私は、何のために生きてきたのって、今まで何回も考えた。

 

あの日、みくるに会って、いっぱい慰められて、いっぱい喧嘩して・・
あの子に会ってから、初めて私のテンションが生かされるようになった気がするんだ。

あの子、私が言えたことじゃないけど、友達を作るの、控えてたところもあるみたいだし・・


でも、友達だから。 友達になってくれた人だから。

 

涼宮ハルヒ  

 

彼女に引き合わせてくれたのも、みくるだった。


周りを寄せ付けんばかりの威圧感、恐るべきハイテンションを維持する彼女は、確実に私を変えた。
ほんと、みくるには感謝のしようがないね・・

彼女たち・・SOS団は、私を受け入れてくれる「友達」になってくれた。


たまに活動に誘ってくれるだけで、私の心は潤った。 

涼宮ハルヒのフォローに常に付いて回る男・・ 

一応、私の後輩、キョンくんにも、色々お世話になった。 
案外、こっちが手助けしているように見えても、私もけっこう癒されてるんだよ。

 

・・・彼は、相当な聞き上手なんだ、だから私は「さばけた感じのいい先輩」でいられる。


彼の傍なら、明るい鶴屋で生きていける、そんな気がした。  


|