俺と長門が隠れて付き合いはじめてから2ヶ月が立つ。
おそらく古泉は気づいてるだろうが何も言ってこない。まあいいだろ、そのほうがこっちも楽だ。

最近になって長門の新たな一面を発見した。
それは、SOS団がいつも集まる喫茶店での話だ。

俺がトイレで用を足して出てくると長門が目の前にいた。

キョン「・・お、長門もか・・・」

俺はあたふたしてそう言った。なんてデリカシーのないセリフだ。
けど自分の後に好きな女の子がトイレに入るのかと思うと、なんともいえない嫌な気分になる。

しかしそのとき長門は用を足しにきたわけではなかった。

長門「キスしてほしい」

俺は驚いた。確かにみんなのいる位置からここの通路は見えない。
しかし長門からそんなお願いをされるとも思っていなかったし、他の客だっている。
それに万一SOS団の誰かが来たら・・・・

長門「キスしてくれないのならまた世界を再構成する」

そう言うと長門は呪文を唱えはじめた。

キョン「え?え、ちょ、ちょっと長門・・・・全く」

俺は長門の呪文を唇でふさいだ。

長門「ん」

どれくらい経っただろうか。実際には30秒くらいだろうが俺には一時間にも二時間にも感じられた。
舌を絡めた深いキス。

キョン「ほら、これでいいだろ。もうそういうことは言うなよ。」

俺は照れ隠しのようにそういうと、長門はほんのほんの少し、イタズラっ子のような笑みを浮かべ、

長門「保証はできない」

そう言ってトイレに入っていった。
俺は嬉しいような悲しいような、いや、はやり嬉しいんだろう。
どうしたもんかなあ、とりあえずいつものように溜息をつくと、

ハルヒ「そんなとこでずっと突っ立って何してんのよ」

キョン「うわあああ!!?!」

店中に響くような声で驚いてしまった。前を見るとハルヒがいた。

ハルヒ「邪魔で通れないんですけど」

キョン「あ、ああ、悪い」

ハルヒはそういってトイレのほうに入っていった。

しかし、長門が俺にいじわるをするとは・・・・・ひょっとしてあいつSっ気あるのか?

これからのことを考えつつ、また俺は溜息をついた。

|