※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こんにちは、古泉です。
みなさんは信じていた人に裏切られたことはあるでしょうか?
例えば恋人、家族、仕事の上司。
ある者は裏切った者への怒りを爆発させ、またある者は何かの間違いだとその裏切りは信じようとせず、
そしてまたある者はただただ事実から目を背けるなど、様々な感情の揺らぎを見せるのです。
心をえぐられた人間は一体どんな行動を取るのか?

SOS団の面々が大変信頼を寄せているこの僕が緊急逮捕されたら?
その舞台となるのがここ、北高の文芸部室内です。

認めたくない事実に直面したとき、SOS団のメンバーは・・・・?

その表情、動き・・・、しっかり拝見させていただきます!

放課後の部活の時間、相も変わらずメンバーは誰一人欠けることなく、全員がこの文芸部室に集まっています。
涼宮さんはネットサーフィン、長門は読書、朝比奈さんは何かを編んでいるようです。
そしてこのマヌケ面は僕と将棋をしています。
それぞれが自分のやっていることに熱中し、静寂な一時が室内を覆っています。
いつもの平和な日常です。

PM 5:00 ドッキリスタート

教師「そんな!何かの間違いでは!?」
教師B「そうですよ!アイツに限って!」
ダッダッダッダッ!
外から騒がしい声が聴こえてきましたね。みんな作業を中断して外に耳を傾けています。

ガチャッ!
刑事「ちょっとごめんなさーい。」
刑事B「ここに古泉一樹君っています?」
ハルヒ「そこに居るけど・・・?」
古泉「何でしょう?」
刑事「古泉くん?何で僕ら来たかわかってるよね?」
古泉「・・・・・・」
刑事「○○警察ですけど、わかりますよね?○月○日の○○市での件だけど、聞きたいことが」
古泉は間髪入れずに逃げようとするが取り押さえられる。
古泉「離せ!」  
刑事「いいから来て!」
古泉「離せ!くそ! 離せ!」
刑事B「キミのせいで人が一人死に掛かってるんだよ!来い!」

古泉が緊急逮捕! そのときメンバーは・・・

刑事「傷害ね」
古泉「離せよ!」

ハルヒ「( ゚д゚)ポカーン」

みくる「(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル」

長門「(゜。゜)」

キョン「(;´ー`)┌ 馬鹿なことをしたもんだ古泉・・・」

尚も逃げようと激昂する僕こと古泉。まるで薬中のような暴れっぷりです。
みんな本気で驚いてますね。
古泉「くっそ!」
刑事「おとなしくしろ!」

古泉は連れて行かれた。

ハルヒ「( ゚д゚) → (T_T)」

みくる「。゚゚(つД≦。)°゚。ワーン!!。 」

長門「(悲)」

キョン ○| ̄|_   「うう・・・古泉・・・(泣)」




みんな・・・そこまで僕のことを思ってくれていたなんて・・・。
スミマセンでしたみなさん、今ネタ晴らしを

ハルヒ「ウザイのいなくったわね。」

みくる「今あたし、最高にうれしいです~。いつもあの人、あたしの胸をイヤらしい目で見るんですよ?
     ゚゚(つД≦。)°゚。ワーン!!。」

ハルヒ「みくるちゃんよしよし (p_;)\(^^ )」

長門「この本、悲しすぎる・・・」

キョン ○| ̄|_ 「やった・・・。これでいつも尻をガードする必要なく、のびのびと生活できる。」
|