※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『Strawberry Of Shortcake』



ハルヒ「さあクリスマスよ! ケーキよ! みんなで分けましょ!!」
――ハルヒ自らホールのショートケーキを切り分けはじめる。
キョン(……なんか一つだけデカイのは規定事項か?)
ハルヒ「さ!! わけたわよ! みんな、食べましょ!」
キョン(やっぱりお前が最大角を確保か……)
みくる「わぁ~、このケーキすっごく美味しいですね、涼宮さん!」
ハルヒ「当たり前よ。あたしが小さい頃から『ケーキ買うならここの店!』って決めてるくらいだからね! 有希、美味しい?」
長門 「……」(コクリ)
古泉 「さすがは涼宮さんです。生クリームやスポンジもかなり美味ですが、なんといってもやはりこの苺。大きさといい甘さといい絶品ですね」
ハルヒ「そう!! 古泉君、いいところに気が付いたわ!! この苺が食べたくて毎年買っていると言っても過言ではないわね!」
キョン「……お前、苺好きなのか?」
ハルヒ「? そうだけど? なによ?」
キョン「いや、なんもない」

――ハルヒ、一番量があったにも関わらず誰よりも先に平らげる。
ハルヒ「はー美味しかったー!! ホントはもっと食べたい気もするけど」
キョン「十分食べただろ? 太るぞ」
ハルヒ「これくらいで太るわけないじゃない――って、キョン、あんたまだ食べ終わってないの?」
キョン「俺は味わって食べているんだ」
ハルヒ「活きのいいうちに食べなきゃ意味ないでしょ!?」
キョン「それは刺身の理屈――って、ああっ!!」
――ハルヒ、キョンの皿に残っていた苺をひょいっとつまんで自分の口の中に放り込む。
ハルヒ「うーん、やっぱり美味しい!」
みくる「す、涼宮さん、キョン君もしかして苺を最後に味わうためにとっておいてたんじゃ……」
ハルヒ「そんなみみっちいことしてるキョンが悪いのよ!」
キョン「朝比奈さん、いいんですよ。こいつの意地汚さを失念していた俺が悪いんです」
ハルヒ「なんですってー!?」
――ハルヒ、キョンの顔面にケーキの空箱ストライク



――帰り道
古泉 「さっきのはわざとでしょう?」
キョン「なんのことだ?」
古泉 「苺を残していたことですよ」
キョン「俺はお前らが絶賛する苺を楽しみにとっておいただけだ。ハルヒにまんまと取られて至極残念だ」
古泉 「そうですか? 涼宮さんが苺を盗ったとき、僕にはあなたの顔が満足げに見えましたけど」
キョン「気のせいだろ」



キョン(あんな嬉しそうに苺を食べるハルヒが悪いのさ)



──終わり
|