俺は最近よく夢を見る。
普通、夢ってのは起き立てのころははっきり覚えていて、いい夢ならずっと覚えていよう、悪い夢なら
すぐに忘れようと思ってしまうわけだが、いい夢だろうがなんだろうが、基本的に数時間経つとアウトライン
すらはっきりせず、一日も経ると夢を見たことすら忘れてしまう。
でも、最近俺が見る夢は違うんだ。
ずっと覚えている。何故か。

内容は俺にも良くわからない。
ただ、目の前に焦土と化した大地があるだけの夢。

歩いて何処かにいくわけでもなく、かといって何かを考えるわけでもなく、
ただ、焦土と化した大地を眺めているだけの夢。

そこには俺以外の誰も介在しない。
ただ、俺と赤茶げた大地だけが在る夢。

唯一聴覚のみ開け、耳は悲しげな歌を拾う。
どんな歌かは判らないが、心の底から震えてしまうほど悲しげな歌が流れる夢。

夢は必ず覚めるもの。
だが、その夢だけは、何処か現実的で、覚める気配が全くしそうに無い夢。

・・・とはいいつつも、やはり夢なので覚める。
奇妙な虚脱感に襲われながら。

まぁ、変な夢を見ようが世界はいまだハルヒ中心に回りやがる、そんな日々。

 

 

Sing in Silence

~涼宮ハルヒの融合~

 

気がつけば2年生になってしまっていた究極凡人にして、
名前はあるが誰も本名で呼んでくれない悲しき高校生こと俺、キョンである。
SOS団なる恐らくこの都市、いやこの世界一奇妙かとも思われる学校非公認団体は、
某超能力者団体の息がかかる「自称」悪の生徒会会長からの圧力を受けたり、
SOS団並に奇妙な団体から事実上の宣戦布告をされたりしながらも、結成二年目に入ろうとしている。
俺やハルヒを含めて皆この一年で色々と変わった。多分最も変わったのは俺だろうが、誰も褒めてくれなどはしない。
まぁ、褒めてくれたところでどうなるわけでもないけどな。

残念ながら、この学び舎は一年の間に変化を遂げることは出来なかった。
来るべき夏に備えてクーラーを取り付ける気配も無ければ、誰かが扇風機を持ってくるような気配も無い。
そして、俺の後ろの席がハルヒ以外の誰かになることも、この一年の間遂に無かった。
ハルヒのトンデモ能力の所為なんだろうが、迷惑極まりないぜ。
そんな人に迷惑をかけることだけを考える生命体こと涼宮ハルヒは、俺の後ろの席でなにやら鼻歌を歌いながらノートに書きなぐっている。
授業中なら教師からの叱責等が必要になってくるだろうが、放課後なので特に俺も気にしない。いつもの事だしな。
「何描いてるんだ?ハルヒ」
なにやらどこぞの前衛ファッションデザイナーが書くような、一歩間違えばセクハラ、いや猥褻物陳列罪で検挙されてもおかしくないようなデザインの服を書きなぐっていた。
いやはや、絵心だけは人一倍、いや二倍はあるようだな。
「ナース服やメイド服とかだけじゃ飽き飽きしない?結成二年目に入ったことだし、みくるちゃんにはあたしプレゼンツな服でも着せようかな、と思ってさ」
やめとけ。そんなもの着せて朝比奈さんをうろつかせて見ろ。退学どころの話じゃなくなる。全国紙沙汰になるぜ。
「そりゃそうだけどさぁ・・・」
一年でちょっとは良識を持ったかに思われたハルヒだが、俺の見当違いだったみたいだな。
ハルヒはハルヒだ。まぁいざとなったら俺と長門と古泉でとめてやるから、好きにしてろ。

 

 

「ねえキョン」
何だ。
「あんた、何か願いってある?」
「何だ唐突に」
「あんたみたいな凡人だって、願いのひとつやふたつあるでしょ?」
ハルヒがこのまま何もやらかさず、まっとうに人生を送ってくれればそれでいいんだが、んな事言えるはずも無く
「・・・金塊、いや最もキロ単価の高いレアメタル塊でもいい。そんなのが家の庭から見つかれば良いな、とかなら」
「そんなの掘れば出てくるでしょ。もっとデッカイ願いを持ちなさい、デッカイのを!」
掘っても出てこないから言ってるんだろうが。そもそもデッカイ願いってなんだよ。
「そうね。反地球が実際に現れるとか、火星に突如として文明が興るとか・・・」
やめてくれ。宇宙戦争に発展しかねん。
「何よ。自分ひとりの事しか考えられないようなヤツに言われたくはないわ」
へいへい。
「まぁ、実際に現れたら現れたで困っちゃうだろうとは思うけどね」
「だな。だから、そういうのは『願い』じゃなくてあくまで『妄想』として片付けておくことをお勧めするぜ」
「あんたも人のこと言えないわよ」
違いないな。
「ともかく、あたしはみくるちゃんの衣装デザインに専念するから、あんたは先に部室にでも行ってなさい」
「了解した」
と生返事を返しつつも、俺は先刻のカバンおよび机の中身の大掃除によって生まれた不要不急書類(といっても小テスト類だが)の整理作業が残っていた。
ゴミ箱に突っ込むわけにも行かないので、簡単に整理することにした。

俺は小テストの結果を見返しながらため息を漏らし、後ろでハルヒはStratovariusのPapillonボーイソプラノパートを
口ずさみながらノリノリでカキカキしている。少しはその元気を俺に分けて欲しいもんだが。
気配だけだと、小学校にも上がらないくらいのガキがクレヨンでキャラクターを書きなぐっているような感じだ。
中身はガキ同然というか、体は大人、頭脳も大人、ただ精神構造のみ子供な迷団長様、絵を描くならもうちょっと静かに
描いてくださいませんか?とか脳内で文句を言いつつも、不要不急書類の分別に徹していた俺。
唐突にシャーペンの音と歌声が消えたが、まあ飽きたんだろうと思いつつしばらく作業を続けていたが、
それにしても物音がしなさ過ぎる。
まさかと思って後ろを振り向いた。
 
 
ハルヒが居なかった。
広げてあったであろうノートや筆記用具類、果てはカバンまで無く、その状態からもう部室にいっちまったのかと思ったが、
あのやかましい女が物音ひとつ立てずに俺の後ろから消え去る、なんてことがあるだろうか、としばらく思案をめぐらすも、
まあたまにはあるだろう。ひとまずそういうことにしておいた。
と言うわけで俺も早々に机のものを片付けて、いつもの様に部室棟へと行き、
いつもの様に部室のドアをノックしたわけだが、返事は無い。
あの可憐な上級生はいらっしゃらないのか?と思いつつ下着姿の朝比奈さんを拝めたらいいなぁとかも思いながら
ゆっくりとドアを開けると

「まっていた」
俺が人の気配に気がつく前に、冷涼とした声が俺の耳に届いた。
長門だ。ハルヒは居ない。帰りやがったのか?
ともかく、長門が自分から話しかけて来るなんて珍しい。何か問題が発生したんだろうとは思うが。もう慣れたぜ。
「どうした?またハルヒが何かやらかそうとしてんのか?」
窓際のパイプ椅子に腰掛けていた長門は、読んでいた分厚いハードカバー本をパタンと閉じ
「この時間平面上の情報が一部欠損、もしくは完全に置き換わっている。涼宮ハルヒ、朝比奈みくるがこの時間平面上から消失した。原因は不明」
えらくとんでもない事言ってくれるじゃないか。
「どういうことだ?」
カバンをひとまず机の上に投げ捨て、長門の前に行こうとする・・・が、なんだか様子がおかしい。
目の前に居て、実際に俺と話もしているのに『存在感』が一切無いんだ。
・・・おまけに半透明だ。
「不明。私のエラーに起因する問題でないことだけは確か。それ以外は不明。私自身の存在確率維持も危うい状態。あなただけが頼り」
心なしか悲しそうな色を目に浮かべながら
「お前も消えちまうのか?」
「もうじき消える。全インターフェースおよび情報統合思念体とのコンタクトが不能―――――今すぐ、鶴屋家へ。鍵が見つかる――」
「長門っ!!」
あっという間だった。長門の声に一瞬ノイズ入ったかと思うと、次の瞬間音も無く長門は微粒子に帰した。
まるで雪が待っているように、長門を構成していたであろう微粒子が空間を漂っていたが、俺が放心している間に、いつの間にか消えちまった。
鶴屋家・・・って鶴屋さんの家だよな?鍵って何だよ。
だが、長門が行けっていうのだから、行くほかあるまい。
 
 
 
とにかく急ぐべし。何故か校門前に止まっていたガチホモマッガーレ印の
黒塗りタクシーに飛び乗って鶴屋家の前にやってきた。
恩に着るぜ古泉。
だが、ここからどうすればいいんだろうか。例によって入ろうにも門戸は硬く閉ざされているし、
インターホンを押すのも憚られる。だって、鶴屋家に来た理由が理由だからな。
話のわかる相手がインターホンに出てくれるとは限らないし。
うーん。この重いかんぬきのかかる門が自動ドアなら良いのにとか思っていたら、
ギィ、と音を立てて開いた。
鶴屋さんの話だと、インターホンだけじゃなくて監視カメラもついてるらしいから、
俺が門の前でうろちょろしてるのみて怪しまれたか。それとも鶴屋さんが助け舟を出
してくれたか。
「どうぞお入りください」
少なくとも、両方違ったようだ。おそらく鶴屋家の使用人か何かであろう女性が
が開いた門から出てきた。
こちらの用件など聞かずに付いてくるよう促した女性に、ひとまず付いて行く事にし
た俺は、例によって広い庭を抜け、これまた広い玄関をくぐり、長い廊下を歩き、客
間らしき広い和室へと通された。

意外にも、そこには先客が居た。
鶴屋さん?朝比奈さん?ハルヒか長門?古泉?いや、それら誰とも似つかない、年のこ
ろ20中盤と言う感じの男が。
古泉に見習わせたいくらいの全く嫌味の無い笑顔で
「君か。常々話は聞いている。ま、そこに座ってくれると有難い」
と、男は自身の目の前に置かれた座布団を指した。
 
 
座ると、俺はまず男を精査すべく、失礼にならない範囲でまじまじと見つめた。
ダークスーツにネクタイ、タイピン。胸ポケットにはサングラスも入っているよう
だ。いわゆる「メン・イン・ブラック」のようにも見える。
「さて、最初は世間話でもしてお互いを良く知るのが、初対面同士が打ち解けるきっかけになると
誰かさんは言ったが、悠長にそんなことやるような時間的余裕も心的余裕も無いはずだ。早速本題に入ろう。
まず、君は俺にいくつか聞きたいことがあるはずだ」
早速お見通し、ってヤツか。
まず、何を聞こうか。3人が消えたこと、長門から鶴屋家に行けと指示された理由、それから・・・
「あなたは誰です?」
俺、いやSOS団の全てを知っている気がする。この男は。違いませんか?
「ご名答。君が、いやSOS団員各々が知りうる全ての情報を知っているつもりだよ、俺は」
宇宙人、未来人、超能力者、別な勢力の宇宙人、別な勢力の未来人、別な勢力の超能
力者と会ってきて、まだ遭遇していないものといえば異世界人だが、大概のことを知っているとなると少々違うものかもしれない。
「私は・・・そうだな。シュルツと名乗っておこう。何、固有名詞ほど往々にして不確かなものは無い。
少なくとも、我々にとってはね。時と場合、場所において使い分けていくものだ
―――と、んなことはまあいい。君は、俺を何だと思ってる?
さしずめ異世界人か何かと思ったけど、何か違う、みたいなツラしてるけどさ」
そうだ、その通り。もしかしたらこの人、俺の心でも読んでるのか?
「我々は表情から心を読み取る程度の読心術を身につけてはいるが、流石に人の心を全て見透かすような高度な技を会得しては居ない」
「読んでるじゃないですか」
「まぁ、それくらい誰にだってできる。君だって、ある程度長門君や朝比奈君、そして涼宮君の心中を察することぐらいはできるだろう?」
それは一年間の努力の賜物ってもんだ。
「・・・まぁ、そうだな。ま、こんな話を続けていても不毛だ。そろそろ俺の正体を
明かしておく」
シュルツ氏は使用人さんが用意してくれたお茶を一口くちに含んで一間置くと、
「俺は外宇宙人・・・とでも言おうか」

あの時と同じように、世界は停止したかに思われた。
 
 
ずずっ、と氏がお茶をすする音だけが良く響く。
俺は悠長にお茶を啜るほど心に余裕は無かった。
そもそもなんだよ外宇宙人ってのは。まだ異世界人ならわかるような気もするけどな。
「相当困った顔をしてるな。まあ仕方が無い。そもそも、君たちが『観測』すること
によって成立しているこの宇宙だが、知性が高度に発達した、この地球に住まう有機
生命体が現在持ちうる観測手段すべてを有効に用いたとしても、外宇宙のことを知る
ことはまだ適わない。ま、ある程度観測結果から予測することはできているようだ
が、あくまで仮定であり、真実ではない。それ『らしい』ということしかわからないからね。
だから君が俺を理解できるはずはない。なので『外宇宙人という人らしい』という認識
で十分かまわない。
ん?まだ何か知りたいという顔をしているようだな。当たり前だな。
こんなことを言われて『はいそうですか』と話を畳める人間など居よう筈も無いしね」
よく判ってらっしゃる。
「具体的に、外宇宙人、もとい貴方は何者なんです?」
「まあ、先ほど言ったようにあくまで『らしい』ということで十分、ってのは判って
くれたとは思うので、以下突拍子も無い話をするが耳かっぽじって良く聞いてくれ」
 
再びお茶を一口くちに含んで一間置くと、
「俺は、全ての宇宙を統括するアカシックレコードより派遣された、事象管理者の一分子だ」
・・・なんだって?
「徹底的に平たく言ってしまうと、歴史を変革する手助けをする人々の一人だ」
全然平たく無いぞ、お兄さん。
飛鳥本あたりを愛読してる、超能力宇宙人ユダヤ人の陰謀何でも大好き兄ちゃんなのだろうか。
そういや何かのトンデモ本で見たが、アカシックレコードってのは「過去、未来すべての歴史が記されている”存在”」らしい。
ってことは、長門の親玉よりとんでもない存在らしいから、何でも知ってる。そういうわけか?
「ま、それ『らしい』ってことでいいんだよ。こんな中二病患者的な事いきなり言っても混乱するだけだよな、すまない。真剣に考えなくていい」
液体窒素冷却でもしないと文字通り数秒で吹っ飛んでしまいそうな、超絶オーバークロックを
施したCPUみたいな状態に俺の脳内が達しつつあるってのを知ってか知らずか、
スマイル70%申し訳なさ30%の比率の顔でシュルツ氏は語りかけてくれた。
「つまり、長門やその親玉以上に全知全能の神様みたいなもの、ってことでしょうか?」
「だね。つまるところそうだ。ま、長門君とは違い、我々の処理能力にはある程度足かせがはめられてるがね」
ということは・・・だ。今回のSOS団員の消滅事件についても全て知っている、ということなのでしょうかね?
「ま、大方そういうことだ」
『ま』が多いお方だ。いろんな意味でな。
「俺がここに現れた目的だが、ご想像にお任せする。カンのよさそうな君なら判るだろう」
さしずめ、今まで外界から監視しているだけだったハルヒが、俺以外の団員ごと行方をくらましたからだろう。
「そういうことだ」
 
大体のことを知ってるのなら、解決する手段も持ち合わせているか、少なくとも解決方法ぐらい知っているんじゃないのか?
「なぜ俺の前に現れたんです?超凡人な俺が介在しなくても、トンデモ能力持ってそうなあなた方なら、消滅事件は解決できるんじゃないんですか?」
「それはだ、事件解決の手段、いやキーの一つを、君が持っているからだ。それを知らせに、俺は君のもとへ現れた」
長門といいこの人といい、皆俺を頼りすぎだ。何処かをうろついてるだろう古泉にもそのキーとやらを持たせてくれたら、俺は俺で大助かりなんだが。
「君はな。宇宙人、未来人、超能力者やその関係者がいるSOS団やそれに関連する人の中で唯一、涼宮君に一番近いうちの一人でありながらどの勢力の影響下にも居ない、貴重な人間なんだ」
ごく平凡な一個人でありたかったけどね。
「でも、ある意味謳歌してるんだろう?この状況を」
確かにね。この一年ちょっとの間に俺は成長した。いや、単に開き直りの境地を超えて、SOS団の純朴なる構成要素のひとつと化すことにある種の快楽を覚え、
脳内麻薬がドバドバとでちまうような、そんなヤバゲな脳になっちまってるのかもしれないが、確かに心底楽しんでるんだよな、俺。
「というわけでだ。君はこれから、己が思うままに行動してくれ」

あのう?
俺って何かキーを持ってるんですよね。なら、そのキーが合うような鍵穴を見つけなければならんわけだ。だけど、俺には未来を知る術もないし、
長門のような宇宙的超絶能力も持ってないし、古泉のように巨大な情報網も持ってないし手からエネルギー弾も出せない。
思ったとおりに行動できるはずも、していいはずもないと思うんだが。

「君自体が”鍵”なんだ。これ以上詳しくは俺からもいえない。だが、君が彼女らを取り戻そうと思う限り、君が求める鍵穴は君の目の前に現れる。大丈夫だ」
そうニカッと笑われても・・・ねぇ?
とにかく、やるしかないようだ。
やるって何を?
自分でもわからんさ、残念ながらな。
 
シュルツ氏は特に連絡先などを告げることなく、頑張れよ若いのと俺の肩をぽんと叩いて、俺より先に客間を後にした。
そういやこの謎会合の場は鶴屋さんの家だったりもしたんだが、鶴屋さんとは会わなかった。法事か何かに行ってるんだろうか。
ともかく、その日はそのまま家路について飯をかっ食らい、風呂に入りながら色々と思案をめぐらし、そのまま布団にもぐりこんで平和裏に寝ちまったわけだが、
翌日のっけからとんでもないモノを目にしちまうってわかってれば・・・少しは心の準備ができたんだが。
 
 


翌日。少々どきどきしながら登校し教室に入った俺だったが、俺の後ろのハルヒの席であったところに、何かが居た。
何か。
何かである。
いや、もうなんというか名状し難い。
あの初期ハルヒのオーラを身にまとい、巨乳と無表情な童顔。朝比奈さん・・・でもなく、長門・・・でもなく、ハルヒ・・・に若干近いが違う。
言うなれば「あの三人に似た全く別の人間」である。
不意にこっちをむいたその「何か」は
「おはよう」
ひゃうっ!と思わず口走ってしまうほど唐突に、朝の挨拶を俺に投げかけた。
「どうしたの」
こっちがどうしたんだと問いたい。お前は誰だ。
「涼門みるき」
・・・なんだって?
「涼門みるき」
す・・・ずかどみるき?
「そう。三回聞き返した。若年性痴呆の可能性がある。良い病院を紹介しようか」
会話に疑問符も感嘆符も一切つけない「何か」ことこの「涼門みるき」なる女であるが、なる
ほど、あの三人の名前が適度に交じり合っているので、あの消えた三人を適度にミックスしつつ
ハルヒよりに再構築させたような雰囲気と風貌をあわせもっている。
っておい!
「落ち着きなさい。あたしになにか言いたいことがあるようだけど、どうかした」
「あ・・・いや、別に・・・」
「おかしなキョン。まあいいか」
と机の中から取り出した何やら巨大な医学書を開き、みるきは静かに読み始めた。
 
 
「面白いか、それ」
「ユニーク」
まるで長門と会話してるようだったが、声質は全然違う。当たりまえっちゃ当たり前
だが、当たり前で済んで欲しくはない俺は、いつも惰眠をむさぼりたい時間帯である
予鈴から1時間目にかけての間、脳みそをフル稼働させて脳内人格会議を行うも、もとより尽くす策
ははじめから持ち合わせていない俺にとっては時間の無駄以外の何者でも無かったよ
うで、いつものように惰眠をむさぼるべく数学教師の太陽拳的頭頂部を眺めつつ眠り
の沼に沈んだ。

かに思われた。

眠りの沼へ全身が没しようとした瞬間、いきなり後頭部を打撃が見舞い、ついでに勢
いあまって国語の教科書と硬い机にも頭突きを見舞い、俺は悶絶した。
「・・・ってめぇ」
後ろの野郎だ。なんてことをしてくれる、俺のそんなに多くない脳細胞がいち早く死
滅することになるだろうが。
「授業中。寝ないで」
ああ判ってるさ、授業は寝ないで真摯に聞いてこそ価値あるもんだ。だがな、お前
だっていつもそうしてたじゃないか、なあハル・・・。
顔に苦悶の表情を浮かべつつ後ろの席を顧みた俺は、つむぎかけた言葉を飲み込み、溜息する。

ハルヒじゃねえんだっけな・・・

ハルヒよ、どこに行ってしまったんだ。こんなにお前が恋しくなるとはおもわなんだぜ。

『わたしは ここにいる』

脳内に声が響いた。ハルヒの声・・・だな。どうやら二重打撃の所為で俺の脳みそは
とうとう異常をきたしてしまったらしい・・・。
 
『わたしは ここにいる 

だから助けろって言ってんでしょバカキョン!!』

不意にその声は途切れ、ついでに頭痛も治まった。いつも頭痛のタネだったハルヒの
声で頭痛が治まるとは、なんというショック療法。
いや、そういう問題じゃない。問題はなんでハルヒの声がしたかなんだが・・・
改めて後ろを振り向くも、後ろには俺が寝ないように見張りつつ高速でペンを動かし
て綺麗な明朝体で黒板の文字を速記するみるきの姿があるのみで、ハルヒなんざは居
ない。いや、居るのか?この『みるき』の中に。
もう声はしない。
でも、居る気がする。確実に。
なんでかって?

カンさ。だけど、なんだかんだ言ったって、ハルヒの一番近くに居た人間の一人であ
る俺が言うんだ。間違いない。



・・・と思う。
 
 
「その考えは間違ってはいません。むしろ正解に近いかと」
とは、1時間目終了とともに教室を飛び出したら、何故か教室の外にいやがった古泉の野郎の弁だ。まったく、この異常事態によくそんな無意味スマイルを纏っていられる。
「涼門みるきなる女性は、涼宮さん、長門さん、朝比奈さんの融合体・・・といったところでしょうか」
んなん見りゃわかるさ。ってか、お前も事情を知ってるんだな?
「ええ、昨日あなたが会ったあの男性ですが、我々の協力者のようなものです。そうですね。少なくとも、今の朝比奈さんより未来から来た朝比奈さんや、
長門さんの親玉よりははるかに信頼の置ける相手かと思われます。あの彼から自由に動いていいと言われるなんて、うらやましい限りです」
まぁ、神様から『成せば成る』と言われるようなものだからな。
「そうそう、この懸案は我々主導で解決させるということに決定しました。彼は伝えることを伝えたので、またスタンドからの観戦に戻るそうで」
あの人がいれば百人力のような気もするんだが。
「彼・・・いや、超高次存在――我々はアカシックレコードのことを暫定的にそう呼んでいます――それから遣わされている彼らは、長門さん以上の制限を課せられているようで、
自由に動けないらしいんですよ」
なら仕方ないか。古泉、少しはお前も手伝えよ。
「わかってます」
シュルツ氏と違い、なんだか好きになれんスマイルで俺を見つめてくる。ああっ、近い、息を吹きかけるな!
「僕に出来ることなら、なんなりとお申し付けを。それより、シュルツ氏からかなり有益な情報を戴きました。
「ほう」
「涼門みるきなる女性ですが、彼女は涼宮さんの願望がキーとなって生まれたようです」
またか。またハルヒの願望の所為か。全く、ちったあまともな願望は無いのか、ハルヒには。
「いや、あくまでキーに過ぎません。この現象は、涼宮さんの願望がキーとなり、朝比奈さんの願望、長門さんの願望が互いに交じり合った結果発生したものとシュルツ氏らは考えているようです」
こったようです」
「どういうことだよ、それは」
「涼宮さんが抱いていた、『可愛さや巨乳』への憧れ、朝比奈さんが抱いていた、『知』への憧れ、長門さんが抱いていた、『自由』への憧れ・・・。三人とも、それら誰かがあこがれるもののうちひとつだけは持っています。
しかしながら、無いものを強く求めた。だから、融合してしまったんです」
「ちょっと無理やり過ぎないか?」
ハルヒは朝比奈さんとまた別な可愛さを持ってると思うぜ。無意味スマイルをさらに増強させた古泉は
「そうなんです。無理やりですよね。でも、無理やりなことでも起こしてしまう、それが涼宮さんなんですよ」
あくまでキーはあなたです。何事もあなた主導で、と言い残し、古泉はさっさと自分のクラスに戻っていった。
役立たずめとも言いたくなったが、俺も尽くす策は何も持ち合わせてない役立たずなんだよなぁ・・・
やれやれだぜ。   
 

|