あれから一週間が過ぎ去り、日曜日である今日、俺はバス停に来ている。
 何故お馴染みの駅前ではないのかというと、そりゃあ俺にだって個人的な用事を済ませるくらいの権利
はあるのであり、そんなことを疑問に思うことすらちゃんちゃらおかしい。今日はSOS団による不思議
探索ツアーなどではなく、俺個人としてのイベントなのだ。
 行先は先週と同じ場所。
 あの事件の始まりであり、終わりである場所へと俺は向かっている。ここに来るのはこれで通算三回目。
前回は走ってこの坂道を上ったわけだが、今回はそんなことはしない。一応、病み上がりだからな。
 山頂には誰もいなかった。こんな天気のいい日に皆何をしてんだろうね。こういうときにこそ、この自
然溢れる緑豊かな山頂公園が有効活用されるべきだというのに。
 まあ、天気がいいといっても、その恩恵を与り知れる時間はあとわずかとなっているわけだから、当然
と言えば当然のことなのかもしれない。
 あの時の魔方陣はどこらへんだったっけ? 確かこっちのほうに……あった。
 今はもう長門の力によって封印されてるけど、何となく不気味なオーラが立ち昇っていなくもない。大
丈夫だよな? これ。
 最後の瞬間、俺は気がついたら病院にいた。ハルヒが何か言いかけていたことを鮮明に脳内でフラッシ
ュバックさせながら、俺の頭はどうしようもなくオーバーヒートしていた。
 『さ――』、なんだというんだ、バカハルヒ。日本語っていうのは最後まで言わなきゃ正しい意味が通
じない大そう不便な言葉なんだぞ。
「ちゃんと言ってたでしょ? 先に行っててって。しっかり聞いてなかったあんたが悪いんじゃない」
 つってもな、あの状況で思い浮かぶ『さ』から始まる言葉と言えば、やっぱり「さよなら」だろ。しか
も直前に「ごめん」ときちゃあ誰だってそう思う。おかげで古泉に借りを作っちまった。
「もうちょっと想像力を働かせなさいよね。それに古泉君への借りはあたしと全く関係ないわ」
「そうかい。んでハルヒ、俺はこんな山の中であとどんくらい待たされるんだ?」
「もうちょっと待って」
「もうちょっとって……もうかなり暗くなってきたぞ。いつまでもこんな所にいたらいろんな意味で危な
いんじゃないか?」
 かれこれ1時間が経過している。
「ふーん、いろんな意味って何よ?」
「帰り道とかバスの時間とか大変だろ? そんくらい想像力を働かせろよな」
「……相変わらずつまんないことしか言えない奴ね」
 アヒルみたいな口をしてハルヒは湧き上がる不満を出し惜しみせずにそう言った。何が不満なんだろう。
「まあいいわ、そろそろ行きましょ」
「行くってどこに?」
「こっち!」
 そういってハルヒは俺の手を握り、もう真っ暗だというのに結構なスピードで走り出した。こいつ夜目
が効くのか? いやそんなことより、なんでわざわざこんなに暗くなってから移動しなければならないの
だろうか。相変わらず考えが読めない。
「いいから黙ってついてくる。ほらこっち!」
「へいへい」
 ハルヒは夜目の効かない俺のことなんかちーっともお構いなしにグングンと先へ進む。そういえばこれ
って、去年のあれにちょっと似てるかもな。ハルヒと俺が逆になった構図だ。
「ストーップ!」
「うわっ!」
 いきなり止まるな、転んだらどうするんだ……って、なんだそりゃ?
「これ、付けて」
 何故俺がそんな付けるだけで無理なく転べるようになるもんをつけなきゃならんのか、分かり易く丁寧
な説明が是非とも欲しいところだね。
「目隠しよ。見て分かんないのかしら。分かったらさっさとつける、ほら!」
 分かり易いといったらそうかもしれないが、目隠しについての説明だけでその存在意義については一言
たりとも触れないままそれがどうしたとばかりに、
「早く付けなさいよね。時間が無駄になるじゃない」
 と、ハルヒは宣った。
「分かったよ、ほらよこせ」
 抵抗するのも、ハルヒの言う通りそんなのは時間の無駄だってことは今までの経験則から嫌になる程学
習してきている。
「うん、素直でよろしい」
 何が素直でよろしいだ。どうせ素直じゃなくても無理やり要求を押し通そうとするくせに。そう思いな
がらも、俺は従順に目隠しを装着した。……まさか、このまま俺を崖から突き落とすとかそんなんじゃな
いよな。
「……違うわよ?」
 ……その間は何だ?
「さ、行こっか! こっちよキョン、手離さないでね、下手すると落ちるから」
「落ちるって一体どういう意「いいからいいから、ぐずぐずしない!」
 やれやれ、先が思いやられるね。
 ハルヒに手を握りしめられながら、波瀾万丈だった人生に後悔しないためにも家族へのメッセージと警
察へのダイイングメッセージを考えつつ、今日だけは機関の監視を外してくれと言ったことに早くも軽い
後悔を感じながら、それでも何故だか知らんが握られる手に安息感のようなものを感じつつ、これもまた
一つの形なのかもなとらしくなく感慨にふけりながら、いろいろなものを背に背負い、責任を感じつつ、
法律の制約で待たなければならない一年ほどの期間などに考えを巡らせなどもして、その間の四季をSO
S団のメンバーと一緒に、ハルヒと一緒に、一歩一歩進んでいけたらいいなと、俺のためにも、俺は思う。
 
 
 
 

あんたにこれを見せたかったのよ。

奇麗でしょ?

去年の、閉鎖空間っていうんだっけ?あの教室から見た風景は本当に一面が灰色だった。

もしかしたらこの世界には光なんてないんじゃないかとすら思った。

この場所はあたしが見つけたのよ。あちこち歩き回ってここが一番奇麗だってことが分かった。

わざわざ真夜中に歩き回ってたんだからね。

感謝しなさいよね。

……まあ、分かればよろしいわ。

世界はこんなにも光に満ちている、なんて、ちょっとくさいわね。

でも、あたしにとっての世界はとっくの昔から光に満ちてたわ。

有希がいて、みくるちゃんがいて、古泉君がいて、あたしがいて、キョンがいる。

そんなSOS団があたしにとっての世界なのよ。

いつか、みくるちゃんは卒業していなくなっちゃう。

あたしたちだってその次の年には北高から、あの部室から去らなきゃいけない。

SOS団は永久に不滅だけど、あたしたちはそれぞれが別々の場所に行かなくちゃいけない。

でも、

それでも……

このあいだ、あんたがいなくなったとき、あたし分かったのよね。

なんでこんなにもたくさんの人たちが精神病になるのかっていうのが。

キョン

別れは避けられないってことは分かってる。

いつかはさよならを言わなきゃいけない時がくる。

でも、

それでもあたしは

キョンと離れたくない。

あたしはキョンが好き。

キョンの将来を、

あたしにください。
 
 
 
                                                 fin 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サムナンビュリズム-ジャーナル-

今日からゴールデンウィーク。
SOS団としてこの連休を無駄に過ごすわけにはいかないわ。
計画もバッチリ立てたしもうこれ以上はないってくらい準備は整ってる。
それなのに、来れないってどういうことよ!
親戚の家に行くのが毎年恒例の行事ですって?
ふざけんじゃないわよ!
と言ってやりたいところなんだけど、さすがに家の用事なら仕方がないわよね。
でもその代り、あいつ抜きでさんざん楽しみつくしてやるわ!
一か月くらいはその話題以外ありえないってくらいに楽しんでくれば、
あいつ部室で話し相手がいなくなるわ。
まあ、ちょっと陰湿だけどそんくらいの制裁は必要よね、罰金以外にも。

今日は鶴屋さんの家に行ってお花見してきたわ。
やっぱり鶴屋さんて面白い人よね。
みくるちゃんは可愛いから問題なかったし、有希はいい娘だったし、古泉君は礼節が行き届いていたし。
お花見は十分満足だったわ。

今日は不思議探索にいってきた。
みんなであちこち歩き回ったけど、
あれじゃあたしとみくるちゃんのショッピングに有希と古泉君を付き合わせてるだけよね。
古泉君がいつもより元気なかったんだけどどうしたんだろ。
寝不足かしら? まあ、明日訊けば分かるわね。

今日も不思議探索に行く予定だったんだけど……
雨。
しかも大雨。
よりによってこんな時に雨がふるなんて、ついてないわ。

なんでだろ。
なんでこんなに。
楽しいはずのゴールデンウィーク、楽しむはずだったゴールデンウィーク。
何が足りないっていうの?

「団長の電話を3コール以内で取らないなんてダメダメね。平団員のくせに」
『無茶言うなよ。だいたい電話が繋がることすら奇跡だ。こっちはドがつくほどの田舎なんだぞ』
「あっそう」
『んで、何か用か?』
「別に用はないわ」
『……切るぞ』
「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!」
『なんだよ? 何か言いたいことでもあんのか?』
「……あんたいつ戻ってくんの?」
『前にも言っただろ。ゴールデンウィーク中はずっと親戚の家にいる。だから明後日ってことになるな』
「……明日は無理なの?」
『ああ、無理だ』
「そっか……」
『用はそれだけか?』
「え? いや、その、……それだけよ」
『そうか。それじゃあな、また学校で』
「うん、じゃあね」

はあ、
やっぱり、あいつがいなきゃダメダメね、あたし。
これって精神病なのかしら。
いえ、まだ分からないわ。確かめる必要があるわね。
今度の休みの日はあいつとデートみたいなことしてみようかな。
うん、それがいいわ。不思議探索にもなって一石二鳥じゃない。
せっかくデートするんだから最高のスポット巡りにしてやるわ!
待ってなさい、キョン!


                                                  fin 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
  
 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
「よし……俺が望むのはそれだけだ。それじゃあな、俺」
「ああ、じゃあな、俺」
 これで、俺の役目は終わった。ここからはあいつの役目だ。あいつのことだ、しっかり引き継いでくれ
るだろう。なんたって俺だからな。それに、そうでなきゃ困る。
「……ごめん! 先に行ってて!」
 え?
 あいつがあの変てこな魔方陣でいなくなり、俺の目の前にはハルヒが立っている。どういうことだ?
「どうしたんだ、ハルヒ?」
 何故ハルヒがここに残る。どうして。
「少しだけ、あんたと話がしたい」
 らしくない顔をしながら、ハルヒはそう答える。
「俺と? 何を?」
 今更何を話すってんだ。
「あんたに……謝っておきたかった」
「……」
「謝ったって許されることじゃないのは分かってる。でも、」
「分かったから、そんな顔するな」
「でも」
「そもそも、お前がいなけりゃ俺が生まれることはなかったんだ。お前と一緒に過ごした日々はなかなか
に楽しいもんだったぜ?」
 これは俺の本心だ。こいつとの日々は、例えるならそう、本当に夢のような日々だった。まあ実際に夢
みたいなものなんだが。そんなことは道端に転がる石ころ同然に無視したっていい話だ。ハルヒとの日々
は何物にも変えがたい日々だった。
「でも!」
「でも、何だ? 俺はお前に感謝してるんだ。お前が俺に謝るようなことなんて何一つないのであり、加
えて俺がお前を許すとかそういうことも全くどうでもいい話になるってことだ」
「でも……」
「分かったら、もう泣くな」
「分かってる! そんなこと分かってるのよ!あんたがあたしのことを許してくれるのも、あんたがそう
いう奴なんだってことも」
「だったらどうして」
「あんたが優しいからでしょうが! このアホキョン!」
 俺が優しいから、か。下手な優しさは反って人を傷つけるってよく言うもんな。すまなかった。
「あんたの優しさはそんな物騒なもんじゃないわ……ていうかなんであんたが謝ってんのよ」
「さあな、俺の勝手だろ」
 ハルヒの泣き顔を見るのはこれが二回目、んで最後。やけに中途半端だな。……中途半端過ぎて泣きた
くなってくるぜ。
「そろそろ行ったほうがいいんじゃないのか、ハルヒ?」
 ハルヒは頬を伝っていた涙を制服の袖でゴシゴシと拭いた。
「キョンが待ってるぞ」
「どっちのキョンよ」
 睨みつけるような目でそう訊き返す。
「あっちの本物のキョンに決まってんだろ」
 本物ね。俺はやっぱり偽物なんだよな。
「……」
 これが最後の会話なんだよな。
「……」
 一秒一時が勿体ない。だけど、そう思えば思うほど何て言えばいいのか分からなくなる。いや、言いた
いことはたくさんあるんだが、たくさんありすぎて何を言っていいのかが分からんのだ。
「……」
 ハルヒも似たようなもんなんだろうか。いづれにせよ、最後に言う言葉は決まってるんだ。焦ることは
ない。
「「さ」」
 さて、そろそろさよならだ。じゃあなハルヒ、あっちのキョンに幸せにしてもらえよ。と、言うつもり
だったんだが、
「さ、なんだよ?」
「そっちこそ何よ?」
「先にどうぞ」
「ずるいわね……でもまあいいわ」
 大きく深呼吸してから、ハルヒは語り始めた。
「最後になるけど、あんたと過ごした日々はすごく楽しかった。罪悪感も確かに感じてたけど、それ以上
に楽しかった。あんたは自分のこと偽物だって思ってるかもしれないけど、あたしはそうは思わない。
だって、あんたが今抱いてる気持ちは全部本物でしょ? それが何よりの証拠よ」
「ハルヒにしては分かりやすいな」
 そうだといい。俺が創られた存在だったとしても、俺の気持ちは俺のものであればいい。
「あたしが言いたかったのはこれだけ。次はあんたの番よ」
「そうだな」
 さよならだけのつもりだったんだが、
「一つだけ頼みがある」
「何よ? 別に構わないけど、その代りあたしのお願いも聞いてもらうからね」
「ああ、分かった」
 いくらでも聞いてやるさ、ハルヒの願いならなんでも。
「それで? 何をお望みなのかしら?」
「幸せになれよ」
「……あんたそれしかないわけ? まあ、いいわ。不器用であんたらしいっちゃあんたらしいもんね」
 不器用で悪かったな。
「じゃあ、あたしの最後のお願い。あんたのと同じでいいわ」
「それって……」
「幸せになりなさいよ、キョン」
 無茶言うなよな、今から消滅するってのに。まあ、でも、
「分かったよ」
「あたしとの約束だからね?」
 約束ね。やれやれ、こいつとの約束を破るわけにはいかないな。
「よし、これでもう別れの挨拶は十分だろ。もうそろそろ行っちまえ」
「うん」
「さよならだ」
「うん」
「あっちの俺をよろしくな」
「うん」
「何かあったら長門に頼れ。あいつは頼りになる」
「うん」
「朝比奈さんをあんまりいじめるなよ」
「うん」
「古泉の気苦労も察してやれよ」
「うん」
「キョンと一緒に幸せになれよ」
「……うん」
「じゃあな、ハルヒ」
「……」
「最後にもう一つ頼みがある」
「……」
「笑顔でさよならと言ってくれ」
「うん……さ……さ、さ、……さよなら! キョン!」
「おう、じゃあな、ハルヒ!」
 
 
 こうして、世界一不思議で、世界一我ままで、世界一可愛く、世界一優しい、そして世界一好きだった
少女はもとの世界へと帰って行きました。めでたしめでたし。
 
 
  
 
 
――という夢を見た」
「何それ? パパの昔話じゃなかったの?」
「残念だったな。全部ウソだ」
「ママー! またパパがウソついたー」
「おいよせ!」
「うるさい、パパは黙ってて! ママー!」
「待ちなさい! こら! 待てハルヒ!」
「きゃー! どこ触ってんのよ、パパロリコン!」
「パパはロリコンじゃありません!」
 ……まあ、そういうわけで、約束はしっかり守ってるぜ、ハルヒ……
 
 
 
                                                  fin

|