「ねえ、キョン」
 ……決めました。
「何だよ」
 決めました。
「今度の休みだけどさあ――」
 僕は今日、涼宮さんを殺します。僕の手で。
 もう、僕は耐えられない。
 あの彼女の良く通る声が、花火のような笑顔が僕以外の誰かに向けられることに。
 ……ええ。彼女の心は僕に向いていない、当然そんな事は百も承知です。
 僕に向いていない、どころではないことも十分過ぎる程わかっています。
 分かっているのに、なぜ?
 ……自問自答してもそれはわからない。分かったら苦労はしません。
 ただ僕が分かるのは、この恋が報われないものであることと、それが歪んでいること。
 それなら、歪んでいるなら、どうだと言うのですか?
 正常であろうとなかろうと彼女への気持に偽りはない。
 たとえば人殺しは時に制裁の名の下に正当化される、
 ならば善悪に絶対的な基準など存在はしない。そんな曖昧な世界であるから信を置くべきは自分の意思のみ。
 だから、彼女の命を奪います。
 この地上にいる誰も彼女から笑顔を振り撒かれないように。
 誰も彼女から言葉をかけてもらえないように。
 誰一人として彼女に愛されないように。
 今、彼女が心から笑いかけるのはただ一人です。
 でもその一人の命を奪うのは駄目です。僕が怨まれますから。
 だからこそ彼女を殺す。
 僕は『一人とその他大勢』の『その他』にカテゴライズされている。
 でも、彼女が死ねば『全部』の一部分になれる。彼の立場は下がる。
 つまり相対的に僕の立場は上昇する。
 ね?


 そうして学生服にナイフを忍ばせて、僕は涼宮さんを呼び出しました。
 放課後、SOS団が終わった後、彼女の教室へ。
「どうしたの古泉くん、用事って?」
 ああ、そんな無防備に笑わないで下さい。僕の決意が鈍りますから。
 でも僕は作り笑いを浮かべて作り話を切り出す。
「ええ、実は今度の長期休みの計画につい――」
 と突然教室の扉が開き、そして聞き慣れた声が響く。
「お、何やってんだ? ハルヒと古泉」
 心がざわつく。
 ……彼が来た。
 ……彼女を好きな彼が。
 ……彼女が好きな彼が。
「なんか話があるんだって。あんたは?」
「忘れ物だ」
 そう言ってから机の中身をあさる彼。暫くそうした後、目当ての物が見付かったようで、
「取り込み中邪魔したみたいだな。……じゃあ、また明日」
 彼女の頬に軽く口づけしてから出ていこうとする。
「……っのエロキョンッ!」
 それに怒りながらも照れる涼宮さん。
 そんな二人を見た瞬間、何かが頭の中で入った。
 唐突にどす黒くて吐気を催す負の感情が渦巻く。
 僕にするまいと決めていた事を……させる。
 喉が痛くなるほどの雄叫びを上げ、ポケットからナイフを引き抜き、彼に突き刺す。
 左の胸に、心臓に、突き抜けろとばかりに全力で。
 驚愕の形を作った彼の口が動く。でも動くだけで何も言わない。
 僕を見る彼の目にあるのは疑問でもない。驚きでもない。ましてや怒りでもない。
 ただ悲しみ。彼女に会えなくなる事への哀しみ。
 ……そんな目をするな。
 ……するなよ。
「そんな、目を、するなッ!」
 引き抜く、刺す。引き抜いて、刺す。
 刺して刺して刺して刺して刺して刺して刺して……刺す。
 崩れ落ちた彼の体をさらに刺す。
 気付くと肩で息をしていた。
 ……血の海とはよく言った物ですね。海で遊んだ子供みたいに濡れている僕を彩るのは赤い海水。
 彼の心臓から湧き出る血潮。温かい。
 息を呑む音がするから、振り返ると涼宮さんが腰を抜かしていた。
 ……ああ、そんな怯えた目をしないで下さい。
 僕は安心してもらうために彼女の両頬に手を添えて、じっと見つめました。


 どれくらい経ったでしょうか? 僕が手をどかすと頬を赤く染めた涼宮さんがいます。
 そんな彼女の様子に思わずみとれてしまいました。
 朱に染まったあなたも美しい。
 だから、どうか笑って下さい。いつもみたいに、弾けるように。
 僕もほら、笑いますから。
 だってあなたには笑顔と明るい色が一番似合うのだから。だから……、
「古泉、くん?」
 なんで泣きそうなのでしょうか?
「どうして?」
 なんで怒りそうなのでしょうか?
「どうしてキョンを?」
 ……なんで笑ってくれないのでしょうか?
「ねぇっ!?」
 おかしいな?
「なんでこんなこ……痛っ!」
 おかしいな? なんで笑ってくれない?
「痛いっ」
 おかしいな? なんで僕を見てくれない?
「古い、ずみくん。いた……」
 夕焼けに照らされた教室は真っ赤で綺麗ですよ。ほら、見てください。ほらっ!
「……っ!」
 ……そんなモノよりあなたの方が綺麗です。真っ赤に染まったあなたの方が。
 でも惜しむらくはその表情。
「いた、ぃよぅ。きょ……ん、キョン……」
 苦悶の表情で地面に転がっている涼宮さん。
「……ょん、……んっ」
 ああ、すっかり忘れてた。彼女を殺さないと。それが僕の一番最初の目的ですから。
 屈み込んで、彼女の澄んだ瞳を覗く。うるんだ目からとめどなく涙が流れている。
 僕はそっとその涙を拭う。すると、彼女の顔に赤い筋がつく。
 それを拭うとまた別の紅い線が……。
「ちぇっ」
 あきらめた僕は手に持ったナイフを振り上げた。
 そして彼女の耳元に口を近付けて、最期に言う。
「涼宮さん。僕はあなたが――」
 見開かれた彼女の瞳。
 下ろされた僕の右手。
 彼女の胸に刺さったナイフ。
 時が止まったかのようだった。


………
……



 次の瞬間、僕は部屋で目を覚ましました。
「……」
 無言のまま携帯を見る。
 日付は変わっていない。ただ、時間が巻き戻っている。
 ……要するに彼女は最期の最期に僕へ選択肢を作ったのだろう。
 また、同じことを繰り返すか、あるいは止めるか。
「はて」
 もし、『今日』が気に入らないなら僕の存在を消してしまえばいいのに……。
 なのに彼女は僕に選ばせてくれるという。
 こんな僕に。


 ……だから僕は選び直した。
 こんな僕にやり直しをさせてくれた彼女に感謝して、でも高校へ向かう。


 ポケットにナイフを潜め、心に歪んだ炎をともして高校へ向かう。


 今日もきっと、世界は赤く染まる。
FIN.

|