暑い。気温が30度を超えている真夏日。俺は1人部室でへばっていた。
それにしてもハルヒ以外急用とはな。朝比奈さんを見て少しでも安らぎを得たかったのだが。

「遅れてゴッメーン!…って、あら?キョンだけ?」

「見りゃ分かるだろうよ。他の3人は用事があるらしい」

3人も欠席じゃやることもないだろう。さっさと帰って涼みたいぜ。

「ふーん。じゃあしょうがないわね」

そういって机に座りパソコンをいじりだすハルヒ。

「ちょっと待て、今日はなにも出来んだろう?なら解散でもいいんじゃないか?」

「なによ?あんたは全員揃ってないと何も出来ないわけ?」

「そういうわけじゃないが…」

「だったら掃除でもなんでもしてなさい!」

ったく、何だって言うんだよ。
俺はあまりの暑さとハルヒの理不尽さに頭にきて、わけの分からない嘘をついてしまった。


「………ハルヒ」

「なによ?」

「実は俺………病気なんだ」

「…え?」

「………」

「な、なに言ってるのよ!嘘をつくならもっとマシな嘘をつきなさいよ!」

「……………」

俺は悲しそうな顔を作り、ずっと黙っていた。
ハルヒは驚きと悲しみを足して2倍にしたような顔で俺を見ている。
どうやら信じているようだ。あともう一息でドッキリ成功だ。

「び、病気って……ひどいの?」

「………あぁ。今の医学じゃ治らないらしい」

うむ。我ながら迫真の演技だな。さて、そろそろ病名を言ってだな──

「………うぅ…グスッ……ふえぇぇ…キョン、嫌よ…そんなのぉ、キョン…」

ハルヒはポロポロと涙を流し俺に抱きついてきた。

あ~、これは想定の範囲外だ。なんかネタばらし出来ない空気だな。

「…なんて病気なの?」

へ?

「…病気なんか…あたしが何とかしてあげる。…あたしがキョンを助けるんだから!」

どうする?いや、後が恐ろしいがこれ以上騙すのも危険だ。
俺は用意していた病名を告白した。

「………可愛い女の子にキスされないと死んじゃう病だ」

そんな病気があるわけは無い。しかし俺は死んでしまうかもしれんな。

「………そんな…病気があるの?」

は?

ハルヒの目は真剣そのものだ。

「………あたしなら平気よね?」

ハルヒは小さい声でつぶやいた。何が平気なんだ?

「………キョン、あたしが助けてあげるからね」

ハルヒはそう言って俺にキスをした。

「ハルヒ………」

「………治った?」

俺はとんでもないことをしたんじゃないか?
今ネタばらしをすれば確実に殺されるだろう。
しかしいつまでも嘘を突き通せるもんじゃない。

グッバイ、俺の人生。

「…嘘なんだ」

「…え?」

「…その、病気とか全部嘘だったんだ。スマン」

「………な、ななな」

「こらぁ~!!キョンっ!!!!」

ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。

「うっ!」

突然ハルヒが胸を押さえて倒れてしまった。

「ハルヒ!どうした!?」

俺は急いでハルヒの元へ駆け寄った。
ぐったりしているハルヒを抱き起こす。
呼吸は乱れとても苦しそうだ。

「待ってろ!今救急車を──」

ハルヒは俺のネクタイを掴み、救急車を呼びにいこうとした俺を止めた。

「ハルヒ?」

「はぁ、はぁっ、キョ、キョン。救急車は呼ばなくて…いいわ」

「バカ!そんなわけにいくかよ!」

「………いいから聞いて」

「………あぁ」

「あたしが死んだら…はぁ、はぁ…団長は…あんたがやりなさい」

「な、なに死ぬとか言ってるんだよ!?」

「あ、あたしね……みんなには黙ってたけど……持病が…あるの」

「………嘘…だろ?」

「だからね、あんたがさっき病気だって言ったとき、他人事だとは思えなくて」

「ハルヒ……」

「で、でも…死ぬ前に…いい思い出が出来たわ。
あたしの…ファーストキス…なんだからね」

「俺…最低だな。あんなくだらない嘘ついちまって…」

「…あたしは…キョンとキスできて…幸せ」

ハ…ルヒ

「…今まで…迷惑かけてゴメンネ。あたし…キョンに会えて幸せよ」

「……ハルヒっ!俺も…お前に会えて幸せだった」

「…最期に…聞いて」

「…なんだ?」



「あたしの病名は……好きな人にキスされないと死んじゃう病なの」

おしまい。

|