「ま、待って! 待ちなさいよキョン! 手、繋ごうよ!」
「うるさいな。いいから早く帰るぞ」
「手、繋いでくんなきゃあたし帰らないわよ……?」
「そーか。じゃあまた明日な」
「あーもうっ! 冗談だからもう少し優しくしなさいよ! あんたは冷めすぎなのよ!」
「お前はベタベタしすぎだけどな」

 
ツン+デレカップル保守
 



「眠いな」
「あ、じゃあ放課後に屋上で昼寝するわよ!」
「いや、SOS団があるだろ」
「そんなの臨時休業よ! あんたのためなら……」
「みんなに迷惑がかかるだろ。普段通りだ」
「……バカ」
 

ツン+デレカップル保守
 



「……ねぇ」
「どうした?」
「なんでそんなにあたしに冷たいの?」
「…………」
「あたしが告白して、OKしてくれてからずっとよ。あたし何か悪いことした?」
「……いや」
「好きじゃないならフってくれてもよかったのよ?」
「……いや」
「逆に辛いって言ってんの! もういいわよ! 別れ……」
「…………よ」
「え、なに? はっきり言いなさいよ」
「だからな、……だよ」
「聞こえるわけないじゃない。そんな小さい声じゃ」
「な、なんか気恥ずかしいんだよ……」
「…………」
「…………」
「あんた、意外に可愛い部分があるわね……」
 
ツンデレ+デレカップル保守
 

「ほら、早く!」
「言えるか! そんな恥ずかしいこと!」
「あんたが言ったんじゃない。SOS団が発足して2周年だからなんでも言うこと聞くってさ」
「だからってなぁ……」
「あんたが言ってくれたらご褒美あるかもよ?」
「う……い、いや。言わん! 絶対に言わんからな!」
「ちょっと! 逃げるなぁっ!」
 
ツン+デレカップル保守
 

「ふふふ……追い詰めたわよ」
「はぁ……はぁ……。まさか俺の部屋までついて来るとはな……」
「さぁ、言いなさい」
「こ……断る」
「恥ずかしいから?」
「ま、まぁな……」
「あたしと二人きりよ? 恥ずかしがる必要ないじゃない」
「そりゃそうだが……」
「早く! あんたの口から聞きたいの!」
「わ、わかった。わかったから1分間だけ準備の時間をくれ」
「あんた……ほんとに可愛いわね。その可愛さに免じて1分間だけ待ったげる」
「ふぅ……やれやれ」
 
ツンデレカップル保守
 

「時間よ」
「…………」
「早く」
「……だ。…………だぞ、ハルヒ」
「大事な部分が聞こえてなーいっ!」
「さ、最初で最後だからな?」
「うん。だからちゃんと気持ちを込めて言いなさいよ」
「コホン。……好きだ。大好きだぞ、ハルヒ」
「……ふふ。ありがと。ご褒美!」
「ばっ……! 離せっ! 離せって!」
「……ごめん。大好き」
「おま……なんでだ?」
「ただのうれし泣きよ。2年越しの片思いだったんだから……」
「……制服が濡れちまう」
「相変わらず冷たいわね……」
 
ツンデレカップル保守
 

「……ご褒美おわり」
「確かに受け取った」
「さーてっ! 帰ろっかな!」
「え、帰るのか?」
「……いいの?」
「なにがだ? 帰るのかって聞いただけ……」
「泊まっていいのね!? ありがとっ! やっぱり大好き!」
「そういうことか! ぬおっ! 離れろ!」
 
ツンデレカップル保守
だんだんタイトルとかけ離れてきたww
 

「さ、寝よーっと」
「おう。おやすみ」
「…………」
「…………」
「ねぇ、なんであんたは床なのよ」
「一緒の布団で寝れるわけないだろ」
「あたしは気にしないわよ。むしろ来なさい」
「俺は気にする。早く寝ろ」
「じゃあ……来てください」
「嫌だ」
「……冷たいのね」
「よく言われる」
「じゃああたしが行くっ!」
「だーっ! 暑苦しい、離れろっ!」
「冷めてるあんたにはこれくらいでちょうどいいのよっ!」
 
ツンデレカップル保守
 

「おい、ハルヒ。起きろ。大事件だ」
「な、なに? どうしたの? 恐い夢でも見たならあたしが慰めてあげるわよ」
「俺はどこのガキだ」
「……冗談だってば」
「いいか。神のお告げを聞いたんだ」
「ちょっと! それは大事件じゃない! なんて言ってたの!?」
「もっと彼女に優しくしろ、と。他人が呆れるくらいに仲良くしろ、とさ」
「や、やけに変な考えを持つ神様ね……」
「俺は無神論者だが、たまには信じてみるのもいい気がしてきた」
「へぇ……。あんたがねぇ……」
「というわけでベッドを半分開けろ。そこに寝るから」
「よ、よ、よ……」
「よ?」
「喜んで! 早く、早く来なさいバカキョン!」
 
ツンデレ→バカップル移行保守
 

「ふん。諦めろ。神のお告げを聞いた俺は今や無敵だ」
「うるさい! 行くわよ、じゃーんけーんぽん!」
「また勝ったな」
「うそ……。5連敗なんて……」
「これで5連勝だからな。罰ゲームだ」
「何させる気よ! 変態エロキョン!」
「そうだな……じゃあしばらくの間、がさつな言葉遣いは禁止な」
「な……えっ? どういうことよ!」
「だからそういう言葉遣いが禁止だって」
「わ、わかりましたですわ!」
 

バカップル保守
 



「ハルヒ」
「なに……でございましょう」
「変な言葉遣いだな」
「あ、あんたがしろって言ったんでしょ!」
「お前、いつから俺の言うことを全部聞くようになったんだよ。お前らしいままでいろよな」
「キョン……。わかったわ。あたしらしいあたしね。……つまりこういうことっ!」
「バカ! 暑苦しい、離れろ!」
「あんたのいうことを全部聞くわけ無いじゃない! ん~、しあわせ!」
「失敗したな……やれやれ」
 
バカップル保守
 

「あんた、ウソみたいにキャラ変わったわね」
「恥ずかしい、って感じが無くなっただけだろう? なんなら元に戻ろうか?」
「あーダメダメ。あんたは今のままがいい!」
「そっか。だけどな、ハルヒ」
「なによ」
「俺を抱き枕代わりに使うのはやめろ。寝返りすらうてないから」
「……おやすみ~」
「おい」
 
バカップル保守
 

「…………」
「……うおっ!」
「すー……すー……」
「……やべぇ、天使に見えた」
「すー……すー……」
「まぁ、俺の天使には間違いないけどな」
 
バカップル保守
 

「うふふふふ~」
「起きたと思ったらいきなりなんだ? 気持ち悪いな」
「『やべぇ、天使に見えた』……うふふふふ!」
「おい。まさか……」
「『まぁ、俺の天使には間違いないけどな』……んふふふふ! しあわせっ!」
「……死にてぇ」
 
バカップル保守
 



「キョーン。こっち向いて?」
「なんだ……んむっ!?」
「うふふ。天使のキス~。うれしいでしょ!」
「お前な……。わかった。なんなら悪魔のキスでもくれてやろうか?」
「んむっ? ん……んむ……ん~! ん~!」
「……ふぅ」
「はぁ……はぁ……。あんたの舌の動き……ヤバいわよ。というかキモい」
「言ったろ。悪魔のキスだって。俺はサクランボのアレを舌で結べるからな」
「関係あるの?」
「知らん」
 
バカップル保守
 

「……足」
「…………」
「脇?」
「んっ……やめなさい」
「脇腹か」
「ちょ……あははは! やめ、やめあははは!」
「首筋……」
「ん……やめ、てぇ……」
「尻とか?」
「…………」
「じゃあ胸……」
「調子に乗るなっ!」
「いてっ!」
 
バカップル保守
 

「足」
「ば、バカ。やめ……くくく……」
「脇?」
「くくく……やめろハルヒ……」
「脇腹ね」
「あははは! やめろって言って……ははははは!」
「……股間?」
「……っておい。調子に乗るな」
「あたしの胸タッチと交換でどう?」
「……しょうがないな。どうしてもって言うならそれでいいぞ」
「あんたやっぱりエロキョンね」
「お前だってエロハルヒだろ」
「「…………」」
「布団の中でコッソリな」
「……うん」
 
バカップル保守

 



「『あっ……ダメ。やめてよ……いやっ!』」
「…………」
「『変態ぃ……気持ちいいよぉ……』」
「…………」
「『も、ダメ……キョン……最後まで……』」
「ハルヒ」
「……な、なに?」
「俺のエロ本を音読するな。名前まで変換しやがって」
「音読するなって……立っちゃうから?」
「……まぁな」
 
バカップル保守
 

「ハルヒ」
「なによ」
「お前のこと大好きだから頼みがある」
「なになに? なーんでもきいたげるっ!」
「弱気なお前を見てみたいよな。謝ってる姿とか」
「いいけど……ほんとにあたしのこと大好き? やったらキスしてくれる?」
「本当に大好きだ。だからいいぞ。約束してやる」
「うん。それならしてあげる……」
 
バカップル保守
 

「キョン……」
「どうした?」
「あたし、もうダメ……。ダメなのよ」
「なんだよ。どうしたんだ?」
「もうダメ。ごめん。ごめんね、キョン。……ごめん、大好き。愛してる。ごめん……」
「…………」
「こんな感じでい……あいたっ!」
「もう大好きだ! 絶対離さないからなっ!」
「ちょっと! 約束が違うっ! キスは……」
「大好きだからしばらくこのままでいさせろ!」
「……ま、いっか」
 
バカップル保守
 

「……涼宮キヨハル」
「誰だ?」
「あれ……ハルキヨかな?」
「だから誰なんだ。従兄弟か?」
「んーん。あたしとあんたのこども。『キョン』と『ハルヒ』から半分ずつ取るのよ」
「涼宮ってお前の方の名字じゃねーか。いや、そもそも俺は本名じゃないのか」
「あんたはずっと『キョン』よ。っていうか婿養子に決まってるじゃない。なんで涼宮人口を減らさなくちゃいけないのよ」
「……勝手な奴だな。今に始まったことじゃないが」
「うるさい! これは決定事項なの!」
「わかった。しかしだな、こどもを作るには行為が必要なんだぞ。今から練習するか?」
「あ……ちょっと、ジリジリ寄って来ないでよ。わかった、今の決定は無しにしてあげるから……ね?」
「いや、冗談だが。お前でも逃げ腰になったりするんだな」
「く……ば、バカっ!」
 
バカップル保守

 



「はぁ……」
「どうした?」
「キョンと一つになりたいって思うけど恥ずかしくて出来ないのよね」
「恥ずかしい、ねぇ……」
「だから一つになるちょっと前のこういうことしちゃうのよね……ちゅっ」
「ちょっと苦しいな。少し抱く力を緩めてくれ」
「はぁ……しあわせなのになぁ……」
「じゃあ別にいいだろ」
 
バカップル保守

 



「遊びに行くわよ!」
「いきなりだな。どこにだ?」
「えーと……とりあえずビリヤードがいいわね。あとはカラオケ!」
「……別にいいが。じゃあ準備するから待ってろ」
「(実は普通のデートがしたいってはっきりは言えないわよね……)」
 
バカップル保守
 

「あー楽しかった!」
「そりゃよかった」
「また行くわよ!」
「……普通のデートにか?」
「そ、そうよ」
「別にいいが、お前SOS団のこと忘れちゃいないよな? 俺はあいつらとの時間も大切にしたい」
「…………」
「わかるだろ? おま……」
「わかんないわよ、バカ! あたしの気持ちを知らないくせに! じゃあ今すぐみんなの所にでも行ってなさいよ!」
「あ、ちょっと待て! 怒らせるつもりは無かったんだけどな……」
 
バカップル保守
 

「キョンのバカ……。あたしはずっと一緒に居たいだけなのに……メール? バカキョンからだわ」
「『今、家だろ』」
「……『違うわよ』っと」
「『お前の考えてることくらいわかるぞ』」
「『あんたエスパー? それなら許したげる』送信っと。あーあ、キョンには結局返事返しちゃうのよね……」
「『違うが、それに近いことはできるぞ。3、2、1……』」
「何言ってんの? やっぱりバカ……うひゃっ!」
「不用心だな。誰もいないなら鍵くらいかけろ」
「ああああんた、いつの間に!?」
「いや、今だろう」
 
バカップル保守
 

「俺が言いたかったのはな……って聞け」
「いやよ。傷つきたく無いもん」
「じゃあ無理矢理聞かせる」
「あ、ちょっと! 手を離しなさい!」
「お前とは一生一緒にいるから、あいつらとの時間も大切にしたい」
「一生……? バカじゃない? そんなに先のことがわかるわけ無いじゃない」
「いや、わかる。ほれ」
「ゆ、指輪? あんた何を勝手に付けてんのよ!」
「3000円の安物で悪いな」
「…………」
「うれしいのか? 感激で目が潤んでるぞ」
「……うん。うれしい」
「うおっ! その反応じゃ張り合いないぞ!」
 
バカップル保守
 

「うん。わかったわ。やっぱりみんなとの時間も大切にするわ」
「そうしてくれ」
「でも一番大切なのはあんたとの時間」
「当たり前だ」
「だから一日10分以上はあたしを抱き締めて、15回以上はキスすること!」
「おい。ちょっと待て」
「……ダメ? あんたと会える限られた時間を大切にしたいのに……」
「うっ……」
「ダメならいいわ。どーせ口約束なのよ。たぶんあたしは孤独に生きて行くんだわ」
「あーわかったわかった! なんでもしてやる!」
「あら、そう? だからキョン大好き!」
「泣いてないとわかってる泣き落としにひっかかる俺って……やれやれ」
 
バカップル保守
 

「キョン、会いに来てあげたわよ~」
「ハルヒ……まだ10時だぞ。日曜くらいゆっくり寝かせてくれ……」
「何言ってんのよ! 早く起きなさ……わっ! ん……ん~……」
「キス1回な。んで抱き締めてるから動くなよ……」
「う、うん。動かないわ(キョンって意外に大胆なのね……ドキドキしちゃったわ)」
「すー……すー……」
 
バカップル保守
 

「あの~……」
「すー……すー……」
「もしも~し」
「ん……ちゅっ……7回目な……」
「あ、うん……」
「すー……すー……」
「しあわせだけど……しあわせだけど……はぁ……」
 
バカップル保守
 

「あー、よく寝た」
「お・は・よ・う! バカキョン!」
「なに怒ってんだよ。キスだって15回したし、2時間も抱いてたんだぞ」
「愛がこもってないの! あんたが寝たかっただけじゃない!」
「ん~……まぁな」
「わかったら愛を込めて抱き締めなさい!」
「ほい」
「次は愛を込めてキス!」
「ほいほい。……ちゅっ」
「最後は愛を込めてなんか言いなさい!」
「ヤバいくらい大好きだ。ハルヒ」
「……あたしも」
 
バカップル保守


|