百物語というものをご存知だろうか。
一人ずつ怪談を話し蝋燭を消していき、100話目が終わった後に何かが…!!というあれである。
俺は今まさになぜか部室でハルヒと愉快な仲間たちとともにそれをしているわけだが、何故そのような状態
に至ったのかを説明するには今から数時間ほど遡らなければならない。
______

 夏休み真っ盛りのその日、俺はそろそろ沈もうかという太陽の暑さを呪いながらニュースを見ていた。
東北の某都市ではいまごろ七夕祭りをするのだなあ、などといつかのことを思い出しながら今まさに瞼の
重量MAXに至らんとしたその時、携帯が盛大にダースベーダーの曲を奏でた。
 ハルヒだ。
 市販されているどのカフェイン飲料よりも効く恐怖の音色によって冴えた頭で出ようか出まいか一瞬迷った後、
恐る恐る携帯を手にした。

「あ、もしもし?キョン今暇?」

 恐ろしく不躾な第一声、間違いなくハルヒである。
いーや、今まさに夏休みの課題に取り組もうと今年一番のやる気を出していたところだぜ。
マシンガンに対し襖の盾を構える様に、ささやかな抵抗を試みる。

「ちょうどいいわ、そんなのやめて駅前に集合!」

 何が調度いいのだろう、などと問うのは風呂上りに鏡の前でポーズをとるよりも時間の無駄というもんだ。
相手はハルヒなのだから。

 駅前に着くと、時をかける美少女こと朝比奈さんが小さく手を振って俺を迎えてくれた。

「あ、キョン君、こんばんは…!」

 純白のワンピースに可愛らしいポーチ、なんという麗しのお姿、もしかしてあなた未来人じゃなくて
天使か何かなんじゃないですか?

「私突然呼ばれて…キョン君は何するか聞いていますか?」
 あいつが突然じゃないことなんてないんですよ、朝比奈さん。
ついでに言うとあいつの頭の中に何か計画があるのかも怪しいもんだ。

「ヤッホー!」

 話題の主が何故か胡散臭い笑顔と鉄仮面を引き連れてやってきた。

「いやあ、涼宮さんと長門さんと電車で一緒になったもので。」

 お前には聞いてないけどな。夏休みの、しかもこんな暗くなるような時間から何しようってんだ、ハルヒ。

「うんうん、みんな行動が迅速でとても良いことだわ。SOS団の未来も明るいってものよ!」

 聴いてないな。

「失礼ね、ちゃんと聴いてるわよ。これからみんなで百物語をやります!」

 帰っていいか。

「夏といえば怖い話。怖い話といえば百物語。百物語といえば学校よ。そういうわけで今から部室に行って
納涼百物語大会を行います。」

 朝比奈さんは既に怯える準備万端、古泉はいつもどおりのインチキ笑顔、長門は幽霊のように冷たい無表情でハルヒを見つめていた。
意外と長門は読書で得たネタがあるかもしれないなと考えそうになったが、つっこみ担当の脳内俺がそれを遮った。
 ちょっと待て、こんな時間に学校に忍び込んだのが見付かれば、バニーガールの時よろしくまた何を言われるか…

「大丈夫、ちゃんと昼間のうちに部室の窓の鍵は開けておいたわ。窓から縄梯子を垂らして、蝋燭も用意しておいたから完璧よ。」

 どこからそんなもんを調達…じゃない、つっこむべきはそこじゃない。
何が大丈夫なんだ、ハルヒ。こいつの思考がわかる奴がいたら「機関」とか言う変態組織から表彰されるかもな。
俺だったら、たとえ古泉に土下座されてもいらないが。

「いいんじゃないですか。怪談、僕は嫌いじゃありませんよ。幽霊というものにも少し興味があります。」

 少しは躊躇しろ、このニヤケヅラ。

「ふぇ…幽霊…出るんですか、百物語ってなんなんですか…。」

 今にも泣きそうな朝比奈さん。大丈夫です、あなたのことは俺が命に代えても守ります。
いつかのクラスメイトによる俺殺害未遂に比べれば幽霊なぞ。

「……」

 メンバー中最も幽霊に近い存在のような気がする宇宙人製有機ヒューマノイドインターフェースは、
なにやら不気味な表紙の本を読むのに忙しいようだ。何読んでるんだ?

「……これ」

 えーと、いながわじゅん…… !? やる気か、長門。

 はあ、何も起きないでくれよ。もしものときは頼むぜ、長門。
ハルヒの場合、幽霊どころかヤマタノオロチを召喚するなんてことは十分あり得るからな…。

 というわけで、俺たちは夜の学校に忍び込み、百物語に挑戦しているわけだ。
 しかし、5人で100話、一人20話の割り当てだ。正直、俺はそんなに話すネタを持っていない。
どこかで聞いたような、しょうもないネタを披露するといった具合だ。
 ある種のオカルトマニアのハルヒと、今まで読んだ本を積み上げると富士山すら凌駕するであろう長門は、
順番が来ると躊躇なく話し始める。長門の話はどちらかというと、都市伝説のような気がするのは、この際目を瞑ろう。
古泉は少し考えた後に無難な怪談を語っている。こいつのことだ、即興で考えた嘘話だろう。
朝比奈さんはというと、専ら悲鳴あげ係である。話せるネタもないようで、ハルヒか長門が代わりに話している。
何なんだこの2人は。


さて、そろそろ納涼百物語大会(命名:ハルヒ)も佳境である。
最後の100話目を俺が話そうとしたところ、ハルヒに権利を奪われた。
曰く、イベントのおいしい所は団長の物なんだそうだ。
俺にとってはおいしいかどころか、不味い役回りだったので有難い。蓼食う虫もびっくりだぜ。

「それじゃあ、最後の怪談、いくわよ。
皆、この1年5組の教室に実しやかに囁かれる噂を知ってるかしら。あの教室はね、いわくつきの教室なの。
あたし達が入学するよりもずっと前、一人の男子生徒の遺体が発見されたの、胸にコンバットナイフを突き刺されて。
特に恨みを買うようにも見えない、ごく普通の男子生徒だったらしいわ。その子が殺される前日、
ラブレターを貰ったと言って浮かれてたという証言もあって、事件との関連性を疑われたけど、遺留品からそんな手紙は見付からず、
結局犯人は分からずじまい。以来、あの教室に一人でいると何か悪いことが起こるらしいわ…。」

 ……結末以外はなにやらどこかで聞いたことのあるような話である。こいつ実は全部知ってるんじゃないだろうな。
長門、あまりこっちを見るな。こういう状況でのお前の眼差しはナイフなんかよりよっぽど怖い。
朝比奈さんはもう完全にギブアップ、古泉は相変わらずニコニコしている。
 俺と朝比奈さんの青ざめる様子に気付いたのか、ハルヒは満足げな顔で言った。

「あははは、うっそ。今のは完全なあたしの作り話。こうも良い反応をしてくれるとは思わなかったわ。
持つべきものはキョンとみくるちゃんよねえ。」

 こいつ実は読心術もマスターしてるんじゃないだろうか。

「じゃあ、消すわよ。」

 そういって最後の蝋燭を吹き消した。

 …暗闇
朝比奈さんの「ふえぇぇ」という舌足らずな悲鳴が聞こえたかと思った次の瞬間、蛍光灯が瞬き始めた。

 誰が点けたんだ。そう思って部室の入り口に目を向ける。俺にとって、ハルヒとは別の意味で生涯忘れないであろう顔がそこにあった。
……朝倉涼子?
何なんだ?訳がわからない。なんで復活してるんだ?一人を除いて目を丸くして入り口を凝視している。
驚く朝比奈さんも実に愛らしい、写真に撮って起きたい気分だが、今はそれどころではない。
どうでもいいが少しは驚けよ、長門。

「あんた…カナダは?」

 ハルヒが訳のわからない質問をしている。

「何のこと?あなた達こんな時間に学校で何してるの?」

 それはこっちの台詞だ。何しに出てきた。学校の警備員のバイトでも始めたのか、働き者だな。
瞬間、長門が何か呟いた。よく聞こえなかったが、例の「呪文」って奴だ。同時に明かりが消え、再び点いたときには入り口には誰もいなくなっていた。
なんだ?何をしたんだ、長門?

「何…今の?」

 ハルヒが驚き半分、興味半分の器用な顔で声をあげる。あれはいったい何なのか、それは俺が知りたい。
朝比奈さんはもはや放心状態、古泉は胡散臭い笑顔に戻っている。
長門は勿論表情を変えていないが、一言

「……幻覚」

 とだけ言った。いくらハルヒをごまかすためとはいえ、それはないだろ長門。

「幻覚…?みんなも見たでしょ?」

「…見ていない」

 長門が無茶な否定を始めたが、他にどうしようもないので俺も続いて首を横に振った。

「ん~、おっかしいなあ。確かにそこに朝倉涼子が……まあいいわ。考えてもわかんないし。今日はそれなりに面白かったし。
終わりにしましょ。」

 こんなフェルマーの最終定理の証明よりも意味のわからない説明で納得してくれるんですか、ハルヒさん。
お前が、大雑把な奴で良かったよ。


 帰りの道中、俺は長門へ説明を求めた。さすがの俺もあれでは納得がいかない。古泉も興味があるようで、
話に勝手にまざってきた。あっちでハルヒの話し相手でもしてろよ。

「残念ながら、涼宮さんは朝比奈さんと話すのに忙しいようですのでね。」

 見ると、ハルヒが朝比奈さんへまだ怪談を語っている。もう、いつでも失神する準備万端な朝比奈さんは
半分ハルヒに引っ張られて歩いている。すみません…朝比奈さん。

「…ノイズ」

 長門がいきなり蚊の鳴くような声で説明を始めた。

例によってさっぱり意味がわからなかったが、古泉によるとこういうことらしい。
長門は朝倉涼子の情報連結を解除したが、それは朝倉涼子のデフォルトの状態を消去したのであって、
朝倉涼子が長門のあずかり知らない所で得た経験値までは対象となっていなかったらしい。
つまり、1年5組委員長としての朝倉涼子の情報はいまだ学校を彷徨っていて、ハルヒの願いに呼応して現れ、
今さっき長門が、消去したというわけだ。
なあ、それって所謂幽霊じゃないか?

「…そう、通俗的な用語を使用するならば、そういうことになる。」

 …笑えない、何故か笑っている古泉の顔をひっぱたきたい気分だぜ。

「遠慮しておきましょう。僕にそういう趣味はありませんから。あ、そうそう、もう電車もないでしょうから帰りのタクシー代は
僕が出しますよ。面白いものを見せてもらったお礼です。」

 なにやら、どこかで見たことのあるタクシーを呼び止めて古泉は言った。

「さすが副団長ね。キョンにも見習って欲しいわ。」

 真夜中なのにこいつの元気は底なしだな…。朝比奈さんはハルヒを自分の家に招待しようと必至に懇願している。
一人で寝るのが怖いんだろう。俺を誘ってくれれば、インチキパワーを発揮した長門の如きすばやい動きで挙手をして、
二つ返事で引き受けるというのに。

 さて、俺も今日はもう眠い。少しばかり癪だが、古泉の好意に甘えてとっとと家に帰って寝よう…電気を点けて。


END

|