いつものSOS団部室にて
いつものように、騒々しく扉が開く

ハルヒ「みんなーー聞いて!すっごく楽しいこと思いついたの!
って、あれ?キョンあんたしかいないの?」

キョン「みんな、不思議な用事で、今日は俺だけだ」

(古泉曰く「今日だけはあなたと、涼宮さんだけのほうが都合がいいと思いますので」
朝比奈さんが言うには「キョンくん頑張ってね!えへ」
長門「今日はあなたと、涼宮ハルヒだけが好ましい。それが情報統合思念体の意思」

と、俺を残してみんな、どこかへいってしまったわけだ
全く、責任の押し付けにもほどがある。)

ハルヒ「ちょっとあんた、なに目そらしてんのよ!
いい!?団長の言うことを聞かない奴は死刑だからね!」

(好きにしてくれ・・・)

ハルヒ「ま、いいわ!聞きなさい、キョン!やっと分ったのよ!
SOS団に足りないもの!それは、恋愛よ!「恋愛」!」

キョン「・・・」

ハルヒ「いいから、聞きなさい!あらゆる小説や映画から導き出したんだけど
どんな学校、会社、果ては軍隊も!ある組織に男と女が揃ったらソコに生まれるのは恋愛なのよ!
でもね、重要なのは「恋愛」そのものじゃないの!
恋愛が生まれると、そこに事件が生まれる確立がすっごく大きくなるの!
というよりも、恋愛が生じると事件も生じるのよ!間違いないわ」

キョン(ハァ・・・)

ハルヒ「だから、SOS団にも恋愛でラブラブな要素は外せないと思うのよね!」

キョン「で、誰と誰がラブラブになるっていうんだ?」

ハルヒ「うーん古泉君とみくるちゃんあたり、適当にくっつけちゃえばいいかなーって!」

(まてまてーぃ!)
キョン「おいおい、なんでよりにもよって朝比奈さんと古泉なんだ?」

ハルヒ「だって、ユキだと恋愛って感じがしないじゃない?だからって、
団長である私が色恋沙汰に巻き込まれてる場合じゃないし」

キョン「大体、そんなに簡単にくっつくほど、簡単じゃないだろ
本人の意思はどうするんだよ?」

ハルヒ「そこは、問題じゃないの!重要なのはSOS団にラブラブなカップルが生まれることなのよ~」

(いや、十分に問題だろ、そこは!大体古泉と朝比奈さんが強制とはいえカップルになるぐらいなら
あえて、いやむしろ俺が・・・朝比奈さんと~ふふふ)

ハルヒ「スケベ顔!」

(うぉ!?心読まれたのか!?)

キョン「落ち着け、ハルヒ。恋愛って、誰かに強制されてするもんじゃないだろ?
こういうのはお互いの意思が大切なんじゃないか」

ハルヒ「そんなこと言ってたら、恋愛なんてSOS団に発生しそうも無いじゃない!どうしろっていうのよ!
それとも、アンタがなんとかしてくれるの!?」

キョン「お前の考えに協力はしてやるが、他の団員に迷惑をかけるのはやめろ」

ハルヒ「じゃあ!アンタと私なら問題ないのね?」

(・・・!?何を言い出すんだコイツは!?)

ハルヒ「今言ったじゃない!協力するって!決まりね!
いい!アンタは今から私とラブラブカップルだからね!逆らったら死刑!よ♪」

キョン(えええ!?)



こうして俺たちは付き合いだした。
今考えると、例の3名の思惑通りの結果になっちまったのかもしれん。
まあいい、今では感謝しているしな。

ハルヒ「あ!キョーーン!おっはよーー」

|