「さよなら」
 声に出した言葉は、二度と元には戻らない。

 この桜は、誰を祝福するわけでもない。
 わたしは、ただ坂道を登る。
 誰も待っていない坂道を登る。

 高校の制服をハンガーにかけたとき、もうこれを着ることはないのだと、自分に言い聞かせた。
 特別な思い出が、そういくつもあるわけではないのに。
 なぜだかその日、わたしは泣いた。

 桜が舞い散る坂道は、いつにも増して長い。
 そこに誰も待っていないのに、わたしはまだ登り続ける。

 いつか、わたしはここを同じように登っていた。
 息を切らせて、歩きなのに、鼓動を速めて。

 思い出して、苦しくなる。
 今でもずっと、せつなくなる。


「じゃぁな。またいつか会おうぜ」

 そう言って彼は手を振った。わたしも倣って振り返した。
 春のにおいが、鼻をかすめていった。

 それはほんの、ひと月まえ。

 けれど、時間は元には戻らない。
 あの日の言葉と一緒、二度と元には戻らない。

 また、胸が静かに声をあげる。
 まだ、聞こえている声がある。

 でも、もう叶いはしないのだ。
 わたしは、彼に別れを言ってしまったのだから。

 最後まで何にも言えないわたしに、最後まで彼は笑顔だった。

 そうしてわたしたちは手を振った。


「さよなら」
 声に出した言葉は、二度と元には戻らない。

 わたしは、ひとりで坂道を登る。
 誰も待っていない坂道を――。


|