「・・・・・・・・・・・やっぱりこのままじゃいけないみたいね・・・・・あのときやってさえいれば・・・」

俺たちももう高校二年生になり、桜の花もその役割を終え、新しい季節が

始まりを告げようとしていたとき、SOS団の活動もひと段落ついた学校の帰りの坂道で、ま~たハルヒが妙に気になることを呟いた。

まあ、どうせろくなことじゃないだろうがな。ハルヒのこの無茶な発言にもいいかげん慣れている。 この言い回し・・・・・ろくなもんじゃないってことはわかるぜ。 まあ、もっともこいつがまともなことを言ったことは雀の涙程度しかないがな。 まあ、朝比奈さんの新しいコスプレ衣装に関しては文句なしだがな。

しかし、今回に関してはなにか嫌なー予感ーがするぜ。 少なくとも、いらないのについてくるケータイ電話のストラップくらいろくなもんじゃないな。

で、今度はいったいどんなことを言い出すんだろう・・・・・

思考をめぐらせてみよう。

 

       ①UMA探索

       ②UFOを呼ぶ

       ③地底人探索

       ④GAN○Z部屋に行こう

       ⑤スタ○ド能力が使えるようになったのよアタシ!

       ⑥オ○シロ様の正体を探りましょう!

       ⑦幻○郷に行ってあの貧乏巫女にあいたいわ!

       ⑧聖○戦争に巻き込まれちまったぜ  

       ⑨直○の魔眼を手に入れた

       ⑩左手が鬼になっちゃった

 

・・・ ・・・っと、これくらいかな。あいつが言い出しそうなのは。

しかし、こんな普通に考えるとほぼ100%できないようなことでも、言い出したら最後、飽きるまで暴走し続けるのがこの涼宮ハルヒの得意技だ・・・

ああ、もしかしたら俺、自称ハルヒ心理学者の古泉よりもハルヒの心境がわかるかもしれないぞ。

まあ、もっとも分かりたくもないがな。・・・・・・・おいそこ、嘘だッ!!っとか早くも叫んでるそこのお前、俺は断じて嘘などついておらん。

っていうか、なんで今の俺の考えが嘘と思われるのか知りたいところだ。

てか、俺は誰に向かって話してんだ?俺もそろそろヤバイかな。嘘は谷口の存在だけにして欲しいぜ。

 

・・・・・・・・・・なぁんてことを溜息交じりに考えて、俺は手をやれやれだぜといった具合にしながら、ハルヒに問いかけた。

「どうしたんだハルヒ?このままじゃいけないって・・・・・なにがだ?俺はこのままで十分高校生であるべきLifeを堪能しているがな。なにより朝比奈さんが淹れてくれるお茶はそれはもう言葉では言い表し難い程ウマイし、長門は無口、無表情、無感動の3M(?)だし、古泉は古泉だし、何一つとして困ることや不安はないと思うが?」

それにしても、俺たちももう高校二年生か。しっかし色々あったな。

まぁ、色々ありすぎたわけだが。朝比奈さんはもう3年生かあ・・・・・・

早いものだ・・・・・・・・朝比奈さんは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・3年生・・・・・3年・・・・卒業・・・・・・・・ん?・・・・・・ってちょっと待て!

俺たちよりも早く卒業するとなると、あ、あの極上のお茶・・・別名「天使の涙」(命名俺)が、もう飲めなくなるじゃねえか!!

・・・・・・・・・参ったぜ畜生、思わず声に出しちまったじゃねえか。

ほら、さっき道の角ですれ違った中学生っぽい男の子も、俺のほう見てるよ・・・・・ああ、ハルヒもあきれてモノもいえないみたいだな。

・・・・・・・で、どの部分から声に出ていたのだろうか? このときの俺には知る由もなかった・・・・・・

    ~角川書店 著者キョン『倦怠に満ちた俺の日々』より~ 

 

「・・・・・・あんたもう相当頭が谷口化しちゃったみたいね・・・・・・・・そんなんだからいつまで経っても本名で呼んでもらえないのよっ!

団長の気持ちもわからないようじゃ今後、一生雑用みたいね。 ・・・それはさておき、去年の文化祭のライブ覚えてる?バンド演奏よ。あれ来年の目的とかいって、それからSOS団のライブ活動をちょこっとやっただけじゃない。あの応募して落選したやつ。なんか落選したらさ、もういいや~って思えるようになってね? それっきりやってないじゃない!やっぱり続けるべきなのよ!」

おいおい、バンド演奏ならもういいじゃねえか。それに、俺はもうハルヒの作り出した曲で、あのわけのわからん音符の怪物と戦うのはもういやだぜ?   サウンド・ウォーム(命名俺)だっけか?

まあ、せっかくベースも弾けるといってもいいレベルまで達したわけだし?俺としても、やりたくないなんていったら嘘になるな。そんな心にもないこといったら針千本を飲まされるぜ。

しかし、俺たちももう高校二年生だ。来年は受験だし、二年の成績はかな~り内申に響くんだぜ?

もし、あまりにもできないんで補習!・・・な~んてことになったら、俺はお袋の怒りを買いかねない。

そうなったら最後、バンドはおろかSOS団の活動の参加すら危ういんだぞ。 え~、つまり、大きくまとめると第一に、ハルヒが作った曲にはあのトンデモパワーが宿り、それを聞いたら最後、一生その曲が頭の中で

これ以上聴いたらノイローゼになりかねないぞくらいのリピート状態になる。

第二に、俺たちはもう高校二年生だ。わかる?受験だよぉ~・・・

そういうことだからさ、いいかげんそこんとこ学習しようぜ!ハルヒ!

・・・・・という理由である。 まあ、俺的には後者のほうが大きいかな。

理由としては。 しかし、学習してないのは俺も同じだった。

つかさ、俺が本名で呼ばれないのとさ、そこで谷口の名前が出てくる意味がわからねえ。

「なに言ってんの!SOS団の団員である以上は、好成績を残さないとだめだめよ!補習なんてもってのほかだわ!・・・・・・・・・こりゃあま~たあたしが勉強を教えるしかないようねぇ~♪」

はい、俺の話は全然届いていなかったようだ。ようするにやめて欲しかっただけなのにな。ていうか妙にうれしそうだな~、ハルヒよ。

バカに勉強を教えるのは、ペットに芸を教える感覚と類似したものがあるのだろうか?だとしたら、俺には一生無縁な感覚だな。

「バ、バカッ!ぜんっぜんうれしくなんかないわよっ!このうんこっ!」

わかった。もううんこでいいからさ、ネクタイをこれからカツアゲする不良みたいに引っ張らないでくれよ。

でもまたなんで急にそんなことを思いはじめたんだ?

「ハァハァ・・・・・・ふぅ・・・・それはね、昨日部屋のなかを整理してたらね、ビデオが出てきたのよ。結構古かったわね~。それをさ、なんとなく再生してみたら、昔やってた音楽番組だったのよ。でね、あるバンドの演奏してる姿を見たのよ。 それみたらもういても経ってもいられなくなってね! あれがまたすごいのよ! あの哀愁漂うアルペジオのイントロから始まり、終わったかと思いきや、ここから『静』から『動』!ヴォーカルがね、なんていったかしら・・・・・あ、そう!紅だああああああ!!って叫んだのよ!  そしたらね、そこからはもう疾走感溢れるアップテンポでね~。

ホント、あれ見て思わず身震いしたほどよ! あのバンドの名前なんていったかしら・・・・・・・・たしか・・・・・アルファベットだったような・・・・?

あ、Xなんとかだったわ! 」

 

こいついったいいくつなんだ? XJAPANだろ?そんでもって曲は紅だ。

なんでそんな古いもん見て興奮するんだよ。Xっていや~・・・・・1989年デビューしたんだっけか。 お袋がファンで、嫌というほど話を聞かされたから覚えてる。 紅はデビュー曲だよな。聴いたことはないけど・・・・・

ああ、そういやこいつ、ロックも聴くんだっけか。いつだったか、『マリリン・マンソン』の曲を口ずさんでたっけ・・・・・・・・・・

興奮するのも分かる気がする。

「そう!それよ! XJAPAN!懐かしいわね~♪」

だから、お前一世代古いって。

「なにいってんのよ! 彼らの1番の魅力は、『時代を感じさせない音楽』

よ! 『DAHLIA』や、『ART OF LIFE』なんか、90年代の曲だけど、今の邦楽なんかには感じない凄味があるわ! 全然色褪せてないもの!

あんたも一回聴いてみなさいよ!絶対ハマルって!」

だ~か~ら~、ハルヒよ、俺はもう勉強でいっぱいいっぱいなの。

そんな音楽聴いてる暇なんかないぞ。

「勉強はアタシが見てあげるっていってんでしょうが!人の話は最後まで聞きなさい! アンタの悪い癖よ! ・・・・・・・・!! 思いついたわ・・・・・・・・!!」

嫌なー予感ーがする。またなんかバンドで俺たちを巻き込むつもりだ・・・・・・・・・・。 まあ、それはいいか! ハルヒが見てくれるって言ってくれてるしな。こちらとしてもそれは大いに助かる。巻き込まれてやろうじゃないか。 なんだかんだいって、俺もバンドをやりたいらしいな。 

Xにも興味があるし。・・・・・・で、その思いついたことはなんだ?

 

「前のときは、容姿が普通すぎたからダメだったのよ! 今度からは、あれよ、あれ。ん~っと・・・・・そう! ヴィジュアル系! これしかないわ~。 邦楽でいいのは、ほとんどヴィジュアル系だしね!PIERROTに、LUNASEA、PENICILLIN、Laputa、Dir en grey、ラファエル、プラスティック・トゥリー、CASCADE、陰陽座、Janne Da Arc、ラルクアンシェル、SHAZNA、上海アリス幻○団・・・・・あげたらきりがないわ!」

わかった、わかったからもう言わなくても、いいぞ?

ていうか90年代多いな。ほんとは年ごまかしてんじゃねえのか?・・・・・ていうかさ、ラルクアンシェルをV系呼ばわりしたら、怒って帰っちまうぜ?

それに上海アリス幻○団はヴィジュアル系でもないし、バンドでもねえよ。 それに、前に落ちたやつの応募方法は、デモテープを送ることだったろ? 容姿なんて見えないんだから意味ねえじゃねえか。ああ!つっこみどころが多すぎる!

「細かいところは気にしなくていいの! それもあんたの悪い癖よ!

それに!アタシがV系っていったら、それはもうV系なの!わかった!?

・・・・・で、これからキョンの家にみんなを呼んで邪魔しようと思うんだけど。 どうせ親はいないでしょ? だったら早くいきましょ!もういても経ってもいられないの!」

どうやらこいつの辞書には遠慮という単語は存在していないようだ。ま、別にかまわんが・・・・・・・・いったいなにをしに来るんだ?

「練習よ練習!みんなだいぶうまくなったようだけど、アタシから見たらまだまだよ。みんなが作詞作曲できるようなレベルにならないとね!」

それはレベルが高すぎだろう。思わず溜息が出ちまったじゃねえか。

気づけば、俺たちがいつも分かれる道まで来ていた。 早いもんだな。

「それじゃあ! 準備が整い次第! あんたの家に行くからねっ!ちゃんと片付けておきなさいよ!」

じゃあねと手を振ったハルヒは、そのまま元気良く走り去って行った。

「やれやれだぜ・・・・・・」

思わずだれかのセリフが出ちまった。

俺はこのあと、ハルヒが去っていった道をただボーっと突っ立って眺めていた。 

「そろそろ帰るかな・・・・・」

ハルヒたちが来るので、部屋の片付けを済ませなくちゃならなくなった。やらなかったら死刑っぽいからな、うん。 死刑はやだろ?死刑は。

そして俺は、自分の家に帰るために歩を進め歩き始めた。

これからどんなことになるのかな? なーんてことを考えながらな。

しかし、俺が思っている以上に、大変な出来事に遭遇することは、このときの俺には知る由もなかった・・・・・・・・・・

 

   続く

 

 

 

 

 

 

 

          

  


|