キョン「そろそろ出かけるか・・・」
ピンポーン♪
キョン「ん?誰だ?」
妹「はいは~い♪」
妹「・・・・」
?「・・・・」
キョン「誰だ?」
妹「キョン君~お友達だよ~!」
キョン「何!?うちにまで押しかけてきたのか!?ヤバい急がなきゃいかん!」
・・・・


キョン「!!」
古泉「あんた遅いわよ!」
谷口「キョン君こんにちは~♪」
国木田「どうも」
『お友達』ならぬ『おホモだち』だった、、、
キョン「どうしたんだよ、おまえら。そしてその口調を止めろ」
古泉「キョンたんのことだからこういうプレイをお望みかなと思いまして」
キョン「・・・何言ってんだよ・・・普段のお前らが一番萌えるに決まってるだろ?」
古泉・谷口・国木田「「キョンたん・・・(////)」」
キョン「来いよ!このケツめがけて!好きなだけブチ込んで良いんだぜ!!」
古泉「マッガーレ!」
谷口「うほっ!」
国木田「いっただきまーす!」
キョン「アッー!アッー!4P最高!!」
古・谷・国「「アッー!!!」」


キョン「はっ!ドリームか・・・」
ピンポーン♪
キョン「!?」
妹「はいは~い♪」
キョン「い、いやーー!!」




ハルヒ「さぁー着いたわね!!まずは古泉君と合流しなくちゃね!」
朝比奈「あっ!あそこにいますよ♪」
ハルヒ「みんな行くわよっ!」
・・・
キョン「・・・」
朝比奈「古泉君すっごい似合ってますよ~~♪」
ハルヒ「うんっ!いいじゃないっ!似合ってるわよっ古泉君!」
長門「似合ってる」
キョン「・・・」
古泉「本当ですか?中々良いのが見つからなくて・・・」
キョン「・・・」
そこには褌一丁の古泉が・・・
ハルヒ「キョンも何か言いなさいよ!ほらっ!」
キョン「すまん・・・あまりにもお前に似合ってたもんで・・・
    その、古泉、似合ってるぞ(////)」
古泉「キョンたん・・・(////)」


キョン「お前に合わせようと思って、ほら、俺も褌なんだ・・・」
古泉「そこまで僕のことを思ってくれてたんですか?」
キョン「当たり前だろ!!お前は俺には、必要なんだからな・・・」
古泉「キョンたん、もう・・・我慢できません!!」
キョン「・・・おい!バカ!演技はもう良いんだよっ!ここから先は台本に無いだろうがッ!!」
●「大丈夫ですよ安心して僕に身を委ねてくださいねwwwwww」
キョン「おいハルヒ!だましやがったな!何が映画の撮影のための演技だ!!」
長門「タイトルにすでに書いてある、『素人ドッキリ企画青姦プレイ!男同士の裸祭』と」
キョン「てめぇ!!」
●「この褌が余計そそりますねwwwwそれでは、ふんもっふ!!wwwww」
キョン「アッー!!褌がしまるぅーー!ンギモヂィィッ!!」

朝比奈「フヒヒ、野外とはやるじゃねぇか」
ハルヒ「(////)キョンが悶えてる・・・」
長門「・・・(そろそろ乱交にいくか)」


ハルヒ「さぁ出店と言ったらやっぱりこれよね!!焼きそばに、たこ焼き!
    キョン、有希!早食い勝負よ!よーいドンッ!」
キョン「あってめぇ!フライングだぞ!!」
ハルヒ「ハフハフッ・・」
キョン「あっつ!!舌が!ハフハフッ・・」
長門「(もぐもぐ・・・)」
朝比奈「うわぁ~みなさんすごいですねぇ、、。うん♪おいしいです」
古泉「やはり祭はこうでなくてはなりませんね(ニコニコ)」
ハルヒ「やった、いっちば~ん!!」
長門「・・・」
キョン「・・!?ウッ!?ゴホッッ!み、水・・・」
?「キョン君大丈夫ですかぁ~!?・・はい!水です!!」
キョン「っフゥ~、、、ありがとうございます、朝比奈さん・・・?」
●「どうですか?僕の水は。六甲のおいしい水くらい透き通ってますよwwwwww」
キョン「ブォエ!!」
●「カルピスもでますwww」
キョン「止めろ!!ウッ・・・腹が・・」
●「それは大変だ、さぁあっちの草むらへwwww」
キョン「トイレに行かせろぉぉ!!あっ・・・」
●「大変だ!僕のTDDNで栓をしないとwwww」
キョン「だからトイレに・・・あぁ・・・」
●「これで一安心ですねwwwwおやおや漏らしてしまいましたかwwww
  いいでしょうこのままイきましょうwwww」
キョン「アッー!!くそみそだけは!!くそみそだけは!!」

長門「予想外な展開だが・・・wktkwktk!!」
朝比奈「くそみそだとぉ!?待ってましたぁぁーーーーー!!!!!!!!」
ハルヒ「(////)私もキョンに栓をして欲しい・・・」




ハルヒ「さぁ、次は誰いく?古泉君次どう?」
古泉「それではいかせていただきましょう、さて何を狙いますかね、、、」
ハルヒ「古泉君っしっかりねっ!!」
古泉「うーん、やはり狙うはアレですかね・・・」

シュッ
キョン「なに!?古泉が消えたッ!?」
●「フフフ、後ろを取られるなんてまだまだですねキョンたんは・・・」
キョン「なにぃ!?」
ハルヒ「うまいわ!!一瞬の隙をついて後ろの回るなんて!」
朝比奈「こんなゲイ当が出来る奴がいたとは・・・」
長門「彼は選ばれた人間、こんなことは楽勝」
●「そういうことですwwwwそしてあなたは僕が選んだ人間wwww僕が狙うのはこのアナルッッ!!」
キョン「や、やられた・・・お手上げだ・・・」
●「それではいただきますwwwふんもっふ!」
キョン「アッー!コルクが!コルクが奥に当たって気持ちいいよぅっ!!ら、らめぇ!いっちゃう!!」
●「また一人イかせてしまったか・・・」

裕「なんだこれ」



裕「キョン君キョン君・・・」
キョン「・・・なんですか?」
裕「2人で協力して落とさないかい?」
キョン「えっ?」
裕「作戦があるんだ・・・いいかい?・・・こうやって・・・次に・・・わかったかい?」
キョン「うまくいきますかねぇ?」
裕「もちろん!君の腕ならいけるさ!それじゃ僕が先に行くよ、準備しておくんだよ」
キョン「はい!」
裕「ねぇそこの彼女ぉお茶しなぁい?」
女「えっ私ですか?でもぉ・・・」
キョン「大丈夫だって、絶対楽しいから!!」
女「そうですか?それじゃ・・・」バリバリバリ ●「かかったな小物め!!」
裕・キョン「「!!??」」
●「ナンパなんて許しませんよwww君には僕しか居ないんですよ、キョンたん♪wwwww」
キョン「ゆ、裕さんどうしましょう?」
裕「すまないね、僕もこういうの嫌いじゃないから」
キョン「貴様もかぁ!!」
●「そういうことですよwwそれでは、ふんもっふ!!」
キョン「アッー!」バリバリバリ 国木田「かかったな小物め!!」
●「!?」
国木田「こんな簡単にだまされるとはお仕置きが必要のようだね・・・」
●「あ、あぁ・・・そんな・・・」
裕「も、申し訳ございません・・・」
国木田「裕!しっかりそいつを捕まえておけ!さぁてじっくり時間をかけていくよ、ふふふ・・・」
●「い、いやーーーこんなのも良いかもーーー」
国木田「おやおやこれはとんだ変態だね、ふふふ」

裕「話と関係なくなってる・・・」



ドーン!
ハルヒ「あ!大変、演舞が始まっちゃうわ!みんな急ぎましょう!!
    キョン、ボサッとしてないで行くわよ!」
キョン「おいおいそんなに急ぐことないだろ」
ハルヒ「(ボソボソ)あ・・・う」
キョン「あ?なんか言ったか?」
ハルヒ「何も言ってないわよ!!さっさと走りなさい!」
うそだった。俺の耳にはちゃんと聞こえていた。ハルヒが小さな声で『ありがとう』と言うのを。






●「なんてこのまま終わるわけがありません」
キョン「いいだろうが!!」
●「こんなのプリンだけで十分です、ふんもっふ!」
キョン「アッー!ハルヒの前でだけは!ハルヒの前でだけは!!」
●「安心してください彼女もまた腐女子ですからwwwww」
ハルヒ「(////)」
朝比奈「おら涼宮!しっかり見とけ!!脳裏に焼き付けるんだよッ!!」
長門「カシャッ!カシャッ!wktkwktk!シャッターチャーンス!!!」
キョン「いやぁーー!!」



|