままならない。
「助けないと!」
 ハルヒの叫びに反応した俺は、すぐさま飛び出そうとするが、古泉に制止された。同時に森さんからの指示が
無線機を通して入ってくる。
『こっちはいいから先に逃げなさい! あとで追いかけます!』
 いくら森さんたちでもけが人一人抱えながら後退なんて無理に決まっている。こんな指示には従えねえぞ!
 俺はそれを無視して、古泉を振り切ろうとするが、
「ダメです! 指示に従ってください!」
「ふざけるな! 森さんたちを見捨てろって言うのかよ!?」
 そうつばを飛ばして抗議するが、古泉は見たことのない怒りの表情を浮かべ、
「バカ言わないでください! 森さんたちがこんな事で死ぬわけがありません! 死んでたまるか!」
 あまりの迫力に俺は何も言い返せなくなってしまう。古泉はすっと苦みをかみつぶした顔つきで、森さんたちの方を見ると、
「根拠がないって訳じゃないんです。敵にとっての目的は涼宮さんただ一人。そして、閉鎖空間が崩壊するまで
あまり時間がありません。相手にしても価値のない森さんたちは無視してこちらに向かってくるはずです。きっとそうです!」
 俺は古泉の言い分に納得するしかなかった。確かに、超人じみた森さんたちの能力を見くびってはならない。
大体、あの人たちがピンチになったからと言って、凡人である俺に救えるのか? 傲慢もほどほどにしろ。
なら俺にできることをやったほうがいい。
 二、三度頭を振るうと、俺は古泉に頷いた。ハルヒを連れて行く。今俺ができることはそれで精一杯だ。
「おいキョン! 見てみろ!」
 谷口が指している方角をみると、小高い丘の上がゆっくりと明るくなって来ている。閉鎖空間の外側はもうすぐだ。
あの丘の向こう側にそれがある。
 俺はまたハルヒを抱えると、丘めがけて走り出した。いい加減、足もふらふら息も限界に近づいているが、
そんなことは気にしている余裕すらない。
 丘の前を走っている川を渡ると、背丈ぐらいまである草を払いながら丘を登り始めた。古泉たちも俺に続く。
 ふと、背後を振り返ると、森さんが川の前まで走ってきて、自動小銃の弾が尽きたのか短銃を敵めがけて撃っていた。
新川さんと多丸裕さんも姿もなくなっている。くそ、何にもできない自分が腹立たしい。
「森さん! 受け取ってください!」
 古泉がそんな森さんに向けて、自分の自動小銃を放り投げた。すぐさま、余っていたマガジンも全て投げる。
 ――その時、自動小銃をキャッチした森さんの顔は、距離が離れているためはっきりとは見えなかったが、
優しげに微笑んでいるように見えた。だが、すぐに俺たちに背を向けると、敵めがけて撃ちまくり始める。
 その時だった。
「うぐおわっ!」
 足に受けた強い衝撃で俺の口から自然と飛び出た情けない悲鳴とともに、ハルヒごと地面に倒れた。
見れば、左足のふくらはぎに銃弾が命中したらしく、ズボンの中からダクダクと血が噴き出している。
「キョン大丈夫!? ちょっと待っててすぐに手当てするから!」
 ハルヒは自分のセーラー服の袖を破ると、俺の太ももの部分をそれで締め上げ始めた。傷口を押さえるよりも、
根本で血の流れを止めた方がいいと判断したんだろう。さすがにこういうことには完璧な働きをしてくれる。
 そして、出血が少なくなったことを確認すると、再度ハルヒを肩にかけ、朝比奈さん(長門モード)の肩を借りつつ、
丘の上目指して歩き始めた。背後では古泉と谷口が何とか敵の動きを食い止めている。
「もうちょっと……だ!」
「キョン! もう少しで丘の上よ! がんばりなさい!」
 ハルヒの励ましに、俺は酸素と血液不足で意識がもうろうとしながらも、丘を登り続ける。
 ふと、背後を振り返ってみると、すでに奴らは小川を渡り始めていた。まだ距離はあるが、俺の足がこんな状態だと
すぐに追いつかれるぞ。
「行け行けキョン! とっとと行け!」
 絶叫に近い谷口の声。あいつ、あれだけへたれだったのに、ずいぶん男らしくなったもんだな。
昔だったら、危なくなったら真っ先に逃げ出していたタイプだったのによ。
 そんなことを考えている内に、俺はようやく丘の上に出ることができた。そこからしばらく緩い下り坂が続いていたが、
その途中からまるで雲の切れ目のように光が差し込んできている。あそこが閉鎖空間との境界だ。あそこにたどり着けば……
 朝比奈さん(長門モード)に支えられながら、俺たちはゆっくりと丘を下り始める。
 と、ここで谷口が丘の頂上にたどり着き、俺たちへ背を向けつつ撃ちまくり始める。だが、見通しの効く場所だったせいか、
一斉に銃撃が集中され、谷口の身体に数発が命中した。悲鳴を上げることすらできず、谷口は地面に倒れ込んだ。
 俺はしばらくそれを見ていたが、迷いを打ち消すように頭を激しく振って、
「朝比奈さん、長門! ハルヒを頼みます!」
 そう言ってハルヒの身体を朝比奈さん(長門モード)に預けると、谷口に向かって足を引きずりつつ向かう。
背後からハルヒが何かを叫んでいたが、耳に入れて理解している余裕はなかった。
 森さんたちとは違い、谷口も俺ともあまり大差ない一般人だ。このまま見捨てておけば、死んでしまうかも知れない。
それに、谷口の話を聞かされている以上、どうしても置いていける訳がねえ!
 しつこく銃弾がこちらに飛んでくるので、俺は地面に伏せて匍匐前進で谷口の元に向かう。すぐ近くからも発砲音が
聞こえてくるところを見ると、古泉がまだ応戦しているようだ。
 ほどなくして、谷口のところにたどり着く。見れば、腹に数発の銃弾を受けて、出血が酷かった。
首筋に手を当ててみると、脈もかなり弱まっている。
「おい谷口! しっかりしろ! 死ぬな! 死ぬんじゃねえぞ!」
「ははっ……最期の最期で……ドジっちまったな……」
 すでに声も力なくなっていた。まずい、このままだと消耗する一方だ!
 すっと谷口は俺の腕をつかむと、
「すまねえ……伝えておいて欲しいことがある……あの子に……あ!」
「聞こえねえぞ! 絶対に聞くつもりはねえ! いいか! 絶対に死なせねえぞ――お前が死ぬ気になっても俺が許さない!」
 奴らの謀略で谷口の死を一度目撃した。あんな気持ちは2度とごめんだ! 遺言なんて糞食らえだ!
絶対に、どんな手を使っても死なせねえ!
 しかし、俺の言葉は谷口の命を奮い立たせるほどのものでもなく、次第に力がなくなっていくことがはっきりとわかった。
くそ――どうすりゃいい――
 俺ははっと思い出し、谷口のポケットから恋人の写真を撮りだした。そして、それを目の前に差し出し、
「いいか、谷口! おまえ、こんな可愛い子を置いていく気か!? お前みたいなスチャラカ野郎に惚れてくれるなんて
世界中探しても二人もいねえぞ! 当然、天国だか地獄でもだ! こんなことは奇跡と言っていい!
ここであっさりと死んじまったら、お前は一生独り身だ! この子がお前のところに行くときには別の男がそばにいるかもな!
そんなんでいいのか、谷口!」
 とんでもなく酷い言いようだったが、さすがにこれには堪えたらしい。谷口は上半身を上げて俺につかみかかると、
「――嫌だ! 死にたくねー! 助けてくれキョン! 俺は――俺はまだ何も――!」
「ああ、いいぞ。そうやってずっと抗っておけ! 古泉、来てくれ!」
 何とか谷口を奮い立たせることに成功したが、このままだと本当に死んでしまうことは確実。何とか、手当てをしてやらないと。
「今行きます!」
 古泉はしばらく短銃を撃ちまくっていたが、ほどなくして俺のところへやってきた。
「どんな具合ですか? 手当は?」
「出血が酷くて、脈も弱いんだ。とてもじゃないが、血を止められそうにねえ」
「早く医者に診せないとまずいですね……!」
 古泉もお手上げの状態だ。谷口は半べそかきながら、俺に死にたくないと懇願を続けている。
 と、ここで谷口が持っていた無線機から、声が漏れていることに気が付いた。同時に、上空を数機の攻撃機が飛び交い始める。
ようやく来てくれたか! まだ閉鎖空間内だったのによくやってくれるよ。
 古泉は無線機を取り、連絡を取り始める。数回この辺り上空を旋回後、自分たちのいる位置から北側に向けて
爆撃して欲しい。そんな内容だった。恐らく森さんたちに攻撃開始を悟ってもらうために、すぐには攻撃を仕掛けないのだろう。
古泉らしい冷静な配慮だと思った。
 俺は古泉の指示通りに、発煙弾を自分たちのいる場所に置いて、位置を知らせる。
 と、あの黒い化け物たちがかなり近くまで来ていることに気が付き、あわてて銃を撃って奴らを食い止めた。
 無線機から、こちらの場所を確認したと連絡が入る。俺たち3人はそれぞれ頷き、攻撃を要請した。
 その間も次々と奴らが迫ってきていたので、俺と古泉で必死にそれを食い止める。
 
 ふと、脳裏に奴らのことが過ぎった。ハルヒの情報爆発によって何らかの影響をもたらされた人々。
それ自体は別に悪いことでもないし、むしろ巻き込まれたという点から見れば、かわいそうな部類に入るだろう。
 だが、ハルヒに手を出そうとしたのは間違いだ。実際にハルヒのことを調査していたなら、あいつが自分の持っている力について
自覚していないことなんてわかっているはずだからな。理由は知らないが、ハルヒの意思を無視してそれを奪おうとした。
しかも、人間として扱わなく、自分の願望を叶えるための道具として扱おうとした。とても許せる話ではない。
何よりも、俺たちSOS団をバラバラにしようとした。そんなに叶えたい願い事があるなら、
こっちに穏便に接触してくればよかったんだ。最初から暴力的手段に訴えた時点で、お前たちは俺の敵だ! 容赦しねえぞ!
 
 ……やがて、低空で飛ぶ4機の攻撃機が俺たちの前を過ぎるように飛んできた。
 死ぬなよ、森さんたち……!
 
 神でも仏でも何でも良いから祈り続ける俺の目の前を爆弾が投下され、辺り一面大地震のような地鳴りと熱風が吹き荒れる。
 丘や民家一帯にいたあの化け物たちは、次々と爆風と炎に呑まれ、倒れていった。
 
「キョンっ!」
 爆撃が一段落した辺りで、ハルヒの声が聞こえた。振り返ってみれば、朝比奈さんに抱えられたハルヒの姿がある。
 そして、上空からバタバタと大きな音が響き渡ってきた。ヘリが数機、俺たちの上空をかすめて飛んでいる。
 
 ここでようやく気が付いた。空の色が、あの閉鎖空間の灰色ではなく、雲一つ無い青空であることに。
 
 ――俺たちは閉鎖空間を抜けていた。
 
~~エピローグへ~~


|