長門有希の人望?


【『涼宮ハルヒの分裂』最終ページ以降】
 長門有希の家に急行するSOS団一同。そこで彼らが見たものは……!!


「有希! 具合はどう!?」
 『鍵は開いている』とインターホンで言われ、ノックもせずに扉を開け放った涼宮ハルヒは、ずかずかと奥へ向かう。
「おいハルヒ、長門は病人だぞ? もうちょっと静かにだな……」
 ハルヒに追いついたキョンは絶句する。ハルヒは立ち尽くしていたのだ、眼前の光景に。
 ――恐ろしく量の多い真っ黒なモップが、そこにあった。
「――――」
「なんで、お前が、ここにいる?」
 違った。周防九曜が、そこにいた。
「――――看病――――」
 枕元に正座した九曜が、身体を起こした有希にお粥を食べさせていた。
「――ふー、ふー――――あーん――――」
「あーん……」
「おいしい――――?」
「……薄く効かせた昆布茶が絶妙。おいしい。」
「――――あなたの――――声は――――綺麗ね――――」
「……そう。」
 無表情にお粥を食べさせられている有希の顔を逆に向ける手。
「長門さんの世話役はわたしです。部外者は手出し無用に願いたいですね。」
 喜緑江美里がわかめうどんを構えていた。
「ふー、ふー。はい、長門さん、あーん。」
「あーん……」
「おいしいですか?」
「……わかめととろろ昆布の配分が絶妙。おいしい。」
「わたしの得意料理ですから。配分も試行錯誤の成果です。」
 穏やかな表情ながら、勝ち誇った目で九曜を見やる江美里。
「――ふー、ふー。」
 有希の世話焼きバトルは続く。
(今のわたしは……両手に花……)
あのー、長門さん? 熱のせいか、思考が変ですよ?
(今のは妄言。忘れて。)
「あら、わたしのことを忘れてもらっては困るわ。長門さんの世話はわたしが見ることと決まってるんだから。」
 その声を聞き、キョンの背筋に冷たいものが走った。振り返ると、朝倉涼子が土鍋を持って立っていた。
 涼子はそのまま有希の枕元に歩み寄ると、土鍋の蓋を開けた。土鍋の中身はおでん。厚揚げ、大根、卵……
「ふー、ふー。はい、長門さん、あーん。」
「……あーん。」
「おいしい?」
「……大根の隠し包丁が絶妙。味が染みている。おいしい。」
「よかった。」
 心底幸せそうな笑顔で、有希を見つめる涼子。
「――ふー、ふー。」
「ふー、ふー。」
「ふー、ふー。」
『はい、あーん。』
「……あーん。」


「……有希、女のコにモテモテね。」
 ハルヒと朝比奈みくるは、眼前の光景に圧倒されていた。
「有希ったら、いつも通りの無表情のはずなのに、なんか、こう、雰囲気が違うのよね。」
「長門さん、何だか嬉しそうに見えます……」
「あんな雰囲気の有希、見たことないわ。……何なのかしら、この『敗北感』は。」
「……長門さんを取られちゃったから、ですか?」
「……かもね。あたしの前では、あんな雰囲気、見せてくれないし……」
「……涼宮さん、もしかして妬いてます?」
「ちょ! なんてこと言うのよ、みくるちゃん!」
「ふふふ、顔真っ赤ですよ?」
「むぐぐぐ……」
 みくるはクスクスと笑いながら、
「でも、すごく様になってますよね、長門さん。女の子を周りに侍らしてる姿が。」
「有希って、基本、儚げな少女なんだけど、横顔とか凛々しいのよね。隣町の歌劇団の男役とか似合いそう。」
「かっちりしたスーツとか、男物の服が似合いそうですよね。」
「なぁに、みくるちゃん。もしかして有希にお姫様抱っことかされたいわけ?」
「ふえぇぇっ!? ち、違いますぅ~。」
 ハルヒはおもむろに、みくるに抱き付いた。
「わっ、わっ、す、涼宮さん!?」
「……勘違いしないでよね。別に、急に寂しくなったとかそんなんじゃないんだから。何となくこうしたくなっただけなんだからね。」
(急に人恋しくなったんですね、涼宮さん……)


 有希は、3人から食べさせられるものを全て平らげた。
「――食後は――寝る……」
 九曜が有希の身体を横たえながら、膝枕に誘う。
「栄養補給と十分な休息が肝要です。」
 更に江美里が有希に腕枕をする。
「良い夢見てね。」
 そして涼子が添い寝をする。
「……って、何ちゃっかり、膝枕と腕枕も堪能してるんですか、あなたは。」
「――おいしい――ところを――持っていかれた……」
 江美里と九曜から突っ込まれる涼子。
「役得、役得♪」
 九曜の膝枕と、江美里の腕枕の感触を堪能しつつ、有希の髪を撫でる涼子。
「撫でられるのは……嫌いじゃない。」


「みくるちゃんの髪は、ふわふわよね~。」
「あひぃん……髪を撫でながら、耳元で囁かないでくださいぃ~。」


「……とりあえず、容態は大丈夫そうだな。」
「そのようですね。」
 キョンと古泉一樹は、顔を見合わせた。いちゃつく宇宙人娘達と、その様子に触発されたのか、やたらと密着する現代人×未来人の光景に当てられていた。
「いやはや、長門さん有事の際は、誰も彼もがこうして集って、世話を焼こうという気になるのですね。これもある意味、長門さんの人望の厚さの現れと言えるかもしれません。」
「……なあ、古泉。帰って良いか?」
「そうですね。僕らにできることは、何もなさそうです。」
 2人は揃って肩をすくめた。
『やれやれ。』


|