ずいぶんと長い夢を見た俺は、起きたときも現実と夢の境目が分からなくなっていた。
だが、妹の頭突き攻撃によって完全に頭が冴えた。
うーん、ワイルド。

「だから頭突きは止めろって言っただろ?」
朝飯を食いながら妹に釘を刺す。
「だってキョン君、全然起きてくれないんだもーん」
「正当化するな!」
妹はニコニコと笑っている。
・・・くそ、後で妹お気に入りのプリンを食ってやる。

「あれ、昨日はカレーだったっけ」
「あれ~、キョン君覚えてないの~?」
いや、確かに昨日はカレーのはずだ。
なぜなら、朝食はカレーだからだ。
昨日の残り物を使って朝の朝食は作られる。これぞ永遠の真理。
おそらく昨日作ったのだろう、台所には鍋が置いてある。
これで確定。だが・・・夢の中での夕食の方が頭に残っている・・・。
だが、詳しくは思い出せなかった。
(・・・俺はどんだけ長い夢見てたんだ?我ながら、自分の脳に呆れるよ)
なぜか、唇も変な感触が残っていた。


朝のハイキングコースを歩きながら、俺はずっと思い出そうとしていた。
(なんだろうな・・・、嬉しいことと悲しいことを一気に叩きつけられたような・・・)
不鮮明な記憶だけが頭に残っていた。
「おい~っす、キョン!」
・・・誰かと思ったら谷口か。
「どうしたぁ?そんな思いつめた顔してぇ!」
「・・・今の俺の顔、そんな感じなのか?」
「おう!何かあったのか?」
こいつに言っても何も解決しなさそうだが、
とりあえず昨日見た(であろう)夢の話した。
といっても『なんか幸せだった』とか『泣いていた』
ぐらいのことしか言えなかったが。
「ふ~ん・・・」
おいこら、言わせておいてその態度はなんだ?!
もう少し協力しろ!
「だって、断片的すぎてわかんねえもん」
まあ確かにそこら辺は同意するが。
「とは言え」
急に会話に入ってきたのは、
「あれ、国木田、いつの間にいたんだ?」
「へへへ、こっそり盗み聞きしちゃった」
「だったら挨拶とか何かしとけよ。びっくりするだろ?」
「いやあ、だってキョンがあんなに真剣になっている顔なんて、
そうそう見られたものじゃないからね」
「真剣?俺が?」
「うん、すごく真面目な顔だったよ」
そんなに俺は夢の内容が気になっていたのか・・・

「んで、国木田は何が言いたいんだ?」
「あ、そうそう。キョンが夢の中で泣いたっていうのは、
結局、言ってみれば悪夢だよね」
いや、そんなに明るく言うな。
「悪夢だったらなんなんだ?」
「悪夢を見たときは、他人にその夢のことを話すのが一番いいんだって」
悪夢ねえ。確かに、そんな感じだったかもしれない。でも・・・
「嫌なことと幸せなことが1:1だったらそれは悪夢なのか?」
国木田が考えるポーズをとった。
「う~ん、じゃあ、キョンがその夢を悪夢と思っているのかで分かると思う」
そいつは簡単な判断の仕方だ。考えるまでもない。



「最高の、夢だったさ」





その日から丸十年、俺はまだ夢の内容を思い出そうとしていた。

しかし、ずっと考えていたのにもかかわらず、
今だ何一つとして思い出せない。

ふと、俺は思い出した。

夢のことではなく、隣にいる俺の女房のこと。

(そういえば、まだはっきりと言ってなかったな・・・)

一応プロポーズの際に言うはずだったのだが、
俺がそれを言う前に相手から抱きつかれたので
(ま、いいか)
とそのままでいたからだ。

高校時代、恥ずかしくて言えなかった言葉。

―昔の呼び方で、呼んでみようか―

俺は女房の名前を呼ぶ。

横を向いた彼女の髪は、俺の希望にそったポニーテール。

笑顔が眩しい。

高校時代に戻ったような気がした。



「大好きです・・・鶴屋さん」

満面の笑みを浮かべた女房と抱きつきながら、

俺はようやく、夢の出来事を思い出した。

・・・十年も要したか・・・。



さて、今日はどこへいこうかね。

そうだ、桜の花が舞い落ちる、彼女の家の庭に出よう。


―夢の続きを、するために―



終幕


|